テクニカル分析指標

FXで支払う税金は

FXで支払う税金は
FXで損失を出してしまったときは「損失繰越控除」を利用しましょう。FXにおける 1年間(1月1日~12月31日)の損失を翌年以降3年間に渡り繰り越す ことができます。

FXの税金や確定申告のやり方を解説!いくらからかかる?

FXの税金や確定申告のやり方を解説!いくらからかかる?

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

FXで支払う税金は

「少しでも楽に確定申告を済ませたい」

「申告しなければバレないんじゃないの?」

そこでこの記事では、 FXの税金の仕組み確定申告の手順、合法的な節税策を徹底解説します。

・FXで得られる利益は2種類ある
・FXで得た利益には税金がかかる
・税金の計算方法
・FXの税金を他の投資と比較
・FXの確定申告が必要なケース
・確定申告から税金を払うまでの8つのステップ
・年間損益を自動で計算してくれる便利なFX会社2選
・FXの税金に関する6つの注意点
・税務調査の特徴と流れ
・FXの税金を合法的に抑える3つの方法
・FXの税金に関するFAQ

FXで得られる利益は2種類ある

①為替差益
②スワップポイント

為替差益とは.jpg

(127円-125円) FXで支払う税金は × 1,000米ドル = 2,000円

2,000円の為替差益が出ます。

(125円-120円)× 1,000米ドル = 5,000円

5,000円の為替差損です。

FXの税金を計算する時は、 1年間のすべての取引で生じた為替差益と為替差損を合計 します。

2,000 - 1,000 - 1,500 + 3,000 + 4,000 = 6,500円

スワップポイント

スワップポイントとは.jpg

スワップポイントは、2国間の金利差から生じる損益です。

FXの税金を計算する時は、 獲得したスワップはプラス、支払ったスワップはマイナスとして合計 してください。

FXで得た利益には税金がかかる

FXで得た利益には税金がかかる.jpg

FXで得た為替差益とスワップポイントは合計して「先物取引に係る雑所得等」に区分され、 20.315%の税金 がかかります。

①税金の計算方法
②1月1日~12月31日に口座残高に反映された利益が課税対象
③他の投資と損益通算できる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる