内部者取引

仮想通貨と電子マネーの違いはなに

仮想通貨と電子マネーの違いはなに

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

電子マネーは仮想通貨の一種です。 ただし、 質問者様の仰っている「仮想通貨」とは、 多分「暗号通貨(暗号資産)」の事だと思いますけど、 この場合は、全く違うものです。 「仮想通貨」とは、 政府や国家が価値を保証していないけど 通貨として価値があり、流通されている物全般の事を言います。 通貨と同じように仮想して使われるもの全般の事。 仮想通貨と電子マネーの違いはなに (株券、証券、クーポン券など有価証券などが含まれます) 「電子マネー」は、 仮想通貨の一種で「デジタル通貨」の一種。 企業が事業主体となり、その価値を保証している「決済手段」の事。 預り金方式や、クレジットカードや預金口座引き落とし、 他の決済への付け回し方式など様々な形態があります。 「暗号資産」は、 主にネットの世界での決済に使われる、主体が存在しない、 使用も保存も自己責任の決済手段。 本来は任意の一つのコミュニティ内での使用するものでしたが、 それがコミュニティ外や実際の現実社会でも 汎用されるようになったものの事を指します。 全く持ち主の意思だけで任意に存在するものですから、 他の仮想通貨である株券や先物取引などと違い 実体経済に何の結びつきも無く、 持ち主たちの意思だけで任意に価値が乱高下する事から、 ハイリスクハイリターンの投資物件として人気が出ました。

その他の回答

電子マネーに仮想通貨が含まれる。 電子マネー:通貨を電子化したモノ。 もとから電子化されている仮想通貨。 「電子マネー」のカテゴリに入る。 一般的に通貨と呼ばれるモノ:仮想通貨と電子マネーの違いはなに 法定通貨。 法定通貨:国が価値を認めた通貨。 価値の裏付け(担保)は、その国の「信用」。 仮想通貨:ざっくりといえば、3パターン。 1.ビットコイン 価値をみんなが決める。 価値の裏付けは、ブロックチェーン技術。 2.他の通貨 プロジェクトやシステム利用に必要なもの。 価値の裏付けは、ブロックチェーン技術などの技術+プロジェクトやシステム。 3.Facebookのリブラのような通貨(ステーブルコイン) 価値の裏付けは、円やドル、原油や金。 価値の裏付けはそれぞれ違うが、通貨。

定義は微妙になっているけど‥ そもそも、名前が悪い。 仮想通貨は、後ろ盾が何もない。大多数での利用(流通)をもとに、価値を作り出すのが、理想 使えるイコール価値がある。 昔からの電子マネーは、幹事会社が、通貨をもとにした価値を保証している。

▼Bitcoinと電子マネー、どの部分が異なるのか

ビットコインと電子マネーの大きな違いは、”法定通貨に依存しているか否か”です。
電子マネーは、あくまでも従来からある法定通貨、「円」や「ドル」に依存して成り立っています。
例えば、電車のIC定期券などは、「円」をIC定期券にチャージ(入金)することで、支払い機能を持つものとして使えるようになります。
これに対してビットコインは、「通貨」と認められてこそいませんが、「仮想通貨」として円やドルに依存せずに成り立つものです。
ビットコインの信用はネットワーク参加者全体で相互に形成され、多くの人がビットコインが価値のあるものだと信じれば、それだけ価値が上がり、無いものとみなせば価値が下がります。
同じ支払い機能を持つ同士でも、ビットコインは電子マネーの利便性と仮想通貨としての独自性を併せ持っているということになります。

▼ビットコインが電子マネーにとってかわる可能性

ビットコインが電子マネーに取って代わるには、電子マネーを上回る利便性を確保する必要があります。
電子マネーの一種として登場した「おサイフケータイ」を例に挙げます。
おサイフケータイはスマートフォンの普及とともに利用者が減少し、現在では携帯電話で支払いを行っている人よりも、電子マネーカードで支払いを行う人の数の方が多くなっています。
このことから、一時的に注目を集めたとしても、中長期的に利便性が確保されなくなれば、ビットコインも廃れてしまう可能性があるとわかります。
ただし、ビットコインはまだまだ普及が始まったばかりです。
時代の変化に対応しながら進化することで、長期的には円やドルといった通貨をしのぐ流通量になることもあり得ます。
円やドルといった既存の通貨は通用する国や地域が限られていますが、ビットコインは国境を超えての使用が可能で、海外から物を買う際の為替手数料を支払う必要もなく、支払いに掛かる手間も時間も短縮できるといったメリットがあります。

▼電子マネー市場は拡大している

ビットコインが電子マネーを代替するためには、電子マネー市場自体が拡大する必要があります。大きな市場であればあるほど、代替する価値が大きいからです。
そこで、電子マネー市場の現状について整理します。
電子マネー市場は年々拡大しています。
これは、各種電子デバイスの普及などもあり多くの物事が手軽に行えるようになったため、現金を持ち歩いたり、支払いの際に細かな現金を数えたりする手間を短縮する人が増えたことが背景にあります。
また、従来からあったポイントサービスを電子マネーにすることで、小売店なども顧客1人がレジを通過するのにかかる時間を短縮できるメリットもあります。
加えて、電子マネーの普及を進めれば、顧客の膨大な購買データを分析し、マーケティングに生かすこともできます。
電子マネー決済額は、同じく現金を扱う必要のない決済手段であるクレジットカードを上回るペースで伸びています。
電子マネーの多くはチャージできる金額に上限があることなどから、比較的少額の支払いに使われるケースが多くなり、その結果、クレジットカードと比べて決済額は見劣りします。
しかし、今後も高い伸び率が予想されていることから、電子マネーが主要な決済手段となる可能性も否定できないのです。
参考:電子マネー決済、2017年には7兆円規模に

▼ビットコインの普及は進んでいるのか

では、ビットコインはどの程度普及が進んでいるのでしょうか。
日本ではまだビットコインを利用した決済が普及しているとは言い難い状況です。
しかし、アメリカ合衆国では、すでにデルやエクスペディアなどが、ビットコインによる支払いを認めています。
ビットコインは手数料が安いことから、財やサービスの販売者側としてもメリットがあるようです。
こうしたメリットが日本でも認識され、かつビットコインに対する信頼度が高まれば、ビットコインの普及が急速に進むことが期待されます。

▼ビットコインが電子マネーを代替するための条件

ビットコインが普及し、電子マネーを代替する日は来るのでしょうか。
代替するにあたって求められる条件をチェックします。
まず、ビットコインが電子マネーよりも便利な存在になる必要があります。
この点については、電子マネーの弱点である「高額決済にあまり使われない」という点を突くことができれば、ビットコインに軍配が上がるのではないでしょうか。
実際、電子マネー決済額とともに、クレジットカードによる決済も増えています。
これは、オンラインショッピングを利用する人が増えていることなどが背景にあります。
そこで、銀行預金から引き落とされるクレジットカードのように、ビットコイン口座から自動的にビットコインを引き落とすサービスが一般化すれば、電子マネーを押しのけてビットコインが幅広く普及する可能性が高まります。
また、ビットコインに対する信頼度を高めることも必要です。
電子マネーが信任されやすい理由として、実際に「円」といった通貨を入金することが挙げられます。
電子マネーを信じているというよりは、「円」という通貨を信じているからこそ、電子マネーを安心して使えるのではないでしょうか。
現時点では、「ビットコイン」と「円」のどちらを信用するかといえば、「円」と答える人がほとんどかと思います。
これを「ビットコイン」と答える人の割合を増やすためには、やはりビットコインが「通貨」と認められる必要があります。国の対応を待つだけではなく、金融機関などがビットコイン関連の制度設計に積極的に貢献し、早い段階でビットコインを「モノ」から「通貨」へと格上げすることがビットコイン普及の条件ではないでしょうか。

そもそもお金って何なの?~電子マネーと仮想通貨と銀行預金の違い~

10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられたのと同時に「ポイント還元」が始まりました。現金で買い物をしても、これでおトクになることはありません。クレジットカードや電子マネーなど、「キャッシュレス決済」への関心が急速に高まっています。
私、松田 学は、お金を扱う役所である財務省に長年勤めたあと、衆議院議員として国政に参画し、その後、東京大学で情報技術に関する政策の研究をしていました。こうした経験も活かしながら、現在は「未来社会プロデューサー」を名乗り、ブロックチェーンなども含めた最先端技術を活用して次の社会を切り拓く活動をしています。
これに関するいくつかの著作もありますが、2019年春に出版した「いま知っておきたい『みらいのお金』の話」(アスコム)では、いまはビットコインで知られる仮想通貨(暗号資産)が、技術革新でより信頼できるお金へと進化していくことで、ひとり一人が希望を持てる世の中が実現することを訴えています。
今回から、この「みらいのお金と経済」で、お金に関する話題をわかりやすくお話ししていきたいと思います。

そもそもキャッシュレスとは?

10月から始まったキャッシュレスポイント還元とは


2019年10月からの9か月の間ですが、お買い物をするときに何を買うか、どのお店で買うかによって、消費税率は事実上、10%、8%、6%、5%、3%と5段階に分かれます。ずいぶんと複雑にみえますが、政府が今回の増税で国民負担の増加をできるだけ回避し、景気に悪影響を与えないよう、消費者に対していろいろな配慮をした結果、こうなりました。
一つは食料品などに対する軽減税率。その多くが8%に据え置かれます。これは今後も継続しますが、もう一つが、来年6月末までの時限措置として導入されたポイント還元です。ポイント還元制度とは、消費増税を機に政府がキャッシュレス化を推進するために導入したもので、財源は政府が負担しています。
中小の店舗で、クレカ(クレジットカード)仮想通貨と電子マネーの違いはなに や電子マネーなどキャッシュレス決済で支払いをすると、原則として購入額の5%分がポイントで還元されます。コンビニや外食チェーン、ガソリンスタンドなどの大手チェーンのフランチャイズ店舗の場合は、購入額の2%分です。ポイントの付与ではなく、値引きで対応している店舗もあります。
ですから、軽減税率8%の対象となる食品を、5%分ポイント還元されるお店で買えば、消費税の負担は8-5=3%と、2014年以前の負担に戻ることになります。2%還元のお店で食品を買えば6%、ポイント還元ができる店舗以外で買えば、軽減税率の適用だけになりますから8%、食品以外の10%の消費税がかかるモノやサービスを5%還元、2%還元のお店で購入すれば、それぞれ5%と8%…つまり、税率は5つということになります。

政府がキャッシュレスを推進する理由


このポイント還元の恩典を受けるために必要なのがキャッシュレス決済。「どうも、アナログ世代には苦手、やっぱり現金が安心で便利」とおっしゃる方々も多数いらっしゃいますが、先日、私のご高齢の知人が、「PayPay(ペイペイ)のアプリを入れました、とても便利です」と言いながら、スマホでレストランの支払を嬉しそうに済ませていました。慣れれば簡単…。
かつてはキャッシュレスといえばクレカでしたが、最近では、スマホ決済ではPayPayのほかにもLINEPay(ラインペイ)などもありますし、カード型も楽天Edyやsuicaなど、さまざまな「電子マネー」が使われるようになっています。クレカと一体型の電子マネーもあります。
現金の場合、どこでも誰にでも渡せるメリットはありますが、多いとかさばりますし、紛失や盗難や破損の危険に対しては物理的にしか守る方法がありません。これに対し、電子マネーは、対応している店舗(相手)仮想通貨と電子マネーの違いはなに にしか渡せませんが、スマホやカードを持つだけで、支払いはおつりなどの面倒もなくて簡単、機械が自動的に計算し、記録してくれます。保管はパスワードで守られ、スマホが壊れてもお金は残るなど、さまざまなメリットがあります。
しかし、クレカと電子マネーを合わせたキャッシュレス決済が家計の消費額に占める比率をみると、日本は2016年時点でたった19.8%。「たった」と言うのは、世界的にみれば、同年の韓国の96.4%を筆頭に、イギリスは68.7%、アメリカは46%、中国も概ね60%程度…と、日本はキャッシュレス後進国?というのが実態だからです。
特に来年は東京五輪の年。外国人にとってお金の支払いで必ずしも便利でないのが日本です。これをもっと便利にしておくことも「おもてなし」の上で望まれます。

キャッシュレスが浸透しない日本独自の事情


では、こんなに便利なキャッシュレスの比率が日本でこんなに低いのはなぜなのでしょうか。やや逆説的になりますが、日本がとても便利な国だからです。日本国内どこに行っても、たいていは銀行の支店やコンビニなどのATMがあります。ドル札や人民元などに比べても、日本の紙幣の印刷や貨幣の鋳造技術も世界最高水準。ニセ札の危険も少なく、日本は世界一、現金に対する国民の信頼が厚い国といえるかもしれません。
しかし、これはこれまでの社会の仕組みや技術を前提とした利便性であり信頼感だといえます。世の中が大きく変化するときは、金融や通貨をはじめ、さまざまな社会インフラの信頼性や安定性が高いことが、逆に、変化への対応を遅らせる原因にもなります。
中国で電子マネーが急速に普及したり、通信手段が未整備な途上国の人々にスマホや携帯電話が行き渡ったり、預金口座を持たない人が多い国で仮想通貨の普及が予想されているように、新しいサービスが先進国の歩みを飛び越えて一気に広まることを「リープフロッグ(蛙飛び)仮想通貨と電子マネーの違いはなに 現象」と言います。
特にIT分野で後れをとったと言われる日本では、社会の隅々まで電子化を図ることは国家的な課題です。ATMや現金の管理には、社会全体で大きなコストがかかっています。

暗号資産(仮想通貨)とは?注目される理由と仕組みを紹介

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

仮想通貨と電子マネーの違いはなに

国立情報学研究所 情報社会相関研究系 准教授/総合研究大学院大学 複合科学研究科 准教授

大河原克行

聞き手 大河原克行 OHKAWARA Katsuyuki

ジャーナリスト。1965年、東京都出身。IT 業界の専門紙の編集長を経て、2001年からフリーランスジャーナリストとして独立。25年以上にわたってIT 産業を中心に幅広く取材、執筆活動を続ける。現在、ビジネス誌、パソコン誌、ウェブ媒体などで活躍。

仮想通貨を取り巻くリスク

大河原 ビットコインを例にあげると、参加者全員が秘密鍵と公開鍵の2種類のペアになった鍵を持つという暗号技術によって取引が守られています。さらに、中央管理型の電子マネーとは異なり、「ブロックチェーン」(詳細はP6-7)という方式を用いることで、参加者全員の記録によって支払い情報の正しさを担保する仕組みとなっていますね。その点では、秘密鍵が壊れたり、失われたりしない限り、利用者自身が持つビットコインをしっかり確保できる環境ができている。Mt.Gox の場合も、取引所としてのセキュリティが確保され、社内からのアクセス管理が強固であれば、あのような事件は起こらなかったはずです。

img69-1.PNG

仮想通貨は普及するのか?

岡田 ビットコインの仕組みには一定の評価があり、ゆえに多くの研究者や企業が関心を払ってきたわけですが、その一方で、新たな技術に実際の動きが追随できていないという課題がありました。「ビットコインファウンデーション」がその役割を果たしてきましたが、より技術中立的な研究機関の登場が求められています。MIT が中立的な立場で中核技術の進化を支えるような形になれば、仮想通貨の技術研究をさらに発展させることになるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる