トレードがうまくなるためのコツ

短期売買におすすめのFX会社8選を紹介

短期売買におすすめのFX会社8選を紹介
12:54

【徹底比較】おすすめの投資手段16種類を初心者・経験者別に解説

株式投資

そこでこの記事では 投資手段16種類を「簡単さ」「手堅さ」「自己資金の少なさ」「短期的に利益を狙えるか」「長期的に利益を狙えるか」の5項目で徹底比較 します。

また それぞれの投資手段が初心者向きか経験者向きなのかも解説 します。

1.そもそも投資ってどんなもの?

そこでまずは 投資とはどのようなものかについて簡単にご説明 しましょう。

1-1.投資とは将来の利益を期待してお金をかけること

一言でいうと、 投資とは「将来の儲けを期待して、今お金をかける行為」 です。

しかし、 自分に合った投資手段で賢く運用すれば、銀行預金よりも多くのお金を貯められる 可能性があります。

例えば、大手銀行は金利が低い傾向にあり、三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行といったメガバンクは1年間の定期預金をした場合の金利を0.01%としています。 1,000万円を1年間定期預金しても、利息は1万円しかもらえない のです。

1-2.自分に合った投資を選ぶための5つのポイント

  • (1) 手堅さ ……多額の損をする心配はないか
  • (2) 簡単さ ……手間なく簡単に投資できるか
  • (3) 自己資金の少なさ ……少額からでも始められるか
  • (4) 短期的利益 ……短期的に利益を狙えるか
  • (5) 長期的利益 ……長期的に利益を狙えるか

ポイント①手堅さ……多額の損をする心配はないか

ポイント②簡単さ……手間なく簡単に投資できるか

特に初心者の方は 投資といえば投資先を選んだり、値動きをチェックしたりと手間がかかるもの 、といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

実は プロやAIにお任せできる手軽な投資手段 も存在しています。

ポイント③自己資金の少なさ……少額からでも始められるか

初めての方やあまり自己資金を用意できないという方でも ごく少額から始められる投資 がありますよ。

なかには 「レバレッジ」といって今持っているお金以上の金額を投資し、大きな利益を狙えるものもある ので要チェックです。

ポイント④短期的利益……短期的に利益を狙えるか

そして どれくらいの期間で利益が出るのか というのもチェックしておくべきポイントです。

ポイント⑤長期的利益……長期的に利益を狙えるか

2.16種類の投資手段を徹底比較!これで違いが分かる

ここからは、 代表的な16種類の投資手段の仕組みやメリット・デメリットを分かりやすく解説 していきましょう。

先ほどご説明した 「簡単さ」「手堅さ」「自己資金の少なさ」「長期的利益」「短期的利益」の5項目をレーダーチャートにしている ので、知識に不安のある方でもご安心くださいね。

各投資の点数表

2-1.株式投資

実際に 株式投資は初心者の方にも経験者の方にもおすすめできる投資 といえるでしょう。

株式投資の特徴は、なんといっても 長期的な利益と短期的な利益の両方を狙える ことです。

  • ・ 売買益 ……株を買ったときよりも高く売ることで得る利益
  • ・ 配当金 ……株を所有していることで企業から得られる利益還元

多くの場合、 短期的に利益を狙いたい場合には売買益、長期的に利益を狙いたい場合には配当金を目標に投資を行う ことになります。

ここからは、 「国内株」と「海外株」の大きく二種類に分けてメリットや特徴 を詳しくご説明しましょう。

2-1-1.国内株:初心者でも少額から始めやすいポピュラーな手段

もちろん 自分の所有する株価の値動きなどは日頃から確認しておく必要 はありますが、いわゆる「デイトレーダー」のように専業として本格的にやるのではないかぎり、毎日売買を行うわけではないので手間もそこまでかかりません。

まずは いくつか気になる証券会社で口座を作ってみて、その中から使いやすいものを選んでみる のがおすすめの始め方ですよ。

  • ・ 松井証券 :1日の約定金額が50万円以下なら手数料が無料でお得!
  • ・ SBI証券 :初級者~上級者も愛用!手数料格安で業界最大手480万口座開設の実績あり
  • ・ 楽天証券 短期売買におすすめのFX会社8選を紹介 :楽天ポイントが貯まる・使える!手数料もお得で楽天ユーザーにはぴったり
  • ・ SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券) :取引額にかかわらず最安値基準の手数料!今なら新規口座開設で2か月手数料0円
  • ・ DMM株 :10万円以下の取引手数料が業界最低基準!少額取引から始めたいならおすすめ

2-1-2.海外株:手軽に購入できて投資対象の分散におすすめ

米国株をはじめとした 海外株も基本的な仕組みは国内株と同じ です。

海外株に投資する最大のメリットは、 日本国内の景気変動に影響されづらい という点でしょう。

と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、 海外企業の株も国内企業の株と同様に証券会社を通じて取引 を行うことができます。

自分の購入したい国の株式を扱っている証券会社を選ぶか、 特に決まっていない場合は海外株の取り扱いが豊富な証券会社で口座を作ることがおすすめ です。

  • ・ SBI証券 :初級者~上級者も愛用!手数料格安で業界最大手480万口座開設の実績あり
  • ・ 楽天証券 :楽天ポイントが貯まる・使える!手数料もお得で楽天ユーザーにはぴったり
  • ・ マネックス証券 :海外株に簡単に投資ができる!人気のアメリカ株の取り扱いも豊富
  • ・ DMM株 :米国株の取引手数料が0円!初めてアメリカ株にチャレンジするならおすすめ

2-2.為替取引

2-2-1.FX:少額投資でも短期的に大きな利益を狙える

  • ・ DMMFX :初心者~上級者まで愛用!取引ツールがシンプルで分かりやすい
  • ・ GMOクリック証券FX :月間取引高8年連続国内1位!テクニカル指標も豊富で経験者も満足
  • ・ みんなのFX :少額取引からでもOK!初めてFXを始める方にも高金利の通貨を取引したい人にもおすすめ

2-2-2.外貨預金:中長期的に資産運用したい人におすすめ

国内の銀行に定期預金をしても利息はほとんど期待できませんが、海外は日本と比較して金利が高い傾向にあるため、 外貨預金を行うと高い利息 を期待できるのです。

短期的に大きな利益を得る可能性は低いですが、 国内よりお得な利率でこつこつお金を貯めていきたい方にはぴったりの投資手段 といえるでしょう。

2-3.仮想通貨

仮想通貨とは 「電子データとしてユーザー間で取引される通貨」 のことです。

「円」や「ドル」などの国家が発行する通貨とは異なり、国や銀行を介さずにユーザー同士がプラットフォーム上でやり取りする仕組み となっています。
これから詳細をご説明していきますね。

2-3-1.仮想通貨:短期的に多額の利益を出しやすい投資手段

仮想通貨は国家の発行する通貨に比べ相場の変動が大きいため、 短期的に利益を上げられるところが特長 といえます。

2-4.不動産投資

と感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は 不動産投資はリスクと利益のバランスが取りやすい「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資 短期売買におすすめのFX会社8選を紹介 といわれているのです。

2-4-1.国内不動産:中長期的に不労所得が得られる

多くの投資と違い、国内不動産投資は一般的に買ったときと売ったときの差額によって利益を上げるのではなく、 「賃料」という形で長期的に利益を狙う ことになります。

成功すれば 定期的な不労所得 を得られるようになりますよ。

不動産投資に関するイロハは、 不動産投資セミナーに参加すれば一から学ぶことができます よ。

2-4-2.海外不動産:国内不動産よりも短期的な利益を出しやすい

多額の自己資金が必要になりますが、 国内の不動産投資に比べ短期間で大きな利益を上げられる可能性がある 点がメリットです。

ただし為替の影響を受けるため、 国内の不動産投資より投資家の負担も大きく なってしまいます。

人口が増え、 経済成長が続いている国は住宅価格もそれに伴って上昇する傾向 にあります。

そのような国の不動産を手に入れておくことで、 売買益(購入したときと売却したときの差額)を狙うことができる のですね。

2-5-1.国債:いわば「金利の高い銀行預金」のような投資手段

また、発行から 1年以上経過すれば中途換金も可能 です。

2-5-2.社債:国債よりも高い利率で運用できる債券

社債は企業が発行する債券で、多くの場合 国債よりも利回りが良いことが特徴 です。

つまり投資家にとっては、 社債の方が株式投資よりも元本割れのリスクが低い傾向にある といえるでしょう。

2-6.先物取引

しかし、 先物取引は銘柄や取引の期限が決まっているため、迷う必要がなく始めやすい投資手段の一つ といえるでしょう。

2-6-1.先物取引:未来の取引を現時点の価格で取引をする手段

「先物取引」とは、 ある商品の価格を事前に取り決め、期日が来たときにその価格で売買することを約束する取引 のことを指します。

ある意味では 投資の一つ ということができるのですね。

先物取引とは

先物取引の特徴としては、 売り注文から始められる ことが挙げられます。

また、 先物取引では取引の期限が定められていることも株取引などのほかの投資とは異なる点 だといえるでしょう。

2-7.投資信託

しかし、 投資信託は任せきりにしていても資産を運用できる簡単な投資方法 です。

投資信託には さまざまな種類があることも魅力の一つ です。

2-7-1.インデックス型の投資信託:指数に合わせた値動きで安定的な運用

インデックス型の投資信託 は特定の指数(インデックス)と連動した安定的な運用を目指す方法 です。

つまり、インデックス型投資信託では 大きな利益を得ることはない代わりに手堅く利益を得られる可能性が高い といえます。

インデックス型投資信託は特定の指数に基づいて設計されているため運用の手間が少なく、経費として支払うことになる 「信託報酬」が後述するアクティブ型より低い傾向にあるのもポイント です。

2-7-2.アクティブ型の投資信託:プロと二人三脚で指数以上の利益を狙える

アクティブ型の投資信託では 市場平均よりも大きなリターンを目指し、プロが銘柄の選択や投資手法などを独自に組み合わせて 行います。

いわば投資の醍醐味ともいえる 「多少リスクを取ってでも大きなリターンを狙う」ことにチャレンジしたい方に向いている方式 です。

2-7-3.ETF:株式投資と投資信託のいいとこどりでリスク分散にぴったり

ETFとは日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)といった 特定の指数に連動する運用成果を目指し、金融取引所に上場されている投資信託 のことを指します。

例えばTOPIXに連動しているETFは、 TOPIX全体に投資を行っているのとほぼ同じ効果を 得ることができます。

両者の最大の違いは、 ETFは上場されているのに対し、インデックス型投資信託は上場されていない商品である ということです。

一方で、 市場全体の動向によって値動きするため株式投資よりも大きな損をするリスクが比較的少ない 点が魅力的です。

2-7-4.REIT:短期的な利益も出しやすい投資信託の不動産版

証券取引所に上場されているため、 株式と同じように取引が可能 です。

そのため、利益を出すためには 自分で売買のタイミングを決める必要 があります。

また、J-REITの特長は 収益がほぼそのまま分配金として投資家に配られる点 にあります。

2-7-5.ロボアド投資:AIによる自動運用で手間をかけずにできる投資

ロボアド投資は始めるのも簡単で、 スマートフォンアプリやブラウザから簡単な質問に答えるだけで投資 を始めることができます。

    短期売買におすすめのFX会社8選を紹介
  • ・ WealthNavi :利用者数ナンバーワンロボアド
  • ・ THEO :dポイントを貯めている方は必見
  • ・ 投信工房 :松井証券が運営!100円から投資可能

2-7-6.ヘッジファンド:富裕層向けの収益性が高い投資信託

ヘッジファンドは、一言でいえば 相場が下がったときにも利益を追求することを目的とした投資信託 のことです。

一方、ヘッジファンドの場合は先物取引や信用取引などの リスクの高い取引も活用しながら市場の動向に関わりなく利益を狙うことが可能 な仕組みです。

3.初心者・経験者別!おすすめの投資手段はこれだ!

ここまでご説明した内容を踏まえ、 短期売買におすすめのFX会社8選を紹介 初心者・経験者別におすすめできる投資手段をさらに詳しくご紹介 しましょう。

3-1.初心者はリスクを考慮して無理のない範囲で始めよう

初心者におすすめの投資

具体的には、 比較的少額から始めることができて投資としての楽しみも味わえる 「株式投資」「FX」「投資信託」の三種類がおすすめです。

3-1-1.手堅く投資を始めたいなら株式投資がおすすめ

初心者の方に まずおすすめしたいのは「株式投資」 です。

一般的には100株単位で購入することになるので、 投資を始めるには10万円もあれば十分 基本的に自分が投資した額以上のお金を損することはありません 。

株を取引するためには証券口座の開設が必要ですが、 証券口座はインターネット上で簡単に開設することが可能 です。

  • ・ 松井証券 :1日の約定金額が50万円以下なら手数料が無料でお得!
  • ・ SBI証券 :初級者~上級者も愛用!手数料格安で業界最大手480万口座開設の実績あり
  • ・ 楽天証券 :楽天ポイントが貯まる・使える!手数料もお得で楽天ユーザーにはぴったり
  • ・ SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券) :取引額にかかわらず最安値基準の手数料!今なら新規口座開設で2か月手数料0円
  • ・ DMM株 :10万円以下の取引手数料が業界最低基準!少額取引から始めたいならおすすめ

3-1-2.短期的な利益を狙いたいならFXがおすすめ

  • ・ DMMFX :初心者~上級者まで愛用!取引ツールがシンプルで分かりやすい
  • ・ GMOクリック証券FX :月間取引高8年連続国内1位!テクニカル指標も豊富で経験者も満足
  • ・ みんなのFX :少額取引からでもOK!初めてFXを始める方にも高金利の通貨を取引したい人にもおすすめ

3-1-3.手間をかけずに長期的な運用をしたいなら投資信託がおすすめ

特に AIがあなたの資産を自動で運用してくれるロボアド投資は初心者の方にぴったり だといえます。

  • ・ WealthNavi :利用者数ナンバーワンロボアド
  • ・ LINEスマート投資 :とにかく手軽に投資を始めたい方にぴったり
  • ・ THEO :dポイントを貯めている方は必見

3-2.経験者は「リスク分散」「長期運用」など目的に合った手段を選ぼう

経験者におすすめの投資

既に何らかの手段で投資を始めている 経験者の方は「リスクを分散したい」「短期的に大きなリターンを狙いたい」「長期的な資産形成を目指したい」といった目的別に新たな投資手段を選ぶ と良いでしょう。

【FXのデイトレード】基礎知識とやり方、おすすめ口座3選を解説!

デイトレード以外のFXのトレードスタイル

FXには、大きく分けて次の 4つのトレードスタイル があります。

デイトレードとは?

FXのデイトレードの基礎知識

デイトレード とは、 1日の中での値動きを利用して利益を狙い、その日のうちに取引を完結する トレード方法のことです。

1回あたりの取引時間は 数分~数時間 となっており、トレードスタイルの中では比較的短い時間で取引を完結させます。

1回の取引で狙える利幅は 10pips~100pips ほどで、一度に得られる利益はそれほど大きくありません。

取引回数は2番目に多い

スキャルピングとの違い

【FXのスキャルピングとは】手法の基本と使うテクニカル、おすすめ口座3選

トレードスタイル別の比較表

短期売買におすすめのFX会社8選を紹介 短期売買におすすめのFX会社8選を紹介
トレードスタイル 取引期間 利益幅 ポジションの大きさ
スキャルピング 数秒~数十秒 10pips未満 大きめ
デイトレード 数時間、1日以内 10~100pips 大きめ
スイングトレード 数日~数週間 デイトレより大きめ デイトレより小さめ
長期トレード 数か月~数年 スイングより大きめ スイングよりも小さめ

デイトレードがFX初心者におすすめな理由

FX初心者にデイトレードがオススメな理由

デイトレードはFX初心者が始めるのに向いているトレードスタイルだと言われていますが、それには 次のような理由 があります。

株価下落リスクを負わずに「株主優待」を得る方法:「つなぎ売り」活用

株価下落リスクを負わずに「株主優待」を得る方法:「つなぎ売り」活用

【参考1】「つなぎ売り」とは
株を借りてきて売ることを、「信用売り」といいます。株を持っているが、持っている株を売らず、別途借りてきた株を売ることを「つなぎ売り」と言います。株を保有したまま、株が値下がりするリスクをヘッジする効果があります。この状態で、権利確定日を迎えると、優待をもらう権利が確定します。権利が確定したら、保有している株を、借りてきた株の返済に充てれば、取引が完結します。保有株を、返済に充てることを「現渡(げんわたし)」と言います。

【参考2】「空売り」とは
保有している株を、借りてきて売るのが「つなぎ売り」でした。それに対し、保有していない株を借りてきて売ることを「空売り」といいます。空売りした株が、値下がりした後に買い戻せば、利益が得られます。例えば、1,000円で空売りした株が、900円に値下がりしてから買い戻せば、1株につき、100円の利益が得られます。
ただし、空売りした株が、値上がりしてから買い戻すと、損失が発生します。

「つなぎ売り」のやり方:現物買いと信用売りを同じ株数ずつ行い、優待の権利を得たら、現渡(げんわたし)で決済する

<ステップ1>

<ステップ2>

6月の「権利付き最終日」は6月28日(火)、権利落ち日は6月29日(水)

(約定日)=株の売買をする日
(受渡日)=株の買い手が株主になる日、株の売り手が株主でなくなる日
(営業日)=証券取引所が開いている日。土曜日・日曜日・祭日は含まれない。

2022年6月末基準の優待取りの権利付き最終売買日

つなぎ売りを使った優待取りにかかるコストが、優待で得られるメリットよりも、大きくならないように注意

・A社株100株の買い付けにかかる手数料
・A社株100株の信用売りにかかる信用取引手数料
・信用売りするA社株100株を借りるための貸株料

不動産投資に失敗した時の対策・改善方法は?5つの事例から解説

HOME4U

NTTデータグループの土地活用サービス、最大7社の収益プラン比較可、連絡は選択した企業のみ

すまいValue

不動産売却サイト「すまいValue」

大手6社直営・全国900店舗・成約件数11万件以上!96%が「安心・安全に取引できた」と回答

不動産一括査定「リガイド」

約1分で大手から地域密着の会社まで最大10社に査定依頼可能、老舗の不動産一括査定サービス

無料で参加できる、初心者向け不動産投資セミナー・イベント

インヴァランス

インヴァランスの無料不動産投資セミナー

不動産投資初心者から好評のオンラインセミナーをほぼ毎日開催、23区のIoT・新築マンション投資

FJネクスト

FJネクストのマンション投資

東証プライム上場のマンション会社!入居率99%・金利1%台・フルローン可。非公開物件も

シノケンプロデュース

シノケンプロデュースのアパート経営

個別オンラインセミナー開催中!55000人が参加、初心者が失敗しない為の不動産投資セミナー

【米国株動向】ウォーレン・バフェット氏が新たに購入した8銘柄、マケッソン(MCK)、マーケル(MKL)等

モトリーフール

免責事項と開示事項 記事は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。シティグループは、モトリーフールのグループ会社アセントの広告パートナーです。アライ・フィナンシャルは、モトリーフールのグループ会社アセントの広告パートナーです。元記事の筆者Keith Speightsは、バークシャー・ハサウェイの株式(クラスB)を保有しています。モトリーフール米国本社はバークシャー・ハサウェイ(クラスB)、HP、マーケルの株式を保有し、推奨しています。モトリーフールはマケッソンを推奨し、以下のオプションを推奨しています。バークシャー・ハサウェイ(クラスB)の2023年1月満期の200ドルコールのロング、バークシャー・ハサウェイ(クラスB)の2023年1月満期の200ドルプットのショート、バークシャー・ハサウェイ(クラスB)の2023年1月満期の265ドルコールのショート。モトリーフールは情報開示方針を定めています。

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

モトリーフール米国株情報

ストックボイス

12:54

モトリーフール米国株情報

バフェットに学ぶ 岡元平八郎の米国株マスターへの道 高配当株の選び方 ESG脱炭素 半導体

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる