オンライントレード

スプレッドやツールを徹底比較

スプレッドやツールを徹底比較
HPより

Macで利用できるBIツールを徹底比較!無料版やオープンソースのBIツール、最適なツールを選ぶポイントも詳しく解説

Macで利用できるBIツールを徹底比較!無料版やオープンソースのBIツール、最適なツールを選ぶポイントも詳しく解説

BIツール

広告レポート自動化なら「Databeat Explore」

押えておきたい「BIツール」の基礎知識

BIツールとは?

BIツールイメージ

つまり エンジニアとしてのスキルがなくても、現場のエンドユーザーが容易に使いこなすことができるのです。 データソースに接続すれば、すぐにでもビジュアルに訴えるグラフやレポートを作成できるのがBIツールの魅力です。

BIツールの代表的な機能

  1. データの可視化、レポーティング機能
  2. 多種多様なデータソースとの連携機能
  3. シミュレーション機能

1.データの可視化、レポーティング機能

代表的な機能①

データの可視化やレポーティングを、エンドユーザーが直感的な操作で行えることがBIツールの最大の特徴です。 可視化の手段としては、円グラフや棒グラフ、折れ線グラフなどの基本的なものから、バブルチャートや地図上のヒートマップまで、多岐にわたります。

Databeat Explore

2.多種多様なデータソースとの連携機能

代表的な機能②

多くのBIツールは、ExcelやCSV、Accessといったファイルはもちろん、リレーショナルデータベースやNoSQLなど、 多種多様なデータソースとの連携機能を備えています

これにより 社内各所に散らばるデータを、BIツール上で一元的に扱うことが可能 となります。また集約したデータは、IDなどのキー項目で紐付けて統合的に分析することも可能です。

3.シミュレーション機能

代表的な機能③

データの可視化やレポーティングからさらに一歩進んで、 BIツールによっては高度なシミュレーションも実施できます。 シミュレーション機能により、例えばどれくらい広告を打つと売上はどれくらい増えるのかといった分析ができます。

BIツールが解決できる問題とは?

  1. レポーティング業務に多くの時間がとられている
  2. 各種データの収集、管理に時間がかかっている
  3. 一部のスキルの高い人しか分析に携われない

問題1:レポーティング業務に多くの時間がとられている

またレポートのテンプレートを活用すれば、フォーマットやデザインにもいちいち悩まずに済みます。これらの機能により、 日々のデータ取得や貼り付け、集計といったルーチンワークを大幅に削減できるのです。

問題2:各種データの収集、管理に時間がかかっている

社内のKPI管理や売上の実績集計、広告運用の効果測定など、複数のデータを組み合わせてレポートを作成する機会は多いと思います。その際、 スプレッドやツールを徹底比較 複数のソースからデータを集めてくるのにいつも時間がかかっている場合、BIツールの導入により解決できます

問題3:一部のスキルの高い人しか分析に携われない

BIツールはドラッグ&ドロップを基本とした直感的な操作だけで多くの機能を使用できるからです。そのため BIツールは分析に携わる人の対象を、専門のデータアナリストやエンジニア以外にも大きく広げてくれます

Macでも利用できるBIツールとは?

Macで利用できるBIツールの種類と違いを比較

Macで利用できるBIツールの種類と違いを比較

Macで利用できるBIツールの種類まとめ

ツールの種類 特徴 こんな方にオススメ
有料版BIツール 各種機能が充実しており、サポート体制が整っている 部署や事業部などで、組織的に導入したい方
無料版BIツール 費用がかからない一方、機能は限定的な場合が多い 個人や少人数で使用したい方
オープンソースのBIツール 多くは無償で利用できる。またソースコードが公開されている 自社独自の機能をカスタマイズしたい方

種類1:有料版BIツール

  • 通常のレポーティングに加えて、高度なシミュレーションも実施可能
  • 多人数での活用が前提とされており、レポートの共有も容易
  • 扱えるデータの容量が大きい
  • 導入や運用にあたってのサポート体制が充実している

こんな方にオススメ

データ活用を部署や事業部の単位で、組織的に推進していきたい方は有料版を選ぶとよいでしょう。 大規模なデータを扱うことができ、多人数での活用が前提とされているのが有料版BIツールの特徴だからです。

また シミュレーションなど高度な分析も実施したい、問題発生時のサポート体制も確保しておきたいという場合も有料版がおすすめです。

種類2:無料版BIツール

  • 扱えるデータの容量に限りがある
  • 分析内容を共有できるユーザー数に限りがある
  • 分析手法に限りがある(シミュレーションはできないなど)
  • トライアル利用などで、利用可能期間に限りがある
  • サポート体制はなし

こんな方にオススメ

機能に限りがある場合が多いため、個人での利用や少人数のチームで利用する場合におすすめです。 また 本格的なBIツール導入の前段階として、試験的に使ってみるという用途もあります。

種類3:オープンソースのBIツール

  • 多くの場合、無償で利用できる
  • ソースコードが公開されているため、機能を自由にカスタマイズしやすい
  • 導入や運用は、全て自社で対応する必要がある

こんな方にオススメ

そのため、 自社で独自機能を作り込みたいというニーズがあり、かつそれを実現できるエンジニアリング力を備えているなら、オープンソースのBIツールがおすすめです。

Macに対応したBIツールを上手に選ぶ方法

Macに対応したBIツールを上手に選ぶ方法

  1. 利用目的を明確化する
  2. 費用対効果を考慮する
  3. スプレッドやツールを徹底比較
  4. 使い勝手を検証する

POINT1:利用目的を明確化する

まずは 利用目的を明確化しましょう。

  • 組織的に活用したいため大容量のデータを扱うことができ、多人数で共有できることは必須
  • 費用をかけずにスモールスタートしたい。機能もレポーティングができれば十分
  • レポーティング以外にも、シミュレーションなど高度な分析機能も必須
  • 自社の独自機能をカスタマイズしたい

POINT2:費用対効果を考慮する

利用目的と合致しているツールの中から、費用対効果の高いものを選んでいきましょう。 これは一番安価なものを選ぶべき、ということではありません。

POINT3:使い勝手を検証する

利用目的や費用対効果を机上で検討したら、 スプレッドやツールを徹底比較 実際に使い勝手を検証してみましょう。 BIツールは製品によって、ユーザーインタフェースや操作方法はさまざまです。

Macで利用できるおすすめの無料BIツール3選

Macで利用できる無料BIツール比較まとめ

1.Zoho Analytics

Zoho

ツールの特徴

直感的な操作によるデータのビジュアル化やレポーティングはもちろん、地図上でデータを可視化することもできます。Google DriveやMicrosoft OneDrive、Dropboxなどのクラウドドライブのほか、リレーショナルデータベースやNoSQLなど 多種多様なデータソースとの連携機能も備えています

またZoho Analyticsには AIアシスタント「Zia」が搭載されており、使用方法に関する不明点をAIに質問できます

こんな方におすすめ!

幅広いデータソースと連携させ、ビジュアルの種類も豊富なBIツールを使いたい方におすすめです。 またAIアシスタントの機能があるため、BIツール初心者の方にも適しています。

2.Qlick Sense

QlickSense

ツールの特徴

「連想エンジン」というQlick Sense独自の機能が搭載されています。「連想エンジン」によって、Qlick Senseに取り込まれたデータ同士が自動で関連付けられます

こんな方におすすめ!

分析用データテーブルの作成を効率化し、探索的な分析に集中したい方にはおすすめです。 「連想エンジン」がデータ同士の関連付けを自動で行ってくれるため、分析の前処理が大幅に効率化されます。

3.Google データポータル

Googleデータポータル

ツールの特徴

無料のBIツールでありながら大容量のデータを扱うことができ、多人数でのデータ共有も簡単です。 スプレッドやツールを徹底比較 レポートのテンプレートを活用することで、業務の効率化も図れます。

また Googleの各種製品との連携機能が充実しています。

こんな方におすすめ!

GoogleアナリティクスやSearch Consoleなど、Google製品の分析をスムーズに実施したい方にはおすすめです。 また、テンプレートを活用してレポーティング業務を効率化したい方にも向いています。

Macで利用できるおすすめの有料BIツール7選

Macで利用できる有料BIツール比較まとめ

1.Databeat Explore

Databeat Explore

ツールの特徴

Databeat Exploreは、広告データの可視化や効果測定に特化したツールです。 あらゆる広告媒体とのデータ連携が可能となっており、レポートテンプレートを使えば見やすい広告レポートを自動で作成できます

プラン 月額費用
アカウント数課金プラン 広告アカウント数×330円
広告費課金プラン 広告費×0.3%

こんな方におすすめ!

Databeat Exploreは、多数の広告媒体の運用を行っている場合におすすめです。 Databeat ExploreはAPIによってすべての広告媒体のデータを自動収集するため、広告のデータ管理効率が向上します。

2.Tableau

Tableau

ツールの特徴

Tableauは、世界のBIツール市場をリードする代表的な製品です。 高度なビジュアライゼーションを直感的な操作で実現できるユーザーインタフェースに、定評があります

また、SQL ServerやMySQL、Oracle、Google系のサービスをはじめ、 数百を超えるデータソースとの連携機能、データのリアルタイム更新機能などが特徴となっています。

料金プラン 料金
Creator 102,000円/12カ月
Explorer 51,000円/12カ月(Server)

こんな方におすすめ!

ビジュアルに訴えるレポートをストレスなく作成したい方におすすめです。 ユーザーインタフェースの分かりやすさや多種多様なデータとの連携性の高さなどから、組織として大々的に導入したい場合にも向いています。

3.InetSoft

IntetSoft

ツールの特徴

データのレポーティングやアドホック分析、探索的な分析に適したツールとなっており、データソースとのリアルタイム連携の機能も備えています。またInetSoftは、 テクニカルサポートの体制が充実しています。

こんな方におすすめ!

テクニカルサポートが充実したBIツールを利用したい方におすすめできます。 InetSoftは、疑問を的確かつスピーディに解決してくれるサポート体制を備えているためです。

4.FineReport

FineReport

ツールの特徴

FineReportは請求書や発注書、契約書などの帳票設計機能を備えていることが特徴です。 Excelライクのデザインツールで、各種帳票のレイアウトを簡単に作成できます。

こんな方におすすめ!

帳票作成業務を効率化したい方におすすめです。 多種多様な帳票レイアウトを、普段から慣れているExcelライクの画面で簡単に設計できます。

5.MicroStrategy

Microstrategy

ツールの特徴

MicroStrategyは、エンタープライズに特化したBIツールです。 会社全体での活用が想定されており、部門ごと、組織全体など、対象を指定してレポートを迅速に配信できます。

また、スマホなどモバイル端末での運用にも強みがあります。 モバイルアプリでは高速なパフォーマンスが実現されており、移動中や商談中にも円滑にレポートを活用できるのです。

こんな方におすすめ!

エンタープライズに特化しているため、組織全体で大々的に活用したい方におすすめです。 また、 モバイルアプリの性能が優れていることから、外での商談の機会が多い方にも適しています

6.Yellowfin

Yellowfin

ツールの特徴

Yellowfinは導入や運用を効率的に行えるBIツールです。Webベースの集中管理システムが採用されており、 導入にあたってのサーバの増設や、クライアントPCへのインストール作業が不要なためです。

ライセンスを所持するユーザーであれば、ブラウザ経由ですぐに使用できるのです。また 「自動分析機能」という独自機能を備えており、データの重要な変化を検知、通知してくれる仕組みがあります

こんな方におすすめ!

BIツールの導入や運用を効率的に行いたい方におすすめです。 Webベースの集中管理方式により、インストール作業やその後のメンテナンス負荷を大幅に削減できるためです。

7.SAP Business スプレッドやツールを徹底比較 Objects

SAPBO

SAP Business Objectsは、SAP社が提供するBIツールです。

ツールの特徴

SAP Business スプレッドやツールを徹底比較 Objectsは、アドバンスト・アナリティクスの機能が充実しています。 つまりデータの可視化やレポーティングだけでなく、データ同士の関連性を発見したり、過去の実績から将来を予測したりといったことができます。

このような高度分析を、ユーザーがアルゴリズムを選択するだけで簡単に試すことができるのです。また、ユーザーのアクセスログの管理機能など、 IT統制にも強みがあります。

こんな方におすすめ!

レポーティングだけでなくシミュレーションも実施したい方におすすめです。 そして、 IT統制が重要となる業界、会社での導入にも適しています

BIツール10選を徹底比較!無料のツールや選び方まで自社に合うツールが見つかる

business intelligence

©stoatphoto- shutterstock

BIツールとは、Business Intelligenceの略で、企業のさまざまなデータを収集・蓄積・分析し、企業経営や各部門の管理者の意思決定をスムーズにすることを助けるツールのことをいいます。
企業の運営には、売上をはじめ多くの数字が存在します。その数字を一元管理し、自動的に分析をしてくれるBIツールは、精度の高い意思決定をするうえで重要な役割を果たします。

【かんたん図解】CRMとは?CRMの基本機能や導入のメリットを解説!

【かんたん図解】CRMとは?CRMの基本機能や導入のメリットを解説!

SFAとは一体何か?マーケティングで役立つCRMとの違いもわかりやすく解説

SFAとは一体何か?マーケティングで役立つCRMとの違いもわかりやすく解説

BIツールを選ぶ際の比較ポイント

business analytics

©NicoElNino – shutterstock

運用にかかるコストはいくらか

BIツールに限らず、多くのITサービスは「オンプレミス型」か「クラウド型」で提供されています。そのシステム形態によって必要なコストが異なります。
オンプレミス型は、初期費用は高額になるものの、長期的にみて運用コストが抑えられるという特徴があり、機能も自社に合わせてカスタマイズできる点もメリットです。
クラウド型は、初期費用が抑えられますが、運用コストが毎月一定額かかってきたり、ライセンスごとに費用がかかります。

また、ライセンス方式でも、ユーザーライセンス型とサーバーライセンス型と課金対象が異なる場合があります。ユーザーライセンス型は、利用人数に応じて費用が発生する形態で、利用者が増えれば増えるほど費用がかかります。
サーバーライセンス型は利用するサーバーに応じて費用が発生する形態で、情報を蓄積するデータが多くなればなるほど費用がかかります。
サーバーライセンス型は、同時に利用するユーザー数やデバイス数などに応じて費用が発生する携帯で、「1アカウントを共有して利用したい」「1つのデバイスで利用したい」という場合に、有効です。

必要な分析機能が備わっているか

BIツールに対して必要な機能がわからなくなったら、BIツールを導入する目的を今一度明確にしましょう。機能が多いことが重要なのではなく、自社の導入目的に合った分析機能が備わっているかという点が最も重要です。
機能が多くても使わないものが出てきて、かえって操作が複雑になってしまう可能性があるため、まずは基本の機能から利用するという方法がおすすめです。ツールの利用に慣れてきたら、利用範囲を増やしたり、オプションで機能を追加できるサービスに移行するとスムーズかもしれません。
自社の導入目的や利用シーンに合わせて、機能を選んでいくことがポイントです。

使いやすい操作性か

どの程度の専門知識が必要か

BIツールは、基本的に専門知識やスキルがなくても利用できるように設計されていますが、機能によっては、データの加工や読み取りに専門知識が必要になることがあります。
まず、BIツールを利用することで分析をどこまで自動化できるのか、データを加工することで直感的に理解しやすい図表でデータを可視化できるかという点について確認しておくことがおすすめです。
また、サービスによってはある程度の専門知識があった方がスムーズに利用できる場合があります。そういった場合には、担当者の学習コストがかかる場合もあることを念頭においておきましょう。

データ連携は可能か

BIツールは、企業内に散在するデータを1カ所に集めて分析することで、より高度な分析結果を得ることができます。
しかし、BIツールとデータが保管されている既存システムとがうまく連携できなければ、データを取り込んで分析をおこなうことができません。
システム同士を連携させることができるか、連携しないのであれば、データの取り込みをどのような形式でおこなうのか、といったことを事前に確認しておきましょう。

無料で使えるBIツール2選

Googleデータポータル

データポータル

HPより

  • グーグル社が提供する関数を用いてさまざまなデータ分析がおこなえるツール
  • さまざまなチャートやグラフをクリック操作やドラック&ドロップの簡単操作で作成できる
  • 同社の提供するGoogleアナリティクスやGoogle広告、Google BigQueryなどとシームレスに連携できる

Microsoft Power BI

Microsoft Power BI

HPより

  • オンプレミスやクラウドといったさまざまな形態のシステムのデータと連携できる
  • 組織全体で情報を共有してデータを共同編集することができる
  • モバイルアプリも提供されており、場所に限定されずにデータへアクセスすることができる

おすすめBIツール8選

Oracle BI

Oracle Cloud Free Tier Oracle Japan

HPより

Yellowfin

yellowfin

HPより

  • ダッシュボードが見逃しているインサイトを自動分析機能によって見つけてくれる
  • GoogleスプレッドシートやWebAPIなどさまざまなデータを接続することができる
  • 役職に応じてパーソナライズされた情報を通知してくれるため、必要な情報を効率よく取得できる

Qlik Sense

qlikq

HPより

  • ドラッグ&ドロップの簡単操作で簡単に分析をおこなうことができる
  • 直感的に理解しやすいレポートを素早く作成し、公開や共有がおこなえる
  • 小規模のデータから大規模のデータまでさまざまな規模のデータ分析に対応している

Actionista!

Actionista! ジャストシステム

HPより

  • 専門知識を持たない業務部門でも使いやすいように設計されたBIツール
  • 予実や変動、相関などデータの分析方法に合わせて適切なグラフを表示してくれる
  • Actionista! Enterprise Editionプランでは5億件のデータが利用可能

LaKeel BI

lakeelBI

HPより

  • 製造業、流通小売業、サービス業、建設業、金融業、不動産業などさまざまな業界で活用されているBIツール
  • Excelに似た操作感で簡単に使うことができる
  • サーバーライセンス型の料金形態なので、大人数でも追加コストなしで利用できる

Tableau

tableau

HPより

  • 「データに聞く」機能で、質問形式に知りたい情報を入力すると、自動でデータを図表化して表示してくれる
  • Cloudera Hadoop、Oracle、AWS Redshift、キューブ、Teradata、Microsoft SQL Serverなどさまざまなデータソースとの連携が可能
  • データへのアクセス認証はユーザーやグループ単位で設定できるため、セキュリティも安心

DOMO

HPより

  • 数千人のユーザーとに対応し、数十億行のデータの取り扱いが可能な拡張性の高いBIツール
  • スプレッドやツールを徹底比較
  • データサイエンス機能を活用して予測分析をおこなうことができる
  • ビジネスに影響を与えるトピックスやデータの更新をアラート機能によって通知してくれる

Dr.Sum

Dr.Sum

HPより

FXのスプレッドは狭ければ狭いほど良いのか?

fx,スプレッド,fx スプレッド

スプレッドとは1通貨あたりの売値と買値の差額を指す。例えばあるFX会社で取引をしようとしたとき、米ドル/円という表記と、「BID 105.000」と「ASK 105.003」という2つの数字を見たことがあるのではないだろうか。FXユーザーから見たとき、それぞれBIDが売値、ASKが買値を指す。例では米ドルと円の取引をする際、米ドルを売ると105円で売れる。米ドルを買う場合は105円0.3銭が必要となることを示している。この0.3銭の差がスプレッドである。

スプレッドにはもう一つ、各国の国債や金利の差を1%の更に100分の1単位を用いて表記したものを意味する場合がある。これは「bps(Basis Point Spread)」という単位で表されている。FXをやっていく上で頻繁に出るスプレッドは売値と買値の差額を意味する場合がほとんどだろう。だが国債や金利に関する話をしている時に出てくるスプレッドは別の意味を持つ可能性があるのだ。誤解しないように注意が必要である。

FXのスプレッドと手数料の違い

FXにおけるスプレッド以外の比較方法

スプレッド以外では先述した手数料による比較が挙げられる。1単位あたりの手数料が安いFX会社のほうが良い。大きな金額を運用しようと思うのであれば特に注意すべき点だろう。ヤフー <4689> の子会社であるYJFXのように手数料が無料となっているFX会社を探すのも良いだろう。

FXで投資する上で、手数料の存在も考えておく

## 実際にFXを始めてみる ●ワイジェイFX(YJFX!)
YJFX!は、選べる4つのサービス、充実の教育コンテンツ、ヤフーグループの安心感をすべてのトレーダーに提供 スプレッドやツールを徹底比較
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちらから ●DMM.com証券
DMM.com証券は業界初60万口座突破で口座数国内1位※
※2017年1月末時点
>>DMM.com証券の口座開設はこちらから ●GMOクリック証券
業界最高水準のスペックと使いやすく、高機能な取引ツールが人気なGMOクリック証券
>>GMOクリック証券の口座開設はこちらから

スプレッドの意味|利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは?

スプレッドの単位は「銭」と「pips」の2種類あります。
ドル/円(USD/JPY)など、通貨ペアに日本円が含まれる場合は「銭」を使用します。
例えば、ドル/円(USD/JPY)の売値と買値の価格が「100.00円-100.03円」で提示されていたとしたら、その差額「3銭(=0.03円)」がスプレッドになります。仮にドル/円を1Lot(=1万通貨)取引した場合には300円(=0.03円×10,000)の取引コストが発生する計算となります。
また、ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)など、日本円以外の通貨ペアには「pips」を使用します。
例えば、ユーロ/ドル(EUR/USD)の売値と買値の価格が1ユーロあたり「1.14030ドル―1.14050
ドル」で提示されていたとしたら、その差額「2 pips(=0.0002ドル)」がスプレッドになります。

▼ スプレッドやツールを徹底比較 スプレッドは狭いほうがいい?

スプレッドの「原則固定」の意味

「原則固定」とは?

スプレッドは同じFX会社の同じ通貨ペアであっても変動するものですが、例外を除き、FX会社が通貨ペアごとに定めているスプレッドを固定してレートを提供することを「原則固定」と表現します。スプレッドが小刻みに拡大したり縮小したりといった具合に変動すると、お客様が取引しづらいため、原則固定にするFX会社が昨今多くなっています。
スプレッドが原則固定だと投資家はスプレッドの拡大縮小により毎回取引コストが異なるということがなくなります。そのため、投資家は取引する通貨ペアの取引コストをあらかじめ
把握したうえで取引をすることが可能となります。
原則固定以外には、変動スプレッド、完全固定スプレッドがあります。変動スプレッドの場合、時間帯によってスプレッドが広がる可能性があります。

「原則固定」には例外がある

「みんなのFX」のスプレッドは業界最狭水準!

「みんなのFX」のスプレッドの特徴

また「みんなのFX」は約定率も非常に高いです。約定率というのは、お客様が出した注文が、意図した通りに成立する確率です。どんなにスプレッドが狭くても約定率が低ければ意味がありませんが、「みんなのFX」の約定率は99.9%という超高水準を誇っています。
自社で開発したシステムが1秒間に約8,000件もの約定を高速処理できるため、より有利なスプレッドで着実に約定するというプロと同等の投資環境を提供しています。
さらに、相場が急変した際などに注文価格と実際の約定価格にずれが生じるスリッページのリスクも極めて低くなっていて、100万通貨などといった大口の売買であっても、スリッページのリスクは同様に抑えられています。

取引画面でのスプレッドの見方

こちらは「FX Trader」のプライスボードです。
プライスボードには、通貨ペアごとのリアルタイムレートや、その日の高値・安値、スワップポイントなどが表示されています 。
売値と買値の差がスプレッドになり、赤枠で囲んだところにスプレッドが表示されています。
USD/JPYで見てみますと、「Bid(売値)=107.273円」と「Ask(買値)=107.275円」となっていてその差「0.2銭」が実質的な取引コストとなります。

スプレッドが狭い会社を選ぼう

タイプ別FX運用スタイル徹底比較

  • 【初心者】王道の通貨ペアでFXデビュー
  • 【初心者】スマホ1台!人気通貨で中長期投資
  • 【中級者】シストレも取り入れ高金利通貨を安定運用
  • 【中級者】貯金代わりに レバレッジを抑えて高金利通貨のスワップで資産形成
  • 【上級者】積極的な資金運用で中長期取引
  • 【上級者】ドル/円と高金利通貨を短中期で運用

FXがはじめての方

FXをもっと知る

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 スプレッドやツールを徹底比較 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

Googleスプレッドシートで顧客管理!無料で始める顧客管理の方法とは?

顧客管理を行う際に役立つツールとして、GoogleのG Suiteがあります。G Suiteにあるスプレッドシートを活用すれば、MicrosoftのExcelと同等の作業が無料で実施できるのです。クラウド上で管理や編集が可能なため、データのやり取りにかかる手間が省けます。仕事を一緒にしているメンバーにURLさえ共有しておけば、メンバー全員で同じシートを確認できるので、内容を誰かが更新すればリアルタイムで反映されます。

顧客管理をするためのシステムとしてCRM(顧客管理システム)を使う会社は多いですが、CRMはランニングコストがかかります。導入する際にかかる初期費用だけでなく、導入後も管理と運用にコストを割かなくてはなりません。システムを運営する担当者をアサインするための費用も必要です。ビジネスの規模があまり大きくない企業は、CRMを導入するのではなくスプレッドシートを活用した顧客管理でも対応ができます。ビジネスの規模に応じて、使用する顧客管理ツールは選択するようにしましょう。

Googleスプレッドシートを使った顧客管理の方法

手順1.Googleスプレッドシートを開く

Googleスプレッドシートを作成するには、まずGoogle Chromeで自分のGoogleアカウントにログインしてください。
もしGoogleアカウントを持っていないのであれば、新規で作成することが必要です。Googleアカウントにログインができたら、アプリと記載されている箇所をクリックし、アプリのなかにスプレッドシートという項目があるので選択します。スプレッドシートの画面になったら、画面右下にある「新しいスプレッドシートを作成」をクリックしましょう。これらの手順を踏むだけで、Googleスプレッドシートを利用できる様になります。さらに、シートのタイトル部分へ任意で題名をつけましょう。顧客管理をするのであれば、それが一目で分かる様なタイトルをつけてください。

手順2.項目の入力と固定

Googleスプレッドシート

顧客管理用のタイトルが入力できたら、顧客管理に必要になりそうな項目を入力していきます。No、氏名、住所、連絡先などは必須と考えてよいでしょう。備考欄なども用意しておくと、なにかと便利です。項目が決まれば、項目部分は固定しておくのがおすすめ。顧客情報が膨大になると、見づらくなりがちですが、1行目にある項目を固定しておくと、スクロールしても追尾してくれます。項目部分が常に出ている状態ですので、見やすさを保つことができるでしょう。メニューから「表示」「ウィンドウ枠の固定」「1行」の順で操作すれば項目の固定は簡単にできます。

手順3.データ入力規則を活用

同じテキストを何度も繰り返し入力するのは手間がかかります。その様なときは、データの入力規則を設定し、クリックで選択できる様にしておきましょう。手順は「データ」→「データの入力規則」→「条件」の順に選択し、「リストを直接指定」をクリック。その後、「項目をカンマで区切って入力します」と薄いグレーで記載されている入力欄に、設定したいテキストを打ちます。例えば、「a,b,c」と入力すれば、セルのなかで「a,b,c」が入力可能となるのです。設定によっては、無効なデータを拒否したり警告を出したりする様にもできます。入力後は設定を保存して、機能が正しく動いているかどうかを確認するようにしましょう。

手順4.共有の範囲を決める

共有の範囲を決める

Googleスプレッドシートで顧客管理をする問題点

問題点1. 営業現場に最適化されたツールではない

顧客満足度を上げていくためには、営業部内のスムーズな連携や顧客情報の共有が必要不可欠です。スプレッドシートで顧客の管理ができるのは確かでしょう。
しかし、システムとして熟成させるためには、手間と時間がそれ相応にかかります。また、顧客管理は顧客や担当者のデータベースを連携させる必要もありますが、スプレッドシートはデータベースの連携に適しているとはいえないのもネックです。汎用性が高いことはスプレッドシートのメリットですが、営業現場に特化したツールではないことを忘れないようにしましょう。

問題点2. Excelの参照機能を活用できない

問題点3. 外出先では利便性が低下する

スプレッドシートは、オリジナルのテンプレートを作成することで、顧客管理を行えます。ただし、スマートフォンのアプリでオリジナルのテンプレートは使用できません。外出先での使用にデメリットがあることは十分に認識しておきましょう。例えば、外出先で顧客と打ち合わせや商談をした際、すぐに情報を更新しようとしても、スマートフォンからの更新は不可能です。そのため、内容をメモなどに控えておき、商談後にパソコンで打ち込む必要があります。スピーディな営業活動が求められるなか、その場で更新できないのはかなりのデメリットです。迅速に更新できないことで、チャンスを逃してしまう可能性も否めません。

問題点4. スプレッドシートのノウハウが少ない

無料でシンプルに使えるといっても、効果的な使用ができないのは考えものです。スプレッドシートをうまく扱えないようなら、ノウハウが確立されたCRMの導入を最初から検討したほうが賢明でしょう。

顧客管理に注力したCRM

顧客管理に注力したCRM

ここまでスプレッドシートでの顧客管理について述べてきましたが、運用していく間に、残すべき情報や、不必要な情報などが見えてくるでしょう。管理すべき顧客数が少なく、実際に顧客と接触する営業担当の人数が少ない状況であれば、引き続き、Googleスプレッドシートでの顧客管理で問題ありません。ですが、会社やプロジェクトは順調であれば成長していき、顧客数や営業担当の人数も増えて、スプレッドシートの顧客管理は限界に近づいていくでしょう。ですが、ここまでスプレッドシートでの顧客管理が運用できているのであれば、そのノウハウがある状態でしっかりとツールの選択を間違わなければ、CRMの移行はスムーズに出来るでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる