無料オンラインコース

スプレッド縮小

スプレッド縮小

Translation of "国債スプレッド" in English

Moreover, developments in credit spreads on スプレッド縮小 CP and corporate bonds indicate that the malfunctioning of these markets スプレッド縮小 スプレッド縮小 in Japan has been less pronounced than in the United States スプレッド縮小 スプレッド縮小 and Europe (Chart 7).

Financial environment The issuing environment of corporate bonds and CP continued to be favorable, as evidenced by the fact スプレッド縮小 that the yield differentials between corporate bonds or CP and Japanese government securities generally remained steady at low levels.

The yield differentials between JGBs and yen interest rate swaps, particularly in the medium-term スプレッド縮小 zone, also remained high.

However, the long-term prime lending rate rose for the second consecutive month because spreads between interest-bearing bank debentures and JGBs had been expanding.

However, the long-term prime lending rate had risen for the third consecutive month reflecting the widening of yield spreads between interest-bearing bank debentures and JGBs.

The yield differentials between JGBs and bank bonds as well as credit default swap rates for banks were also following a downward trend.

The spreads between bonds スプレッド縮小 issued by banks and JGBs were expanding further as market participants' スプレッド縮小 view of banks was becoming more severe.

The yield differentials between government bonds and corporate bonds, and the volatility of stock prices were, however, at low levels, and therefore investors' level of risk スプレッド縮小 aversion remained stable to date.

The yield differentials between corporate bonds and スプレッド縮小 JGBs in the secondary market continued to widen slightly, especially for bonds issued by firms with low credit ratings, reflecting the persistent スプレッド縮小 concerns about credit risk among market participants.

The yield differentials between CP or corporate bonds and JGBs remained virtually unchanged.The issuing environment of corporate bonds and CP continued to be favorable on the whole, especially for firms with high credit ratings.

CP issuance rates have declined to around 0.1 percent - equivalent to the interest rate applied to excess reserve balances at the Bank - and yield spreads between corporate bonds and JGBs have remained narrow on the whole.

In the corporate bond issuance market, some firms still seemed to be taking a wait-and-see attitude in view of the rise in long-term interest rates, but the yield differentials between corporate bonds and JGBs remained steady at low levels.

Meanwhile, credit spreads between government bonds and both corporate debt and bank debentures had on the whole not changed substantially, but in some cases they had スプレッド縮小 contracted reflecting a readiness among investors to take risks in the スプレッド縮小 スプレッド縮小 face of limited investment opportunities.

The yield spread between corporate bonds スプレッド縮小 スプレッド縮小 and government bonds showed signs of widening in the case of スプレッド縮小 corporate bonds with low credit ratings, but this expansion was seen as a correction to the recent contraction in the spread.Thus the impact of Sogo's failure could be considered to be limited.

Meanwhile, the spreads of the yields on Portuguese, Spanish, and Italian sovereign bonds vis-à-vis German bonds have risen, as has the Greek spread; this was partly owing to the decline to the record low level of the yield on German sovereign bonds (Chart 13).

In the corporate bond market, issuing conditions as a whole have also improved and become favorable again, with the credit spread on corporate bonds with a credit rating of "BBB or higher" narrowing to levels comparable to those seen before the failure of Lehman Brothers, and スプレッド縮小 スプレッド縮小 the amount of bond issuance in the first half of fiscal スプレッド縮小 2009 reaching a historical high (Chart 1).

We have recently seen some moves to tackle the nonperforming loan problem.Major banks have スプレッド縮小 スプレッド縮小 announced measures to raise capital, and narrowing of the spread between bank debentures and government bonds suggests that the markets have to some extent welcomed such measures.

As for indicators showing credit risk, credit spreads between corporate debts and government bonds had been generally unchanged and the Japan premium remained at around zero.However, spreads between U.S. Treasury securities and some preferred debentures issued by overseas affiliates スプレッド縮小 スプレッド縮小 of Japanese banks had widened.

These members said that market participants' view of banks' soundness was becoming extremely severe, pointing out (1) the recent pronounced fall in the prices of bank stocks, (2) the expansion in spreads between bonds issued by banks and JGBs, and (3) the further rise in credit default swap rates.

Examples are スプレッド縮小 used only to help you translate the word or expression searched スプレッド縮小 in various contexts. They are not selected or validated by us and can contain inappropriate terms or ideas. Please report examples to be edited or not to be displayed. Rude or colloquial translations are usually marked in red or orange.

デジタルPRとプレスリリース配信

お問い合わせ [email protected]受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

FXサービスの拡充に関するお知らせ ~業界最狭水準のスプレッド&ネット証券で初めて1通貨単位から取引可能に~

松井証券(https://www.matsui.co.jp/)は、FX (外国為替証拠金取引)サービスにおいて、全通貨ペアのスプレッドを業界最狭水準に縮小( *1) すると共に、主要ネット証券で初めて最低取引単位を 1通貨単位に引き下げ ます スプレッド縮小 ( *2)ので、お知らせします。

【全取扱通貨ペアのスプレッド縮小】

FX の取引スプレッドについて、まず、 2 月 1 日(月)(予定)より、全取扱通貨ペアのスプレッドを業界最狭水準に縮小するキャンペーンを開始します( *3) 。この度のキャンペーンでは、 9 : 00 ~ 25 : 00 の取引に限定し、米ドル / 円 0.2 銭をはじめとするスプレッド縮小を実施します。

また、キャンペーン終了後、 3 月 1 日(月)(予定)以降は、通常時の提示スプレッドを縮小し、全ての取引時間帯において業界最狭水準のスプレッドでお取引いただけるようになります。スプレッド縮小の概要は、次のとおりです。

<スプレッド縮小の概要>

※ 1 市場の急変時(天変地異やその他外部要因など突発的事象の発生時)、市場の流動性が低い時間帯(平日早朝、重要指標発表前後、クリスマス・年末年始など)には、スプレッドが拡大する場合があります。
※ 2 キャンペーン対象時間以外のスプレッドは、 1/29 までと同水準、適用時間は各営業日の 8 : 00 ~ 9 : 00 スプレッド縮小 、 25 : 00 ~翌 6 : 55 です。
※ 3 3 月 1日以降のスプレッドは現時点で予定している内容であり、今後変更する場合があります。

【最低取引単位の引き下げ・取扱通貨ペアの拡充】

現在、各取扱通貨ペアの最低取引単位は 1,000 通貨単位(ランド / 円、メキシコペソ / 円は スプレッド縮小 10,000 通貨単位)としておりますが、 2 月 22 日(月)(予定)より、主要ネット証券で初めて最低取引単位を 1 通貨単位に引き下げ ます。これにより、米ドル / 円やユーロ / 円であれば証拠金 5 円からお取引が可能となります( *4)。

また、同時に、現在取扱い中の 13 通貨ペアに加えて、新たに 7 通貨ペアの取扱いを開始 します。金融先物取引業協会が公表している店頭外国為替証拠金取引のデータをもとに、取引金額の多い通貨ペアの中から新たに右記の 7 つに対応し、今後は 20 通貨ペアをお取引いただけるようになります。各通貨ペアのスプレッド等の取引 条件については、確定次第当社 WEBサイトにてお知らせします。

当社の FX サービスは、 2019 年 4 月にパソコンおよびスマートフォンの取引チャネルを刷新し、 2020 年 7 月に全通貨ペアのスプレッド縮小を実施するなど、サービスレベルの向上に取り組んでまいりました。その結果、 2020 年の取引金額は 2019 年と比較して 3 倍超に増加するなど、多くのお客様にご利用いただいております。この度のサービス拡充を機に、今後もより多くのお客様に当社 FX サービスの利用を検討いただきたいと考えております。


*1 当社取扱通貨ペア(スイスフラン / 円、トルコリラ / 円を除く)について、 スプレッド縮小 FX サービスの取扱い業者 11 社( SBI 証券、 au カブコム証券、外為どっとコム、 GMO クリック証券、 DMM 証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、マネックス証券、マネーパートナーズ、楽天証券、 YJFX )の中央値と比較、 1 月 27 日時点、当社調べ。
*2 当社調べ、オンライン証券大手 5 社(当社、 SBI 証券、auカブコム証券、マネックス証券、楽天証券)と比較、 2021 年 1 月 27 日現在。
*3 キャンペーン期間は、 2021 年 2 月 1 日~ 2 月 26 日。キャンペーンの詳細は、当社 WEB サイトよりご確認ください。 ( https://www.matsui.co.jp/campaign/ )
*4 1 ドル 104 円、 1 ユーロ スプレッド縮小 125 円の場合。

・取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。
(個人口座)レバレッジコースに応じて、 4 %~ 100 %の間で設定した証拠金率
(法人口座)一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率

スプレッド縮小

メキシコペソ/円 スプレッド縮小キャンペーン

口座開設はこちら

※上記スプレッドの適用時間は、午前8:00 ~ 翌日午前3:00 スプレッド縮小 です。市場の流動性低下時(国内外の休日、主要経済指標の発表時、天災地変、その他突発的事象の発生時)などには、一時的にスプレッドを上記値より拡大する場合があります。実際の提示レートおよびスプレッドは、お取引画面よりご確認ください。

「FXダイレクトプラス」において、メキシコペソ/円のスプレッドを期間限定で 業界最狭水準の0.2銭 に縮小します。

新規口座開設プログラム

キャッシュバックキャンペーン

  • キャンペーンの内容は当社の都合により予告なく変更または終了する場合がありますのでご了承ください。
  • 名義貸しや成りすましなどの行為が判明した場合は、取引口座を閉鎖させていただきます。その場合はお持ちの建玉は当社の裁量にて反対売買させていただきます。 口座開設およびお取引は、必ず口座名義の方ご自身が行ってください。
  • 100年以上の歴史を有する金融グループ
  • 選ばれて19万口座(2020年6月)

セントラル短資FX株式会社
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番14号
URL:https://www.central-tanshifx.com
金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第278号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人日本投資顧問業協会

QualityFX プライバシー FC TOKYO


当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

スプレッド縮小

COPYRIGHT © OKASAN SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します

これより先は、株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します

これより先は、株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します

これより先は、株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

株塾のサイトへ移動します

これより先は、株塾のサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

株式・FX市場情報

★NY株式市場では、主要三指数は全てで続落する展開になった。寄り付きは上昇した。前日引け後に市場予想を上回る四半期決算を発表したセールスフォースが大幅高となり相場を押し上げ、また他のハイテク株にも買いが波及した。5月ISM製造業景況指数が予想外の上昇となったことで長期金利が上昇した。さらに、原油価格が再び上昇したことで連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な利上げへの警戒感が再び意識され、下げに転じた。取引終盤に向けて下げ幅を縮小させたが、下落のまま取引を終えた。一方、長期金利は、インフレ懸念や米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めへの警戒感が意識され、債券売りが広がった。5月米ISM製造業景気指数が予想を上回ったことも相場の重しになった。今後も米長期金利の動向には注意が必要となる。イールドスプレッドからは、米長期金利が大幅上昇したことで、三指数が続落したもののイールドスプレッドは全てで縮小した。そのため、イールドスプレッドの割高感が若干強まった。全般割高感が強まっていることから、上値追いよりも下押し調整的な動きに注意が必要である。イールドスプレッドでは、米長期金利の動向が重要なポイントになる。

世界的な経済成長による景気回復に連れたインフレ懸念が高まってきている。特に、米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めを急ぐタカ派姿勢を強まっていることから、米長期金利が上昇することでイールドスプレッドが縮小しやすく株価は売られやすい地合いになっている。そして、米国金利上昇は世界的な金利上昇を招くことになり、世界的な株価にとって、ネガティブな材料となりやすい。また、ウクライナ情勢の緊迫化が続くなか地政学リスクから株価が売られやすい。米国株のVIX指数は26.19から25.69へ低下した。VIX指数は低下したものの20台半ばで推移していることから、米国株は不安定な動きは継続しやすい。

NYダウの割高の目安は3.00%近辺、S&P500は3.00%割れ、ナスダックは1.5%以下が昨年からの割高の目安となっている。 一方で割安の目安では、イールドスプレッドがNYダウ:4.0%台、S&P500:3.8%~4.0%台、NASDAQ:2.3%~2.5%台で割安感からの反発となりやすい。割安感となるイールドスプレッドを大幅に上回っていることから、相場が落ち着くと戻りも大きくなりやすい。

米10年国債金利とNYダウ:2011/4/21以降の平均▲3.250%

・直近イールドスプレッド縮小:20/10/12-▲2.847%、 21/1/11-▲2.611%

21/10/21-▲2.758%、22/4/19-▲1.713%

(NYダウが割高・米国10年債割安の状態)

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲4.226%、19/8/5-▲4.102%、

20/2/28-▲4.541%、20/3/23-6.017%

(NYダウが割安・米国10年債割高の状態)

・5月31日:▲2.159%⇒6月1日:予想▲2.124%(前日比で縮小:割高)

6月1日のNYダウは続落した一方で、米長期金利が大幅上昇したことでイールドスプレッドは前日比で縮小(米国10年債金利に対して米国株は前日比で割高)した。平均値の▲3.250%から▲1.126%平均値より上方かい離したことで割高になった。19年1月3日の大底▲4.226%から▲2.102%下回った。19年8月5日の大底▲4.102%を▲1.978%下回った。20年2月28日の大底▲4.541%から▲2.417%下回った。20年3月23日の6.017%から▲3.893%下回った。NYダウは、好決算を発表したセールスフォースが大幅高となり上昇してスタートしたものの、5月ISM製造業購買担当者景気指数 (PMI) が予想を上回る強い結果となり米10年債利回りが2.9%台に上昇したことや、JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOが景気の先行きに懸念を示したことが嫌気され売りが強まった。NYダウは朝方に282ドル高まで上昇後、405ドル安まで反落。終値では176.89ドル安(-0.54%)の 32813.23ドルで終了した。

米10年国債金利とS&P500:11/4/21以降の平均▲2.775%

・直近イールドスプレッド縮小: 20/10/12-▲2.664%、20/12/08-▲2.666%

21/1/11-▲2.320%、22/4/19-▲1.989%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲3.869%、19/8/5-▲4.002%、

19/8/15-▲4.179%、20/2/28-4.499%

20/3/23-▲6.222%

・5月31日:▲2.505%⇒6月1日:予想▲2.483%(前日比で縮小:割高)

米10年国債金利とNASDAQ:11/4/21以降の平均▲1.748%

・直近イールドスプレッド縮小:21/1/11-1.066%、21/2/16-1.144%

21/11/23-1.299%、22/4/19-0.513%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲2.179%、19/8/15-▲2.383%、

19/8/15-▲2.498%、 20/3/16-▲4.094%

・5月31日:▲0.953%⇒6月1日予想▲0.917%(前日比で縮小:割高)

※PERの発表が時間的に遅行することから、前営業日の数値を使って当日終了時の予想を算定している。

※毎日イールドスプレッドを掲載していますので、米国株式市場の買われ過ぎ・売られ過ぎなど過熱感の目安としてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる