外国為替市場

為替ヘッジとは

為替ヘッジとは
0120-13-1089
9:00~21:00 年中無休

為替変動からのリスク回避法3選|為替ヘッジを学ぶ

金融の世界では、「リスク」とは「危険」ではなく、「変動の可能性」を指します。つまり、損をするのもリスク、得をするのもリスクです。損をすることだけをリスクと考えられる方も多いので注意しましょう。 リスクヘッジをするということは、損をする可能性を潰すということですが、同時に得をする可能性も潰します。 だから、「為替で儲けたい!!」という人は、ヘッジをしないでください。 では、具体的にどんな方法で為替リスクはヘッジできるのでしょうか。

先物を使って為替変動のリスクヘッジをする

例えば、A社という輸出企業があるとします。ひと月後に代金100万ドルを受け取る契約をしています。現在の為替レートは1ドル=100円。今受け取れたら、A社の売上は、1億になりますよね。 でも、もしかしたら、ひと月後の為替レートは1ドル=90円かもしれません。 このようにレートが円高に振れたら、A社の利益は、1000万円吹っ飛びます。

では、A社はどうしたらいいのでしょうか。
「円高になりませんように・・・。」とお祈りするだけでしょうか?ここで「先物」を使ったらどうなるでしょうか。 先物を使うと、今日の時点でひと月後の為替レートを確定できます。 つまり、ひと月後に円を1ドル=100円で買いたいという契約が出来るわけです。 これで、A社は、ひと月後の為替レートが何であろうとも、1億円の収益を確保できます。

A社は為替変動で損をしない代わりに、得もしません。これが、為替リスクをヘッジするということなのです。 ちなみに、話を分かりやすくするために、直物と先物の為替レートを同じにしましたが、先物のドルは直物のドルよりも安いです。 直物が1ドル=100円だと、先物は1ドル=99円とか、そういうふうになってきます。 このように先物を使うことによって簡単にリスクヘッジを行うことができます。

金融市場を使って為替変動のリスクヘッジをする

金融市場、つまり、お金を借りることでリスクヘッジを行うことができます。 先ほど登場したA社に再び登場してもらいます。 A社は輸出代金100万ドルを受け取る予定があったんでしたよね。受け取る予定はひと月後。為替レートは分からない。

そして、ひと月後に輸出代金を受け取ったら、そのお金で銀行の借金を返します。借金も輸出代金もドルなので、為替レートを気にする必要はありません。 このように、銀行からお金を借りることで、為替リスクをヘッジすることができます。 お金を受け取ることを見越して、借金をするわけです。 ちなみに、お金を借りたら利息を払う必要があります。100万ドル分の利息分はひと月後の直物レートで支払うことになります。

通貨オプションを使って為替変動のリスクヘッジをする

ひと月後に為替レートが1ドル=90円になっていても、1ドル=100円で円を買うことが出来ます。
これが他のヘッジ方法と違うところは、この「権利」を放棄することが出来るということです。もし、ひと月後、1ドル=120円と大幅に円安に振れたとします。すると、A社は「この権利いらないよ。」といって放棄して、1億2千万受け取ることが可能なわけです。つまり、通貨オプションを使えば、「得を取る」可能性が出てくるわけですね。 ただし、この通貨オプション、ただではありません。 行使価格(希望レート)によって、お金を支払う必要があります。このお金をオプション料といいます。 有利な条件での行使価格にすればするほど、オプション料は値上がりします。

ブラックロックESG世界株式ファンド(限定為替ヘッジあり)


『パフォーマンスの推移』『運用実績』『分配金の履歴』に記載のデータは過去の運用実績を示すものであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
『運用実績』の トータルリターンは、税引前分配金を再投資したものとして算出した累積投資基準価額により計算しています。
『分配金の履歴』の表に記載の情報は、税引前分配金実績です。過去の分配金実績は、将来の分配金の水準を示唆あるいは保証するものではありません。

サステナビリティ特性

サステナビリティ特性

当指標は、ESG要因のファンドへの組み入れの有無、また組み入れの方法を示すものではありません。当指標は、ファンドの目論見書に投資目的に関わる記載が別途ある場合を除き、ファンドの投資目的を変更、またはファンドの投資対象を制限するものではありません。また、ファンドがESGやインパクトに焦点を当てた投資戦略やスクリーニングを行うことを示唆するものではありません。ファンドの投資戦略の詳細については、ファンドの目論見書を参照してください。

サステナビリティ特性に関するMSCIのメソドロジーは当ページ下部のリンクからご確認いただけます。

すべてのデータは、2021年9月30日 の保有状況に基づき、2022年4月7日 のMSCI ESGファンドレーティングから取得したものです。したがって、ファンドのサステナビリティ特性は、直近のMSCI 為替ヘッジとは ESGファンドレーティングとは異なる場合があります。

MSCI ESGファンドレーティングは、ファンドの65%以上(グロス・ウェイト)の保有銘柄がMSCI ESGリサーチの対象となっているファンドに付与されます(MSCIによるESG分析に関係しないと見なされる現金ポジションややその他の資産は、リサーチ対象銘柄のグロス・ウェイトを算出する際に控除されます。ショートポジションの絶対値は算出に含まれますが、リサーチの対象外として扱われます。)また、銘柄の保有状況は1年以内の基準日のものとし、ファンドには10銘柄以上が必要です。新規に立ち上げたファンドの場合、サステナビリティ特性は通常立ち上げから6か月後に開示されます。

ビジネス関与

ビジネス関与

ビジネス関与に関するMSCIのメソドロジーは当ページの下部にあるリンクからご確認いただけます。

上記の一般炭およびオイルサンドに関するビジネス関与エクスポージャーは、MSCI ESGリサーチの定義による一般炭またはオイルサンドの売上構成比率が5%以上の企業を対象として算出し開示します。MSCI ESGリサーチの定義による一般炭またはオイルサンド事業から売上のある企業へのエクスポージャー(売上構成比率が0%以上の場合)は以下のとおりです。一般炭 為替ヘッジとは 0.46% およびオイルサンド 1.24%

ビジネス関与指標は、MSCIが調査を実施し、対象となるビジネス活動に関与していると判断する企業のみを特定します。そのため、MSCIの調査対象外に追加のビジネス関与が存在する可能性があります。この情報は、ビジネス関与のない企業の一覧を作成する目的で提供されるものではありません。また、ビジネス関与指標は、MSCI ESGリサーチの対象となる保有銘柄がファンドの1%以上(グロス・ウェイト)を占める場合のみ表示されます。

取扱い金融商品取引業者

販売会社一覧

販売会社一覧

ここに記載する情報(以下「本情報」)は、1940年投資顧問法に基づくRIAであるMSCI ESG Research LLCが提供するものであり、その関連会社(MSCI Inc.とその子会社(以下「MSCI」)を含む)、または第三者(以下「情報提供者」)から入手したデータを含むことがあり、その全部または一部を書面による事前の許可なしに複製または再配布することは禁止されています。本情報は、米国証券取引委員会(SEC)またはその他の規制当局に提出されたもの、もしくは承認を受けたものではありません。本情報は、派生商品の作成またはそれに類する目的で使用することはできません。また本情報は、いかなる有価証券、金融商品および商品、または取引戦略の売買提供、勧誘または推奨を行うものではなく、将来的な業績、分析、予測または予想を示唆または保証するものではありません。ファンドによってはMSCI指数をベースとするもの、もしくはMSCI指数に連動するものがあり、MSCIはファンドの運用資産残高やその他の指標に基づいて報酬を得ることがあります。MSCIは、株価指数調査と本情報の間に情報共有の制限を設けています。本情報を使用して、売買する有価証券または有価証券を売買するタイミングを判断することはできません。本情報は「現状のまま」提供されており、本情報の利用者は本情報の利用に際して発生するもしくは発生しうるあらゆるリスクを負うものとします。MSCI ESGリサーチおよび情報提供を行う当事者は、明示的か黙示的であるかを問わず、あらゆる保証を明示的に否認します。また、本情報の誤りや脱落またはそれらに関連する損害について責任を負いません。上記は、適用法で除外または制限できない責任を除外しようとするものはありません。

  • ビッグデータを駆使した投信
  • ターゲット・イヤー・ファンドで老後資金の準備をシンプルに
  • 新興国の成長を味方にする債券
  • おまかせバランス投信
  • ブラックロックのインサイト
  • ブラックロック・インベストメント・インスティチュート(BII)
  • ESG投資で変化する社会に備える
  • ターゲット・イヤー・ファンドで老後資金の準備をシンプルに
  • 資産とウェルビーイングに関するグローバル調査
  • 人生100年時代に考えたいお金のこと

ブラックロック・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第375号
加入協会 為替ヘッジとは 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会、
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

為替ヘッジとは

月間売れ筋ランキング(件数): --

┃ 基準価額(円) ┃ 分配金込み-再投資(円) 為替ヘッジとは 純資産(百万円)
為替ヘッジとは 為替ヘッジとは
リターンシャープレシオ リスク
1カ月 -2.25% - -
3カ月 -7.為替ヘッジとは 02% - -
6カ月 -8.61% - -
1年 -8.20% -1.75 4.69
3年 -1.38% -0.30 4.61
5年 -0.78% -0.20 3.92
10年-- -- --
  • 追加型投資信託の価額情報(基準価額および純資産総額)は営業日の21:30~22:30頃に更新します。
  • 資金流出入データは前月の情報を当月10営業日目に更新しています。
  • パフォーマンスおよびその他の評価データは、前月末時点の評価を当月5営業日目に更新しています。

投資信託に関する留意点

  • 投資信託は預金や保険ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。また、当行でご購入いただきました投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、国内外の有価証券等(株式、公社債、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券等)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更等により基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 当行はご購入・ご換金のお申込みについて取扱を行っております。投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料(基準価額の最大3.3%(税込))がかかることがあります。また、換金時に信託財産留保額(基準価額の最大0.50%)がかかることがあります。これらの手数料等とは別に運用管理費用(信託報酬)(投資信託の純資産総額の最大年2.42%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費等はファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。
  • 当行ホームページに掲載されている目論見書は、常時、最新の情報の提供を保証するものではありませんので、投資信託をご購入になる際にはインターネットバンキング注文入力画面の目論見書または店舗にてお渡しする目論見書を必ずご確認ください。

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

  • このページの情報はモーニングスター株式会社から提供されています。モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。
  • 著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
  • また、過去の実績に関する数値は、将来の結果を保証するものではありません。
  • お客様は、当社WEBサイトに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。
  • また、情報の内容については万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 当社WEBサイトに表示されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • 投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いいたします。
  • 尚、WEBサイト上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございますので予めご了承ください。

お電話でお問合せのお客さま

フリーダイヤル

0120-13-1089
9:00~21:00 年中無休

為替ヘッジとは

Vol.11 為替ヘッジ付外債ファンドの
資金フローと投資タイミング ~超低金利で株式人気が高まる中、債券投資の開始時期を改めて考える~

INDEX

外国株式型と外国債券型の資金フローに明暗

為替ヘッジ付外債ファンドの資金フローは改善の兆し

為替ヘッジ付外債の投資環境改善は当面継続の見込み

fb

アムンディ・ジャパンの公式ページ
お金の話、もっと身近に。

Facebook公式ページはこちら

おすすめ記事

  • ・金融商品等の投資にあたっては、市場動向等、また投資信託等へ投資する場合にはその裏づけとなっている金融商品等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
  • ・金融商品等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社の業務や財産の状況に変化が生じた場合、金融商品等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
  • ・デリバティブ取引においては、預託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、相場の変動の要因等により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)

特色②
[為替ヘッジあり]
原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります
[為替ヘッジなし]
原則として為替ヘッジを行いません

為替ヘッジありと為替ヘッジなしの違い

  • 注1 為替変動の影響を完全に低減できるものではなく、為替変動の影響を受ける場合もあります。
  • 注2 「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」間の比較です。ヘッジコストが高まった場合米ドル建て金価格との連動性は低くなり、上記とは異なる場合があります。

こんな方に適しています

    為替ヘッジとは
  • イメージ図は為替ヘッジコストを考慮していません。
  • イメージ図とは異なり、米ドル建ての金価格が上昇しても、それ以上に米ドルが下落すれば、基準価額は下落します。また、米ドル建ての金価格が下落しても、それ以上に米ドルが上昇すれば、基準価額は上昇します。
  • イメージ図とは異なり、米ドル建ての金価格と米ドルが同じ方向に動くこともあります。この場合には、為替ヘッジが基準価額の値動きを小さくすることになります。

特色③ 年1回決算を行います

ピクテ・ゴールド
(為替ヘッジあり)

ピクテ・ゴールド
(為替ヘッジなし)

分散効果が期待できる「金」への投資

※金価格:LBMA午後金価格、先進国株式:MSCI世界株価指数、日本株式: TOPIX、新興国株式: MSCI新興国株価指数、米国リート:FTSE/NAREITオール・エクイティ・リート指数、世界国債: FTSE世界国債指数、米国ハイ・イールド:BofAメリルリンチ米国ハイ・イールド・マスターIIコンストレインド指数、新興国債券:JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイド指数、金価格を除きトータル・リターン

※金(円ヘッジ)はLBMA午後金価格からヘッジコスト(米ドル、円Libor 1ヵ月物の金利差)を控除して算出
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

投資信託の取引に関する留意事項 リスク 株価変動による値下りの損失を被るリスクがあります。投資信託、不動産投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等は、裏付け資産の評価額(指数連動型の場合は日経平均株価、TOPIX等)等の変化に伴う価格変動のリスクがあります。外国市場については、為替変動や地域情勢等により損失を被る場合があります。システム、通信回線等の障害により発注、執行ができず機会利益が失われる可能性があります。 手数料等諸費用 換金時には基準価額に対して最大0.50%の信託財産留保金をご負担いただく場合があります。信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大2.42%(年率))、その他の費用を間接的にご負担いただきます。また、運用成績により成功報酬をご負担いただく場合があります。詳細は目論見書でご確認ください。 その他 お取引の最終決定は、契約締結前交付書面、目論見書等およびWebサイト上の説明事項等をよくお読みいただき、ご自身の判断と責任で行ってください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる