株初心者必見

デルタ関数とその性質

デルタ関数とその性質
図1デルタ関数の図示

デルタ関数 (読み)でるたかんすう

デルタ関数はディラックが1925年ころ量子力学の理論体系を整備するために導入したもので、

という性質をもつものとして定義された。したがって、これは普通にいう関数ではないが、ディラックは物理学的な直観から、実軸上の連続関数(x)に対し、

という公式や、また、デルタ関数の微分を考え、

などの公式を導き、積分因子としては積分の値が決まるものとし、しかも、いろいろな物理現象の計算に有効に使った。このような形式的な取扱いに数学的に厳密な証明を与える試みはいくつかあったが、1950年ころL・シュワルツが超関数の理論をつくり、これを完全に解決した。無限回連続微分可能な関数で、|x|が大きいところでは恒等的に0になる関数の集合をで表し、(x)∈に対し、線形汎(はん)関数δをδ()=(0)で表すと、δは超関数になる。これをディラックの伝統に従って

と書き、超関数の微分法に従って微分すると

など、前に書いた微分の公式が得られる。

関数(x)のフーリエ変換を(ξ)で表す。超関数のフーリエ変換の定義に従って、デルタ関数のフーリエ変換を計算すると、
=1,デルタ関数とその性質 ′=iξ,……, (m) =(iξ) m
となる。この性質は、応用において重要である。

デジタル大辞泉 「デルタ関数」の解説

デルタ‐かんすう〔‐クワンスウ〕【デルタ関数/δ関数】

ディラックが量子力学において導入した関数。通常、δ(x)と記述され、δ(x)=0(x≠0)かつδ(0)=∞であり、xの全直線上での定積分が1となる性質をもつ。その有用性から便宜的に用いられていたが、のちにシュワルツが超関数として数学的に厳密な定義づけをした。
[補説]工学分野では、単位インパルス関数・インパルス関数・衝撃関数とよばれる。

精選版 日本国語大辞典 「デルタ関数」の解説

デルタ‐かんすう ‥クヮンスウ 【デルタ関数】

〘名〙 理論物理学研究上の必要から、ディラックが導入した数学的対象 δ(x) のこと。関数に類似しているのでその名がある。次の四条件によって定義される。δ(0)=∞δ(x)=0(x0) 全直線上での定積分は1に等しい。それと複素数値関数 (x) デルタ関数とその性質 との積の全直線上での定積分は (0) に等しい。

デルタ関数とその性質

デルタ関数

図1デルタ関数の図示

原点で一本縦にピークが立っているような見た目ですね。 さて、上では\(\delta(x)\)を考えていますが、例えば\(\delta(x-a)\)なら、 \begin \delta(x-a)= \begin 0 & x \neq a \\ \infty & x=a \\ \end \end のようになります。これは丁度、発散する位置が\(a\)だけ平行移動した形になっています。 デルタ関数とその性質
また、定義式(\ref)式と見比べると、\(\delta(x-a)\)が\(a\)以外で\(0\)なので、\(f(デルタ関数とその性質 x)\) のうち\(f(a)\)のみが抽出されているのだと理解できます。

ちなみにですが、(\ref)式は適当な\(f(x)\)で成り立つ式なので 当然\(f(x-a)\)についても \begin \int_<-\infty>^ <\infty>f(x-a) \delta(x-a)dx=f(a-a)=f(0) \end がいえます。ここで\(t=x-a\)と置くと \begin \int_<-\infty>^ <\infty>f(t) \delta(t) dt=f(0) \end のように原点にピークを持つデルタ関数の表式に帰着できます。このため、デルタ関数の定義を以下のよう に書くこともあります。

基本的な性質(レベル1~2)

デルタ関数の定義(デルタ関数とその性質 \ref)式において、\(f(x)=1\)の場合を考えると明らかです。 図1のグラフを見ると原点で形式上発散していますが、積分するとこれは\(1\)になるということです。これはデルタ関数の持つ基本中の基本的な 性質ですね。

デルタ関数は(\ref)式のように、積分の中で定義される関数である。 ゆえに デルタ関数についての等式は、暗に積分の中にあると約束する。

ここから、いくつかデルタ関数の満たす性質(等式)を説明しますが、デルタ関数は普通の関数とは 違って 積分の中でしか定義されません。 なのでそのことを念頭に置く必要があります。

例えば(\ref)式と(\ref)式より、 \begin \int_<-\infty>^ <\infty>f(x) \delta(x-a)dx &=& f(a) \\ f(a) \int_<-\infty>^ <\infty>\delta(x-a)dx \ &=& f(a) \end なので、両者は等しく \begin & & \int_<-\infty>^ <\infty>f(x) \delta(x-a)dx \nonumber \\ \label &=&\int_<-\infty>^ <\infty>f(a) \delta (x-a)dx \end が成り立ちますが、これを単に積分を略記して \begin \label f(x) \delta(x-a)=f(a) \delta (x-a) \end とすることが多々あります。しかし、デルタ関数は積分の中にあって始めて定義される関数なので、 本当の意味は(\ref)式ということを忘れないようにしましょう。

\(\delta(x)\)と適当な関数\(f(x)\)について以下が成り立つ \begin f(x) \delta(x-a)= f(a) \delta (x-a) \tag> \end 特に、\(f(x)=(x-a)\)の時、 \begin (x-a) \delta(x-a)= 0 \end である。これは両辺をそれぞれ積分すると確認できる。

\(\delta(x)\)は 偶関数 の性質を持つ。即ち \begin \delta(x)= \delta(-x) \end である。

デルタ関数

図1のグラフ (再掲)図1:デルタ関数の図示 から何となく想像できますが、デルタ関数は偶関数のような性質を持っています。
ただし、上で述べた通り、この等式は積分の中に入って初めて意味を持つので注意してください。 この性質より、\(f(x)\)が奇関数の時、 \begin \int_<-\infty>^ <\infty>f(x) \delta(x)dx=0 \end になります。典型的なのは、\(f(x)=x\)の場合などです。

\(a\)を\(0\)ではない実数として、デルタ関数について以下が成り立つ。 \begin \label \delta(ax)= \delta(x) \end

比較的よく使うデルタ関数の公式です。証明は デルタ関数の公式(基本編)を 参照してください。

デルタ関数は発散するか\(0\)しかないので、\(\)だけスケールが変わっても 無意味なように思えるかもしれません。このような係数がつく理由は 「デルタ関数が積分して\(1\)になる」 という性質のためです。 \begin \int_<-\infty>^ <\infty>\delta(|a|x)d|a|x=1 \end 上記のように、積分要素が\(dx \to d(|a|x)=|a| dx\)だけ変わった時、その変化を打ち消すように デルタ関数とその性質 \(\delta(x) \to \delta(|a|x)= \delta(x)\)だけ変化すれば、辻褄があって確かに\(1\)に なることが分かります。

デルタ関数は \begin \delta(x)= \begin 0 & x \neq 0 \\ \infty & x=0 \\ \end \tag> \end のように、ピーク以外の値は\(0\)である。ゆえに、ピーク以外の積分範囲は 落としても計算に支障はない。例えば \begin & & \int_<-\infty>^ <\infty>f(x) \delta(x)dx \nonumber \\ &=& \int_^ f(x) \delta(x)dx = f(0) \end ただし、\(\varep\)は正の微小な数。

物理の問題では積分範囲が \begin \int_<-\infty>^ <\infty>f(x) \delta(x-a)dx=f(a) \tag> \end のように\(-\infty ~ \infty\)であるとは必ずしも限りません。 そんな時はこの考え方が役に立ちます。

積分範囲に関する公式です。 \(\delta(x-a)\)は\(x=a\)以外では\(0\) なので、積分範囲に\(a\)を含まない限り、どんな範囲で積分しても\(0\)になります。 逆に、\(a\) を含む範囲なら、それが有限である限り値を返します。

合成関数のデルタ関数(レベル2)

デルタ関数について以下が成り立つ。 \begin \label \delta(f(x))= \sum_<1 \over |f'(a_) |> \delta(x-a_) \end ただし、\(a_\)は\(i\)番目の\(f(x)\)が\(0\)になる点で、和はそれが複数ある場合に取る。\(f'(a_)\)は \(f(x)\)デルタ関数とその性質 デルタ関数とその性質 の導関数の\(a_\)での値。

デルタ関数が合成関数になりました。複雑に見えますが、簡単な例を考えると感覚が掴みやすいです。 例えば\(f(x)=ax\)として選ぶと、\(f(x)=0\)になる点は\(x=0\)しかないため和は不要であって \begin \delta(ax)= ) |> \delta(x-a_) \end また今回は\(a_=0\)で、\(f'(0)=a\)なので \begin \delta(ax)= \delta(x) \end になります。これは定数倍の時の式(\ref)に一致しています。

\(f(x)=0\)の点が複数ある例としては \(f(x)=x^2-a^2\)が有名です。これは\(f(\pm a)=0\)なので 二つの点\(x=\pm a\)で 和を取る 必要があります。結果を書くと以下のようになります。

デルタ関数の微分(レベル2)

デルタ関数の微分について、以下が成り立つ。 \begin f(x)\frac \delta(x)=-\delta (x) f'(x) \end ここに、\(f'(x)\)は\(f(x)\)の導関数。

この公式を使えば、 デルタ関数のテイラー展開 を形式的に定義でき、 例えば\(\delta(x+a)\)を \(a\)が微小と思って展開すると \begin f(x)\delta(x+a)&=&f(x)\Bigl\\delta(x)+ \cdots \Bigr\> \nonumber \\ &=& \Bigl\a+ \cdots \Bigr\>\delta(x) \nonumber \\ &=& \Bigl\a+ \cdots \Bigr\>\delta(x) \end のように変形できます。ちなみに、最終行右辺の中括弧の中身は\(f(-a)\)のテイラー展開になっているので 上の式は デルタ関数とその性質 \begin f(x)\delta(x+a) = f(-a)\delta(x+a) \end と同値です。これはデルタ関数の持つ性質(\ref)式そのものであり、 ちゃんとデルタ関数のテイラー展開が矛盾なく機能していることがみてとれます。

多変数の場合(3次元,極座標など)(レベル2)

物理で使うデルタ関数は(\ref)式のように1次元であることはまれであり、 3次元または2次元 である ことが多いです。また、多次元で考えるとおのずと変数も増えるので多変数になります。ここでは多変数の場合のデルタ関数について簡単に確認します。

\(\delta^3(\bs)\)は 3次元のデルタ関数 であり、その意味は デカルト座標 において \begin \label \delta^3(\bs-\bs)=\delta(x-X)\delta(y-Y)\delta(z-Z) \end である。

物理でよく目にする表式です。ベクトルが引数になっていて初見だと戸惑うかもしれませんが、これはデカルト座標 の場合\(\bs=(x,y,z),\bs=(X,Y,Z)\)の略記であって、その意味は(\ref)式の右辺であることに注意してください。 同様に2次元の場合は \begin \delta^2(\bs-\bs)=\delta(x-X)\delta(y-Y) \end のようになります。いずれの場合も、各成分ごとのデルタ関数は1次元と同じ性質を示します。また、 デルタ関数とその性質 全空間で積分すると \begin & & \int \mathrm \delta^3(\bs-\bs) \nonumber \\ &=&\int_<-\infty>^ <\infty>\mathrm \int_<-\infty>^ <\infty>\mathrm \int_<-\infty>^ <\infty>\mathrm \delta(x-X)\delta(y-Y)\delta(z-Z) \nonumber デルタ関数とその性質 \\ &=&1 \end

極座標 の場合、デルタ関数は \begin \delta^3(\bs-\bs)=\frac\delta(r-R)\delta(\theta-\Theta)デルタ関数とその性質 \delta(\phi-\Phi) \end である。

極座標の場合の表式です。前に係数\(r^2 \sin \theta\)が付いている理由は極座標変換すると、 \begin 1&=& \int_<-\infty>^ <\infty>\mathrm \int_<-\infty>^ <\infty>\mathrm \int_<-\infty>^ <\infty>\mathrm \delta^3(\bs-\bs) \nonumber \\ &=& \int_^ <\infty>\mathrm \int_^ <\pi>\mathrm\int_<-\pi>^ <\pi>\mathrm\ r^2 \sin \theta \delta^3(\bs-\bs) \end (極座標の積分範囲に注意) のようにヤコビアンが出てくるので、それを打ち消すためです。定数倍(\ref)式の時と同じ理由ですね。

(\ref)式で、\(a\)が定数ではなく、変数を含む場合も考えることができます。 その場合でも、普通のデルタ関数と同じように引数が\(0\)、つまり\(x=a-y+b\)の時 デルタ関数とその性質 ピークが立ち、それ以外ではデルタ関数は値が\(0\)になるので、上の式のようになります。

ディラックのデルタ関数が偶関数δ(-x)=δ(x)であることを示せの問題がわかりません。

デルタ関数はふつうの関数とは違う超関数というものです。 なので、ふつうの関数とはちょっと扱いが異なります。 ふつうの関数で f=g というのは、すべての点 x において f(x)=g(x) が成り立つことです。 しかし、超関数では値が定義できない点が存在したりするので(δ(x) では x=0 での値が定義できない)、ふつうの関数の意味で等号を定義することは危険です。 超関数 S(x), T(x) が等しいというのは、すべての“性質のよい”関数 φ(x) に対して ∫(-∞

1人がナイス!しています

あわせて知りたい

δ関数についてです δ(ax)=1/|a|×δ(x) の証明の仕方を教えてください

δ関数についてです δ(ax)=1/|a|×δ(x) の証明の仕方を教えてください

ディラックのデルタ関数についての問題なんですが、を解いていただけないでしょうか? ∫-∞~∞ f(x-a)δ(デルタ関数とその性質 a)da=∫-∞~∞f(a)δ(x-a)da

ディラックのデルタ関数と等価な次の式から δ(x)=0 (x≠0) を示したいのですがどうすればいいのでしょうか。極限を取ろうにも振動してしまいます。 δ(x)=lim(a→∞) sin(ax)/πx δ(x)=(1/2π)∫e^<ipx></p>
<p>dp 積分は-∞から∞

デルタ関数の微分の性質を示したいのですが、方法が分かりません! どなたか分かりますでしょうか……

roo********さん のご回答の通り,デルタ関数や ヘビサイド関数は超関数(distribution)であり, 普通の関数ではありません。通常の微分はできません。 常にテスト関数との積の積分,つまり内積を通して のみ定義できます。 例えばデルタ関数は,テスト関数f(t)と共に ∫_^∞ δ(t-t0) f(t) dt = f(t0) です。で,ヘビサイド関数の微係数は ∫_^∞ dH(t-t0)/dt f(t) dt デルタ関数とその性質 を部分積分していくと結局 = f(t0) = ∫_^∞ δ(t-t0) f(t) dt デルタ関数とその性質 となるので,形式的に dH(t-t0)/dt = δ(t-t0) と書くことがあります。しかし,もちろんヘビサイド関数を 普通に微分することはできなわけです。この最後の等式は 超関数的な等式と呼ぶ方がいいことになります。 というわけで,デルタ関数の微係数の場合の特性は ∫_^∞ dδ(t-t0)/dt f(t) dt = - df/dt(t0) になるわけです。ですから,よく教科書などに図示されている デルタ関数とその性質 のは,t=t0の近傍にεだけ離れた位置二か所に,向きが逆の デルタ関数が存在するときのε→0 の極限のように(力だと 解釈するとある偶力)描いてありす。

質問者 2020/2/22 17:13

ありがとうごさいます。 超関数は、通常の意味としての関数としては存在できず、テスト関数との内積を通して定義される。 ということがはっきり分かりました。 当然、微分も内積を通して定義される。 wikiなどと合わせて調べて理解することができました。 丁寧な回答ありがとうごさいました

その他の回答(2件)

こういうことだと思います。

前提として写真の等式はどの意味で成り立つと言ってるか分かる? δ超関数は関数ではないし通常の意味で微分可能でもない事は分かってる? 通常の関数の意味で成り立つ訳ではなく、積分による内積を入れた線型空間上の線型汎関数の意味で成り立つ その事が分かれば答えは自ずと分かるはずなので、そもそも前提を理解していない可能性有 であれば、まず「L^2空間、線型汎関数、デルタ超関数、微分」を調べてみては?

質問者 2020/2/22 15:33

回答ありがとうごさいます。 そもそも超関数が何か(本当は数学的に定義できない関数?みたいなイメージしか持っていなかった) について、まず定義を含め基本的な部分を理解していなかったです。 超関数とは、~汎関数であり……と いった説明をちゃんと確認してみます。 率直なアドバイスで 根本的に理解していないことがわかりました。 ありがとうごさいます

あわせて知りたい

デルタ関数δ(x)を用いた積分を求めよ。という問題なのですが、部分積分してみたのですが、f(∞)、δ(∞)などの処理ができず、結局答えが分かりません! どなたか教えてください! 大学微分積分です

0.08333…を小数第2位まで四捨五入するやり方を教えてください。

0.08333…を小数第2位まで四捨五入するやり方を教えてください。

x=0でデルタ関数を1階微分すると,dδ/dxはどんな値になるのでしょうか? デルタ関数(x=0で∞,x≠0で0)を1階微分すると,dδ/dxはどんな式になるのでしょうか? また,x=0の場合,dδ/dxはどんな値になるのでしょうか? 質問になっていないのかもしれませんが,よろしくお願いします.

x=0でデルタ関数を1階微分すると,dδ/dxはどんな値になるのでしょうか? デルタ関数(x=0で∞,x≠0で0)を1階微分すると,dδ/dxはどんな式になるのでしょうか? また,x=0の場合,dδ/dxはどんな値になるのでしょうか? 質問になっていないのかもしれませんが,よろしくお願いします.

電流についての質問です。 電子の波動関数により確率の流れ(フラックス)を計算して、それに電荷をかけることにより 電流(この場合は電流密度でしょうか?)の大きさと向きが得られるとの記述を見かけました。 ところで、電磁気学では電流(密度)は電子の速度×電子の密度×電荷と表されます。 不確定性原理があるので、この電子の速度は波束を考えたときの群速度であると思います。 しかし群速度のことであ.

電流についての質問です。 電子の波動関数により確率の流れ(フラックス)を計算して、それに電荷をかけることにより 電流(この場合は電流密度でしょうか?)の大きさと向きが得られるとの記述を見かけました。 ところで、電磁気学では電流(密度)は電子の速度×電子の密度×電荷と表されます。 不確定性原理があるので、この電子の速度は波束を考えたときの群速度であると思います。 しかし群速度のことであ.

デルタ関数に導関数は存在していますか。 また、存在しているとすればどの様な関数になりますか。 (デルタ関数はガウス分布関数の分散が無限小のケースであると考えることができる。 したがってデルタ関数の導関数はガウス分布関数導関数の分散が無限小のケースであると考えることができる。 具体例 電荷が無限大、体積が無限小、間隔が無限小の電気双極子の電荷の分布はデルタ関数の導関数となる。)

デルタ関数に導関数は存在していますか。 また、存在しているとすればどの様な関数になりますか。 (デルタ関数はガウス分布関数の分散が無限小のケースであると考えることができる。 したがってデルタ関数の導関数はガウス分布関数導関数の分散が無限小のケースであると考えることができる。 具体例 電荷が無限大、体積が無限小、間隔が無限小の電気双極子の電荷の分布はデルタ関数の導関数となる。)

デルタ関数の問題です。 デルタ関数のもつ次の性質を示してください。 (1)δ(-t)=δ(t)(δは偶関数) (2)tδ(t)=0 (3)δ(at)=1/|a|δ(t)

デルタ関数の問題です。 デルタ関数のもつ次の性質を示してください。 (1)δ(-t)=δ(t)(δは偶関数) (2)tδ(t)=0 (3)δ(at)=1/|a|δ(t)

アロマポットなしでもアロマで気分を癒す方法ってないですか?あれば、その方法を教えて下さい。

アロマポットなしでもアロマで気分を癒す方法ってないですか?あれば、その方法を教えて下さい。

符号付き2進数を用いて計算しなさい。ってどういう意味ですか? 11100 - 10001 10001 - 11100 この2つの問題なのですが、符号付き2進数の意味がいまいちわからないので解けません だれか解き方を教えてください

符号付き2進数を用いて計算しなさい。ってどういう意味ですか? 11100 - 10001 10001 - 11100 この2つの問題なのですが、符号付き2進数の意味がいまいちわからないので解けません だれか解き方を教えてください

先日、哲学の授業で「逆転スペクトル」の話を聞いたのですが、よく分かりませんでした。 逆転スペクトルについて説明をお願いします!!!

先日、哲学の授業で「逆転スペクトル」の話を聞いたのですが、よく分かりませんでした。 逆転スペクトルについて説明をお願いします!!!

採用面接が圧迫面接気味だったんでふざけた態度だったんで 『もしかしてこれって圧迫面接ですよね?そうじゃなかったら人間として問題あると思いますよ』といったら 面接官の顔が引きつってました。 何かまずいこと言っちゃいましたか?

採用面接が圧迫面接気味だったんでふざけた態度だったんで 『もしかしてこれって圧迫面接ですよね?そうじゃなかったら人間として問題あると思いますよ』といったら 面接官の顔が引きつってました。 デルタ関数とその性質 何かまずいこと言っちゃいましたか?

パチンコの店側の操作について 結局店は、操作はしてるんですか? してないんですか? 遠隔はしてないけど、好不調は予め設定してあるとか、操作はまったくないとか… 人によって回答 違いますが、真実はあるか、ないか、の二つだと思うのですが… ご回答くださる方、納得できる理由をつけてご回答をいただければありがたいです! 店側は何の設定もしないと言われる方は、たとえば新.

パチンコの店側の操作について 結局店は、操作はしてるんですか? してないんですか? 遠隔はしてないけど、好不調は予め設定してあるとか、操作はまったくないとか… 人によって回答 違いますが、真実はあるか、ないか、の二つだと思うのですが… ご回答くださる方、納得できる理由をつけてご回答をいただければありがたいです! 店側は何の設定もしないと言われる方は、たとえば新.

ホットケーキミックスに 卵なしの場合牛乳を140ccと書いてあって 作ろうと思うのですが 卵なしの場合はやっぱり、味がいまいちなんでしょうか?

ホットケーキミックスに 卵なしの場合牛乳を140ccと書いてあって 作ろうと思うのですが 卵なしの場合はやっぱり、味がいまいちなんでしょうか?

Δ(1/r) = ∇^2(1/r) = −4πδ(r→) であることを示してください。 ただし、r→ はrベクトルを表します。 δはデルタ関数です。

Δ(1/r) = ∇^2(1/r) = −4πδ(r→) であることを示してください。 ただし、r→ はrベクトルを表します。 δはデルタ関数です。

福岡の和白病院について何でも知ってる情報教えてください。 良い評判から悪い評判、内部事情まで。

福岡の和白病院について何でも知ってる情報教えてください。 良い評判から悪い評判、内部事情まで。

大学で極限値の問題がわからないので教えてください。 (1) lim[x→∞] x^n/e^x (2) lim[x→∞] (log x)^n/x

大学で極限値の問題がわからないので教えてください。 (1) lim[x→∞] x^n/e^x (2) lim[x→∞] (log x)^n/x

微分方程式 y’ = xy^2 を解きたいです。 1/y=-1/2x^2 + C (解1)は求められたのですが、y=0(解2)も答えでした。 解1はy≠0を仮定したときだから、y=0も検討してみるとたまたま解だった、ということでしょうか? なんとなくの解き方は分かる(変数を分離して積分)のですが、こういう場合には厳密に解いていないと気づけないと思いました。。

微分方程式 y’ = xy^2 を解きたいです。 1/y=-1/2x^2 + C (解1)は求められたのですが、y=0(解2)も答えでした。 解1はy≠0を仮定したときだから、y=0も検討してみるとたまたま解だった、ということでしょうか? なんとなくの解き方は分かる(変数を分離して積分)のですが、こういう場合には厳密に解いていないと気づけないと思いました。。

この問題を微分してください。 デルタ関数とその性質 お手数かけますが途中の計算式あまり省かずに教えてくれたら助かります。 回答よろしくお願いします。

マクローリン展開についての問題です。わかる方教えてください。

f(x)=x^3/(1-x) (|x|<1) のn階導関数を教えてください。

f(x)=x^3/(1-x) (|x|<1) のn階導関数を教えてください。

この行列式の因数分解の問題が分かりません。教えてください

大学数学の集合の問題です。助けて下さい!誰か協力お願い致します! 問題 A,B, C, D を集合とする。次の各命題の真偽を判定し、真の場合はそれを証明し、偽の場合は反例を作れ。 (4) (A∪B)×(C∪D)=(A×C)∪(B×D) (5) (A−B)×(C−D)=(A×C)−(B×D)

大学数学の集合の問題です。助けて下さい!誰か協力お願い致します! 問題 A,B, C, D を集合とする。次の各命題の真偽を判定し、真の場合はそれを証明し、偽の場合は反例を作れ。 (4) (A∪B)×(C∪D)=(A×C)∪(B×D) (5) (A−B)×(C−D)=(A×C)−(B×D)

大学の微分方程式の問題です。 次の変数分離形微分方程式を解け。 (<x^2-4x)y’></p>
<p>+y=0 ちなみに答えは(x-4)y^4=cx

大学の微分方程式の問題です。 次の変数分離形微分方程式を解け。 (+y=0 ちなみに答えは(x-4)y^4=cx

確率の正規分布について質問です。 μ=4、σ=2の正規分布は、N(4, 4)で表現される.この正規分布において、以下の問いに答えなさい.ただし、必要に応じて、標準正規分布表を使いなさい. (1)- ∞≦x≦kの確率が0.5 となるようなkを求めなさい. (2)- ∞≦x≦k の確率が0.1 となるようなkを求めなさい. (3) xがμ±aに含まれる事象の確率が0.9となるような、値aを求めなさい. と言う問題がよく分かりません。 回答お願いします。

確率の正規分布について質問です。 μ=4、σ=2の正規分布は、N(4, 4)で表現される.この正規分布において、以下の問いに答えなさい.ただし、必要に応じて、標準正規分布表を使いなさい. (1)- ∞≦x≦kの確率が0.5 デルタ関数とその性質 となるようなkを求めなさい. (2)- ∞≦x≦k の確率が0.1 となるようなkを求めなさい. (3) xがμ±aに含まれる事象の確率が0.9となるような、値aを求めなさい. と言う問題がよく分かりません。 回答お願いします。

複素数zについての方程式z^-4=16の解をすべて求めよ。という問題がわかりません。ド・モアブルの定理を使って解いたのですが、うまく出来ませんでした。どなたかご教授お願いします。

複素数zについての方程式z^-4=16の解をすべて求めよ。という問題がわかりません。ド・モアブルの定理を使って解いたのですが、うまく出来ませんでした。どなたかご教授お願いします。

行列の基本変形についての問題です。 わからないのでどなたか教えてください

1/(x²+2x+2) の不定積分の求め方を教えてください。

1/(x²+2x+2) の不定積分の求め方を教えてください。

解き方は分かるんですけど何でQ(x)の値が見えないしちゃんとわからないのに割る数が0になるようなxの値を入れると割られる数の余りが出てくるのかわかりません。どういう仕組みでこうなってるんですか?

行列の問題ですが、計算を簡潔に行うやり方はあるのでしょうか。 A=|2,1| |1,4| という行列に対して A^4−5A^3+10A^2+7A+3Eを求めたいです。 固有多項式を使うと楽に求められるらしいですが、過程がよく分かりません。それとも地道に計算するしかないでしょうか。 どなたかご教授頂けないでしょうか。 線形代数はまだ勉強したばかりなので、お手柔らかにお願いいたします。

行列の問題ですが、計算を簡潔に行うやり方はあるのでしょうか。 A=|2,1| |1,4| という行列に対して A^4−5A^3+10A^2+7A+3Eを求めたいです。 固有多項式を使うと楽に求められるらしいですが、過程がよく分かりません。それとも地道に計算するしかないでしょうか。 どなたかご教授頂けないでしょうか。 線形代数はまだ勉強したばかりなので、お手柔らかにお願いいたします。

大学の微分方程式の問題です。 次の変数分離形微分方程式を解け。 <(y+1)^2></p>
<p>y’+x^3=0 ちなみに答えは3x^2+4(y+1)^3=c

大学の微分方程式の問題です。 次の変数分離形微分方程式を解け。 y’+x^3=0 ちなみに答えは3x^2+4(y+1)^3=c

線形代数の問題です。 写真の場合拡大係数行列を作って 行列のまま各行をいじって計算した方がいいのか 行列式にして計算した方がいいのかどのような場合どちらを使えばいいかがよくわかりません。ご教示ください

この命題の問題教えてほしいです

連続関数についての問題を教えて欲しいです。

教えてくださいm(_ _)m

「線形代数」をやったら次は「代数学」をやる人が多いですか? 大学での勉強の手順。

「線形代数」をやったら次は「代数学」をやる人が多いですか? 大学での勉強の手順。

教えてくださいm(_ _)m

教えてくださいm(_ _)m

正方行列の問題 1番の問題に着手してみたのですが、途中で行き詰まってしまいました。どなたかご教授お願い致します。 2番の問題は地道に計算していくしかないのでしょうか。よろしくお願い致します。

全ての項が正である無限数列<pn></p>
<p>がある。このpnが以下の性質を満たすような条件を求めよ。 性質:任意の収束する無限数列an(極限値をα)に対して、新たな数列 bn=∑(1→n)pn×an / Σ(1→n)pn を定義すると、常にnを正の無限大に飛ばしたときのbnの極限値がαとなる。 この問題がわかりません!どなたかよろしくお願いします。

クロネッカーのデルタとディラックのデルタ関数

自然科学

クロネッカーのデルタは、条件分岐を数式上で表現できる非常に便利な関数である。

クロネッカーのデルタは離散的な変数(自然数の集合など)に対して用いられるが、これを連続変数に対して拡張したものがディラックのデルタ関数である。

クロネッカーのデルタ

  1. $$\sum_\delta_a_j=a_i$$
  2. $$\sum_a_i\delta_=a_j$$
  3. $$\sum_\delta_\delta_=\delta_$$

ディラックのデルタ関数

定義その1

定義その2(簡単)

  1. $$\int_<-\infty>^<\infty>f(x)デルタ関数とその性質 \delta(x-a)dx=f(a)$$
  2. $$\delta(-x)=\delta(x)$$
  3. $$\delta(デルタ関数とその性質 x)=\frac<2\pi>\sum_^<\infty>e^$$
  4. $$\delta(ax)=\frac\delta(x)\,(a>0)$$

性質1.の解説

性質2.の解説

性質3.の解説

性質4.の解説

現在の平均評価 0 / 5. 評価した人数: 0

コメントをどうぞ コメントをキャンセル

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

PRML10章 演習10.39解答

有界な分布(一様分布)を用いたEMアルゴリズム

導入 以前 にて、 EMアルゴリズムを適用するに際し、一様分布のような明確な境界を持つ分布を使用すると、少し特殊な配慮が必要になる と述べた。 本記事では、実践を通して、こうした有界な分布を用いたEMアルゴリズムがどのように失敗するか.

ルジャンドル多項式の定義と性質(2/3)

定義 で定義された関数 \(P_(x)\) を、ルジャンドル(Legendre)多項式という。また、ルジャンドル多項式は、以下のテイラー級数 の係数として定義することもできる。 性質 ルジャンドル多項.

シーザー暗号解読器・改 ~単語リストを用いた解読~

異常検知における異常度の定義

指数分布の最尤推定とパラメータ変換、乱数生成

Search

Feedlyで更新情報をフォロー

follow us in feedly

艮製作所 主宰 統計検定1級 / 医師

大学院医学部にて、統計プログラミングを駆使して臨床・基礎の知見を技術応用するとともに、省庁や地方自治体、企業のプロジェクトにて技術指導を行っている。好きな言語は Rust と Python 。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる