FXの取引方法

取引の仕組みやリスクも解説

取引の仕組みやリスクも解説
この章では、区分ワンルームの不動産投資シミュレーションについて解説します。

メタバース×金融機関 ビジネス参入のリスクと可能性

1997年にNTTデータ(当時はNTTデータ通信)が開設した女性向けのバーチャルモールサービス『まちこ』や、2000年代後半に世界的ブームとなった『Second Life』(※1)など、メタバースの先駆けとなるサービスは複数存在していました。技術的な要因などを背景に、2010年代に入る前にはSecond Lifeのブームは終息を迎えましたが、近年になり、インターネット回線の高速化や端末の性能向上、VRゴーグルの軽量化といった技術的進歩によって、メタバースは再び注目を集めています。

NTTデータグループでは、NTTデータNJK社で開発を進める「NTT XR Coworking」(※3)等、NTTグループ全体で取り組む「NTT XR」(※4)と連携し、様々な方面からメタバースに係るサービス展開の検討を進めています。

2.メタバースと金融の接点

ここで、Second Lifeにおける価値交換の例を見てみましょう。
Second Life内の経済活動には「リンデンドル」という独自通貨が用いられ、ゲーム内において土地・物品の売買等で稼いだ通貨を、アメリカドルなど現実通貨にも換金できるといった特徴がありました。

Second Lifeのブームから約15年経過した現在はブロックチェーン技術が発展し、メタバース内通貨として暗号資産が使えるようになったことや、NFT(※5)によって所有者の明確化や希少性の担保が可能となったことによって、メタバース内の価値を現実世界の価値と紐づけて売買するといったことが成立するようになりました。
Second Life内のリンデンドルは当時仮想通貨と呼ばれることもありましたが、リンデンラボ社が管理・監視する「電子マネー」の一種でした。Second Lifeではサービスのプラットフォーマーが価値管理も実施しており、サービス内のあらゆる価値を決めていたのです。現在は、暗号資産のような独立した技術が融合することで、プラットフォーマーが価値を操作出来ない仕組みを実現している点で、メタバースの価値交換の仕組みは進歩したと言えるのではないでしょうか。

続いて、メタバースと現実社会の金融サービスはどのような点で異なるのか、融資を例に取って考えていきます。 取引の仕組みやリスクも解説
メタバースにおいて土地や物品の売買が行われるようになると、融資のニーズも出てきます。
ここで1つ考えたいのが、融資先についてです。現在のメタバースにおいては、アバターの本人確認の方法が確定していません(図1)。そのため現実社会の誰にどの程度融資しているか分からないケースや、融資ポートフォリオの分散が意図しない形になるケース(図2)が想定されます。
現状はこれらの状況に対する対策のコンセンサスがあるわけではありませんが、今後こういった課題に対して、メタバース上での融資についてのルール整備が関係者の中で並行して行われていくのではないかと想定されます。

図1:現実社会とメタバースの様々な紐づき方

図2:融資のケース例

出典:仮想土地のNFTを担保にしたメタバース住宅ローン(BUSINESS INSIDER 取引の仕組みやリスクも解説 JAPAN 2022/2/2記事)
https://www.businessinsider.jp/post-250066

3.金融機関のメタバース参入には、規制の整備が必要

シティ・グループのレポート(※7)によると、「メタバースがインターネット技術の新たな繰り返しであるならば、世界各国の規制当局、政策立案者、政府からより厳しく監視されるだろう。取引所やウォレットにおけるマネーロンダリング防止規則、分散型金融(DeFi)の利用、暗号資産、財産権などの問題に対処しなければならない」と規制対応への必要性をレポートしています。
先に挙げたSecond Lifeでは、リンデンドルの現実通貨との換金を非課税でできたため、脱税に使われるケースやマネーロンダリングに利用されるケース、違法ギャンブルなども問題になりました(現在はさまざまな規制がかけられているということです)。

代理店とは?仕組みや種類、代理店として働くメリット、選定方法など押さえておきたい基礎知識

通常、フランチャイズでは競合他社の商品・サービスを取り扱うことはできません。複数のフランチャイズに加盟することは可能ですが、同業種での複数加盟は契約上禁止されていることがほとんどです。しかし、代理店の場合は、特殊な契約をしている特約店等を除いて競合他社の商品・サービスを複数取り扱うことが可能です。多様な商材があれば、事業的なリスクを減らせるだけでなく、顧客への提案の幅も広がります。例えば、街中で見かける来店型の保険ショップは複数の保険会社の商品を取り扱うことで、顧客からの支持を得ています。

大きな初期費用がかからない

代理店と業務委託の違い

業務委託とは、企業などから何らかの業務を委託され、それを遂行することで対価を得る働き方です。請け負う業務内容に「販売」や「営業」が含まれると、本部の代わりに販売や営業を行う代理店と同じように見えてしまいますが、報酬の考え方に大きな違いがあります。

代理店のメリット・デメリット

代理店のメリット・デメリット

3つのメリット

すぐに事業を始められる

代理店本部と契約を結べば、すぐに商品やサービスを取り扱うことができるのが代理店の一番のメリットと言えます。自社で商品やサービスを開発するのは、大きなコストと長い時間がかかります。代理店ならそうしたプロセスを省略して事業を開始し、スピーディーに売上の獲得を目指すことができます。

リスクが少ない

先述したように代理店はフランチャイズに比べると低い初期費用で開業できることが多く、もちろん自社で商品を開発するよりも格段にコストを抑えることができます。万が一思うような成果が出なくても、「資金を回収できない」といったリスクはほとんどありません。

大手の看板を借りられる

3つのデメリット

マニュアル化・仕組み化されていないことが多い

サポートが不十分なため協力関係を築きにくいこともある

売上があがる保証がない

当然のことながら、代理店になったからと言って成功する保証はどこにもありません。どんなに知名度や魅力のある商品・サービスであっても、売上をあげるためには営業力や販売力が必須です。先述の通り、代理店本部の中には仕組みやサポート体制が未整備なところも多いため、継続的な自助努力は欠かせません。また、代理店の場合はそもそも売りやすい商品・サービスを見極められるかどうかが、事業成功のポイントとなります。営業的な能力だけでなく、目利きのセンスも求められる厳しい世界と言えます。

代理店契約の注意点

代理店契約の注意点

通常、代理店本部と契約する際には、トラブルを防ぐために契約書を締結します。契約書の名称は「代理店契約」「販売代理店契約」「特約店契約」などさまざまですが、どんな名称であっても契約内容をしっかりと理解し、実態を見極める必要があります。

契約時の確認点・注意点

契約の形態

対象となる商品・サービス

商標やロゴの使用範囲やルール

独占か非独占か

報酬の条件

販促費などの負担

損害賠償の条件・範囲

契約終了時の処理

本部選定のポイント

メーカーなどが代理店制度を利用するのは、他社のリソースを活用して自社の商品・サービスを広めることが目的です。代理店の場合、フランチャイズのような体系的な仕組みを整える必要がないため、「この商品を拡販したい」と思えば、すぐに代理店を募集することができます。代理店本部にとってリスクがほとんどなく、メリットが大きい手法のため、大小さまざまな企業が代理店制度を利用しています。中には設立間もない企業が代理店を募集しているケースもあるため、本部の選定は慎重に行う必要があります。検討するときは、以下の4つのポイントを意識してみてください。

売れるイメージを持てる商品・サービスか

第一に重要なのは、取り扱う商品・サービスに売れるイメージを持てるかということです。もちろん、販売実績が豊富なものや知名度が高いものであれば、売上の計算が立ちやすいでしょう。しかし、そういった商品・サービスにはすでに多くの代理店や競合他社が参入し、市場が飽和している可能性があります。そこで、注目すべきは商品・サービスのポテンシャルです。顧客から求められる商材なのか、マクロな視点でマーケットを分析できればベストですが、少なくとも自分の中で「こういう課題のあるお客様にハマりそう」「あのお客様なら興味を持ってくれそう」といった具体的なイメージを持てるかどうかを判断材料の1つにすると良いでしょう。

違法や不当な商法の可能性はないか

サポート体制があるか

代理店の場合、フランチャイズのような手厚いサポートを期待するのは難しいかもしれませんが、それでも本部がどのようなサポートをしてくれるのかは非常に重要なポイントです。なぜなら、成果を出すためには商材の特徴や強み、弱みなど正しい知識が必要だからです。研修や勉強会、情報共有の仕組み、営業同行などのサポート体制が充実しているほうが、有利であることは間違いありません。また、十分なサポートがない本部は、人手不足などの経営的な課題を抱えている可能性もあります。「サポートがなくても売れる」という自信があっても、軽視しないようにしましょう。

財務状況は問題がないか

代理店本部を探す方法

代理店本部を探す方法

取り扱いたい商材から探す

インターネットの募集情報から探す

一番オーソドックスな探し方として挙げられるのが、インターネットの募集情報から探す方法です。独立・起業関連の総合情報サイトのほか、代理店募集に特化したサイトも数多く存在します。さまざまな業種の代理店情報が掲載されており、商品・サービスの特徴や契約条件などを比べながら検討できるのは大きなメリットと言えます。

【経営者必読】ストックオプション制度とは?仕組み・種類・メリット/デメリットを完全体系化!新株予約権との違いも解説!

・募集新株予約権の「内容」「数」
・引換えに「金銭の払込みを要しない」とする場合には、「その旨」
・「金銭の払込みを要する」場合には、募集新株予約権の「払込金額」又は「算定方法」
・「割当日」
・募集新株予約権と引換えにする「金銭の払込みの期日」を定めるときは、その「期日」
・募集新株予約権が「新株予約権付社債に付されたもの」である場合には、会社法676条の各号に掲げる事項(総額、金額、利率、期限等)
・上記の場合において、新株予約権付社債に付された募集新株予約権についての会社法118条1項、会社法777条1項、会社法787条1項、会社法808条1項の規定による買取請求の方法につき別段の定めをするときは、その定め

以下の表の通り、 募集事項の決定は株主総会もしくは取締役会にて決議 をとります。

④募集事項の通知/公告(公開会社のみ)

③募集事項の決定を取締役会決議で行った場合、 割当日の2週間前までに、株主に対し募集事項を通知、もしくは公告 をしなくてはいけません(会社法240条)。

⑤割当契約の締結/申込・割当

次に、 会社と引受者の間で、今回発行する新株予約権を引き受ける割当契約を締結します 。割当契約書には、引受者が会社の発行する新株予約権を引き受ける旨や割当する新株予約権の数やその内容、1株の払込金額などが盛り込まれます。

⑥発行・新株予約権原簿の作成

会社は、 ストックオプションを発行した日以後遅滞なく、新株予約権原簿を作成 し、会社法249条に定める事項を記載し、または記録しなければいけません。

また、 上場企業の場合は、ストックオプション発行に関する適時開示 を行います。

ストックオプションの税制上・会計上の取り扱い

税務上、原則としては給与所得

原則としては給与所得と定められていますが、SOの種類によって 課税の有無やタイミング、対象、また確定申告の要不要 などが下の表のように異なっています。

税金や確定申告、また実際に手取りがどれくらいになるのか のシミュレーションを知りたいという方は、以下の記事もご覧ください。
⇒「【ストックオプションに係る税金】確定申告や計算方法・税金対策について徹底解説!」をご覧ください。

不動産投資のメリットとデメリット!サラリーマンがやるリスクとは?

不動産投資のメリットとデメリット!サラリーマンがやるリスクとは?

【不動産投資で経費となるもの】
・固定資産税および都市計画税
・物件購入時の不動産取得税や登録免許税、印紙税
・損害保険料(火災保険、地震保険) 取引の仕組みやリスクも解説
・クロスの張り替え等の軽微な修繕費
・管理会社に支払う管理委託料
・入居者募集のための仲介手数料や広告宣伝費(AD)
・区分マンションの場合は管理費および修繕積立金
・借入金の利子(元本部分は経費にはなりません)
・減価償却費
・賃貸経営に必要な通信費・交通費・接待交際費・新聞図書費・消耗品費等

ここで、注意したいのは、通信費や交通費、接待交際費、新聞図書費、消耗品費等のグレーゾーンの経費となります。これらの経費を計上するには、家事消費(私的な支出のこと)としっかり分けることが必要です。

個人の所得が10種類にも分類されているのは、家事消費と区別させる目的があります。所得を細かく分類することで、事業とは関係のない支出を経費計上させない仕組みとなっているのです。家事消費と混同されやすい費目は、記録や領収書を残し、税務調査に備えておきましょう。

6.不動産投資のシミュレーション

この章では、区分ワンルームの不動産投資シミュレーションについて解説します。

【条件】
物件価格:2,500万円
月額家賃収入:10万円
経費率:30%※
借入金:1,750万円(取引の仕組みやリスクも解説 物件価格の7割)
融資条件:金利2.5%、35年固定、元利均等返済

【シミュレーション】
家賃収入が10万円、物件価格が2,500万円であることから、表面利回りは4.8%です。

キャッシュフロー = 家賃収入 - 経費 - 元利均等返済額
= 10万円 - 3万円 - 62,561円
= 7,439円

ワンルームの不動産投資は、借入金を用いると収支がギリギリになることが多いです。十分にシミュレーションした上で、購入する必要があります。

7.リスクを抑えて不動産投資を始める方法

7-1.全額自己資金で行う

はじめて不動産投資を行うのであれば、全額自己資金で行うのが望ましいです。不動産投資は、借入金がなければ相当にリスクを減らすことができます。

サラリーマンで不動産投資に成功している人は、1つ目の物件は全額自己資金で行っている人が多いです。しばらく運用してお金が貯まった段階で大きい物件に買い替え、徐々に資産規模を大きくするのが一つの成功パターンといえます。資金がない状態で無理矢理始めるのではなく、資金を貯めてから不動産投資で運用するのが基本です。

7-2.都市部の区分ワンルームを狙う

はじめて不動産投資を行うなら、都市部の区分のワンルームマンションを狙うのがおすすめです。

7-3.十分に物件選定を行う

不動産投資は、十分に物件選定を行うことがポイントです。不動産投資は、物件選びが成否を左右するといっても過言ではありません。

立地が悪く築年数の古い物件は、空室や修繕がすぐに発生するため、リスクの高い物件といえます。ハイリターンでもハイリスクな物件は、結局のところ儲からないです。不動産投資は「細く長く」稼ぐビジネスであるため、利回りは低くても安定して長期間稼げる物件の方が良い物件となります。

不動産投資のメリットには、「安定した副収入が得られる」や「老後の資産形成ができる」等があります。 一方で、「投資額が大きい」や「空室リスクがある」等がデメリットです。

新たな輸入品に出会うチャンスと物流パートナーとしての役割…LIVLOGI(リブロジ)

通信販売会社様…在庫保管、入庫、検品、梱包、アッセンブル、パッケージング、発送代行の一貫したサービス提供
小物、サプリメント、家電、大型家具 等 商社様…海外からの輸入、ドレー手配、大型車・20ft~40ftコンテナバンニング・デバンニング、製品商品の保管管理、チャーター手配、全国の配送代行サービス 取引の仕組みやリスクも解説 等
各種メーカー様…薬事対応(化粧品製造、販売業・医薬品製造業・管理医療機器等販売業・高度管理医療機器販売業 等)
クラウドファンディング運用事業者様…輸入手配・入庫・在庫管理・検品・梱包・全国発送、配送代行 サプリメント、化粧品、美容雑貨、家具・家電、衣類・洋服/アパレル、プライベートブランド、楽天、Amazon、Yahoo、aupay、Q10、他… 定温倉庫保管、冷凍倉庫保管、異物混入検査、各種検査、動作確認、通販サポート、カスタマーセンター/コールセンター/インフォ対応、受注処理/管理全般

【連携システムサポート】
NEXT ENGINE(ネクストエンジン)、SHIPPINNO(シッピーノ)、BASE(ベース)、Bcart、COLOR ME(カラーミー)、MakeShop(メイクショップ)、future shop(フューチャーショップ)、CROSS MALL(クロスモール) Makuake(まくあけ)、CAMPFIRE(キャンプファイヤー)他

【WMS/クラウド型倉庫管理システムサポート】
LOGILESS(ロジレス)、mylogi(マイロジ)、AiR Logi(エアロジ)、COOLa、W3SIRIUS、W-KEEPER、WMS THOMAS、ONEsLOGI、LIFE-Vision、Medical-Vision、Super-vision、SLIMS、ci.Himalayas/GLOBAL、ZIZAIA(ジザイア) 、Goo2マネ(倉庫管理)、[基幹システムと連携したWMS] ロジザード他

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる