テクニカル分析

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメント
フィボあて方

フィボナッチリトレースメントはなぜトレードの根拠と成り得るのか

【 フィボナッチリトレースメントって知ってた? 】
知り合いの弁護士先生から言わせると 『 FXてそんなもんを使うんですか? 』 との事です。
勉強をする方ってのはその過程に出てくるもんなんですかね。
因みにA兄さんはFXを始めるまで知りませんでした。
勉強してきても出てきませんでしたよ?
勉強してきてないってことなのかもね。
要約するとフィボナッチ数列を用いて反発点や反落点を予測可能な範囲で見出そうとするものです。
フィボナッチ数列は算出するための数式がありますがそれは割愛。
だってむつかしいですもん。説明出来ません。
過程が知りたい方は調べると計算式出ます。
ネット社会は便利ですね。
数字で表すと 61.838.2 が代表とされます。
61.8 + 38.2 = 100です。

【 フィボナッチリトレースメントてどんな時に使うの? 】
フィボナッチリトレースメントはチャート上で値が山場( 谷間 )を迎えた時、 そこからどこまで返るのか を考える時に使います。
正直な話、初期の頃はフィボナッチという手法を怪しんでました。
だって、 61.8%で返る とか、 38.2%だから、ってそんなの根拠としてありえますか、って話。
でも、この数字が大きな意味を持つのではなく、 この数字が大きな意味を持つと 定義した と思うと一気に理解できる事象になることに気づきました。

【 フィボナッチリトレースメントの数値って何かに使われているの? 】
この数値がすごく大事な意味を持って算出されているかには注目してないです。
注目はこの数値だから注目しよう、という目線の 『 側の転換 』 です。
【 だからこの数値ってなにかに使われているの? 】
フィボナッチの数字は『 黄金比 』です。
1:1.618。
この対比が目に美しく映るとされています。
ピラミッド、ピサの斜塔、モナリザの肖像画、はがきの縦横の構成比、かたつむりの殻、山菜であるぜんまいの巻き方、などがその構成だと言われています。

【 つまりどういうこと? 】
この構成比としての数字が大事だというのではなく、 フィボナッチリトレースメント この数字が大事なんだよ? という お約束が大事 なんだと思っています。
このトレードツールがメインツールとなることで市場の多くの目線はこの61.8%と38.2%に注目することになります。

【 具体的にどう使えばいいの? 】
繰り返しになりますが、そもそも61.8やら38.2やら言われてもピンときません。
ケーキ38.2%ずつ分けよーぜー。
なんのこっちゃ分かりません。
でも、約約2/3ずつわけよーぜーと考えるとなんとなく分かる気がしますよね。
2/3も使っちゃったなーとか、1/3食べたからもうやめておこー。とか。
これならなんだか分かります。
つまり、値の動きを見て ここまできたから反転( 反落 )するんじゃないか。 という目安になります。
そして、その目線が多くなることでこのフィボナッチがより強固なトレードツールとなるわけです。

【 よーし! これで今日から勝ちだね! 】
まぁそんなに甘くもないんですね。
相場にはダマシ等もあります。
そこが着目ポイントなのであれば、仕掛けを用意することも可能です。
何よりもそこがフィボナッチを作るための始点で合ってるのか、という最大の問題もあります。
でも、始点として上手いところに引けた時、そのフィボナッチはとても機能していることに気づくと思います。
つまりそこは 市場が注目しているポイント だということ。
同じ目線で使用するツールとして ホリゾンタルライン もありますがこれは別機会に。

【 その他大勢目線が有効となる 】
これはなんでもそうですね。
トレードにおいては注目点であろうが仕掛け点であろうが大勢が『 そこ 』を見ていることが前提条件となります。
だからこそ素直に動き、仕掛けにはまる。
稼ぎやすく、そして騙される。
伸ばせるところは利を伸ばし、逆行したらなるべく早く損切をする。
全てを包括して考えられるスタイルで構えることが必要となります。

ユーロドルの1時間足に2つのフィボナッチを引く

▼ユーロドル1時間足(クリックで拡大します)

フィボナッチが重なる(又は近い)場所を四角形で囲む

▼ユーロドル1時間足(クリックで拡大します)

短期足を表示すると、四角形で囲んだ抵抗ゾーンがサポレジとして機能しているのが分かります。

短期足で抵抗ゾーンを活用してトレードで狙う場所を決める

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)

FX侍です、こんにちは。 今回は数あるラウンドナンバーのインジケーターの中で最もお勧め「Grid Round Numbers」を紹介します。 ▼ユーロドル日足(クリックで拡大します) フィボナッチリトレースメント Grid フィボナッチリトレースメント Round Numbersはラウンドナンバー(キリ番)に水平線を引いてくれ.

ドル円の事例

ドル円の4時間足に2つのフィボナッチを引く

▼ドル円4時間足(クリックで拡大します)

抵抗ゾーンを記入した短期足

▼ドル円30分足(クリックで拡大します)

フィボナッチを押し戻りの目安として1つしか使わない人も多いですが、2つ使うことで抵抗が重なる強いゾーンが可視化できるようになります。

フィボナッチ以外にも、 ラウンドナンバーやレンジ、ボリバン、MA など抵抗となる場所は様々あります。

FX侍です、こんにちは。 あなたは何個のエントリー根拠が揃ったらトレードしてますか? この質問に明確な答えを持っている方は、今回の記事は読まなくてもOKです。 逆にエントリー根拠の基準を持っておらず、イマイチ成績が伸びない方は必見です。 FX侍的にはトレードの際はエント.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる