FXとは

アルファチャンネルとマットについて

アルファチャンネルとマットについて
白黒の絵の具が溢れたような画像があります。
まさにこれがアルファチャンネルで、アルファチャンネルは白黒の画像で表現されます。

Photoshopの選択範囲・マスク・アルファチャンネルの簡単な説明

写真を四角形のまま使わず、物や人物の形に切り抜いて使いたいケースは多いでしょう。 Adobe® Photoshop® Elementsを使ってある程度複雑な切り抜きもできます。 .

Photoshopで人物の写真を切り抜く方法、手順の例

人物の写真を髪や服についても正確に切り抜いて、別の画像と合成したりレイアウトデータに配置して使うようなケースは多いでしょう。 ここではAdobe® Photoshop®を使って人物 .

Photoshopによる画像の切り抜きの方法・手順の紹介

Adobe® Photoshop®で写真などの画像データを切り抜き、背景を透明にして使用したいケースは多いでしょう。 ここではPhotoshopで画像を切り抜く主な方法と手順の例を .

Photoshopの選択ツールで大きなものを選択する作業のコツ

Adobe® Photoshop®の多角形選択ツールなどで大きなものを選択するとき、表示範囲を移動しながら何度もクリックして選択することになります。 多角形選択ツールなどで選択作業 .

Photoshopの「選択とマスク」の使い方 境界が複雑なものを切り抜く時に使う

Adobe® アルファチャンネルとマットについて アルファチャンネルとマットについて Photoshop®で選択範囲を作るためのツールの一つに「選択とマスク」があります。 「選択とマスク」は説明通りに使ってもいまいち使いにくいかもしれません。 また、 .

フォトレタッチの手順 PhotoshopとCamera Rawを使用して

デジカメで撮影したJPG画像を、Adobe® Photoshop®とCamera Rawを使ってフォトレタッチする手順をご紹介します。 Photoshop Adobe Creativ .

Photoshop「特定色域の選択」の使い方

Adobe® Photoshop®の機能「特定色域の選択」は、微妙な色調補正をするときとても便利な機能です。 ここでは「特定色域の選択」の使い方の一例をご紹介します。 ビジネスや創 .

授業まるごと!大分県立日田高校2年公民 現代の政治 主権者教育提案授業



    楽天ブックスAmazon
    「アクション・バッチではフォルダ内のファイルを開いて自動的にフォルダに振り分けたり複雑な分岐処理を行うことはできません。」「PhotoshopとJavaScriptを組み合わせることで、より強力な自動処理を行うことができるようになります。」

    楽天ブックスAmazon
    「デザイナー、イラストレーター、DTPオペレーターなどAdobeユーザーのための作業を自動化するAdobe JavaScript。本書で解説するExtendScript ToolkitはそのAdobe JavaScriptの開発のために用意された制作、実行、デバッッグツールです。」


    楽天市場Amazon
    Photoshopの基本的なテクニックが説明されているおすすめの本です。
    Photoshop CS3とPhotoshop CCは、フォトレタッチ作業で多用する基本的な機能・操作はほとんどが共通しているため、この本はPhotoshop CCでも問題なく役立ちます。

    楽天市場Amazon
    カラーマネジメントの仕組みに則ったフォトレタッチの作業の基本が説明されています。

    楽天市場Amazon
    スコット・ケルビーの本です。Camera rawとPhotoshopによるフォトレタッチが説明されています。

    楽天市場Amazon
    人物の写真のレタッチの基本が一通り説明されています。
    アルファチャンネルとマットについて
  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

    Photoshop「特定色域の選択」の使い方

    Adobe® Photoshop®の機能「特定色域の選択」は、微妙な色調補正をするときとても便利な機能です。 ここでは「特定色域の選択」の使い方の一例をご紹介します。 ビジネスや創 .

    2色分解の方法 RGBのカラー写真からMK版で 特色2色印刷用に アルファチャンネルとマットについて

    Adobe® Photoshop®でRGBからCMYKに4色分解する場合、単純にプロファイル変換の操作だけで可能です。 ところが特色(スポットカラー)2色で印刷するための2色分解は .

    夜の写真のフォトレタッチの方法の例

    夜に撮影した写真は、色を調整するのが結構簡単です。 ここでは夜の写真のフォトレタッチの例をご紹介します。 ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ 再生可能エネルギーを中心とした電力を .

    Photoshopの[モード>モノクロ2階調]の使い方

    Adobe® Photoshop®で線画などを扱う時、モノクロ2階調のデータとして扱う場合が多いです。 ここではPhotoshopで「モノクロ2階調」のモードを利用する方法をご紹介 .

    2色分解の方法 RGBのカラー写真からCM版で 特色2色印刷用に

    Adobe® Photoshop®でRGBからCMYKに4色分解する作業は、単純にプロファイル変換の操作をすればできます。 ところが特色(スポットカラー)2色で印刷するための2色分 .

    プリンター出力サービス

    カテゴリー

    PCリサイクルマークを貼りましょう

    家庭用にモニターを購入したときは、PCリサイクルマークを貼りましょう。
    入っていなければ、メーカーにPCリサイクルマークを申し込みましょう。

    家庭用PCモニター 必ずPCリサイクルマークを貼りましょう

    ディスプレイを使っていれば、いずれ壊れて廃棄する時がきます。 廃棄する時、廃棄方法を誤ると既に壊れて中古品として販売できない品物でも違法に外国に輸出される恐れがあります。 その結果、恐るべき環境 .アルファチャンネルとマットについて

    サイト内検索

    最近の投稿

    ColorChecker Display Proの使い方 詳細モードによるモニターキャリブレーションの方法
    Calibrite ColorChecker Studioによるモニターキャリブレーションの方法、手順の一例
    Calibrite ColorChecker Displayによるモニターキャリブレーションの方法、手順の一例
    Adobe Creative Cloud Expressで画像のサイズ・解像度を変更する方法
    Epson Media Installerを使ってEPSON純正紙以外の用紙設定を作る方法の例

    アーカイブ

    カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

    プライバシーポリシー

    Privacy Overview

    This website uses アルファチャンネルとマットについて cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have アルファチャンネルとマットについて the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may affect your browsing experience.

    Necessary cookies are absolutely essential for the website to function properly. These アルファチャンネルとマットについて cookies ensure basic functionalities and security アルファチャンネルとマットについて features of the website, anonymously.
    Cookie期間説明
    cookielawinfo-checbox-analytics11 monthsThis cookie is set by GDPR Cookie Consent plugin. The cookie is used to store the user consent for アルファチャンネルとマットについて the cookies in the category "Analytics".
    cookielawinfo-checbox-functional11 monthsThe cookie is set by GDPR cookie consent to record the user consent for the cookies in the category "Functional".
    cookielawinfo-checbox-others11 monthsThis cookie is set by GDPR Cookie Consent plugin. The cookie is used to store the user consent for the cookies in the category "Other.
    cookielawinfo-checkbox-necessary11 monthsThis cookie is set by GDPR Cookie Consent plugin. The cookies is used to store the user consent for the cookies in the category "Necessary".
    cookielawinfo-checkbox-performance11 monthsThis cookie is set by GDPR Cookie Consent アルファチャンネルとマットについて plugin. The cookie is used to store the user consent for the cookies in the category "Performance".
    viewed_cookie_policy11 monthsThe アルファチャンネルとマットについて cookie is set by the GDPR Cookie Consent plugin and is used to store whether or not user has consented to the use of cookies. It does not store any personal data.

    Functional cookies help to perform certain functionalities like sharing the content of the アルファチャンネルとマットについて website on social media platforms, collect アルファチャンネルとマットについて feedbacks, and other third-party features.

    Performance cookies are used to understand and analyze アルファチャンネルとマットについて アルファチャンネルとマットについて the key performance indexes of the website which helps in delivering a better user experience for the visitors.

    Analytical cookies are used to understand how visitors interact with the website. These cookies help provide information on metrics the number of visitors, bounce rate, traffic アルファチャンネルとマットについて source, etc.

    Advertisement cookies are used アルファチャンネルとマットについて to provide visitors with relevant ads and marketing campaigns. These cookies track visitors across websites and collect information to provide customized ads.

    Other uncategorized cookies アルファチャンネルとマットについて are those that are being analyzed and have not been classified into a category as yet.

    トラックマットを使った合成

    02 After Effects

    AYANA

    AYANA

    今回は、他のレイヤーのアルファチャンネルや明度を利用して、レイヤーを合成する方法を紹介します。直接合成には使われず、アルファチャンネルや明度の情報のみが使われるレイヤーのことを「トラックマット」と呼びます。

    トラックマットのアルファチャンネルで合成する

    トラックマットと、合成に使われる2つのレイヤー

    アルファチャンネルとマットについて テキストレイヤーをトラックマットとして利用します。

    [トラックマット]>[アルファマット`トラックマット`]

    アルファ チャネル

    投稿者:

    アルファとは 32 ビットマップ ファイルに見られるデータ アルファチャンネルとマットについて チャネルで、イメージのピクセルに透明度を割り当てます。

    右: 黒で示したアルファ チャネル

    24 ビットのトゥルーカラー ファイルには 3 アルファチャンネルとマットについて チャネルのカラー情報があります。赤、緑、青、つまり RGB です。各チャネルには、ピクセルごとの特定の密度または値があります。各チャネルの密度でピクセルの色を指定します。

    4 個目のアルファ チャネルを追加することで各ピクセルの透明度または不透明度を指定することができます。アルファ値が「0」の場合は透明に、アルファ値が「255」の場合は不透明になり、中間の数値は半透明になります。透明度は、複数のイメージをレイヤでブレンドする場合に、ビデオ ポストでの処理などの合成処理において重要な要素です。

    アルファ チャネルは、レンダリングされたイメージで、オブジェクトのエイリアス化されたエッジ周辺の部分的に透明なピクセルを表すのに特に便利です。これらのピクセルは、合成に使用されます。上に示されているようなイメージは、アルファ チャネルを生成してイメージと一緒に保存すれば、異なるバックグラウンド上にスムーズに合成できます。

    トゥルーカラー ビットマップ ファイルの各チャネルは、通常 256 レベルの密度を提供する 8 ビットで定義されます。したがって RGB ファイルは赤、緑、青それぞれに 256 レベルある 24 ビットになります。RGBA (赤、緑、青、アルファ)ファイルは 32 ビットであり、アルファの追加分の 8 アルファチャンネルとマットについて ビットが 256 レベルの透明度を提供します。

    レンダリングすると、 3ds Max によって自動的にアルファ チャネルが作成されます。レンダリングされたイメージ内のバックグラウンド ピクセルはすべて、完全に透明になっており、アルファ チャネルは、マテリアルやマップを介して作成する他の透明度もすべて考慮します。これは、ツールバーの[アルファ チャネル](Alpha Channel)ボタンをクリックすると、レンダリング フレーム ウィンドウで確認できます。この表示では、黒いピクセルは完全に透明に、白いピクセルは不透明になり、グレーのピクセルはさまざまな透明度を示しています。通常の表示に戻るには、[アルファ チャネル](Alpha Channel)ボタンをもう一度クリックします。

    アルファ情報を持つレンダリング イメージを出力するには、アルファ互換形式(TIFF や Targa)で保存する必要があります。Targa の場合はアルファ情報は既定値で保存されますが、TIFF の場合は必ず[アルファ チャネルを保存](Store Alpha Channel)チェック ボックスをオンにしてください。

    アルファチャンネルを使ってみよう!

    白黒の絵の具が溢れたような画像があります。
    まさにこれがアルファチャンネルで、アルファチャンネルは白黒の画像で表現されます。

    ・・・とにかく使ってみよう!

    まずはフラクタルノイズの作成と調整

    フラクタルノイズを作成したら、とりあえず何も設定は変えなくていいので
    明るさを 150 から -150 にするキーフレームを作成します。

    テキストを作成してアルファチャンネル設定

    テキストレイヤーは今回作成したフラクタルノイズの下に置きます。

    トラックマット項目から、ルミナンスキー反転マットを選択します。

    フラクタルノイズの設定で黒が先に来る場合や、素材集からダウンロードしてきた素材などは通常のルミナンスキーマットを使うことで、黒を透過させることができます。
    トラックマットがない場合は、AfterEffectsの下の方にある スイッチ/モード をクリックしてみてください。

    アルファチャンネルとマットについて

    「CRI Sofdec2」お試し用素材として、これまで第1回 αムービーAVI素材第2回 After Effectsプロジェクトファイルを公開しましたが、第3回となる今回はαムービー作成のためのTipsをご用意しました。
    また、αムービー for CRI Sofdec2に対するご意見・ご要望を募集しております。今回ご紹介するTipsでさらに詳細に知りたい点や紹介している問題以外で困っている点など皆様のご意見・ご要望をお待ちしております。
    お気軽にご投稿ください。

    第3回 「CRI Sofdec2」お試し用αムービーTips αムービー作成で発生しやすい問題と解決方法

    αムービー作成での問題

    1.半透明部分の黒ずみを解決するには

    ●出力設定を正しく設定する

    ●背景色をエフェクトで処理する

    ・チャンネルコンバイナーとカラーマット削除
    該当する素材に、[エフェクト>チャンネル>チャンネルコンバイナー]を設定します。
    チャンネルコンバイナーのオプションは下記のように設定してください。

    ・キーイングエフェクト
    Keylightなどのキーイングエフェクトで背景色を除去できます。
    色を抜きたい映像に[エフェクト>キーイング>Keylight1.2]を設定し、Screen Colourのスポイトツールで抜きたい色を選択します。

    背景色を変更することで黒ずみを軽減・回避できます。
    背景色にしたい色の画像を用意し、描画モード変更などを利用して映像と合成することで、背景を任意の色に変更することができます。
    また、素材が3DCGなどのレンダリング画像の場合、あらかじめ背景色を抜きやすい色に変更しておくことも有効です。

    2.半透明部分を正しく抜くには

    ●元素材のα設定、合成方法を確認する

    αが設定されていない映像や画像を利用してαムービーを作成する場合は、AfterEffects上でマスクを作成したり、上記のチャンネルコンバイナーなどで背景を抜く処理をするなど、必ず素材にαが設定された状態になるように作成してください。 アルファチャンネルとマットについて
    αが設定されていない素材を描画モードの加算などで合成すると、プレビューウインドウ上では透過しているように見えますが、実際には正しいαが設定されていないので、意図通りのαムービーになりません。
    プレビュー画面下部の[チャンネルおよびカラーマネージメントの設定を表示]でαチャンネルの状態を確認しながら作業を進めると、問題は発生しづらくなります。

    以上、「αムービー for CRI Sofdec2」第3回αムービーTipsを掲載いたしました。
    αムービー作成の参考にご利用ください。
    次回の「αムービー for CRI Sofdec2」第4回は9月公開予定です。

    ご意見・ご要望をお寄せください
    αムービー作成の際にお困りのことや詳しく知りたいことなど、皆様のご意見・ご要望をお待ちしております。
    下記リンクより、お気軽にご投稿ください。 アルファチャンネルとマットについて
    αムービー for CRI Sofdec2 ご意見・ご要望
    ※別ウインドウで表示します。

    「αムービーTips」(以下、本データ)はCRI Sofdec2のαムービー機能をお試しいただくための参考として公開するものです。
    本データの文章、写真、イラストなどの無断転載、再配信等はご遠慮下さい。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる