為替ニュース

マーケティングの分析手法

マーケティングの分析手法

>>集客・販促のノウハウ集を一括ダウンロード!<<

マーケティング分析とは?代表的な分析手法・フレームワークについて解説

2021.11.01 2021.11.01 マーケティング 福士和洋 福士和洋

マーケティング分析とは?代表的な分析手法・フレームワークについて解説

マーケティング分析というと難しいことのように感じる方も多いのではないでしょうか?

マーケティング分析にはフレームワークがありこれを利用することで ポイントを押さえた分析が誰でもできる ようになります。


>>集客・販促のノウハウ集を一括ダウンロード!<<

マーケティング分析とは

マーケティング分析とは、自社のデータを収集、管理して運用することです。

すべての情報ソースや、ウェブサイトなどの集客するための媒体や径路であるチャネルからデータを収集して結合し、マーケティングがどのように機能しているかを分析して 改善点を見つけ出します 。そのためのプロセスや、施策を評価するためのテクニックを含めてマーケティング分析と呼んでいます。

マーケティング分析の方法には、共通して用いることができるフォーマットともいえるフレームワークがあります。フレームワークを用いることで分析のポイントをパターン化し、 誰でも簡単にマーケティング分析ができます 。フレームワークは何種類かあるので、必要に応じて使い分けます。

3C分析とは

4P分析とは

の頭文字のPをとって4P分析といいます。これら4つはマーケティングに際し企業がコントロールすることのできる要素であり、適切に組み合わせることでビジネスの成果を実現していきます。4つの要素を適切に組み合わせるための検討をマーケティングミックスと呼びます。

4要素の最適な組み合わせによって 経営成果の最大化を目指すことが目的 です。

5フォース分析とは

自社を取り巻く環境を業界内の要因「業界内の競争業者」「売り手」「買い手」と、業界外の要因である「新規参入業者」「代替品」の5つの要素で、それぞれの状況と自社にとっての脅威の程度を3C分析同様ミクロの環境から分析します。整理することで、どのように脅威に対応するかの検討材料になります。

売り手については、希少な原材料や代替不可能な技術などの供給元が価格の決定権を持つ場合、その 関係性によって生じる値上げや供給停止などの脅威を分析 マーケティングの分析手法 します。買い手は、自社製品を購入して利用する消費者との関係性です。競合他社の製品や代替品へ消費者が流れたり買い控えなどの脅威を分析します。

外的要因である新規参入業者は、成長市場だけでなく成熟市場でも見られます。 他の市場でのノウハウや技術を利用して参入した業者が市場のルールを一変させる こともあるため、資本規模が大きく優れた技術をもつ企業の市場参入は大きな脅威となり得ます。代替品については、買い手側の認識が市場と異なり別の枠組みの中で利用された場合や、携帯電話のカメラなどに見られる技術革新によって境界が曖昧になったときに起こる脅威です。

STP分析とは

SWOT分析とは

4つの要素の洗い出しに3C分析や5フォース分析など他のフレームワークを利用すると、 漏れやダブりをなくす ことができます。また前述の4P分析は、SWOT分析によって立てた戦略の下で実行するものです。

PEST分析とは

バリューチェーン分析とは

バリューチェーンは、「価値の連鎖」と訳されます。

企業の活動を製造やサービスといった「主活動」と、人事管理や技術管理といった「支援活動」に分け、実務の中のどの部分で多くのバリューが生じているか、逆にコストがかかっている活動はなにかを可視化し、 コストの削減や強み、弱みを知る手がかり として、戦略の実行をブラッシュアップします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる