口コミ

トレーダー注目の通貨ペアは

トレーダー注目の通貨ペアは
戻り売りの例

取扱通貨ペア一覧

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。 トレーダー注目の通貨ペアは
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

トレーダー注目の通貨ペアは

~10万円 ~30万円
97円 270円
~50万 ~100万円
270円 525円
トレーダー注目の通貨ペアは トレーダー注目の通貨ペアは
~10万円 ~30万円
97円 270円
~50万 ~100万円
270円 525円
トレーダー注目の通貨ペアは
~10万円 ~30万円
108円 270円
~50万 ~100万円
486円 1,080円
トレーダー注目の通貨ペアは
~10万円~30万円
0円 300円
~50万 ~100万円
500円 1,000円
~10万円 ~30万円
95円 260円
~50万 ~100万円
260円 470円
~10万円 ~30万円
86円 194円
~50万 ~100万円
194円 367円

FX勝ち組を目指すならFXプライムbyGMOへ無料口座申込。FX初心者はもちろん、億を動かすトレーダー達は、なぜFXプライムbyGMOを選ぶのか?選ばれるには理由があります。
◆FXのプロ・経験者がFXプライムbyGMOで取引する理由
1.信頼の約定力・スキャルピングOK
2.高スワップの高金利通貨・バイナリーオプションあり
3.東証1部上場企業グループ・PC対応取引ツールが充実

トレーダー注目の通貨ペアは
通貨ペア数 取引単位
20通貨ペア 1000通貨
取引手数料 対応機種
無料(千通貨単位は30円) ブラウザ / Mac / iPhone / Android

2012年~2019年と8年連続で年間FX取引高世界第1位(※)を誇る大手ネット証券「GMOクリック証券」。 FX口座「FXネオ」は米ドル/日本円をはじめ主要通貨ペアのスプレッドコストがとにかく安い。
発注機能が搭載されている高機能チャートシステムや専用アプリなど取引ツールも充実。
これらは初めての方でも操作に迷わず使いやすいと評判。FX以外にも国内外の株式、株価指数、先物などあらゆるアセットに投資が可能。

通貨ペア数 取引単位
19種類 10,トレーダー注目の通貨ペアは 000通貨
取引手数料 対応機種
無料 ブラウザ / Mac / iPhone / Android
トレーダー注目の通貨ペアは
通貨ペア数 取引単位
27種類 5000通貨
取引手数料 対応機種
無料ブラウザ / Mac / iPhone / Android
通貨ペア数 取引単位
24種類 1000通貨
取引手数料 対応機種
無料 ブラウザ / Mac / iPhone / Android

【免責事項】
※本特集に記載の内容は信頼できると考えられる情報源からの情報に基づいて作成していますが、その正確性や真実性、実現性などを保証するものではありません。 ※本特集に記載の内容は本特集作成時のものであり、予告なく変更されることがあります。 ※利用者は本特集より得た情報を、利用者ご自身の判断と責任において利用していただくものとします。 ※各商品の特色・リスク・手数料などの詳しい内容や個人情報の登録については、各社ホームページなどにて利用者ご自身がご確認ください。

マイメイトの通貨ペア 取扱い種類や運用に役立つ注目ポイント

「エージェント」ランキング画面

※2022年2月16日時点のランキングページより

マイメイトの通貨ペア 運用に役立つ注目ポイント

トレンドに注目

通貨ペアの値動きには、上昇の勢いが強い「上昇トレンド」、もしくは下落の勢いが強い「下落トレンド」のときがあります。トレンドが発生している通貨ペアは値動きの方向性がはっきりしているので、そのトレンドの方向にうまく乗りながら利益を伸ばす「エージェント」もいます(通貨ペアのトレンドに注目して「エージェント」を選ぶ方法についてはこちら)。

取引量に注目

日本だけではなく世界で取引量の多い通貨ペアは、流動性(取引のしやすさ)が高く、値動きが比較的安定しやすい傾向にあります。一方、取引量が少ないと、流動性は低くなり、突発的に上下動するケースも散見されます。

ボラティリティに注目

こうした価格変動の度合いを「ボラティリティ」と言い、ボラティリティの高い通貨ペアは価格が激しく動きやすいため、取引がうまく成功すれば収益チャンスは広がる、と考えることもできます。もちろん、取引が失敗すれば損失は大きくなる可能性があるため、注意は必要です。

ドルストレートに注目

米ドルが為替相場のメインテーマになっているケースでは、ドルストレートの方が価格推移の傾向を把握しやすいため、ドルストレートから「エージェント」選びを検討する、という運用方法も考えられるでしょう。

マイメイト 通貨ペアから運用を考えるときの注意点

「エージェント」の通貨ペアの偏りには注意

マイメイトでは「エージェント」のポートフォリオ運用をおすすめしており、例えば英ポンド/円ばかりの「エージェント」を選ぶなど、特定の通貨ペアに偏った運用方法では、マイメイトのポートフォリオ運用の良さを十分に発揮できない可能性があります(ポートフォリオ運用に関してはこちらの記事も参考に)。

「エージェント」選びも大切に

「エージェント」の損益推移や取引回数、過去の最大損失など、取引詳細もしっかりチェックした上で、「エージェント」を選ぶようにしましょう。(「エージェント」の選び方はこちらの記事も参考に)

スイングトレードの取引手法について解説! 【時間足・通貨ペア選びも】

スイングトレードの手法から通貨ペア選び、注意点を解説

初心者向きコラム

こちらのページでは、スイングトレードの基本からメリット・デメリット、さらに スイングトレードの手法となる押し目買い・戻り売りやブレイクアウト、移動平均線を使った具体的な売買手法をご紹介 します。

スイングトレードとは?

スイングトレードの取引回数と取引期間

スイングトレードは、 数日から数週間ポジションを保有して、* 100pips以上を目標として利益を狙う手法 トレーダー注目の通貨ペアは です。
もともとスイングトレードは株取引の用語で、 「為替の上下の波に乗ってトレードする」 というスタンスとなり、これはFXにおいても同様です。

スイングトレード向きのタイプ

  1. 一度のトレードで多くの収益を上げたい人
  2. 相場に頻繁に貼り付く時間がとれない人
  3. さざまなな通貨ペアをバランスよく見渡せる人

一度のトレードで多くの収益を上げたい人

相場に頻繁に貼り付く時間がとれない人

対して スイングトレードでは、相場の大きな流れを見ていくため、1日数回レートチェックする程度でも取引を進めていけるのが、短期売買との大きな違い です。

さざまなな通貨ペアをバランスよく見渡せる人

相場はそのときによって、レンジ相場だったり、トレンド相場であったりします。
スイングトレードで大事なのは、そのときが旬となるトレンド相場の通貨ペアを選ぶ ことです。

スイングトレードのメリット

  • ずっとチャートに張り付く必要がないため、初心者でも取り組みやすい。
  • スプレッドやスリッページはそこまで気にする必要がない。
  • ポジション方向によっては、期間に応じてスワップポイントを受け取れる。
  • 短期売買に比べると、低勝率でも収益化しやすい。

高スワップポイント業者に越したことはありませんが、 スイングトレードは為替差益を狙う手法ですので、スワップポイントはあくまでもオマケと考えておくのが無難 だと言えますね。

例えば米ドル/円のスプレッドを0.2銭、10,000通貨、利食い80pips、損切り30pipsの条件とします。
この場合、3勝(240pips)7敗(210pips+スプレッド2pips)でも利益となるように、 損小利大のトレードができれば、たとえ勝率が低くともトータルで収益 にすることができます。

スイングトレードのデメリット

  • 1度のトレードで損失が大きくなる可能性がある。
  • 相場急変にやや対応しにくい。
  • 短期売買比べると、取引チャンスが少なく資金効率が良くない。
  • ナンピンと相性はいいが、多用に注意。

スイングトレードでは、また 保有期間がデイトレードよりも長い分、相場急変に対応しにくいデメリット があります。
デイトレードほど相場に張り付かないことで、損失方向に動いていても判断に遅れやすいのです。

  1. レバレッジを低くすること
  2. 逆指値注文で事前にストップロスを入れておくこと

とはいえ1日に何十回とレートをチェックし、あまり分析もせずにすぐに手動で損切りしてしまうと、利益を追求できるチャンスを失ってしまいがちです。
スイングトレードではそれなりの利益を狙うことから、 多少の為替変動を許容できる心構えも必要 となってきます。

極力ナンピンしない判断でトレードをしなければいけませんが、 低レバレッジのスイングトレードなら、場面によってはナンピン戦略も可能 となります。

スイングトレード向きの通貨ペア

ですから初心者のスイングトレードにもやはり、
高い流動性+低スプレッド+豊富な情報量=「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」が最適 です。

ボラティリティが大きいクロス円の通貨ペア

しかしスイングトレードでは、 トレンドが発生しやすい通貨ペアを選ぶことも重要 です。
1回のトレードで多くの利幅を狙うほど、スプレッドの重要度は低いといえます。

ですから中級レベルでしたら、親しみやすいクロス円でいて値動きが大きい 「ユーロ/円」「ポンド/円」「豪ドル/円」 も選択肢となってきます。

ドルストレートとユーロクロスにも注目

中級以上の方なら、トレンドが継続しやすい 「ポンド/米ドル」「豪ドル/米ドル」「ユーロ/ポンド」「ユーロ/豪ドル」 の値動きにも注目してみてください。

スイングトレードの手法とチャート

チャートの期間とテクニカル指標

足種の使い分け例
トレンド確認用週足、日足で方向性を判断
【2日〜5日程度】
短期のスイングトレード
1時間足で売買タイミングを判断
【1週間〜4週間程度】
長期のスイングトレード
4時間足で売買タイミングを判断

トレンド系テクニカル指標を使う場合、まずは基本となる 移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンドなど定番のテクニカル指標 を使うのがおすすめです。

スイングトレードは順張りが基本

トレンドに乗った売買をすることから、* 順張りの押し目買い(ロング)、戻り売り(ショート)が基本 となります。
* 順張りとは、上昇、または下降トレンドに乗ってトレードすること。

押し目買い

押し目買いの例

戻り売り

戻り売りの例

  • 押し目買い:上昇トレンドのとき、一時的に下がった調整局面の安値で買うこと。
  • 戻り売り:下降トレンドのとき、一時的に上がった調整局面の高値で売ること。

レジスタンスゾーンとサポートゾーン

日足のレジスタンスゾーンとサポートゾーン

FX初心者向け通貨ペアとは? 基礎知識とおすすめの選び方を紹介

通貨ペアの表記の意味

FXチャートパターン_上昇ウェッジ

クロス円とドルストレートの値幅の違い(チャートはヒロセ通商、クリックすると拡大)

FX初心者にはクロス円の値動き理由がわかりにくいときも

FX初心者向け通貨ペア選びの4つのポイント

    トレーダー注目の通貨ペアは
  • 取引量の多い通貨ペア
  • トレンドが明確に現れている通貨ペア
  • 値動きの原因を把握しやすい通貨ペア
  • トレーダー注目の通貨ペアは
  • トレードスタイルに合う通貨ペア

取引量の多い通貨ペア

トレンドが明確に現れている通貨ペア

値動きの原因を把握しやすい通貨ペア

なんとなく知っている通貨だから、もしくはキャッシュバックなどのキャンペーン対象の通貨ペアだからといった理由で取引しても、上昇・下落の理由がわからなければ、勝てる可能性は低くなるだろう。

トレードスタイルに合う通貨ペア

FX初心者おすすめの通貨ペアは?

トレンドが現れており、取引量も多く、自分のトレードスタイルでも無理なく取引できそうな通貨ペアを見つけられたなら、それはFX初心者でもおすすめできる通貨ペアといえるだろう

通貨ペアのリクイディティとボラティリティ

「リクイディティ(流動性)」と「ボラティリティ(変動率)」の違い

「リクイディティ(流動性)」と「ボラティリティ(変動率)」の違い

流動性が低い場合のリスク

大暴騰・大暴落のとき、逃げられない

流動性が低い通貨を取引する場合、「損切り」を入れていても、逃げられなくなる場合があるのだ。逃げられなくなるほどの大惨事は誰も予想できないときに来るものなので、普段の取引から注意しておくほうが賢明だろう。 暴騰・暴落が起きやすい

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる