取引プラットフォーム

リスクと上手に付き合う方法

リスクと上手に付き合う方法
(出典) pexels.com

リスクと上手に付き合う方法

みなさん、こんにちは。
コロナ禍と呼ばれる状況はまだまだ続きそうですが、「GoToトラベル」など規制や制限の緩和がなされはじめましたが、みなさま、この状況はいかがでしょうか?
未だ先行きが不透明ですよね。いわゆる「先が読めない」という状況です。この中でさらに不安を募らせている方も多いかもしれません。
ただ、先が読めないという状況では、私たちは不安を募らせなければならないのでしょうか?他の対処方法はないのでしょうか?ここでは心理科学的に考えてみましょう。

リスクに敏感な日本人

日本では希少な楽観遺伝子の保持者

しかし、世の中には違う感受性を持つ人もいます。日本人では3%程度とする研究が多いようですが、リスクに対して楽観的で何事もポジティブに捉える遺伝子(5-httplr遺伝子LL型)もあるのです。
この遺伝子の保有者とされる方の感じ方は、多くの日本人とは違います。「先が読めない」「何が起こるかわからない」という状況に全く不安を感じないわけではありませんが、違う感じ方も混在するようです。それは、「何が起こるんだろう!ワクワクするね!!」という感じ方です。
このような感じ方が混在する人は日本ではかなりの少数派です。そして、リスクに敏感な遺伝子は同調圧力を生む遺伝子でもあります。同調する仲間がいると、不安が軽くなって気が楽になるからです。仮に「ワクワクするね!」と感じた方が居たとしても、日本の社会ではそれを口に出しにくいことでしょう。同調圧力、すなわち口にした途端に周りに嫌な顔をされて落ち込んでしまうからです。欧米であれば落ち込みにくいはずの楽観遺伝子の保有者が落ち込みやすいのも日本の社会の特徴と言われています。

肯定的不確実性とはなにか?

しかし、先行きが見えない現状では、楽観遺伝子の保有者の感性に私たちは学ぶ必要があるかもしれません。なぜなら、より良い生き方(キャリア)を支援するための心理学では、先行きが見えないときには「肯定的不確実性(Positive Uncertainty)」が必要だと言われているからです(※2)。
肯定的不確実性とはアメリカのキャリア心理学者H. B. Gelattが提案する、より良い意思決定のためのキーワードです。これは変化の激しい現代社会では先行きがよくわからない、すなわち不確実であることを前提に、できる限りの情報収集を行って、より良い将来を予測して創造することが重要です。なぜなら、より良い将来を予測していれば、そのチャンスが来たときに見逃さないからです。

リスクを見るか、チャンスを見るか

意志の力で遺伝子の影響を乗り越えよう!

私たち日本人は、遺伝傾向の関係でついついリスクに目を向けがちです。さらに同調圧力の影響で、みんなでリスクに注目しようとしがちです。でも、本当にそれでいいのでしょうか?
今のコロナ禍と呼ばれる状況は先行きを不透明にしています。しかし、逆に社会が進む方向は情報を集めれば読みやすくもあります。私は今こそ、肯定的不確実性が必要なタイミングだと考えています。
私たちの中のリスクに敏感な遺伝子はしばしお休みさせて、情報を集めてポジティブな可能性を見出そうではありませんか。そして、そのチャンスを見逃さずに活かそうではありませんか。遺伝子や脳の働きは私たちに大きな影響を与えますが、私たちの意志の力は心がけ次第でその影響を乗り越えられるのです。

「ひねくれ者」とはどんな性格の人?言動あるあるや上手な付き合い方を紹介

(出典) pexels.com

性格が歪んでいる人のこと

ひねくれ者の言動あるある

(出典) pixabay.com

素直じゃない

返答に困ることを言う

警戒心が強い

感謝や謝罪ができない

ひねくれ者との付き合い方

(出典) pexels.com

言動を否定しない

少し距離を置く

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

最新号

最新号

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! リスクと上手に付き合う方法 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

© Shogakukan Inc. 2022 リスクと上手に付き合う方法 All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

食の安全に関わる「ハザード」と「リスク」とは?

ハザードとリスクの違いをわかりやすく説明すると

一言で"発がん性"といっても、本当に発がん性があるかどうかは非常に難しい問題です。そこで、その問題を国際的に評価したのが、フランスのリヨンにあるIARC(International Agency for Research on Cancer)、国際がん研究機関です。 リスクと上手に付き合う方法 IARCは、第2次世界大戦後、フランスのドゴール大統領が、戦争はお互い憎しみ合って敵を作ってきたが、これからは人類の共通の敵、がんに向かって、これまでの軍事費の1%を削り、その1%で国際的ながん研究機関を作ろうと提唱し設立された、WHO(世界保健機関)の外部組織です。 世界中から研究者を集めて毎年3回ほど会議を開き、さまざまなデータから発がん性を評価します。たとえば、タバコ。これは発がん性あり、といわれますよね。それは、あくまで発がんの有害性があるということを示しているだけなのです。この有害性を「ハザード」ともいいます。 ほかにも、みなさんが飲んでいるアルコールも発がんの「ハザード」になります。

山崎 洋 氏

山崎 洋 氏
関西学院大学理工学部
名誉教授

西澤 真理子 氏

ナビゲーター
西澤 真理子 氏
リテラジャパン代表
東京大学農学部非常勤講師

山崎 洋 氏

IARCとは

国際がん研究センター( IARC :International リスクと上手に付き合う方法 Agency for Research on Cancer)は、世界保健機関(WHO)の外部機関。発がんのメカニズム、疫学、予防などを研究する組織で、WHOとは予算、運営面で独立した組織として1965年にフランスのリヨンに設立。
活動の一環として発がんハザードの評価委員会を開催し、その結果を公表している。

IARCがハザードを評価する対象を選択する上での大前提

1. 人が暴露されている証拠がある
2. 発がん性の証拠あるいはその疑いがある

第2章 「リスク」を判断する難しさ

「リスク」を判断する方法は

国の「リスク」評価機関からのメッセージを理解し、ご自身で「リスク」を判断するひとつの基準にする。

IARC(International Agency for Research on Cancer)、国際がん研究機関では、有害性評価である「ハザード」を、グループ分けしているとお聞きしましたが?

IARCのグループ分け
リスクと上手に付き合う方法
グループ1 人に発がん性あり
グループ2A 多分、人に発がん性あり
グループ2B 人に発がん性の可能性あり
グループ3 人の発がん性についての分類が出来ない
グループ4 多分、人への発がん性がない

各グループに分類された事例

【グループ1】

・太陽光線 ・アルコール飲料 ・タバコの煙 リスクと上手に付き合う方法 ・ベンゼン(化学工業において基礎的な物質)
・アフラトキシン(カビ毒の一種) ・ピロリ菌 など

【グループ2A】

・ジーゼルエンジンからの排気
・ホルムアルデヒド(建築材から放出され、シックハウス症候群の原因のひとつ)
・UV-C(紫外線の一種) ・ UV-B(紫外線の一種)
・PBC(ポリ酸化ビフェニル、カネミ油症事件で知られる)
・ベンツピレン(排気ガス、タバコの煙などの中に含まれる) など

【グループ2B】

・ガソリンエンジンの排気 ・カーボンブラック(炭素の微粒子)
・アセトアルデヒド(建築材から放出され、シックハウス症候群の原因のひとつ)
・クロロフォルム など

【グループ3】

・コレステロール ・サッカリン ・茶
・リモネン(柑橘類の皮から採れる天然油) ・石灰塵 ・過酸化水素 など

【グループ4】

動物の実験では、我々が日常では摂取しないような大量の量を与えて、発がん実験を行います。それは何故かといいますと、最大限の状態でがんになれば発がんの可能性はある、すなわち「ハザード」だといえる、だからそういう実験を行うのです。 ただ、その「ハザード」の中のものを、どの程度飲んだら人ががんになるかどうか、「リスク」になるかという判断値は、一概にはいえません。たとえば、アメリカではサッカリンが多く使われていたのですが、"発がん性"があるのではないかということで実験したところ、大量摂取でラットにハッキリと膀胱がんができました。 しかし、ラットと人ではメカニズムが違うのでは、ということで、再度調べました。それで、ラットにサッカリンを飲ませたあとに膀胱の中を調べてみると、尿がたまった時にサッカリンの結晶ができて、そのザラザラの結晶が膀胱の粘膜の細胞を刺激していました。この細胞への刺激が膀胱がんの原因だとわかりました。 では、人間ではどうかと、人の尿の中にたくさんのサッカリンを入れて実験したところ、結晶はできませんでした。実は、ラットと人間の尿にアルカリ性か酸性かの違いがあって、結晶ができなかったのです。

はい。動物の実験で「ハザード」と評価しても、「リスク」そのものの評価は難しいのです。実はIARCは「ハザード」を評価していますが、「リスク」は評価していません。それには意味があります。「リスク」というのは、動物によって違うように、個人でも違います。 その国の人の遺伝子によっても違いますし、感受性でも異なります。欧米の白人は太陽光線での皮膚がんに対するリスクが高く、日本人が低いのは身近な例でしょう。ですから、「リスク」の評価というのは、その国々が、その社会が及ぼす影響も考えて総合的に評価してくださるのが正しいのです。 そこで、国のしっかりした機関が「リスク」の評価を行うということが非常に大切になってきます。たとえば、日本では、食品安全委員会という行政機関がありますし、海外でも同様な機関が存在しています。

第3章 食の安全と「リスク」

食の「リスク」とうまく付き合うには

「リスク」をゼロにすることは実際には不可能 リスクと上手に付き合う方法
いろいろな食品を“適量”摂取して、さまざまな情報に対して必要以上に不安がらないこと

これも難しい問題です。やはりIARC(International Agency for Research on Cancer)でも、がんの予防効果について国際的に評価しようということで、発がん性を評価するのと同じように、年2~3回集まり協議して結果を公表していました。予防効果についての研究資料があっても、先ほどのイソフラボンのように有害性も示すものがあり、その両面性が非常に難しいのです。

iDeCoと長く付き合う時に押さえたいポイント

写真

このように、時間の経過とともに相場が変動することで当初決めた資産配分から変わってしまった資産配分の比率を、当初の計画どおりに修正することを、改めてバランスを取るという意味で「リバランス」と呼びます。リバランスを使うと、本来のリスク配分に戻せるだけでなく、値上がりしている株式型の投資信託の利益を確定することができます。マーケット環境には波がありますから、リバランスは毎週、毎月といった頻度ではなく、半年~数年に1回程度など一定期間経過後に行うと良いでしょう。

2.受取の仕組みや税制などのポイントは?

次に、iDeCoで資金を受け取る際の仕組みや税制を見ていきましょう。資金の受け取り方については金融機関によって制度が異なりますが、60歳で拠出を終えた後は一般的に『一時金として一括で受け取る方法(一括受取)』、もしくは『年金として分割で受け取る方法(年金受取)』を選択できます。くわえて、SBI証券などではこれらを併用(一定割合を一時金、残りを年金で受け取る方法)できるため、ご自身の資金計画に合った受け取り方を選択すると良いでしょう。

関連する記事

写真

写真

写真

話題の記事テーマ

すべての記事テーマ

話題の記事テーマ

すべての記事テーマ

よく読まれている記事

店舗で相談!住宅ローンのお悩み不安解消 お近くの店舗をチェック

住宅ローンシミュレーション

iDeCo

SBIマネープラザ株式会社

所属金融商品取引業者:
・ 株式会社SBI証券(関東財務局長(金商)第44号) 加入協会: 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会 ・ ウェルスナビ株式会社(関東財務局長(金商)第2884号) 加入協会: 日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会 ・ 野村アセットマネジメント株式会社(関東財務局長(金商)第373号) 加入協会: 一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会 銀行代理業者 許可番号:関東財務局長(銀代)第268号
所属銀行:住信SBIネット銀行株式会社
取扱業務: 円普通預金及び円定期預金の受入れを内容とする契約締結の媒介(勧誘及び受付)※
並びに資金の貸付けを内容とする契約締結の媒介(事業の用に供するためのものを除く)(勧誘及び受付)
※ただし、住宅ローン取引に付随するものに限ります。 貸金業者 登録番号:東京都知事(2)第31636号
加入協会:日本貸金業協会 第005872号

【注意事項】
当社が取り扱う有価証券等及び保険商品は預金等ではなく、預金利息はつきません。また、元本保証はされておらず、預金保険制度の対象ではありません。

(保険代理店業務について)
当社は、募集代理店として保険契約締結の媒介又は代理を行いますが、契約の相手方は当社ではなく、保険会社となります。
保険商品の内容については、必ず商品パンフレット・契約概要・注意喚起情報・ご契約のしおり・約款等にてご確認ください。

vol.22 更年期障害を上手に乗り切る 女性の場合・男性の場合

更年期障害は従来、女性だけのものと思われてきました。ところが最近は、中年男性にもよく似た症状が起こることがわかっています。男性の場合、加齢によって男性ホルモン(テストステロン)が減少していきます。女性のエストロゲンほど急激な変化ではありませんが、それだけ症状が自覚しにくいともいえます(*1)。
手足の冷え、イライラ、動悸、息切れ、不眠など、女性と共通の症状がみられますが、なかでもとくに多いのは、疲労感や倦怠感(だるさ)です。疲れがなかなかとれず、体力が落ちたと感じる人が少なくありません。
また、仕事や趣味に対する意欲や気力がなくなる、といった症状もよくみられます。テストステロンは活力や積極性の源泉となるホルモンだけに、その減少が影響していると考えられています。
また、性欲の低下やED(Erectile Dysfunction:勃起障害)も目立つ症状です(*2)。個人的な問題だけに人知れず悩み、自信を喪失したり、疲れや年齢のせいとあきらめてしまいがちですが、実は更年期障害のひとつであることが少なくありません。

更年期とからだの変化

●女性のからだの変化

●男性のからだの変化

更年期を乗り切る1 ストレスの解消

●女性の更年期のストレス

(1)子どもの受験、就職、結婚など
(2)子育てが終わり、夫と向き合う時間が多くなる
(3)女性としての自信の喪失。

●男性の更年期のストレス

(1)仕事上での重責やリストラ
(2)家庭内の問題(夫婦の危機、離婚など)
(3)男性としての自信喪失

更年期を乗り切る2 生活の改善

生活習慣の乱れも、更年期障害を悪化させる原因のひとつです。とくに睡眠不足や運動不足は、大きな影響を及ぼします。
不眠などの睡眠障害そのものが更年期障害のひとつですが、その状態が続くと疲労がたまり、精神的にも落ち込みやすくなります。夜更かしの習慣がある人は、思い切って早寝早起きに切り替えてみましょう。また、寝付けない人や途中で目覚めやすい人は、病院で誘眠剤などを処方してもらい、眠りの質を向上させることも大切です。就寝前にウォーキングなどの軽めの運動をして、からだを適度に疲れさせると眠りやすくなります。
ストレスが続いている時は、ストレスホルモンなどの影響で呼吸が浅くなり、血液の流れも悪くなっています。ウォーキングや水泳などの有酸素運動は、呼吸を深くし、血液循環もよくするので、定期的な運動を取り入れることも更年期障害の解消に役立ちます。

更年期を乗り切る3 食事の改善

●女性と食事

●男性と食事

更年期障害と治療

●ホルモン補充療法(HRT:Hormone Replacement Therapy)

ホルモン補充療法とは、不足しているホルモンを補充することで症状を改善する治療法です。女性の場合は、エストロゲンやプロゲステロンを飲み薬や貼り薬で補充します。男性の場合は、テストステロンを注射によって補います。
人によっては大きな改善効果がみられますが、知っておきたいのはリスクです。女性の場合には、乳がんや心臓病などのリスクが高くなることが指摘されています(*4)。また子宮がんについても、リスクがあるとされています。そのためこれらのがんの経験者や可能性のある人には適用できません。男性の場合にも、前立腺がんや前立腺肥大症のリスクが高まるとされています。
したがって男女いずれの場合も、事前に医師と十分に話し合い、ホルモン補充療法を行う場合には、定期的にがんなどの検査を受ける必要があります。

●漢方療法ほか

(*4)女性のホルモン補充療法には、エストロゲンだけを投与する方法とプロゲステロンを併用する方法とがあります。アメリカではNIH(National Institute of Health:国立衛生研究所)が1991年から15年計画で、女性の更年期に関する大規模臨床試験を進めています。その過程の2002年7月に、「エストロゲンとプロゲステロンを併用するホルモン補充療法によって乳がんや心臓病のリスクが高まる」ことが指摘されました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる