取引プラットフォームガイド

ファンダメンタルズ分析の特徴

ファンダメンタルズ分析の特徴
本記事では私が主に使っている 3つの財務分析ツールの特徴を比較し、私の使い分け方 について紹介します。

ファンダメンタルズ分析 日本株アナリスト養成講座 山本潤 ビジネス/経済

芸能・芸術・スポーツが一つのトラックに集結。舞踏家、気鋭のダンサー、義足のパラ陸上選手、10代のプロスケートボーダー、日本の奇祭、和太鼓のリズムなどが、落語の口上に合わせて次々に登場する。AR技術を活用した特設アプリや、THEATRE ファンダメンタルズ分析の特徴 for ALL で独占配信される。
また、人体データの視点から文化を記録・記憶するアーカイブ実践プロジェクトと、一大リレー式カンファレンスも開催。3Dデータやモーションキャプチャーなどの技術で生まれる新たなアートやパフォーマンスの可能性を探る。

【 公開記念・ジャンル横断型リレー方式カンファレンス おまけ付き! PlayStation5 新品未使用

トークゲスト:アオイヤマダ / 加勢鳥 / 男性ブランコ / 前川楓 / 前田順康(鼓童) / 村松卓矢(大駱駝艦)蓮沼執太 / 水野祐 他

THEATRE for ALL で独占配信(無料)

英語字幕 / バリアフリー日本語字幕 / 音声ガイド

ファンダメンタルズ分析 日本株アナリスト養成講座 山本潤 ビジネス/経済

川田十夢(総合演出)

1976年熊本県生まれ。10年間のメーカー勤務で特許開発に従事したあと、やまだかつてない開発ユニットAR三兄弟の長男として活動。新著『拡張現実的』(2020)、 旧著『AR三兄弟の企画書』(2010)。WIRED巻末連載、J-WAVE 『INNOVATION WORLD』、BSフジ『AR三兄弟の素晴らしきこの世界』、テクノコント。BTC(ブレインテックコンソーシアム)理事。公私ともに長男。通りすがりの天才。その世界のスター。ニュー文化人。

AR三兄弟(開発)

長男 川田十夢、次男 髙木伸二、三男 オガサワラユウによる、やまだかつてない開発ユニット。から、とくにAR(拡張現実)に関するネタを連続的に発表。芸能から芸術まで、長渕剛からロマンスカーミュージアムまで。その拡張範囲はブラックホールのように、東京でいうと東急ハンズ渋谷店のように広大である。

蓮沼執太(音楽)

音楽家、アーティスト。1983年、東京都生まれ。蓮沼執太フィルを組織して、国内外でのコンサート公演を開催する。映画、ドラマ、舞台、ファッションなど、多くの音楽制作を展開している。また個展形式での展覧会、プロジェクトを行っている。2014年にアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)グランティでアメリカ・ニューヨークへ。 2017年に文化庁・東アジア文化交流使に任命され中国・北京へ。主な音楽アルバムに『NHK DRAMA “KIREINOKUNI” ORIGINAL SCORE』(2021)など。主な展覧会に『Compositions』(Pioneer Works, NY、2018)、『 ~ ing』(資生堂ギャラリー、2018)など。第69回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

出演アーティスト(アイウエオ順)

1. 動画を見る

THEATRE for ALL に会員登録すると無料で視聴できます。

ファンダメンタルズ分析 日本株アナリスト養成講座 山本潤 ビジネス/経済

公開記念・ジャンル横断型リレー方式カンファレンス

「バーチャル身体の祭典 VIRTUAL NIPPON COLOSSEUM」プロジェクト発表会を開催!

プロジェクトの参加アーティストや、 身体や文化財のデジタルアーカイブ、バーチャルイベントに関する有識者の方々をお招きして、リレー式での一大カンファレンスを実施します。AR三兄弟の演出による作品「バーチャル身体の祭典 VIRTUAL NIPPON COLOSSEUM」の制作舞台裏やアプリの楽しみ方のご紹介をはじめ、「デジタル身体データ」の保存と利活用をテーマにした作品制作の可能性や活用事例、今後の可能性などについても話し合います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる