外国為替(FX)

支持線

支持線
皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

初心者のためのテクニカル分析【保存版】:下値支持線・上値抵抗線を知る1

このコンテンツは、過去に行った集中連載をお客様の多数のリクエストにより再掲載したものです。
チャート分析をする上で欠かせないチャートの見方の基礎の基礎ですので、チャート画像は少し古いですが、「チャート分析は初めて」という方など、チャート分析の基礎を知りたい方には大変有効なコンテンツです。
初心者の方は特に熟読されることをオススメします。
その他オススメコンテンツ →買い時・売り時必勝パターン →チャート分析のための指標の見方・使い方

上昇相場の下値支持線・上値抵抗線

第1カリキュラムで、「ロスカット」を覚えていただいたと思います。
第2カリキュラムでもトレンド・基調・株価位置を知ったことと思います。
投資判断に100%は無いかも知れないが。さらに上値抵抗線や下値支持線を「利食い」「ロスカット」基準として理解し応用すれば、投資判断の決断は磨かれたことと自信を持ってください。

チャート別(月足・週足・日足)下値支持線・上値抵抗線を知る

  • 下値支持線とは、この線まで下げると、株価は下げ止まることが多いので、目安にできるラインを下値支持線と云います。
  • 上値抵抗線とは、この位置まで値上がりすると高値になり上値が伸び悩む位置があり、この位置から下げ始めます。
    心理的な面からの場合もありますが、株価の天井圏、高値圏、戻り限界を見るラインを云います。

上昇トレンドから

月足チャート(長期)

  • 月足チャートでは、長期の支持線より、60ヶ月移動平均線をずらした線(カイリ)で株価位置を判断することの方が分かりやすい。
  • また36ヶ月移動平均線、6ヶ月移動平均線を下値支持線として使います。
  • 超長期で見る人は、120ヶ月移動平均線(10年平均)を使う人もいます。
  • 60ヶ月移動平均線、60ヶ月移動平均線をずらした線(カイリ)が分かりやすいと思います。
  • 36ヶ月移動平均線、24ヶ月移動平均線、6ヶ月移動平均線を使います。
  • 超長期では120ヶ月移動平均線を使う人もいます。

上昇トレンドの場合

    支持線
  • 長期トレンドでは、業績面で黒字を維持していることからできるトレンドのため、「60ヶ月移動平均線」を下値支持線とします。また減収したりした時でも「60ヶ月移動平均線-30%ライン」です。
  • 基調が上昇に転換した後は、6ヶ月移動平均線を下値支持線にします。基調の中で下ブレした時は、「36ヶ月移動平均線」を支持線にします。
  • 上昇トレンドの場合の上値抵抗線は、青空天井の株も多くあります。60ヶ月移動平均線から+50%ラインの幅で収まらない時の、上昇トレンドの場合の上値抵抗線は、ある意味で高値限界値を知る。ということと重なる場合があります。よって上値抵抗線がある場合と、心理的な上値抵抗線を求める場合があるということを知ってください。青空天井を形成する段階では下値支持線割れこと態が心理的上値抵抗線とヒネるか、併用して考える場合があるということで、強い基調の上昇トレンドでは、下値支持線を併用して上値抵抗線を求めます。
  • 上昇トレンドでは、60ヶ月移動平均線から -30%ラインが下値支持線になるが、上値抵抗線は60ヶ月移動平均線+40%から+100%ラインまで、個別株の人気や材料により高値圏の形成範囲は幅があります。この様な株価位置まで上昇すると6ヶ月移動平均線、36ヶ月移動平均線の下値支持線を下回らない間は上昇を続けると基調持続の判断をします。この場合は下値支持線を下割れたら下降転換と同様に判断基準にします。

週足チャート(中期)

  • 上昇相場では上値抵抗線というよりは、26週カイリ率で+25%を目安に高値を付ける習性があります。心理的に売りたくなる高値ゾーンは26週移動平均線から+25%以上値上がりした(カイリ度)離れを心理的に上値抵抗線と見ます。
  • 週足チャートでは中期の下値支持線として、50週移動平均線、上昇基調の中では26週移動平均線を下値支持線として見ます。下回った時は下降転換ですが、下値からの値上がり幅と株価位置を見ながら判断することが解りやすい。
  • 強い上昇相場では、下値支持線は切り上がり、13週移動平均線を下回らずに上昇する株があります。その様な強い相場では、13週移動平均線を下値支持線に置き換えてみます。強い相場が弱まった時は13週移動平均線を下回り、26週移動平均線まで下げることがあります。この様に強い相場が続いた株が、26週移動平均線まで下落した場合は、下値支持線割れの下降転換と見た方が安全です。

日足チャート(短期)

  • 上昇相場では上値抵抗線というよりは、心理的な高値圏を云います。75日カイリ率で+25%を目安に高値を付ける習性があります。それ以上になることも多くあります。心理的に売りたくなる高値ゾーンは75日移動平均線から+25%以上値上がりした(カイリ度)離れを心理的に上値抵抗線と見ます。
  • 日足チャートの中期の支持線は200日移動平均線を一番下の下値支持線に位置づけますが、上昇相場では75日移動平均線を通常の下値支持線にして見ます。相場が強まった時は25日移動平均線を下値支持線として使います。人によっては、65日移動平均線、22日移動平均線を使う人もおりますが、基準を変えない点においては、中期、短期線の日数は人により異なりますが、基準を持つことが重要で、日数の違いは、さほど問題になりません。

月足チャートで見る長期の下値支持線を知る
(月足トレンドの中の下値支持線を知ることは重要)

上昇トレンドの下値支持線とは・・・・
株価の基調を長期(月足)・中期(週足)・短期(日足)に分けて説明されることがよくあります。
上昇トレンドは60ヶ月移動平均線の方向性が上向きの状態です。60ヶ月移動平均線を上回って推移している株価の動きを長期上昇トレンドと判定し、下値支持線に位置づけます。60ヶ月移動平均線+50%ラインを上値抵抗線(天井圏)と位置づけします。上回ることもありますが、6ヶ月移動平均線(下値支持線)と株価の動きに合わせてピークを判断していきます。

サポートラインを活用した取引方法

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】 支持線
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

小次郎レポート

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

★[小次郎講師]★
さまざまなエッジの発生する状態を紹介している。
まずは新高値・新安値更新のエッジ。

【1、新高値・新安値更新のエッジ】

★[小次郎講師]★
上記図を見てごらん。
上昇トレンドがあり、価格が一度3640円まで上がって押し目を付けた。

★[小次郎講師]★
そうだ。この上昇トレンドでムサシ君が買っていたとする。
そして3640円でピークを迎え、押し目となった。
そのときのムサシ君の気持ちはどんな気持ちだ?

☆[ムサシ]☆
そりゃ、「しまった」ですね。
3640円のところで売れば、大きな利益を取れたでしょうからね。

★[小次郎講師]★
だな。
そう思った投資家はどういった気持ちになるかというと「今度、また3640円まで上がったら、そのときは絶対決済するぞ」という気持ちになる。

★[小次郎講師]★ 支持線
そういった指値の売りが3640円のところには大量にたまっていく。
やがて、価格がさらに下がって3640円にはなかなか行きそうもないと思うと投資家は指値を少し下げる。

★[小次郎講師]★
そういうことだ。
そこで、3640円から現在の値段までの間にさまざまな売りの指値が出てくることになる。

☆[ムサシ]☆
確かに2012年11月末に、3640円を挑戦して跳ね返されてますね。
これが大量の売り指値のせいだったんっですね。

★[小次郎講師]★
そういうこと。
そして、その大量の売りもなんとか消化して価格が3640円を超えてきたとする。

★[小次郎講師]★
そういうこと。
するとそこから先は頭を押さえる売りはもうない。 支持線
3640円までは上がれば売られ上がれば売られだったのが、3640円を超えた瞬間にちょっと買っただけでするすると価格が上がるようになる。
これが新高値で買いにエッジが出来る理由だ。

☆[ムサシ]☆
なるほど、新安値はその逆の考え方ですね。
昔から、新高値・新安値は買いチャンス売りチャンスってよく言われますが、意味をしっかりと聞いたのは始めてでした。よくわかりました。

【2、抵抗線・支持線のエッジ】

☆[ムサシ]☆
抵抗線・支持線ってよく聞きますね。
英語ではレジスタンスライン・サポートライン。

★[小次郎講師]★
そうだ。上記図を見てごらん。
これはドル円のチャートだが、たとえば100円というようなわかりやすい価格は抵抗線になりやすい。

☆[ムサシ]☆ 支持線
そうですね。
指値の売り注文を出すときも、100円というような節目の価格では出しやすいですものね。

★[小次郎講師]★
それだけじゃないぞ。
売り方としては100円のラインだけは超えさせたくないという思いが強いから100円を超えたら一気に売りを仕掛けてくる。
それにより、100円を超えたら売られる、100円を超えたら売られるということが繰り返される。
それが抵抗線。

★[小次郎講師]★
かし、買い方が勢いづくとどこかで、100円という壁も打ち破られる。
買い方の勝利だ。

★[小次郎講師]★
すると今度は買い方はどんなことがあっても昔には戻りたくないということで、100円だけはキープしたいと思う。
だから100円に近づくと買い支える。

小次郎レポート

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

UTP-C5E-W-SSD(0.5×4P)クロ×100m (関西通信電線) 0519000000144-100|電線(ケーブル)|LANケーブル|Cat5e

関西通信電線 屋外用支持線付LANケーブル Cat5e 100m巻 黒 UTP-C5E-W-SSD(支持線 0.5×4P)クロ×100m

関西通信電線 屋外用支持線付LANケーブル Cat5e 100m巻 黒 屋外用支持線付LANケーブル Cat5e 100m巻 黒 UTP-C5E-W-SSD(0.5×4P)クロ×100m

メーカー 関西通信電線
型番 UTP-C5E-W-SSD(0.5×4P)クロ×100m
JANコード 0519000000144-100
支持線
定価(税込)オープン価格
販売価格(税込) 18,790円
納期 在庫品 当日~2営業日以内に発送
送料 送料無料

こちらの商品は【当日~2営業日以内に発送】です

  • ※平日は16時までのご注文で当日~2営業日以内に発送、16時以降は翌営業日のご注文受付となります。
  • ※在庫がない場合、納期が遅れる場合がございます。
  • ※複数商品をご注文の場合、発送時期が最も遅い商品の出荷準備が整い次第、すべての商品を発送させていただきます。
  • ※詳しくは「お届けについて」にてご確認ください。

商品仕様 詳細

  • 【特長】
    ●工場間などの建物の棟をつなぐ場合に便利です。
    ●空中架空用にメッセンジャーワイヤー(1.2mm)付SSDタイプです。
    ●軽量で柔軟性に優れています。
    ●ANCI/TIA/EIA-568-B.支持線 2(エンハンスドカテゴリー5)規格に準拠したLANケーブルです。
    ●カテゴリー5(Cat.5)の規格を大幅に上回る性能を有します。
    ●次世代の高速LANである1000BASE-Tにも対応しています。
    ●UTP-C5E(0.5×4P)の上にポリエチレンシースを施し耐候性を高めました。
  • 【仕様】
    ●適用規格:TIA/EIA-568-B.2 エンハンスドカテゴリー5準拠
    ●対数:4P
    ●導体径(mm):0.52
    ●導体:単線
    ●シース色:黒
    ●本体外径(mm):7.3
    ●支持線(mm):1.2
    ●概算重量(kg/km):63

このカテゴリーの関連商品

ご利用案内

  • 送料 ご購入金額 5,500円以上 で、
    送料無料! ※一部地域を除く
  • お支払い方法
  • お届け 平日16時までの
    ご注文で最短 当日発送 !
  • 領収書 ホームページから発行 でき、
    宛名・但書を自由に編集できます!
  • 商品レビュー 購入した商品はいかがでしたか?
    ぜひ感想を投稿ください。 電話注文 お電話でもご注文を承ります!
    出先からでも安心・便利! -->
  • お問い合わせ [平日] 9:30~12:00、13:00~17:00 TEL:03-6860-3685 --> 支持線 E-mail:[email protected]

電気工事士セット 【3個セット】DX-04

お読みください

電池屋別サイト

ソーシャルメディア

営業日のご案内

0.65X6P 1.支持線 4 伸興電線 JCS 9069(屋外用通信電線)準拠 屋外線(自己支持形ケーブル) 0.65mm×6P 200m

運営会社について

株式会社ヨコモリ電池屋コーポレーション
〒151-0073
東京都渋谷区笹塚3-33-4
店舗運営責任者:池田 純(店長)
店舗セキュリティ責任者:池田 純
店舗連絡先: お問い合わせフォーム

インターネットでの注文は24時間受け付けております!

[E-Mail] [email protected]

お支払いについて

支持線
電池屋代金引換手数料一覧
合計金額 手数料
1円~10,000円 300円+税
10,001円~30,000円 400円+税
30,001円~100,000円 600円+税
100,001円~300,000円 1,000円+税
300,001円~ 2,000円+税

お支払い総額=(商品代金+送料+代金引換手数料)

キャンセルについて

返品について

[E-Mail] [email protected]

送料・配送方法について

【送料について】
■ご注文商品の合計が12,000円(税込)以上の場合
送料無料

【配送のタイミング】 支持線
商品の発送は、注文タイミング、お支払い方法や在庫の有無によって異なります。在庫品はおよそ1~3営業日で発送いたします。
※取り寄せ商品はメーカー在庫の有無によって異なりますが、およそ1週間前後で発送いたします。
※在庫のない相当品や組電池は受注生産のため約2~3週間程度お時間を頂いております。
※メーカー欠品中などの理由に1週間以上納期がかかるものはこちらからご連絡させていただきます。

領収書について

領収書の発行は、【商品の発送後】にお送りしているメール(件名:電池屋本館 商品発送のご連絡)の中に記載されておりますURLのリンクより、発行が可能です。
宛名や但し書きのご指定・変更が可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる