FXの基礎知識

ボラティリティって何

ボラティリティって何

ボラティリティは以下の計算式で計算することができます。

「日経VI」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

この日経VIは、株式相場において、「恐怖指数」と呼ばれている言葉です。この数値は、東証一部に上場されている銘柄のうち、代表的な225銘柄の平均株価を表す「日経225」を元に、毎日発表されます。
詳しい計算方法は省きますが、20前後だと、比較的株価が安定していると考えていいでしょう。それを下回っていれば、株価の上昇が期待できる時だと判断でき、逆に、20を超えるほど取引には向かない時となります。
簡単に言えば、この数値が低いほど、新規の取引のタイミングだということになり、20を大きく超えているような時は、まず新規の取引には手を出すべきでないということです。もちろん既に所持している株式にも大きく影響しますが、決済さえしなければ、例え株価が下がっても、まだ含み損の段階です。しかし、新規の取引となると、これからの上昇が期待できなければ、無理に行うことはなく、それを行うべきかどうかの判断に利用するのが、この日経VIの正しい見方だと言うことができます。

日経VIの由来

日経VIの由来は、その意味となる「恐怖指数」を英語にした「Volatility Index」からです。日経225を基準にしているので、「日経VI」と呼ばれています。
日経VIは、元々日本で作られた定義ではなく、アメリカや欧州でもほぼ同様の計算による株価に対する恐怖指数が発表されており、その日本版という訳です。

日経VIの文章・例文

例文1. 日経VIが22を下回るまでは、新規の購入は控えようと思う
例文2. 15まで日経VIが下がるなんて何年ぶりだろう?
例文3. リーマンショックの時は日経VIが70近くまで上がったと聞いて驚いた
例文4. ここの1ヶ月くらいは日経VIがとても安定している
例文5. 日経VIばかり気にしていると、反って買うタイミングを失ってしまうそうだ
日経VIは、投資家にとって、低いに越したことはありませんが、逆に、大きく上がっている時こそチャンス(売りから入る場合)だという考え方もできます。リスクはかなり大きくなりますが、そのような投資の仕方もあるのです。

広報が関わるべき「IR活動」とは?メリット・具体例・注意点をまとめて紹介

フィードバック書き出しイメージ写真

このうち、3つ目の任意開示では、戦略的広報の視点で株主・投資家に向けて発表する情報を選定します。 任意開示については、プレスリリースと任意開示とを全件一致させている企業もあれば、キャンペーンやイベントなどtoC向けのプロモーション情報は出さない企業もあるなど、各社それぞれに基準が設けられています。 そのため広報は、重要な情報にきちんと注目してもらえるよう、IRと連携して発信頻度や内容を決めていきましょう。

3.決算発表資料の広報チェック

決算発表とは、3ヵ月に1度おこなう上場企業の情報公開制度の1つ。 会社の現状に関するファクトやトピックス、その背景などの情報 を投資家やメディアに向けて説明します。この際に使用される決算発表資料は、広報視点でダブルチェックをおこなうことが重要なのです。

決算発表資料の広報チェックイメージ

4.決算発表会をおこなう場合の各種準備

決算発表会は、株主や投資家が出席する場なので、発表内容だけでなく、TPOに合わせた参加者の服装や身だしなみの統一、会場の整備、場合によっては受付対応なども必要です。また、現在(20年9月)ではソーシャルディスタンスの確保など、 感染症対策が十分に行われているかどうかのチェック も欠かせないポイントとなります。

5.社内への情報共有と発信可否のアナウンス

社内への丁寧なコミュニケーションも広報の重要な仕事。情報開示の事実を共有すると共に、内容については最低限にとどめ、「開示日時である○月○日の○時まで、SNSなどでの発言はしないでください」など、具体的な指示を行いましょう。

広報がIR活動に関わるときの注意点

1.有事の連携は、日常的な情報交換から生まれる

広報とIRは、 普段から密に情報共有ができているのが理想の形 です。2週に1回、月に1回など頻度を決めて、互いに社外からの声を共有する場を設けるのも良いでしょう。

2.適時開示の時間は厳守

ここでは、認識の齟齬が発生しないように注意する必要があります。例えば、業績に影響を与える適時開示や決算発表でも、日時はあらかじめ決定しているものです。社内外共に多くのステークホルダーとコミュニケーションをとる立場ですから、誤った情報を伝達しないことが非常に重要であり、特に時間厳守は大原則になります。

3.重要な発表の場合は、開示の事実のみ共有

事前にメディアにリークすることは厳禁_バツマーク手持ちイメージ

4.中途半端な対応はせず、IRに引き継ぐ

5.組織内コミュニケーションは広報が先頭に立って実施

IR活動の実施には広報との連携が不可欠

IR活動に関するQ&A

IR活動の概要は? 機関投資家や個人投資家に向けて、投資判断に必要な情報を提供するのがIR活動です。企業の経営や財務状況を共有するだけでなく、企業説明会を開いたり、経営戦略のマニュアルレポートを作成・公表したりすることも、IR活動の業務の一環といえます。 IR活動を行うメリットとは? IR活動では、投資家から助言として有益なフィードバックを獲得できるのが大きなメリットです。適切に情報を発信することで、株価が変動する度合い(ボラティリティ)を最小化できるのも魅力のひとつ。広報活動がしづらい企業の場合は、IR活動が広報の機会となり、ファンの形成につながるケースもあります。 広報とIRは何が違う? ボラティリティって何 広報・IRともにステークホルダーに向けて行う活動ですが、情報の提供先に違いがあります。広報担当者がメディア関係者を対象としているのに対し、IR活動で発信先となるのは株主・投資家です。情報を提供する先が変われば、担当者に必要な知識も異なります。 IR活動に広報担当者が関わることはある? まったく別の業務として進行するのではなく、広報・IRを連携する意識が重要です。例えば、決算発表会の各種準備を行ったり、IR発表後の問い合わせに備えて回答体制を整えたりといった業務は、広報担当が担うケースもあります。IR活動で使う決算発表資料などの書類をチェックすることも、重要な作業のひとつといえるでしょう。 広報がIR活動に関わるときの注意点とは? スムーズな連携を維持するためには、日常的に情報を共有することが大切です。適時開示の時間は厳守し、複数名で担当する場合は、メール・書類など確実に共有できる伝達方法にも注意しましょう。また、広報チームのみで投資家への回答を提示するのは適切といえません。中途半端な内容ではトラブルの原因になり得るため、IRに引き継いで正確な情報を提供することも重要です。

PR TIMESのご利用を希望される方は、以下より企業登録申請をお願いいたします。 登録申請方法と料金プランをあわせてご確認ください。

このシリーズの記事

最初から読む 【ベンチャー企業の広報の始め方】ベンチャーならではの特徴・広報活動の具体例とは?

投資をはじめるならボラティリティを理解しておこう

投資をはじめるならボラティリティを理解しておこう

ボラティリティは、株式投資やFXで 勝つため に非常に重要な項目ですが、 しっかり理解している方は意外と少ないのではないでしょうか?

ボラティリティとは

株価や為替の 値動きが大きい とボラティリティは高いということになり、逆に株価や為替の 値動きが小さい とボラティリティは低いということです。

投資をはじめるならボラティリティを理解しておこう

ボラティリティを計算するには…

パソコンを使ってデータ分析をしている人


ボラティリティは以下の計算式で計算することができます。

  • 当日の高値-当日の安値
  • 当日の高値-前日の終値
  • 前日の終値-当日の安値

一般的に、ボラティリティは、 5%以上 になると高いと判断されます。

ボラティリティが高い場合の投資手法

  • スキャルピング
  • デイトレード

スキャルピング

スキャルピングとは、 小さな利益を何度も積み重ねていく取引手法 のことをいいます。

投資をはじめるならボラティリティを理解しておこう

デイトレード

デイトレードとは、 1日で取引を完結させる取引手法 のことをいいます。

投資をはじめるならボラティリティを理解しておこう

ボラティリティが低い場合の取引手法

  • スイングトレード
  • 配当狙いのトレード

スイングトレード

投資をはじめるならボラティリティを理解しておこう

配当狙いのトレード

ボラティリティは投資対象によって特徴がある

株のテキストを見る男性


ボラティリティは投資対象によって特徴があります。

ボラティリティを知らないと株式投資やFXで 大きな損失を被ってしまう ボラティリティって何 可能性があるのです。

投資をはじめるならボラティリティを理解しておこう

ボラティリティの注意点

  • トレンドを表すものではない
  • 株価が低い銘柄はボラティリティが高くなりやすい

トレンドを表すものではない

株価が低い銘柄はボラティリティが高くなりやすい

投資をはじめるならボラティリティを理解しておこう

投資セミナーで知識を深めよう

セミナーを真剣に受講する人たち


この記事を読んで株式投資やFXに興味が出た方もいらっしゃると思います。

投資をはじめるならボラティリティを理解しておこう

ボラティリティについて知っているか知らないかは、 投資成果に大きな影響を与える ことでしょう。

ボラティリティを知っているだけで 正しい投資戦略 を選ぶこともできるので、ボラティリティについてしっかり理解していただければ幸いです。

株式投資をはじめたいけど、どんな銘柄を買ったら良いのか、いつ売買するのが良いのか?リスク管理はどうするべきか?
一人でお悩みであれば、証券会社や投資スクールが主催の投資セミナーへの参加をご検討下さい。 多くの投資家が投資セミナーで疑問を解決しています。 優良なセミナーを受講すると投資の本質を知ることができ、投資家として成長が期待できます。

予測不能な時代「VUCA(ブーカ)」ってなに?

VUCAは「Volatility(ボラティリティ:変動性)」「Uncertainty(アンサートゥンティ:不確実性)」「Complexity(コムプレクシティ:複雑性)」「Ambiguity(アムビギュイティ:曖昧性)」の頭文字を並べたもの。もとは冷戦後より戦略が複雑化した状態を示す軍事用語であったが、2010年ごろより、「VUCAワールド」「VUCA時代」のようにビジネスでも用いられるようになった。

●「VUCA」時代、企業に求められているものは
VUCA時代、企業には人材マネジメントの刷新やステークホルダーへの積極的な情報発信が求められる。

・日本型人材マネジメントからの脱却
いわゆる日本型の雇用システムを継続している企業の成功は今後難しくなってくるだろう。組織の根幹を担うのは人材だ。

・ステークホルダーに対する積極的な情報発信と対話
VUCA時代に企業の競争力を向上させるために、これからの経営戦略の中心は人材戦略となることをステークホルダーに理解してもらう必要がある。

「VUCA」に対応する4つの組織づくりのポイント

(1)「VUCA」の情報収集と分析
まずは自社にとって何がVUCAの要素となっているのかを知り、それら不安定要素に関する情報を収集する。

・Volatility(変動性)に関する情報とは
IT技術の進歩によって新規市場が生まれたSNS等、変動性の高いサービスによってマーケティングの手法が変わるといった変化が、経営に大きな影響をおよぼす可能性がある。新規ビジネスが生まれては消えるVUCA時代、変わりゆく技術やサービスに関する情報収集を怠ることはできない。

・Uncertainty(不確実性)に関する情報とは
大規模な自然災害、人口動態は予測できない経営におけるリスク(不確実性)である。東日本大震災のような大規模な自然災害が起こった際にどのような影響が考えられるのか、停電等が発生した際の体制をどうするのか、過去の事例から学ぶ必要があるだろう。

・Complexity(複雑性)に関する情報とは
ビジネスの推進を阻害する複雑な情勢を紐解くための情報収集も欠かせない。ビジネスのグローバル化が進む今、国内の政治・経済の動向をチェックしているだけではビジネスを拡大できない。

・Ambiguity(曖昧性)に関する情報とは
曖昧性の事例として、消費者の価値観が挙げられる。以前はマスメディアが主導してブームを作り上げ、消費者を意図的に誘導するようなマーケティングも可能だった。現在では、インターネットの登場によって消費者の意識が多方に分散し、消費者それぞれが独自の価値観を持ち、消費活動にも影響を与えている。

(2)「VUCA」に対応できる施策を立案する
VUCAに関する情報を収集し分析を行うと、自社が行うべき対策が見えてくる。VUCA時代に対応すべく、不確定要素に対する施策を立案しよう。収集した情報と分析結果を社内全体で共有し、経営陣だけでなく従業員とともに具体的な施策を考えよう。

(3)日常的に施策を実行する ボラティリティって何
立案した施策は、日常的に実行することが大切だ。よりリスクが高まったときや実際に問題が生じたときのみ施策を実行するのでは、施策が適切かどうかわからない。

(4)定期的に「VUCA」について考える
情報の収集・分析、施策立案を1度行っただけではVUCAに対する意識は根付かない。日々変化する状況に対応できる人材を増やし、競争力を高めるためにも、VUCAに関する会議や勉強会を開くなどしてVUCAについて定期的に考える機会を設けよう。

「VOO」って何だろう?
経費率の低い商品を選ぶことも方法の一つです

バンガード/「VOO」って何だろう?バンガード/「VOO」って何だろう?

※1 直近の目論見書に記載されているバンガードETFの経費率です。ミューチュアルファンドとETFとの間には大きな違いがあります。ETFはミューチュアルファンドと異なり、流通市場において終日にわたって絶えず値付けされ、証券ブローカーの仲介によって、基準価額にプレミアム/ディスカウントを加えて売買されます。この仲介に対しては手数料が支払われます。出所:Lipper, a Thomson Reuters Company、およびVanguard、2017年12月31日

関連ページ

投資入門シリーズ

ご留意事項

  • 本資料は情報提供のみを目的としたものであり、掲載された情報や表明された意見は金融商品の売買を提案もしくは勧誘するものではなく、証券投資に関するアドバイスを提供もしくはアドバイス提供サービスの勧誘を行うものでもなく、また前述のいかなる用途への利用も認められません。
  • 本資料は、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は市場金利の変動等を受けて変動するため、 株・債券の価格が下落し、損失を被ることがあります。株・債券の価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」や「為替変動リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」、「流動性リスク」などがあります。
  • 「Vanguard」(日本語での「バンガード」を含む)、「Vanguard ETF」、「Vanguard ETFs」および帆船を模したロゴは、「The Vanguard Group, Inc.」の商標です。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第146号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる