FX戦略編

固定スプレッド

固定スプレッド
FBS

海外FX会社 (人気順)

SuperForex

SuperForex

FBS

FBS

IronFX

IronFX

IFCMarkets

IFCMarkets

easyMarkets

easyMarkets

GKFX PRIME

GKFX PRIME

  • 6社の海外FX会社を表示しています。表に掲載されていない海外FX会社は、88社です。表に掲載されていない海外FX会社を表示するには絞り込み条件を変更してください。
  • 海外FX会社は、人気順(人気ランキング)および名前順(ブランド名、サービス名)で並び替えることができます。
  • 表中の各サービス内の詳細項目をクリックすると条件で絞り込みをすることができます。
  • 各海外FX会社の掲載情報は、掲載が公開された時点(もしくは、掲載後に更新された時点)での情報が掲載されています。正確な最新の情報は、各社公式サイトにてご確認ください。

ページナビゲーション

最近のコメント

わんちゃん のコメント

gggggg のコメント

Kinjo のコメント

Kinjo のコメント

********* のコメント

GWも休み のコメント

新着情報・お知らせ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更
  • easyMarkets(イージーマーケット)が、MT5口座を提供開始 - MT5(メタトレーダー5)は変動スプレッド
  • AXIORY(アキシオリー)より、公式ウェブサイトの大幅リニューアルのお知らせ

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • XMTrading 口座開設ボーナス 3,000円
  • FBS x レスター・シティFC サイン入りグッズ 10名様
  • MiltonMarkets 30%入金ボーナス
  • SimpleFX スプレッド・キャッシュバック 25%
  • HFM × みんなで海外FX 口座開設キャッシュバック 最高10万円
  • OXSecurities 損失補填ボーナス 最大250ドル

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

【FXスプレッド比較】取引手数料をおさえられる口座14選

監修者

監修者

鹿内武蔵

FXのスプレッドとは?手数料との違いについて

注文画面時のスプレッド

スプレッドの「原則固定」とは?

スプレッドの拡大

スプレッドでFX会社を選ぶときのポイント

米ドル/円を最安の設定にしている会社が多く、現在は0.2銭が主流

ユーロ/円やポンド/円などの主要通貨ペアには「わずかな差」があり

高頻度で取引するのか、長期的に保有するのかによってコストは違う

スプレッドが狭いおすすめの国内FX会社3選を比較

マネーパートナーズ:
米ドル円のスプレッドが0.00銭

マネーパートナーズのキャンペーン画像

  • 米ドル/円のスプレッドが恒常的に0.0銭(3万通貨まで)
  • その他主要通貨のスプレッドも業界最狭水準
  • 100通貨から取引可能
  • 約定率100%

マネーパートナーズのメリット:米ドル/円0.0銭を始めとする業界最狭水準のスプレッド

固定スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円
0.0銭 0.固定スプレッド 0銭 0.4銭 0.固定スプレッド 6銭

マネーパートナーズのデメリット:デモトレードを提供していない

鹿内武蔵

マネーパートナーズといえば、 最近は米ドル/円のスプレッドを実質的に撤廃するという驚きの施策で有名です 。ただ、長くこの業界を見ている印象では、マネパはもともとは約定力にこだわりがあるFX会社でした。
「プライドを持ってレートを提示している」
「約定しないレートを提示するのは誠意にかける」

と、名物社長として有名なだった、かつての代表取締役の奥山泰全さんがおっしゃっていたことが印象に残っています。
このように約定力に定評があった状態で、さらに米ドル/円の手数料がゼロになったわけですから、成功したいFXトレーダーにとって頼もしいことこの上ありません。 また、米ドル/円のゼロスプレッドは、パートナーズFXnano口座が対象です。こちらは 最小ロットが100通貨と少額 ですので、リアル取引を小さくしたい方にとってうってつけといえます。

固定スプレッド
最小ロット 100通貨
デモトレードの有無
通貨ペア数 18種類
サポート内容 電話(平日9時から18時)
自動売買の有無
FX以外の商品 暗号資産(ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨)、証券取引
有効口座数 34万6625口座(2022年2月時点)
主要通貨ペアのスプレッド(売値と買値の差)* 【米ドル/円】0.0銭
【ユーロ/米ドル】0.1pips
【ポンド/円】0.4銭
【豪ドル/円】0.6銭
高金利通貨ペアの1日あたり受取スワップポイント* 【南アランド/円】2円
【トルコリラ/円】5円
【メキシコペソ/円】1円

*スプレッドは2022年3月時 *スプレッドは原則固定、例外あり *スワップポイントは1万通貨単位で取引した場合/2022年1月18日に付与された数値

固定スプレッド

この表のセル B2 には下記の数式が入っています。

前述 SUMIFS 関数の数式に含まれるアルファベットの前や後ろに「$」マークがあるのがおわかりかとお思います。この「$」マークが入っていることで、

・セル B2 の数式をコピーする
・B2:F4 にペーストする

セル B2 に入っていた数式の「$」マークを外すことで相対参照になってしまい、数式を他のセルにペーストすると参照元が見つからないため、エラー(#REF!)になってしまいました。

【ルール 1】アルファベットの前に「$」マークをつけると、列を固定できる

【ルール 2】アルファベットの後ろに「$」マークをつけると、行を固定できる(= 行の前に「$」マークをつけると、行を固定できる)

【ルール 3】アルファベットの前と後ろの両方に「$」マークをつけると、列と行を固定できる

セル A1 から C3 に文字の入った表を作ります。

セル E1 に「=A1」と入力すると、セル A1 に入力されている「あ」が表示されます。

セル E1 をコピーして、セル F1 にペーストします。すると「=B1」が入力され、セル B1 の「い」が表示されます。セル G1 にペーストすると、「=C1」が入力され「う」が表示されます。セル 固定スプレッド E1 と セル A1 とは「3列分離れていて同じ行」なので、セル F1 と セル G1 にも「3列分離れていて同じ行」のセルが参照元として入力されます。

今度は、セル E1 をコピーして、セル E2 にペーストします。そうすると、「=A2」が入力され、セル A2 の「か」が表示されます。先ほどの例と同じように、ペーストしたセルから見て「3列分離れていて同じ行」が表示されるようになります。

アクセサリーストッカー NuAns CADDY(キャディー)

アクセサリーストッカー NuAns CADDY(キャディー)

【ルール 1】アルファベットの前に「$」マークをつけると、列を固定できる

セル E1 に「=$A1」と入力します。セル E1 をセル F1 にコピーしても、セル G1 にコピーしても「=$A1」が入力されます。アルファベットの前に「$」マークをつけると、参照する列が固定されるからです。

しかし、セル E1 をセル E2 にコピーすると行がひとつ増えて「=$A2」が入力されます。列は固定されていても、行は増えたり減ったりします。

【ルール 2】アルファベットの後ろに「$」マークをつけると、行を固定できる(= 行の前に「$」マークをつけると、行を固定できる)

セル E1 に「=A$1」と入力します。セル E1 を セル E2 にコピーすると「=B$1」と入力され「い」が表示され、、セル E3 にコピーすると「=C$1」が入力されて「う」が表示されます。

セル E1 を F1 にコピーすると「=B$1」が入力されます。行は固定されて、列は増えたり減ったりします。

【ルール 3】アルファベットの前と後ろの両方に「$」マークをつけると、列と行を固定できる

という価格表があって、別のリストに単価を転記するために VLOOKUP 関数を使います。

セル F1 に「=VLOOKUP(E1,A1:B3,2,false)」と入力しました(ちなみに、数式は「セル E1 に入力されているメロンを範囲 A1:B3 固定スプレッド の中から探して、範囲 A1:B3 の左の列から数えて2番目の列から単価を拾い出す」という意味です)。

では、この数式をコピーして、セル F2、F3 にペーストします。すると、エラーが出てしまいました。これは、参照範囲を A1:B3 と設定していたのに、ひとつ下、ふたつ下にペーストすることで、参照範囲が変わってしまったからです。セル F3 の参照範囲は A3:B5 になってしまっています。

セル F3 には、セル E3 の「りんご」を参照範囲 A3:B5 から探し出す数式が入力されていますが(「=VLOOKUP(E3,A3:固定スプレッド B5,2,false)」)、「りんご」は参照範囲 A3:B5 には含まれていないため、エラーが出ています。

参照範囲を動かしたくないので、列も行も固定します。セル F1 に「=VLOOKUP(E1,$A$1:$B$3,2,false)」と入力して、セル F2、F3 にそれをペーストすれば、参照範囲を変更することなく、みかんとりんごの単価を価格表から拾い出すことができます。

ちょっと現実的でない例になりますが、今作った表の見出しに日付をつけて、セル F2 に入力した数式をセル G2、H2 にペーストしてみます。すると、また、エラーが出てしまいます。

セル H2 には「=VLOOKUP(G2,$A$1:$B$3,2,false)」と入力されてしまいました。ここは「=VLOOKUP(E1,$A$1:$B$3,2,false)」と入力したいところです。価格表から「メロン」(セル E1)の単価を探してほしいのに、セル G2 の「#N/A」を参照範囲 A1:B3から探しだそうとして見つけられないことがエラーの原因です。このときは、前述のルール 1を使って、列を固定します。

セル F2 に「=VLOOKUP($E1,$A$1:固定スプレッド $B$3,2,false)」と入力すると、セル G2、H2 にペーストすると、うまく表示されるようになります。

IBOR廃止の概要 RFR一覧 フォールバックとスプレッド調整

LIBOR (London Interbank Offered Rate = ロンドン銀行間取引金利)は、現在5通貨・7期間の35種類が毎営業日算出されています。毎ロンドン営業日ごとに予め定められたリファレンス・バンクにより提示されたレートを基に算出されます。LIBORは下図の通り、債券・貸出・デリバティブ等の巨額な金融取引に利用されていますので、このLIBORが廃止されるという事は、経済活動に大きな影響を与えることになります。

固定スプレッド
通貨 契約金額
JPY 30兆ドル
USD 150兆ドル
EUR + EURIBOR 152兆ドル
GBP 30兆ドル
円金利スワップ 2,453兆円
円CCスワップ 305兆円

LIBOR不正操作問題

LIBORの不正操作の発覚を受けて、2013年7月に、証券監督者国際機構(IOSCO)より『金融指標に関する原則の最終報告書』が公表されました。内容は主に指標算出者に係るものですが指標算出者がデータ提供者を監督することやデータ提供者に対するCode of Conductの策定を求めるなど、データ提供者に対しても間接的に影響があります。その後2014年7月、金融安定理事会(FSB)は『主要な金利指標の改革』を公表しました。

『主要な金利指標の改革』の提言

  1.   IBORsの信頼性や頑健性の向上と、IBORsと異なる銀行のクレジット・リスクプレミアムを反映しないリスクフリー・レート(RFR)の特定
  2.   金融商品・取引の性質に応じた適切な金利指標の使い分け(マルチプル・レート・アプローチ)の実現

LIBOR公表停止の可能性浮上

前述の通り、当初はLIBORの信頼性や頑健性を向上させる方向で改革が進められていましたが、2017年7月に当時の英国金融行為監督機構(FCA)の長官であったベイリー氏が、2021年末以降はリファレンス・バンクに対してLIBORのレート提示を強制しない旨の発言をしました。このことをきっかけに、2021年以降LIBORが恒久的に公表停止される蓋然性が高まり、各国でLIBORの恒久的な公表停止に備えた動きをはじめ、脱LIBORを図るべく新たな金利指標たるRFR(リスク・フリー・レート)の特定が行われました。

主要通貨のRFR (リスク・フリー・レート)

主要通貨のRFR一覧表
通貨 USD CHF GBP EUR JPY
特定されたリスク・フ
リー・レート(RFR)
担保付O/N物調達金利
(SOFR)
GCレポO/N物レート
(SARON)
ポンド翌日物平均金利
(SONIA)
無担保O/N物レート(ユーロ・ショート・タイム・レート)
(€STR)
無担保コールO/N物レート
(TONA)
RFRの担保の有無 有担保 無担保
LIBORの代替指標 SOFRに基づくターム物金利 SARON(複利計算) SONIAに基づくターム物金利 €STRに基づくターム物金 利 / EURIBOR TONAに基づくターム物金 利 / TIBOR
マルチプル・レート・アプローチの採否 RFRに一本化する方向で検討 RFR 及びIBORs

日本円、ユーロ、豪ドル、香港ドル等はマルチプル・レート・アプローチを採用し、米ドル、英ポンド、スイスフランは他のIBORsがないためRFRに一本化。

LIBORの恒久的な公表停止への対応

LIBORの恒久的な停止に当たっては、以下の二通りに対応があります。
時系列で示すと、移行とフォールバックは以下のようなイメージになります。

フォールバックについて

上述のとおり、LIBORが恒久的に公表停止後もLIBORを参照する契約が継続する場合、フォールバックのプロセスが必要になります。ここではフォールバックにおけるトリガーとフォールバックの導入手続き、スプレッド調整について取り上げます。

  1. 公表停止トリガー・・LIBORの規制当局または公表主体が、LIBORの公表停止を発表した場合
  2. 公表停止前トリガー・・LIBORの規制当局が、LIBORが指標性を有していない旨の発表をした場合
  3. 規制トリガー・・法令や監督当局の公的文書・声明などにより、LIBORを金利指標として使用する事が禁止された場合
  4. 上記に限らず、契約当事者間で独自のトリガーを設定することも考えられます。
  5. 2021年3月5日、FCAは下記の旨の声明を発表したことにより、トリガーが発動されました。

・ すべてのJPY、CHF、EUR、GBP LIBORと1week・2MのUSD LIBORは、2021年12月31日が最終公表日である。

・ USDを除くすべてのLIBORは2022年1月1日より指標性を失い、USD LIBORは2023年7月1日より指標性を失う(Index Cessation Effective Date)

・ すべてのLIBORフォールバックのスプレッド調整レートは、2021年3月5日に固定・設定されました。(Spread Adjustment Date)

フォールバックの導入手続き

フォールバックの導入手続きは、商品や契約によって異なりますが、ISDAにおいては23rd October 2020にIBOR FALLBACK PROTOCOLとして公表され、この標準化されたフォールバック条項が適用されます。なお、後継金利の決定方法には以下の方法が示されています。

ハードワイヤーアプローチ・・フォールバック条項導入時に後継金利(フォールバックレート+スプレッド)を決定

  1. フォールバック条項導入時に全ての事項が決定されるため、当事者の負担が少ない点がメリット。金利スワップについては当該アプローチが採用される蓋然性が高い。

修正アプローチ・・トリガー発動時に後継金利をやその方法を決める。また、その決定を独立アドバイザーに委託する等の手段もある。

  1. フォールバック時の情勢に合わせて後継金利を決定できる点がメリットだが、係争リスクが残る。

スプレッド調整

後継金利=フォールバック・レート(RFR)+スプレッド調整≒LIBOR

価値の移転を最小化するには上記の式を実現するスプレッド調整が必要です。スプレッド調整には フォワード・アプローチ実績値の平均・中央値アプローチスポット・アプローチが考えられましたが、

  過去一定期間のLIBORとフォールバック・レートの差の5y間の中央値を基に計算する方法

が採用されました

なお、ISDAデリバティブについては、Bloombergをフォールバックの計算者とし、過去5年のスプレッド・データの中央値を用いる方法が採用されました(上記②の方法)。 FBAK & ISDA on Bloomberg を参照。2021年3月5日のトリガー発動により固定されたISDAデリバティブのフォールバック・スプレッド調整値は以下の通りです。

固定スプレッド

メニューボタン

Let

☆事務アシのお仕事☆その11~Googleスプレッドシートで行と列を固定したい!~

その11

初めましての方は こちら をご覧ください✨

「Googleスプレッドシートで、行と列が固定したい!」

前回 までで、一応表が完成しました.

行と列の固定

固定現在の行(4)までの順でクリック。

行と列2

行と列3

良く考えてみたら、固定する位置を現在の行(4)までを選択していたので、

表示タブ→固定行なし の順でクリック。

行と列4

同じように 表示固定現在の行まで の順にクリックしてみると…

行と列5

表示タブ→固定現在の列まで の順でクリックです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる