弱気相場での取引

FXスワップポイント比較

FXスワップポイント比較
FX会社の最新スワップポイント比較を紹介します。

SBI FXTRADE

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXスワップポイント比較 FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

人気FX会社のスワップポイント比較一覧!稼ぐのにおすすめなのは?

人気FX会社のスワップポイント比較一覧!稼ぐのにおすすめなのは?

国内・海外問わず多数あるFX会社。FX口座によってスプレッドや取引ツール、特徴は異なります。 FXスワップポイント比較 なので、自分にとってベストなFX口座を決めきれないという方も多いのではないでしょうか? そこでこの記事では、初心者におすすめのFX口座21社を厳選紹介。各FX口座の特徴や人気度を、徹底比較します。 さらに「.

スワップポイントが高いおすすめFX会社ランキング

スワップポイントで稼ぎたい場合は、 高スワップポイントのFX会社を比較して選ぶ 必要があります。

1位「LINE FX」

LINE FX

通常は取引ツールやメールを開かないとFX会社からの情報をチェックできませんが、LINE FXでは、 LINEと連携することで、情報の受け取りがスムーズ におこなえます。 最低取引単位も1,000通貨単位 と小さく、スプレッドも低いことが特徴です。

取扱通貨ペア数 23通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨
スプレッド ※
米ドル/円:0.2銭
(午前9時〜翌日午前3時)
デモ口座の有無 なし

2位「みんなのFX」

みんなのFX

みんなのFXで 27種類もの通貨ペアから選択でき、高水準のスワップポイントが特徴のFX会社です。 FXスワップポイント比較 ※公式サイトの文言より

みんなのFXは、FX初心者でも使いやすい シンプルな取引画面も魅力の1つ です。デモ口座は登録が不要なため、とりあえず体験してみるのもよいでしょう。

取扱通貨ペア数 27通貨ペア
最低取引単位 FXスワップポイント比較 1,000通貨
スプレッド ※ 米ドル/円:0.2銭
(午前8時〜翌日午前5時)
デモ口座の有無 あり(登録不要)

3位「外為どっとコム」

外為どっとコム

外為どっとコムは約20年の歴史があるため、 情報力が強く独自のセミナーやコンテンツ が役立ちます。取り扱っている通貨ペアは 合計30通貨ペア と多いことが特徴です。

FXスワップポイント比較 FXスワップポイント比較
取扱通貨ペア数 30通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨
スプレッド ※ 米ドル/円:0.2銭
デモ口座の有無 あり

スワップポイントのリターンを狙うなら、 各FX会社のスワップポイントを比較して、高いところで取引をすること が、高利益につながると考えられます。

人気の高い通貨ペア・米ドル/円なら「みんなのFX」や「LIGHT FX」、メキシコペソ/円なら「ライオンFX」や「セントラル短資FX」など、 取引したい通貨ペアのスワップポイント を確認しましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。 FXスワップポイント比較
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

FXスワップポイント比較|一番有利な通貨ペアやFX会社はココ!

各FX会社の最新スワップポイントを比較

各FX会社スワップポイント全比較

FX会社の最新スワップポイント比較を紹介します。

以下に、高金利通貨で人気の「トルコリラ」「メキシコペソ」「南アフリカランド」「豪ドル」の各社スワップポイントを比較して紹介します。


どの会社が該当通貨で一番高いスワップポイントを受け取れるのか? の参考になるように、下記の項目で各社を比較しています。

  • 各社の最新スワップポイント(/日)
  • 各社の年間スワップポイント予測
  • 各社の2019年1月~11月までのスワップポイント累計実績

トルコリラ スワップポイント比較

トライオートFX

LIGHT FX

メキシコペソ スワップポイント比較

LIGHT FX

南アフリカランド スワップポイント比較

LIGHT FX

豪ドル スワップポイント比較

LIGHT FX

スワップポイントで得するコツ2つ

スワップポイントの稼ぎ方を解説

まず、スワップポイントを比較する前に、 『どの通貨』で『どうやって稼ぐのか』をあらかじめ決めておく 必要があります。

これを決めていないと、本来は通貨もFX会社も選ぶことができません。

  1. 長期視点で、現在のレートから上がる(円安)と予想する通貨で「買ポジション保有」
  2. 為替差損を気にしないでスワップポイントだけ受け取る「サヤ取り」

1:レートが上がると予想する通貨で「買ポジション保有」

ここで解説する方法は、為替差益とスワップポイントの両方をプラス益にするものです。

  1. どの通貨で取引するか決める
  2. 決めた通貨のレートが現在より上がるのか、下がるのかの長期的な見通しを予想する
  3. スワップポイントが一番有利な会社を探す

  • レートが「上がる」と予想する場合:買いポジションにて保有するため、 スワップ受け取りが高いFX会社を選ぶ
  • レートが「下がる」と予想する場合:売りポジションにて保有するため、 スワップ支払いが安いFX会社を選ぶ

ここで、オススメするのは現在のレートから上がると予想する通貨で「買ポジションを保有する」です。

なぜなら、為替が予想に反して下がらない限り、失うものが何も無いからです。

もう一方の、下がると予想する通貨で「売ポジションを保有」した場合も、為替が上がらない限り、最終的に差益を得ることはできます。

ただし、決済するまで 日々スワップ支払いが生じる ため、 証拠金が減っていく というデメリットがあります。

「証拠金が減る」という状況を心理的になかなか受け入れられない、特にFX初心者は「買ポジションにて保有」することをオススメします。

注意:あくまでも取引のメインは為替差益

あくまでも取引の本流は為替差益です。

為替が予想に反し下がった場合は、為替差損によって 貯まっていたスワップポイントが全て吹っ飛ぶこともあります ので、安心せず注意しましょう。

2:為替差損を気にしない「サヤ取り」

スワップポイントの「サヤ取り」は『為替差損を気にせず、 異なるFX会社間のスワップポイントの差を利用して稼ぐ 』方法です。

FXサヤ取りスワップポイント

通貨が決まったら、スワップ受け取りが高いFX会社(図 A社)で買いポジションを建て、スワップ支払いが安いFX会社(図 B社)で売りポジションを建てます。

そうすると、為替変動による差益と差損が「買いポジション」と「売りポジション」で相殺されるため、スワップポイントのみが 確実 に受け取れます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる