外国 為替 取引

移動平均線

移動平均線
単純移動平均線(SMA)の基礎知識については、以前の記事を参照していただければと思いますが、実際に単純移動平均線を使う際は、過去何日、何週、何ヶ月といった設定を行う必要があります。 よく、「5日単純移動平均線(5SMA)」、「10日単純移動平均線(10SMA)」といった表記がされますが、日足チャートで見る場合は日数で、週足チャートでは週の数で、月足チャートの場合は月数で設定を行います。 〇単純移動平均線の日・週・月の設定 日足の場合 5日・7日・9日・10日・15日・20日・25日・50日・75日・90日・100日・200日…… 週足の場合 9週・13週・26週・52週…… 月足の場合 6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月・60ヶ月…… このように日足、週足、月足により、過去何日間、何週間、何ヶ月間の移動平均とするかが異なります。 しかし相場の実践では、チャート面で何本もの移動平均線があると、パソコンやスマホの画面が非常に見にくくなる可能性があります。そのため一般的には、日足のチャート面にて、2週間程度の短期投資の場合は15日、50日程度の中期投資では50日、200日程度の長期投資では200日といった設定を行います。 日足チャートを見る場合は、短期で1ヶ月未満、中期で半年未満、長期で1年未満が1つの目安と考えて差し支えありませんが、自分の投資スパンに合わせて設定していくといいでしょう。 ここ近年では、iDeCoやつみたてNISAなどを利用する方が増え、投資を始められる方も年々増えていますが、最低でも1年に1回は運用状況を確認し、例えば単純移動平均線などのテクニカルツールを用いて、相場のトレンドをチェックしてみるのもいいかもしれません。

スピードマスターシリーズ 株式売買で勝つための 移動平均線の読み方

人気シリーズ「スピードマスター」から移動平均線の解説書が登場です!
移動平均線は,株価チャートをチェックするうえでも重要なテクニカル分析の指標のひとつですが,基本がわからないとどこを見ればよいかもわかりづらいです。
そこで本書では,移動平均線に焦点を当てて,移動平均線の仕組みや見るべきポイント,パラメーターの設定のコツ,実践的な株式取引での役立て方などを丁寧に解説していきます。テクニカル分析の基本にして王道である移動平均線を理解し,エントリーのタイミングを見極めましょう!

こんな方におすすめ

  • 株価チャートの読み方やテクニカル分析の基礎を学びたい株式投資初心者

本書のサンプル

1章 移動平均線って何?

  • 01 チャート画面にある基本的な要素を知る
  • 02 テクニカル分析で何がわかるのか
  • 03 チャートはすべての要因を含んで動いている
  • 04 移動平均線 移動平均線の強みはシンプルさと有用性
  • 05 相場の心理を反映する移動平均線
  • 06 移動平均線でわかる現在の価格の傾向
  • 07 移動平均線でわかる今後のトレンド
  • 08 移動平均線の具体的なしくみを知る
  • 09 テクニカル指標で「勝てる場所」を探る
  • Column 1 ローソク足は日本発祥

2章 移動平均線の基本的な使い方

  • 01 移動平均線を使うメリットを知る
  • 02 ローソク足の基本をおさらいする
  • 03 ローソク足の予想を補完する
  • 04 ローソク足と併せてトレンドの確認に使う
  • 05 買い手と売り手の力関係を知る
  • 06 ほかのテクニカルで補完して精度を高める
  • 07 テクニカル指標に頼りすぎない
  • Column 2 酒田五法はローソク足のパターン

3章 効果的なパラメーターの設定の方法

    移動平均線
  • 01 移動平均線にはいろいろな種類がある
  • 02 単純移動平均線を効果的に使う
  • 03 移動平均線のN期間は25日がベスト
  • 04 5日,25日,200日など各指標の特徴を知る
  • 05 短期・中期・長期の3本を同時に使う
  • 06 表示する時間軸でパラメーターを変える
  • 07 チャートソフトの設定を変更する
  • Column 3 移動平均線 DMAは「ずらした」移動平均線

4章 移動平均線から掴む売買のポイント

  • 01 序盤と終盤は値動きが定まりづらい
  • 02 トレンドの中盤は利益を出しやすい
  • 03 エントリーのタイミングの見極め方
  • 04 移動平均線から知るチャートの注目ポイント
  • 05 ローソク足と移動平均線の位置関係を見る
  • 移動平均線
  • 06 トレンドが継続するかを見極める
  • 07 手を出すべき相場を見極める
  • 08 グランビルの法則で売買のポイントを知る
  • 09 上昇トレンドへの転換は新規の買いを狙う
  • 10 上昇トレンド中の押し目買いを狙う
  • 11 上昇トレンド中の押し目買い増し
  • 12 上昇トレンド調整後の短期の買いを狙う
  • 13 4つの売りパターンを把握する
  • 14 移動平均線 実際のチャートで見るグランビルの法則
  • 15 反対側の視点も踏まえて分析する
  • 16 複数の移動平均線とグランビルの法則を使う
  • 17 パーフェクトオーダーとの合わせ技を使う
  • 18 GCとDCをチャート分析に用いる
  • Column 4 銘柄ごとにパラメーターを変える

5章 実践的な移動平均線の応用方法

  • 01 買いの例① トレンドの序盤
  • 02 買いの例② 移動平均線 トレンドの中盤
  • 03 買いの例③ トレンドの終盤
  • 04 買いの例④ 移動平均線を変更
  • 05 売りの例① トレンドに乗る
  • 06 売りの例② 3本のSMAを使う
  • 07 移動平均線で今後のシナリオを想定
  • 08 オシレーター系RSIと移動平均線を使う
  • 09 ボリンジャーバンドと移動平均線を使う
  • 10 MACDと移動平均線を使う
  • 11 多くの人が注目するポイントを見る

著者プロフィール

和島英樹(わじまひでき)

監修者
経済ジャーナリスト
1985年,日本勧業角丸証券(現みずほ証券)に入社。1988年,株式新聞社に入社。企業へのトップインタービューやマーケット取材などを担当。2000年にラジオNIKKEIに入社。東証記者クラブキャップ,解説委員などを歴任。企業トップへの取材は延べ1000社以上。2020年6月に独立。
現在のレギュラー番組は「マーケット・プレス」(ラジオNIKKEI),「デイリー・フォーカス」(日経CNBC),ストックボイス(MXテレビ),「和島英樹のウィークエンド・ストック(週末株)!」(有料コンテンツ)。
四季報オンライン(東洋経済新報社),週刊エコノミスト(毎日新聞出版),日経マネー(日経BP),かぶたんなど寄稿多数。
国際認定テクニカルアナリスト(CFTe),日本テクニカルアナリスト協会評議委員としても活躍している。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる