投資助言

フィボナッチリトレースメントの手法と引き方

フィボナッチリトレースメントの手法と引き方
出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

これまでにない画期的なFX手法を伝授!

フィボナッチと言うと、「どこからどこまで引いていいの?」、「よく引き方が分からない」、「どこからエントリーしたらいいの?」とよくお困りの方もいると思うのでまずは基本的なことからお話したいと思います。
フィボナッチとは黄金比の事です。万物のものはこの値で形成されていると言われています。
これを100年前くらいに相場の世界に当てはめた人がいて、近年でもよく使われているトレーディング手法になっています。

基本的な使い方ですが、上図のようにある辺に対して、頂点から起点まで引いてみます。
すると、23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%、100%という比率が出てきます。 これがまず出来るようになれば誰でもフィボナッチを使えるようになります。

もっとフィボナッチの効果を高めるために、上図のように前回の高値に水平線を引いてみました。このポイントは半値押しの50%押しのポイントでもあります。
こういった前回の高値とフィボナッチなど条件が二つ以上揃うポイントはメジャーな用語だとクラスターポイントと呼ばれています。
私はシンプルにファンダメンタルズやテクニカルも一切使わずフィボナッチだけでトレードすることがありますが、こういった条件が二つ以上重なるポイントでエントリーすることが多いです。

サッと引いてみて、めぼしいフィボナッチのラインがどこのポイントなんだろうと探してみます。 先ほどの例のように二つ以上条件が揃う箇所は信頼度が高いポイントになります。 是非トレードでフィボナッチを利用してみたいという方はこのような引き方を沢山してみてください。フィボナッチを意識して見ると、押し目などのポイントが多く散見されます。
時間足に関しても、1時間足でも4時間足でも日足でも同じ使い方になります。
兼業トレーダーの方はフィボナッチを参考に指値注文して、あとは本業に集中している間に気付いたら指値が引っかかっていることがよくあります。
非常に効率的ですし下手に感情を入れずにトレードできるのでうまくいくことが多いです。

ひろぴー流フィボナッチの引き方その2

ひろぴー流フィボナッチの引き方その3

水平線を引いた箇所は、条件が多く揃うポイントであり絶好の戻り売りポイントだったようです。
こういうポイントがよくあるわけではないのですが、フィボナッチを引くのであれば1時間足か4時間足あたりが効率的で相性は良いと思います。 何度も複数の通貨ペアでフィボナッチを引いてみるとチャンスを見つけられる時が来ますのでその時に指値注文を入れておきましょう。
この場合は水平線より少し手前で指値を入れます。
通貨ペアごとにスプレッドも違うのでそれも考慮したうえで少し手前に置いておくのが良いかなと思います。
ただ、エントリー後の利食いの目安とするポイントは無いです。絶好のポイントで売れたとして、その後利食いをどこでしようと考えるわけです。
利食いをするポイントの目途がないのである程度の含み益で利食いしたりします。このフィボナッチでは利食い目安のポイントをつかむのは難しいので、あとは移動平均線とかRSIなどのテクニカルを利用してみてください。

【今回の動画に出てくる用語】

デイトレード

スイングトレード

ひろぴーさんからの特別プレゼント

(質問事項)
今回の動画の感想やひろぴーさんに聞きたいこと

こちらの質問事項を下記ボタンの申込フォームにて回答していただくと全員に漏れなく
ひろぴーさんの特別FX動画講座「 高値圏でのエントリー。極めて成功率が高い方法がある? 」を無料でプレゼント致します。
※JFX(MATRIX TRADER)のFX口座をお持ちの方が対象となります。

まだ、JFX(MATRIX TRADER)のFX口座をお持ちでない方は下記より口座開設してください。
お申込み後にIDが届き取引していただけます。
IDが届き次第すぐに特別プレゼントにご応募いただき動画を閲覧いただけます。

    フィボナッチリトレースメントの手法と引き方
  • お一人様一回限りのご応募とさせていただきます。
  • 本キャンペーンはキャンペーン条件が満たされれば自動的に申込まれるものではなく、キャンペーン専用申込フォームからのお申込みが必要となります。
  • キャンペーンの内容につきましては当社の都合により予告なく変更になることがございますので、ご了承ください。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

フィボナッチについて

■「戻り・ザラ場」「戻り・終値」「新値・ザラ場」「基調転換」について
戻り・ザラ場 …4本値(始値、高値、安値、終値)で高値、安値を判断し描画します。
戻り・終値 …終値のみで高値、安値を判断し描画します。
新値・ザラ場 …4本値で描画した1/3, 0.382, 1/2, 0.618, 2/3, 0.764に加え、1.382, 1.618に線を描画します。
基調転換 …表示期間の高値と安値で最初に出現したポイントをスタート地点とし、その地点からフィボナッチ級数で経過したところに線を描画します。

描画方法・基本的な見方

フィボナッチ(戻り・ザラ場)

フィボナッチ(戻り・終値)

フィボナッチ(新値・ザラ場)

フィボナッチ(基調転換)

基本的な見方

[1]上昇相場のときの押し目の目標値とします。
[2]下降相場のときの戻りの目標値とします。
[3]レンジブレイクの際にどこまで上昇(下降)するかの目標値とします。
※ ご注意
この「基本的な見方」は一般的なチャートの見方を解説したものです。この解説どおりに投資判断をしたとしても、必ず利益が上がることを保証するものではありません。投資に当たっては、お客様ご自身の判断でお願いいたします。

「表示・環境設定」メニューから「チャート」を選択すると「チャート設定」画面が呼び出されます。
左下のカラムにあるデフォルト設定メニューから「トレンド系」>「フィボナッチ(各4種)」を選択すると、それぞれのパラメーターや線の定義が行えます。
また、チャート画面の線上をクリックすると「テクニカル設定」画面が表示され、こちらの画面でもパラメーターや線の定義が操作できます。

設定画面1

設定画面2

©Rakuten Securities,Inc. All Rights Reserved.
商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

フィボナッチ・アークの使い方、伸びる相場でゾーンの意識を持って使うこと!

あとフィボナッチ・アークはフィボナッチツールの中でも応用編のツールです。もしアークに興味があるなら、最初の段階でフィボナッチ・リトレースメントの基本的な部分は知るべきです。基礎がしっかりしていないと応用は利きません。フィボナッチ・リトレースメントの基本的な部分を学ぶなら、手前味噌ながら管理人のフィボナッチのnoteをご参考ください。

関連記事:
・FXでフィボナッチを使いこなすコツ、色々と基点を試してみる

フィボナッチ・アークはゾーンの視点も持つこと

フィボナッチ・アーク利用の具体例

・MT4ではスケールの部分を変えないと単なる横線なので使えません。
・MT4のスケール部分はお好みの数字に変えられますが、管理人は31.8%、50%、61.8%のフィボナッチ級数で当たりの良い数字を入れています。
・フィボナッチ・ツール全体にいえますが長い足でより効果を発揮します。日足での利用から始めることをオススメします。


・フィボナッチ・アークのスケール

①EUR/USD日足

②AUD/JPY日足

フィボナッチリトレースメントの手法と引き方

・フィボナッチ・リトレースメントとアークを併用。
・実際のアークの活用は緑の四角の範囲に限られるが2度のエントリーチャンスが利用可能(黒い○の部分)。
・サポレジとフィボナッチ・リトレースメントに加えてフィボナッチ・アークも活用することで、エントリー根拠を増やすことができる事例。

③GBP/JPY日足

・フィボナッチ・アークとリトレースメントにMonthly Sweet Band(MSB)を表示
・若干ゴチャゴチャになりかけていますが、管理人が一番利用しているチャート設定
・アークとリトレースメントでは幅が広すぎる部分をMSBがカバーできる、動画の解説で利用しているチャートセットでもあります

関連記事:Monthly Sweet Bandの販売開始しました

フィボナッチ・リトレースメントとの併用が便利

あとはMonthly Sweet Band(MSB)との併用もオススメです。日足ベースだとリトレースメントとアークの間の幅が広くなりますが、その間の反転ポイントをMSBで見つけることができます。Youtubeでチャート分析する際は、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・アーク、MSBの③種類を表示させたチャートで分析しています。

フィボナッチ・アーク最大の問題点は縮尺を変えると線の場所が変わる場合があること

実はTrading フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 Viewのアークがコレに該当します、残念。アーク自体の縮尺を固定する方法があれば別ですが、探してもどうやら見つからない・・・。そんな訳でフィボナッチ・アークはTrading Viewは使い勝手悪しです。

FXはライントレードだけで勝てる 線の引き方や手法を図解

FXはライントレードだけで勝てる 線の引き方や手法を図解

FUTAKOさんのゴールドチャート分析

出典:Twitter FUTAKO(@Futako1013)より
2022年3月15日

誰でも実践しやすい

チャネルラインの例

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

高い確率で機能する

どの時間足チャートでも有効

どんなトレードスタイルでも有効

ライントレードのデメリット

  1. ラインを引く場所に正解がない
  2. だましの可能性もある

ラインを引く場所に正解がない

だましの可能性もある

ライントレードのラインの引き方

水平線の引き方1

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

水平線の引き方2

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トレンドライン

トレンドラインの引き方1

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トレンドラインの引き方2

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トレンドラインの引き方3

出典: フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 TradingView提供のチャートをもとに作成

チャネルライン

チャネルラインの引き方1

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

チャネルラインの引き方2

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

ライントレードを使ったデイトレ手法の実践手順

4時間足で水平線を引く

米ドル/円4時間足チャート

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

ライントレードの手順1

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

1時間足でトレンド・チャネルラインを引く

ライントレードの手順2

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

ライントレードの手順3

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

フィボナッチリトレースメントの手法と引き方

15分足のローソク足を見てエントリー

トレンド反転のサイン「ピンバー・スパイク」

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トレンド反転の強いサイン「ラインの交差」

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

損切りは15分足の実体で判断

ライントレードの損切り目安

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

損切り後の即エントリー

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

利確はチャネルラインの反対側

ライントレードで成功するコツ

  1. ラインを引きすぎない
  2. ラインぎりぎりまで引き付ける
  3. ラインブレイク後すぐに目線を切り替える
  4. 上位足の流れに逆らう逆張りは控える
  5. 最高値・最安値を更新した直後は避ける
  6. ラインのクロス地点を狙う

ラインを引きすぎない

ラインぎりぎりまで引き付ける

ラインのクロス地点を狙う

ラインブレイク後すぐに目線を切り替える

下降トレンド

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

ロールリバーサル(レジサポ転換)

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

上位足のトレンドに逆らう逆張りは控える

最高値・最安値を更新した直後は避ける

ライントレードで狙い目のチャートパターン

  1. レジサポ転換(ロールリバーサル)
  2. ダブルボトム・ダブルトップ
  3. 三角持ち合い
  4. 三尊・逆三尊

ロールリバーサル(レジサポ転換)

ロールリバーサル(レジサポ転換)

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

ダブルボトム・ダブルトップ

ダブルボトム

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

トライアングル(三角持ち合い)

トライアングル

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

三尊・逆三尊

三尊

出典: TradingView提供のチャートをもとに作成

【画像解説】フィボナッチの正しい引き方とバイナリーオプション取引への活用方法

【画像解説】フィボナッチの正しい引き方とバイナリーオプション取引への活用方法

この記事でわかること ハイローオーストラリア攻略に必須なダウ理論とは ダウ理論を理解する為に必要な知識 ダウ理論を使ったトレンド方向の見極め方 ダウ理論と組み合わせて利用すると有効となる取引手法 どう .

実際の相場にフィボナッチが作用する要因

フィボナッチリトレースメントが相場に作用する理由に関するクイズ

フィボナッチリトレースメントをMT4上に表示する方法

フィボナッチを挿入するための準備段階

フィボナッチをMT4上に表示させるためのボタン

すると、画面左上の時間足を変更したり、ラインを追加するボタンの周辺に小さい文字で 『F』 と書かれたボタンがあるかと思うので、そちらをクリックしてください。

フィボナッチをMT4上に描画する方法

フィボナッチリトレースメントの正しい数値の見方

フィボナッチリトレースメントの正しい数値の見画像

フィボナッチリトレースメントの引き方が理解できたら、次はフィボナッチをきちんと理解するためには欠かせない 『数値の見方』 に関して解説していきましょう。

為替チャートが半値戻しを起こしている状態

フィボナッチリトレースメントの数値はアレンジできる

フィボナッチリトレースメントの数値をアレンジする方法

ちなみにフィボナッチの数値を変更するには、まずは一度フィボナッチをチャート上に表示させてから、フィボナッチの線の上で右クリックをして 『Fiboプロパティ』 というボタンをクリックしてください。

フィボナッチリトレースメントの数値の変更画面

次に 『フィボナッチ・レベル』 というタグをクリックしてから、そのタグの中で数値を変更することが可能となっております。

フィボナッチを使ったバイナリーオプション攻略法

フィボナッチを使ったバイナリーオプション攻略法画像

  • ライントレードとの併用
  • 複数フィボナッチの活用
  • ハーモニックパターン習得

攻略法① ライントレードとの併用

ライントレードでハイローオーストラリアを徹底攻略

この記事でわかること ライントレードの概要 チャート上に引くことができるラインの種類 ライントレードの活用方法 ハイローオーストラリアで稼ぐ人は、どこでエントリーをしているんだろう? 私自身がバイナリ .

フィボナッチとサポートラインの重なり

フィボナッチとトレンドラインの重なり

攻略法② 複数フィボナッチの活用

攻略法③ ハーモニックパターン習得

  • ガートレー(N波動)
  • バット(E・N波動)
  • バタフライ(E・N波動)
パターン① ガートレー(N波動)

パターン① ガートレー(N波動)

フィボ1:61.8 & 78.6
フィボ2:127.2〜161.8
フィボ3:61.8〜78.6

パターン② バット(E・N波動)

パターン② バット(E・N波動)

フィボ1:38.2or50.0 & 88.6
フィボ2:50.0〜88.6
フィボ3:161.8〜261.8

パターン③ バタフライ(E・N波動)

パターン③ バタフライ(E・N波動)

フィボ1:78.6&127.2〜161.8
フィボ2:38.2〜88.6
フィボ3:161.8〜261.8

ハイローオーストラリアの詳細情報

ハイローオーストラリアは日本で最も多くの顧客数を抱える、大人気のバイナリーオプション取引専門業者です。 高い利益率とスムーズな入出金 を実現しており、初心者から上級者までの多くのトレーダーに選ばれ続けています。

【完全版】ハイローオーストラリアで戦つために必要な戦略の立て方

この記事でわかること ハイローオーストラリアで必要となってくる2つの戦略 ハイローオーストラリアの取引で負けた時、こう思ってしまうことありません? 「なぜ自分は負けるのだ」 初心者の方は特に思うはず。 .

ハイローオーストラリアで乗っ取り被害が続出中?予防策と対処方法を徹底解説

この記事でわかること ハイローオーストラリアで乗っ取り被害が発生する理由 アカウントが乗っ取られた際に発生する危険性 アカウントが乗っ取られない為の予防策 アカウントが乗っ取られた際の対処法 どうも、 .

ハイローオーストラリアのスプレッド取引とは?取引方法と攻略法を徹底解説

どうも、あつしです。 突然ですが、あなたに質問があります。 「あなたは、ハイローオーストラリアのスプレッド取引の仕組みをしっかり理解できていると自信を持って言えますか?」 バイナリーオプション初心者に .

MT4でハイローオーストラリアは勝てる?ダウンロード方法と攻略法を徹底解説

この記事でわかること MT4の概要 バイナリーオプションにMT4が必要である理由 MT4のダウンロード方法 MT4を使ったハイローオーストラリアの攻略法 突然ですが、あなたに問題です。 『国内や海外を .

【バイナリーオプション】00秒エントリーを使った攻略法と注意点を徹底解説

この記事でわかること 00秒エントリーの詳細とエントリー方法 00秒エントリーのメリット・デメリット 00秒エントリーのデメリットを回避する対策 00秒エントリーを活用したバイナリーオプションの攻略法 .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる