海外FXガイド

サポートラインの定義

サポートラインの定義

相談窓口
新型コロナ感染症専用ダイヤル
電話相談窓口、LINE相談など

サポートラインやレジスタンスラインはどのくらいの期間で引くのか?

regisup15112701

あまり昔に遡り過ぎてラインを引いても意味がない可能性もありますし、
逆に、直近の数本程度のローソク足だけでラインを引いても、
誰も意識していなくて、全く効いていない可能性もあります。

ライン引きは、トレーダー毎に引く時の定義というか、
流派みたいなものが違っているので、どれが正解というものはないんですが、
私の場合は、、、

どの時間足で引く場合でも、
直近のローソク足から約100~150本程度の期間を見て
サポートライン、レジスタンスラインを引くようにしています。

つまり、過去100本程度の期間を見る事で、
約1日分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってのラインは、1時間足チャートの役割です)

つまり、過去120本程度の期間を見る事で、
約1週間分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってのラインは、4時間足チャートの役割です)

つまり、過去120本程度の期間を見る事で、
約1ヶ月分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってのラインは、日足チャートの役割です)

つまり、過去120本程度の期間を見る事で、
約半年分のサポートライン、レジスタンスラインを確認している事になります。
(それより昔に遡ってラインを引く事は、ほぼありません)

fxline15112702

以上、デイトレレベルならこのくらい見ておけば問題はないと思っています。

私の場合は15分足チャートをメインとしたデイトレというスタイルなので、
基本的には1時間足チャートのサポートライン、レジスタンスラインを中心に
見ていきます。

しかしもしもその日、4時間足チャートや日足チャートのサポートライン、 サポートラインの定義
レジスタンスラインが近くに位置していたら、そのライン付近も意識して
サポートライン手前での売り、レジスタンスライン手前での買いは控えます。

重要度としては、4時間足チャート、日足チャートのサポレジですが、
毎日頻繁に関わるわけではないので、
通常は1時間足チャートのサポレジを意識してトレードしています。

また、5分足チャートや1分足チャートなどの短い時間足では
それほどラインの有効性は大きくないという印象ですが、
それでも一応は引くようにしています。

この場合はレジサポのラインでの攻防を見てそのブレイクを仕掛けるというよりは、
ライン上では買い優勢、ライン下では売り優勢、というように
視点の切り替えに利用する感じでしょうか。

もちろんこれが正解というわけではないですよ。
私がトレードする時にはこれが一番しっくりくるので、
このようにラインを引いているだけです。

新型コロナウイルス感染症ポータルページ

ひとりひとりの行動が福岡を救う。日本を救う。

新型コロナウイルスの抗原定性検査キットは「体外診断用医薬品」を選んでください!

新型コロナウイルス感染症の抗原検査キットには、厚生労働省が「体外診断用医薬品」として承認したもの(医療用抗原検査キット)と、診断用ではなく、「研究用」のもの(研究用抗原検査キット)が市販されています。

(7)無症状者を対象とした無料検査の実施について

7.新型コロナウイルス感染症関連情報についてお知らせします

(1)福岡県内の患者の発生状況について

(2)新型コロナウイルス対策本部会議の開催状況

第58回福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

「感染再拡大防止対策期間」の終了と今後の対応について

(要請の主なもの)
〇県民への要請
1.基本的な事項 サポートラインの定義
(1)ワクチン接種した方も含め、マスクの正しい着用、手指衛生、三つの密の回避、換気などの基本的な感染防止対策を徹底すること。
(2)ワクチン接種を希望する方は、市町村や県などが設置している接種会場などにおいて、早期の接種に努めること。
(3)電車・バス・タクシー等の公共交通機関を利用する際は、常にマスクを着用し、大声での会話を控えること。

2.外出・移動
(1)外出にあたっては、ワクチンを接種された方を含め、マスク(不織布マスクを推奨)を着用し、訪問先での手指消毒や検温などを行うこと。
目的地の感染状況、利用する施設の感染防止対策をよく確認して行動すること。特に、高齢者や基礎疾患のある方及びこれらの方と日常的に接する人は慎重に行動すること。
発熱などの症状がある場合は、外出を避け、積極的に医療機関などを受診し、検査を受検すること。
(2)県境をまたぐ移動は、「三つの密」の回避を含め、基本的な感染防止対策を徹底すること。

3.飲食
(1)飲食店の利用にあたっては、以下の内容を徹底すること。
ア 県の第三者認証を受けた感染防止認証店(※)をはじめ、業種別ガイドラインを遵守している飲食店などを選び、感染対策が徹底されていない飲食店などの利用を自粛すること。
※ 感染防止認証店とは、感染防止対策の認証基準40項目全てを満たし、県が確認・認証した飲食店
イ 感染防止認証店以外の飲食店では、同一グループの同一テーブルの利用は4人以内とすること。(特措法第24条第9項)
ウ 飲食店利用における感染リスクを低減するため、別添1「感染リスクを避ける飲食店等の利用について」を遵守すること。
(2)飲酒を伴う会食は、気分の高揚、注意力の低下により大声になりやすいため、滞在中の飲食の時間は2時間程度を目安とし、長時間を避けること。(個人宅等での会食を伴う集まりも含む)
(3)会話の際は、マスクを着用し、大声を出さないこと。(個人宅などでの会食を伴う集まりも含む)
(4)感染防止対策が徹底されていない路上・公園などにおける集団での飲食は、感染リスクが高くなるため、自粛すること。


4.無料検査の継続実施(特措法第24条第9項)
ワクチン接種の有無に関わらず、感染リスクが高い環境にあるなどのため感染不安を感じる無症状の方は、検査を受けること。
※無料検査に関するページをご確認ください。
※発熱などの症状がある場合は、医療機関を受診してください。

〇 飲食店への要請
1.感染防止対策の徹底
(1)感染防止認証店
・業種別ガイドライン及び認証基準を遵守し、特に、換気を徹底すること。
・「感染防止認証マーク」を店外の利用者の見える場所に掲示すること。
・飲食の時間は2時間程度を目安とし、長時間とならないよう促すこと。
・別添1「感染リスクを避ける飲食店の利用について」を遵守すること。
(2)感染防止認証店以外の飲食店
・業種別ガイドラインを遵守し、特に、換気を徹底すること。
・「感染防止認証マーク」の取得申請に努めること。
・同一グループの同一テーブルへの入店案内は、4人以内とすること。(特措法第24条第9項)
・飲食の時間は2時間程度を目安とし、長時間とならないよう促すこと。
・別添1「感染リスクを避ける飲食店の利用について」を遵守すること。


2.カラオケ設備の利用店
(1)マイクやリモコンなどは、利用する者が変わる都度、必要に応じて消毒を行うこと。カラオケボックスなどにおいては、各部屋に消毒設備を設置すること。
(2)利用者の「三つの密」を避け、換気の確保など、感染対策を徹底すること。
(3)飲食を主として業としている店舗(スナック、カラオケ喫茶など)においては、不特定多数の者が一同に会してカラオケ設備を利用することから、特に換気や人との距離の確保を徹底すること。

新型コロナウイルス感染症対策ポータル

感染状況


感染状況
感染者数、医療ひっ迫状況など

相談窓口


相談窓口
新型コロナ感染症専用ダイヤル
電話相談窓口、LINE相談など

感染予防


感染予防
ワクチン、感染防止対策など

検査受診


検査・受診
抗原検査キットでのセルフチェック
発熱診療医療機関のご案内など

治療療養


治療・療養
中和抗体療法、経口薬
無症状軽症の方の療養など

医療提供体制


医療提供体制
医療提供体制 神奈川モデル
病床確保の状況

対策会議


対策会議

寄附のお願い

施設利用等


公共施設・イベント状況

医療機関・医療従事者の方へ

介護・福祉関係

事業者の方へ

学校教育関係

神奈川県のコロナ戦略

神奈川県のコロナ政策

  1. 感染予防(健康時)
    ワクチン接種、LINEサポート
  2. 発症時の対応
    抗原検査キットによる早期診断の促進、外来医療機関の紹介、健康状態回答フォーム、クラスター対策チーム「C-CAT」、高齢者施設への医療支援
  3. 療養時の対応
    早期薬剤処方の推進、中和抗体薬の投与、医療提供体制および地域療養の「神奈川モデル」
  4. 緊急時の対応
    緊急酸素投与センターの設置、臨時の医療施設
  5. 療養後の対応
    罹患後症状(いわゆる後遺症)

神奈川県における新型コロナウイルス感染症に対する政策(健康時、発症時、療養時、緊急時、療養後の対応)

医療ひっ迫を回避するための戦術

医療負荷を軽減させるために、入院入口と出口の対応を行います。

入院入口の対応
⼊院出口の対応

(1)⼊院優先度判断スコアと地域療養モデル展開
(5)中和抗体療法実施後の安定患者の退院調整
(6)療養期間10日経過者の後⽅支援病院への転院

医療ひっ迫を回避するための戦術

コロナ治療薬の治験への協力

コロナ治療薬の治験

高齢者施設への医療支援の取組み

高齢者施設への医療支援の取組み

県内の感染状況

LINE相談

ワクチン接種

感染防止対策・コロナ渦での生活様式

感染事例・療養者・医療現場の声

受診のご案内

濃厚接触者

中和抗体薬治療

薬剤治療・処方・治験

療養証明書・自主療養届

県民向け各種支援

県民のみなさまへ

新型コロナウイルスに対する支援一覧(県民のみなさまへ)

医療提供体制

医療提供体制

クラスター対策

コロナ関連会議

医療・福祉・介護従事者への支援

公共施設・イベントの状況

医療機関・医療従事者向け

お知らせ・通知

医療機関・医療従事者向け補助金等

マニュアル・Q&A・相談窓口

介護・福祉関係

事業者向け

感染対策の促進

県税・水道料金の支払いについて

感染対策マニュアル・ガイドライン

事業者のみなさまへ

新型コロナウイルスに対する支援一覧(事業者のみなさまへ)

感染防止対策取組書 LINEコロナお知らせシステム


事業者の皆様向けチラシ(PDF:4,182KB)/テキスト版(テキスト:3KB)

Other Languages

新型(しんがた)コロナウイルス(COVID-19)について
Concerning the distribution of COVID-19 サポートラインの定義 antigen test kits to families with children (Other Languages)

電話相談窓口

以下の市町にお住まいの方は、各市町コールセンターにお問合わせください

かかりつけ医での受診ができず、診療可能な医療機関をお探しの方のお問合わせ先

市町 電話番号 受付時間
横浜市 045-550-5530 24時間(毎日)
川崎市 044-200-0730 24時間(毎日)
相模原市 042-769-9237 24時間(毎日)
横須賀市 046-822-4308 8:30から20:00(平日)
9:サポートラインの定義 00から17:00(土曜・日曜・祝日)
藤沢市 0466-50-8200 9:00から21:00(毎日)
茅ヶ崎市・寒川町 0467-55-5395 9:00から19:00(平日)
9:00から17:00(土曜・祝日)
注意: 日曜日休み

新型コロナウイルス専用ダイヤル

電話: 0570 ( ゼロ ゴー サポートラインの定義 ナナ ゼロ ) - 056774 ( ゼロ ゴー サポートラインの定義 ロク ナナ ナナ ヨン )
上記以外の市町村にお住まいの方のお問い合わせ先

(1)

発熱や咳などの症状のある方、感染の不安のある方、健康・医療に関すること、診療可能な医療機関のご案内、COCOA・濃厚接触者に関すること など
注意:保健所設置市(横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市・藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町)にお住まいの方は、各市のコールセンターにお電話ください。

(3)

(1)無休(24時間)
(2)(8)(3)(4)平日(午前9時から午後5時)

新型コロナウイルス専用ダイヤルの図

営業時間短縮要請等に関すること 電話番号:045-285-0637

受付時間 平日(午前9時から午後5時)

営業時間短縮要請に関すること

メールやファクシミリでのご相談について

厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

  1. 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
  2. 受付時間 9時から21時

宿泊・自宅療養証明書(新型コロナウイルス感染症専用)について

療養終了した場所等が自宅の方

<電子申請>茅ヶ崎市ホームページから電子申請のページに遷移し、手続きしてください。
【電子申請が難しい場合の問い合わせ先】
<電話>茅ヶ崎市保健所 0467-38-3321

療養終了した場所等が自宅で 上記以外の市町村 サポートラインの定義 にお住まいの方
療養終了した場所等が宿泊施設 お住まいの市町村が神奈川県全域

宿泊・自宅療養証明書発行申請 (電子申請システムのリンク先が開きます)
<FAX>045-633-3770
(記載事項)タイトルを「療養証明書発行希望」とし、次の事項をご記入下さい。
1.療養者氏名(漢字、フリガナ)または英字(在留カードと同じ表記) 2.性別 3.生年月日 4.郵便番号 5.住所 6.電話番号

譲渡損失とは?不動産売却時の繰越控除や特例の適用方法について解説!

譲渡損失とは?不動産売却時の繰越控除や特例の適用方法について解説!

譲渡損失の繰越控除とは


繰越控除とは、損益通算で控除しきれない損失を翌年以降の所得から差し引くことです。 譲渡益は所得税と復興特別所得税、住民税の対象なので、損失が発生した翌年以降に繰越控除を実施することでこれらの節税につながります。

  • マイホーム買い換え時の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例
  • マイホーム売却時の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

マイホーム買い換え時の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

マイホームを買い換える場合は、売ったマイホームの譲渡損失の金額について損益通算及び繰越控除の特例が適用できることがあります。 特例が適用されると、譲渡損失を給与所得や事業所得などの他の所得と損益通算でき、課税対象額を減らして所得税や住民税の減額が可能です。

また、損益通算することで課税対象額がなくなった場合は、残りの譲渡損失を翌年以降に繰り越すことができます。繰越控除は最大3年間適用されます。

マイホーム売却時の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

住宅ローンの残高が残っているマイホームを売却し、損失が生じたときは、特例が適用されて譲渡損失の金額について損益通算及び繰越控除できることがあります。 この控除もマイホーム買い換え時の特例と同じく、旧居宅の売主と買主が、親子や夫婦など特別の関係にある場合は利用できないので注意しましょう。

また、損益通算しても譲渡損失が残ったときは、翌年以降に繰り越して課税対象額を減らすことができます。

譲渡損失の繰越控除の特例を受けるには確定申告が必要!

譲渡損失があり、繰越控除と損益通算の特例を受けるためには、確定申告が必要です。 確定申告をしなかったときは、特例適用の条件を満たす場合でも特例は適用されません。確定申告は、譲渡損失が発生した翌年に実施します。忘れずに手続きをし、損益通算や繰越控除が適用されるようにしましょう。

確定申告手続きの流れ

以下の流れで手続きを行いましょう。 サポートラインの定義

  1. 確定申告に必要な書類を集める
  2. 確定申告を実施する(e-Tax、税務署の窓口、税務署へ郵送など) を受け取る

確定申告の必要書類

マイホームの売却や買い換えの際の譲渡損失の特例を受けるためには、 確定申告の際に以下の書類が必要です。

  • 住民票
  • 登記事項証明書(写し)
  • 売買契約書(写し)
  • マイホームの買い換え特例の場合は買い換えた資産を証明する書類
  • 住民ローンが残っているマイホームの売却特例の場合は譲渡資産の住宅
  • ローンの残高証明書(売買契約日の前日のもの)

確定申告の提出方法・期限

なお、 確定申告の時期は例年2月中旬〜3月中旬頃までですが、土日と重なるなどの理由で開始日や最終日が変わることもあるので注意が必要です。 提出する前に国税庁ホームページで時期を確認しておきましょう。

譲渡損失の繰越控除は住宅ローン控除と併用できる?

マイホームの買い換え特例や住宅ローンが残っているマイホームの売却特例は、住宅ローン控除と併用することが可能です。 譲渡損失の損益通算や繰越控除をしつつ、住宅ローン控除によって所得税や住民税の還付を受けられることがあります。

ただし、譲渡損失の損益通算や繰越控除の特例を利用することで、所得税や住民税が減額され、住宅ローン控除で還付される金額が減る可能性があります。また、特例により課税所得額がなくなると、住宅ローン控除が適用されても還付金がなくなる点にも注意が必要です。

決済代行会社とは?サービスの仕組みとメリットを徹底解説

決済代行会社とは。仕組みとメリットについて

ECサイトでは複数の決済手段を提供することは、幅広い顧客を獲得することに繋がります。しかし、決済手段を増やすと管理しなければならない情報も増えるため、業務負担や人的コストが増加してしまいます。
上述のような負担を回避する手段として、決済代行会社のご利用をおすすめいたします。 決済代行会社はEC事業者さまとクレジットカード会社などの決済機関の間に立ち、審査や契約手続き、売上入金管理などを代行 します。
以下に決済代行会社の仕組みについて、図解します。

【図解】決済代行会社の仕組み

決済代行会社の役割

EC事業者さまがご希望される決済機関との契約手続きを代行

導入する決済手段に応じたシステムの構築

EC事業者さま専用の決済環境を構築します。決済代行会社の案内に沿って、 専用の決済環境とECサイトを接続させることで簡単に各決済をご利用いただける ようになります。決済代行会社を利用せずに各決済機関と直接契約を結んだ場合には、決済機関ごとに異なるシステム仕様を理解してECサイトを開発する必要があります。

EC事業者さまと各決済機関との間に入り決済処理や入金を実行

運用開始後、売上処理・キャンセル時の返金処理業務や、入金処理などを実行します。EC事業者さまは、 決済代行会社とのみやり取りを行えばよいため、複数決済手段を導入される場合便利 です。決済代行会社を利用せずに各決済機関と直接契約を結んだ場合には、決済機関ごとに異なる売上・返金処理の処理方法、確定タイミングや入金サイクルを理解して入金管理をする必要があります。

【導入時】EC事業者さまが決済代行会社をご利用するメリット

決済代行会社を利用するとどんな良いことがあるの?決済代行会社を利用する主なメリットはコチラ!システム開発も決済代行会社のシステムを入れてコストダウン!、自分のサイトに合った提案をしてもらえる!、さまざまな決済手段を一括管理、複数の決済手段を一括で契約&サポート!俺が面倒だと思ってたこと全部解決するじゃないか!運用や管理も簡単になるので決済代行会社を利用するのをおすすめします!

サポートラインの定義
自社で決済機関と契約 決済代行会社を利用
比較・検討時 ·情報を集めるための工数や時間が必要 ·多様な決済手段を一括で提案~見積り比較まで可能
契約時 ·各決済機関の審査基準を通過する必要あり
·決済機関ごとに個別契約が必要
·決済代行会社が、一括で審査·契約を代行
·必要申請書類が軽減
システム開発時 ·決済機関に合わせて開発する必要があり、複数決済導入時の負担が大きい ·決済代行会社のシステムに合わせて開発することで、複数決済手段の導入も簡単にできる
·ECサイトと決済環境との接続方式が選択できる(リンク型·API型)

比較・検討の手間が省ける

EC事業者さまが決済手段を選定する場合、クレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済など決済機関ごとに設定されている手数料率やサービス面が異なるため、比較するだけでも大変な手間となります。A社は手数料率が安いがサービス面が弱い、B社はサービスが優れているが手数料率が高いといった比較を行い、導入を検討することとなります。
決済代行会社を利用すれば EC事業者さまごとに合った、比較・検討についてのアドバイスを受けることが可能 です。また、決済手段に限らず、ECサイト運営に欠かせない周辺サービスを提供する決済代行会社も近年増えており、 当社ではプレスリリース配信サービスやSNSマーケティングサービスなどを無償で提供 しています。このように決済手段だけでなく、付加価値サービスの利用も決済代行会社を利用するメリットの一つとなってきています。

各決済機関との契約の手間を軽減

例えば、VisaやJCBなどの複数ブランドに対応したクレジットカード決済を導入する場合には、複数のクレジットカード会社とそれぞれ個別契約を結ぶ必要があります。加えて、各クレジットカード会社は独自の審査基準や手続きフローがあるため、その一つひとつを確認しつつ契約を進めていく必要があります。この個別契約の諸手続きは、時間も工数もかかりEC事業者さまにとって大きな負担となり得ます。
決済代行会社を利用すれば、各社との契約を、すべて一本化することが可能 です。決済機関ごとに必要な申請書類も軽減し、作成の手間を省くことができます。また、審査状況なども決済機関ごとに確認する必要もなくなるため、効率良く導入まですすめることが可能です。

システム開発の負担を軽減

各決済機関が提供する決済システムはそれぞれ仕様が異なり、EC事業者さまが導入する際には、これらの仕様に沿った自社システムの開発が必要です。当然、 導入する決済機関の数が増えれば増えるほど、それぞれに合わせたシステムの開発が必要になる ため、人的負担はもちろんのこと、コスト面でも大きな負担がかかってしまう可能性があります。

導入する決済機関や決済手段の数を絞るのであれば、その負担も比較的少なくは済むかもしれませんが、本来決済システムを導入する目的は、幅広い顧客層を獲得するためなので、得策とはいえません。
一方、決済代行会社を利用すれば、個別のシステム開発の必要がなくなります。決済代行会社は複数の決済機関のシステムと既に連携しているため、 EC事業者さまは決済代行会社とのシステムを開発・構築するだけで、複数の決済手段を利用できる ようになります。加えて、ECサイトと決済環境との接続方式もAPI型・リンク型のどちらも提供している決済代行会社が多くなっています。

【運用時】EC事業者さまが決済代行会社をご利用するメリット

自社で決済機関と契約 決済代行会社を利用
決済管理ツール ·決済機関ごとの管理ツールで運用するため手間がかかる
·複数管理ツールがあることで、登録ミスの恐れがある
·一つの決済管理ツールで一元管理が可能
·作業効率の向上
売上管理 ·各決済機関に合わせて売上を管理する必要がある
·入金サイクルが異なり、処理に手間がかかる
·全決済手段の売上の把握が可能
·各決済機関からの支払い·入金サイクルを揃えることが可能

管理ツールを一元管理できる

例えば、Visaのクレジットカード払いの決済管理はVisa専用のツールで、JCBならJCB専用、コンビニ決済であればまたその専用のツールでという具合に、その事務工数は大きなものになりますし、複数管理ツールがあることで、登録ミスなどのリスクも伴います。
決済代行会社を利用すれば、 管理ツールを一元化することができるため、決済機関ごとの管理が不要 となります。一元化することで、手間のかかる処理作業やミスの恐れも軽減できます。

売上を一元管理できる

決済機関によって、支払い日や入金日のサイクルが異なるため、EC事業者さまが個別に契約を行った場合、一社ずつ売上管理を行う必要があり、大変な手間がかかります。
また返金やキャンセルなどの対応に迫られた際も、まずはどの決済機関かを調べ、その決済機関での対応方法を確認し、処理をするといった作業が必要となります。
一方、決済代行会社を利用すれば、 各決済機関の売上をまとめて確認もできますし、手数料率を差し引いた売上金額を一括で同じ入金日に振り込んでくれる ようになります。そのため入金の確認をする手間も省け、EC事業者さまにとって売上管理の負担を大幅に軽減することができます。

決済代行会社を決める5つのポイント

5つのポイントはこちら!決済代行会社を決める5つのポイント・希望の決済手段があるか、・費用が他社より抑えられるか、・システム仕様が希望に沿うか、・セキュリティが堅牢であるか、・新しい決済手段を増やしているか

1.希望の決済手段があるか

例えばキャリア決済では、主要キャリア3社の「ソフトバンクまとめて支払い」、「ドコモ払い」、「auかんたん決済」というサービスが存在します。3キャリア全て揃っていると、サイトを利用するお客さまが便利という利点から、EC事業者さまも全キャリア決済の導入をご検討されるかと思います。しかし、 決済代行会社の中には特定のキャリア決済しか取り扱っていない会社もありますので、よくご確認される必要 があります。取り扱いされていないキャリア決済分のみ別の決済代行会社と契約するという手もありますが、それでは一括管理できずに手間がかかってしまいます。

2.費用が他社より抑えられるか

3.システム仕様が希望に沿うか

EC事業者さまが使用されているサーバ環境などに、決済代行会社のシステムを導入できるかを確認しましょう。また、 希望どおりのシステム仕様にすることが可能か、必ず決済代行会社に事前にヒアリングしておくことが重要 です。

4.セキュリティが堅牢であるか

その際に参考になるのが、 個人情報保護に取り組む事業者に付与される「プライバシーマーク」や、情報資産保護の安全性を証明する「ISMS認証」、クレジットカード情報保護における国際基準「PCI DSS」といった認証を取得しているかどうか です。これらの認定を受けている決済代行会社であれば、サービスが適切かつ安全に運用・管理されていると考えることができます。

5.新しい決済手段を増やしているか

決済手段は、次々に新しいサービスが生まれています。EC事業者さまのビジネス拡大時に新しい決済手段を導入したいとなった際に、すでに契約している決済代行会社がそれらの決済手段に対応していないと、別の決済代行会社を検討せざる負えなくなります。今後の将来性を考えた上でも、 新しい決済手段を積極的に取り入れている決済代行会社を見極める 必要があります。

でも決済代行会社ってたくさんあるしどこが良いんだろう・・・さまざまな決済代行会社がありますがどこも同じような案内でサービスの違いが分かり難いですね・・・しかし!SBペイメントサービスは一味違います!何がそんなに違うんですか?SBペイメントサービスが選ばれる6つの理由はこちらです!えっ!早く教えてください!・豊富な連携ソリューション、・決済ビックデータを活用したAI不正検知サービス、・豊富な決済手段を基にした総合提案/支援、・万全なセキュリティ体制を整備、・ビジネスに合わせた柔軟な接続、課金方式

SBペイメントサービスが選ばれる6つの理由

1.豊富な決済手段をもとにした総合提案と支援

SBペイメントサービスのオンライン決済では、豊富な決済手段を用意しています。クレジットカード決済やキャリア決済、PayPay(オンライン決済)、コンビニ決済、などの主要な決済手段はもちろん、コンビニなどで後払いができるNP後払い、中国市場で大きなシェアを持つ銀聯ネット決済、Amazonや楽天市場などのアカウントを使用するID決済など、多種多様な決済手段が導入可能です。 事業者さまの業種、取扱商品、ターゲットに合わせて総合的な提案と支援サービスをご利用いただけます。

2.万全なセキュリティ体制を整備

ECサイトに不可欠なセキュリティ体制が整備されているのも、SBペイメントサービスの強みのひとつです。 ISMS認証である「JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)」や「プライバシーマーク」の認証を受け、クレジットカード情報保護の国際基準「PCI DSS」にも適合しています。
また、不正検知と保証サービスの無償附帯、クレジットカード情報の非保持化、本人認証サービス(3Dセキュア)対応といったセキュリティ対策にも積極的に取り組んでいます。

3.ビジネスに合わせた柔軟な接続、課金方式

SBペイメントサービスのオンライン決済サービスの決済処理画面への接続方式は、「リンク型」と「API型」からお選びいただけます。リンク型は当社が提供する決済画面を呼び出して決済処理をする接続方式です。一方のAPI型は、加盟店さまと当社のサーバ間で決済情報を通信することで決済処理をする接続方式で、決済画面を加盟店さまで自由に設計していただけます。
課金方式も「都度課金」と「継続課金」の2つの方式を選択可能で、クレジットカード情報洗替サービスもご用意しています。 サポートラインの定義 事業者さまのビジネスに合わせて柔軟に接続方式、課金方式を選べます。
※決済手段により対応していない接続方式、課金方式がございます。

4.豊富な連携ソリューション

SBペイメントサービスのオンライン決済サービスは、さまざまなECカートパッケージとの連携機能を備えています。 連携可能なECカートパッケージは27あり(2021年9月現在)、EC事業者さまは簡単に決済サービスを導入できます。
個別にシステム開発を行うことなく、導入の負荷を抑えて複数のオンライン決済手段をご利用いただけます。

5.決済ビッグデータを活用したAI不正検知サービス

AI不正検知は、不正な決済をリアルタイムで検知するサービスです。 年間、数億件を超える決済データから、あらゆる不正パターンを機械学習してモデルを作成し、人間では見分けがつかない不正パターンとの類似性を算出します。SBペイメントサービスのオンライン決済サービスでは、このAIを活用した不正検知サービスを、2020年から国内の決済代行会社として初めて自社で提供開始しました。このサービスにより、クレジットカード決済による不正取引の、より早い発見が可能になっています。

なるほどな!こんなにメリットがあるとありがたいな!で、最後の理由は!?最後の理由はこれです!

6.アクワイアラの立場から対応

SBペイメントサービスはクレジットカード決済において、2011年にVisaとMasterCard、2015年には銀聯(UnionPay)の国際ブランドライセンスを取得しました。クレジットカードの加盟店の管理を行う「アクワイアラ」として、事業者さまや他の決済代行事業者さまの包括加盟店審査を行っています。
他の決済代行会社では、契約時に決済代行会社とアクワイアラの連携が必要ですが、 サポートラインの定義 当社では審査から決済サービスのご提供までワンストップで実施します。 そのため、事業者さまにスピーディーに決済サービスを提供することが可能です。

アクワイアラの立場だと何がいいの?ご説明しましょう!通常は、という流れでクレジットカード決済のサービス提供が行われるのですが、SBペイメントサービスは・・・アクワイアラの部分も行っているので決済サービスご提供までのスピードが違います!なるほど!そういう流れでサービスが提供されているのか!とてもありがたい!そう!SBペイメントサービスの強みはそこなんです!もうどの決済代行会社を選ぶべきかわかりましたね!はい!SBペイメントサービスに相談します!ありがとうございます!これでお悩みも解決ですね!

よくあるご質問

Q. 決済代行会社とは? A. クレジットカード決済やコンビニ決済、携帯キャリア決済等の様々な決済手段を導入したいEC事業者さまと各決済機関の間に立ち、一括で契約したり・管理システムを提供する会社のことです。 Q. 決済代行会社の役割とは? A. EC事業者さまのご負担を抑えて決済手段をご利用いただけるよう、契約手続きやシステム構築などのご支援をすることが決済代行会社の役割です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる