FX取引の仕組み

サポート水準

サポート水準
事前質問登録方法 サポート水準
説明会では事前にいただいた質問に対して回答します。令和4年4月5日(火)正午までに上記「お問い合わせ先」にメールにて質問をご連絡ください。件名は「【事前質問】ワクチン開発のための世界トップレベル研究開発拠点の形成事業(機関名・質問者名)」としてください。
※いただいたすべてのご質問に対して回答できない場合がございますので予めご了承ください。

GUI レベルのテストのサポート

従来のクライアント/サーバー アーキテクチャを実装するアプリケーションがあることを仮定します。 クライアント アプリケーションの複数のインスタンスがサーバーに同時にアクセスした場合に、どのようになるかをテストします。 たとえば、従業員の勤務時間をサーバーに保存する、独自の時間管理システムなどが考えられます。ただし、アプリケーションがクライアントとサーバー間の通信に特殊なプロトコルを使用しているため、既存の Silk Performer のアプリケーションの種類は、テストに使用できません。そのような場合は、GUI レベルのテストを使用する場合があります。 サポート水準 サポート水準 GUI レベルのテストを使用すると、サーバーに過負荷をかけることなくサーバーに同時にアクセスし、時間追跡システムを使用できる従業員の数を判断できます。

GUI レベルのテストの動作

以下の図に示すように、プロセスは Silk Performer コントローラで開始されます。 負荷 テストを開始すると、 Silk Performer コントローラは、 Microsoft Windows Server オペレーティング システムで実行されるエージェントに接続し、 (以前の) を実行します。 Silk Performer エージェントによってランタイムが作成され、ランタイム内で仮想ユーザーが作成されます。各仮想ユーザーは、エージェント マシン上で新しいセッションを作成し、このセッション内で Silk Test を開始します。 Silk Test は、アプリケーションで以前に記録されたステップを実行します。つまり、 Silk Test がアプリケーションを駆動します。 仮想ユーザーがレスポンス時間を測定する間、アプリケーションはサーバーにアクセスし、負荷を発生させます。

マシン上または単一セッションで、アプリケーションの複数のインスタンスを実行できない場合があります。そのため、各仮想ユーザーが、エージェント マシン上で新しいセッションを作成します。このアプローチでは、 Silk Performer はアプリケーションの複数のインスタンスを作成します。これらすべてがテスト対象のシステムに同時にアクセスします。

GUI レベルのテスト環境の設定

  1. いずれかの Microsoft Windows Server Edition がインストールされている、最低 1 台のエージェント マシンを設定します。
  2. マシンに Silk Performer エージェントをインストールします。
  3. Silk Test をインストールします。
  4. クライアント アプリケーションをインストールします。
  5. Silk Test を使用して、アプリケーションを使用した 1 つ以上のテスト ケースをモデル化します。
  6. Silk Test プロジェクトを使用する Silk Performer GUI レベルのテスト プロジェクトを作成し、テスト対象のシステムに対する定義済みテスト ケースを実行します。

これらすべてのステップを実行すると、 Silk Performer で 負荷 テストを開始できるようになります。

注: 次の Silk Test クライアントを GUI レベルのテストで使用できます: Silk Test Classic 、 Silk4J 、および Silk4NET 。GUI レベルのテストとして Silk4J と Silk4NET を使用する場合、すべての要件が一致することを確認します。詳細については 「 Silk4J と Silk4NET を使用した GUI レベルのテストの要件」 を参照してください。

と呼ばれるのはなぜですか?

Silk Test は、グラフィカル ユーザー インターフェイス (つまり、GUI レベル) で直接テストを実行します。このアプローチでは、エージェント マシンのいずれかのセッションに接続している場合、たとえば、マウスのクリックやキーボード入力など、 Silk Test が記録したテスト ステップをどのように実行するかを監視できます。

GUI レベルのテストの関数

Silk Performer が提供する BDL 関数の詳細については、『 Silk Performer BDL Function Reference』(英語) を参照してください。

注: GUI レベルのテストは、Windows Server Edition のプラットフォームでのみ利用できます。Windows Home Edition または Professional Edition は、GUI レベルのテストにおける 1 仮想ユーザーのエージェントとしてのみ使用できます。

単一セッションの GUI レベルのテスト

Google Chrome 、 Mozilla Firefox を使用した Web アプリケーションに対するテストでは、 Silk Performer はすべての仮想ユーザーを単一の Windows セッションで実行することができます。このメリットとして、リモート デスクトップ ライセンスが不要なこと、仮想ユーザーごとのリソース消費が従来の GUI レベルのテストでのアプローチと比較して大幅に低いことが上げられます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる