よくあるご質問

CFD取引をする理由

CFD取引をする理由
https://www.monexgroup.jp/jp/investor/ir_library/presentation/main/0110/teaserItems1/06/linkList/09/link/JP_FinancialResult_20210129.pdf

Q. 急成長の楽天証券が、業界No.1のSBI証券に勝っている重要な指標とは?

https://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen210129.pdf

https://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen210129.pdf

SBI証券の口座数推移

https://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen210129.pdf

https://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen210129.pdf

オンライン証券各社の預かり資産残高

https://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen210129.pdf

https://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen210129.pdf

楽天証券の口座数推移

https://corp.rakuten.co.jp/investors/documents/results/

https://corp.rakuten.co.jp/investors/documents/results/

口座あたりの取引額トップはどの企業?

投資信託の積立金額が最も多いのはどの企業?

楽天カードを使った投信積立

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/rfund/guide/creditcard.html

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/rfund/guide/creditcard.CFD取引をする理由 html

テイクレート(手数料率)が低いのはどの企業?

「ブローカー型」から「アセマネ型」への移行で起こる変化とは?

https://corp.rakuten.co.jp/investors/documents/results/

https://corp.rakuten.co.jp/investors/documents/results/

そのような中で楽天証券は、米国株取引、CFD取引(Contract for Differenceの略で、現物の売買を伴わない差金決済取引)、信用貸株(保有している株式貸すことで収益を得られるサービス)など、多様な取引手法を投資家に提供することで、収益減を確保することを目指しています。

アセットモデルへの転換

https://www.monexgroup.jp/jp/investor/ir_library/presentation/main/0110/teaserItems1/06/linkList/09/link/JP_FinancialResult_20210129.pdf

https://www.monexgroup.jp/jp/investor/ir_library/presentation/main/0110/teaserItems1/06/linkList/09/link/JP_FinancialResult_20210129.pdf

CFD商品に関する FAQ

責任ある取引: EF Worldwide Ltdは、この広告、電子メール、またはその関連ウェブサイトで言及されているいかなる金融商品のメリットについても推奨を行っておらず、含まれている情報は、 お客様の個人の目的、財務状況、およびニーズを考慮していません。従って、これらの商品のお取り扱いに伴うリスクを考慮するだけでなく、お客様の目的、財務状況、およびニーズを考慮しながら、これらの商品が適切であるかどうかを検討す る必要があります。 EF Worldwide Ltdは、EF Worldwide Ltdの金融商品に関するいかなる決定をも下す前に、クライアント契約を必読することをお勧め致します。取引にはかなりの損失リスクが伴います。お客様の損失許容範囲を超えるほど の金額のお金を投資しないようにしてください。 EF Worldwide Ltdは、JFSAの監督下にはなく、金融商品の提供や金融サービスの勧誘を目的としたいかなる行為にも関与しておらず、このウェブサイトは日本の居住者を対象としていません。」 EF Worldwide Ltd(セーシェル金融サービス局 - ライセンス番号SD056)

easyMarketsは、EF Worldwide Ltdの商号です。登録番号:84227941このウェブサイトは、EF Worldwide Limited(Blue Capital Markets Groupの一部)によって運営されています。

制限地域: easyMarketsは以下の国や地域の居住者にサービスを提供していません:アメリカ合衆国、イスラエル、ブリティッシュコロンビア、マニトバ、ケベック、オンタリオ、アフガニスタン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、ケイマン諸島、チャド、コモロス、コンゴ、キューバ、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、エリトリア、フィジーなど 、ギニア、ギニア-ビサウ、ハイチ、イラン、イラク、ラオス、リビア、モザンビーク、ミャンマー、ニカラグア、北朝鮮、パラオ、パナマ、ロシア連邦、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、トリニダードとトバゴ、トルクメニスタン、バヌアツ、 ベネズエラ、そしてイエメン。

CFD取引をする理由

この度、2022年4月1日からの民法改正による成年年齢引下げに伴い、LINE証券、LINE FX、 LINE CFDは、18歳以上から口座開設が可能となりました。LINE証券では、口座開設者の約54%が、20代から30代の若年層のご利用であり、20代口座開設のうち18%は、学生の方にご利用いただいております*。今回、口座開設の年齢を引下げることで、10代の方もLINE証券のご利用が可能となります。

“投資をもっと身近に、もっと手軽に”をミッションに、スマートフォンに特化したシンプルで直感的なデザインと操作性が特徴の新たな「スマホ投資サービス」。2019年8月にサービスを開始。現在、1株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、取引所取引(現物取引・信用取引)、投資信託、FX取引サービス「LINE FX」、個人型確定拠出年金「LINEのiDeCo」、IPO(新規上場株)サービス、CFD取引サービス「LINE CFD」、つみたてNISAを提供。総口座数は、2021年10月時点で100万口座をネット証券最短*で突破しております。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる