プロが徹底解説

FXのアルゴリズム取引とは

FXのアルゴリズム取引とは
伊藤健次

株式会社リクルートホールディングス (6098)

6月1日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり196銘柄、値下がり27銘柄、変わらず2銘柄となった。 日経平均は反発。 連休明け5月31日の米株式市場でNYダウは222ド.

1日の日経平均は反発。 178.09円高の27457.89円(出来高概算12億2000万株)で取引を終えた。 円相場が1ドル=129円台前半まで円安が進んだことから輸出関連株を中心.

日経平均は反発。 連休明け5月31日の米株式市場でNYダウは222ドル安と7日ぶりに反落。 欧州連合(EU)の対ロ追加制裁によるインフレ懸念再燃のほか、前週に大きく上昇した反動売り.

株式会社リクルートホールディングス 企業情報

株式会社リクルートホールディングス 企業情報

損益計算書

テクニカルサマリー

人気銘柄の動向

人気銘柄の動向

6098 口コミ

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

第1話 HFTとアルゴリズムトレード

SimResluts2012

837E838A95b92P88CA94849483907D

1. HFTとは? FXのアルゴリズム取引とは HFTとは、High Frequency Tradeの略称で『コンピュータを使った金融市場での高速売買』の総称です。 1.1 HFTは何をもたらしているのか? 現在(執筆時:2013年)、金融市場では1000分の1秒(ミリ秒)単位で売買が執行されています。 このミリ秒単位の高速処理は、人間の認識のレベルを超えています。さらには、コンピュータの情報伝達速度さえも超えている可能性があります。 この状況は、市場が発信している情報が、自分のところに到達している時点で、すでに変わっているという結果をもたらします。 すなわち、『HFTは金融市場での取引が不確実な情報による環境下で行わなければならない』ことを意味します。 1.2 HFTとアルゴリズムトレードの関係 HFTを実施するためには、コンピュータによる執行が欠かせませんが、 それは執行手順を具体化するプログラムが重要です。 一方、アルゴリズムトレードは、市場データの分析をベースに作られるものであり、 直接、HFTとは関係はありません。 *執行が遅いアルゴリズムトレードは数多く存在します。 すなわち、アルゴリズムトレードのすべてがHFTを前提にするものではないのです。 2. アルゴリズムトレードは必須か? アルゴリズムトレードとは、アルゴリズムによる金融市場での売買、すなわち、『 コンピュータのよる自動売買 』の総称です。 2.1 アルゴリズムトレードの本質 わからない事とランダムな事は違います。 市場の構造がわからないとき、それを「ランダム」と考えるか、「わからない」と捉えるかで、やり方は全く異なります。 そこにアルゴリズム・トレードの本質があるのです。 *ランダムは数式になりますが、わからないは数式にはなりません。 2.2 FXのアルゴリズム取引とは 誤解されているアルゴリズムトレード アルゴリズムトレードには、コンピュータが欠かせません。 コンピュータを使うと、作業の効率をとても高めることができるのですが、その一方で、コンピュータはプログラムされた通りにしか動きません。 すなわち、効率を高めることには活用できても、アルゴリズムトレードを自動的に儲けられる道具にすることはできません。 金融市場での儲けは「リスクをとったことの対価」であり、アルゴリズムトレードが収益を上げる可能性があるのであれば、それはリスクをとっているからです。 リスクを含め「 アルゴリズムが何とかしてくれる 」と考えている人がいるならば、それは 大きな誤解 です。 *もし、自動的に、必ず儲けが出せるのであれば、アルゴリズムトレードの提供者は、日本では贈与税を払わなければならないでしょう。 3. これまでの金融のリスクとは異なるリスク 金融工学は、値動きの激しさの度合いをリスクと定義しました。 これは資産を選択するという業務においては、とても便利でした。 ところが、タイミングを図る アルゴリズムトレードに対して 、これまでの金融リスクは必ずしも有効なリスク尺度になりません 。 <第2話へつづく>

【伊藤が解説します】 テラUSD崩壊、23セントまで急落

伊藤健次

その他のおすすめ記事

Related Articles


この記事を書いた人

最新の投稿

一緒に読まれている記事

COIN OTAKU 公式

COIN OTAKU 公式

COIN OTAKU 公式

COIN OTAKU 公式

COIN OTAKU 公式

COIN OTAKU 公式

COIN OTAKU 公式 NFT業界で期待のホープとして着目を集める「KIWAMIプロジェクト」に取材をお願いしたところ快く引き受けていただきました。KIWAMIプロジェクトのテーマはズバリ「日本」です。NFT界隈では日本ブランドが定着しつつあります。その実態に迫ります。

【AI相場予測】暴落回避!AI相場予測システムの実績公開!【4月5月】

【朗報】AI相場予測システム、遂に完成!機械学習に基づく相場予測システムを公開! 東大ぱふぇっとです。 私は世界の未来予測をもとにトレードポジションを構築して爆益を出しています。 Twitterやブログ、n.

あくまでも今までの実績を示したものであり、今後のパフォーマンスを必ずしも約束しているものではありません。投資にあたっては自己判断・自己責任にて行って頂くようによろしくお願いします。

実績はAI相場予測・実績カテゴリーにて随時更新していきます!

3月末から現在までの実際のポジション

青のサインが購入赤のサインが売却 を表しています。

一見するとうさぎシステムの判断は外しているように見えますが、これは本質的な見方ではありません。

その後5/6以降に連続的な急落をしていることを踏まえると、 うさぎシステムは手のひらを返すように急ハンドルを切ったことで、より大きなダメージを回避できた と考えることができます。

指数ガチホとの比較

5/5の急落を食らってしまった関係でうさぎシステムのリターンはマイナスになってしまっていますが、 そもそも元指数をガチホしていた場合と比較すると3倍以上もダメージを抑えることに成功していますね。思考停止ガチホが正解とも限らないことを示唆しています。

相場予測システムの利用方法

【投資神託・予言書】毎月の短期ポジション★世界の未来予測★の中で『圧倒的精度の相場予測システムのポジション』を公開開始しました!!

  • 他者の追随を許さない圧倒的な精度の相場観を持っている私自身が編み出した相場予測
  • 圧倒的な実績を出しているAI/機械学習の相場予測システムが編み出した相場予測

私は11月の段階で『2月にウクライナ危機が起こる』ってことを察知していますからね。私の相場観は他者の追随を許さないものですから、どうあがいても真似することはできないでしょう。

【投資神託・予言書】毎月の短期ポジション★世界の未来予測★では、このような圧倒的すぎる相場観を持っている私の相場観を学べつつ、新たに完成したAI/機械学習に基づく相場予測も見ることができてしまいます🐰💕

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる