テクニカル指標

上限と計算方法をご紹介します

上限と計算方法をご紹介します
①LINE Payのお支払い後にLINEウォレットから届く「付与予定ポイント」で確認
②お支払い履歴>各履歴をタップ>「決済の詳細情報」の「獲得予定ポイント」で確認

グループホームの人員基準とは?計算方法や夜勤体制を徹底解説!


グループホームの人員配置基準について、それぞれの項目で解説していきます。

  • 介護職員の人員配置について
  • 計画作成担当者の人員配置基準について
  • 管理者の人員配置基準について
  • 代表者の人員配置基準について

グループホームの 利用者3人に対して1人以上の配置が必要 です。
夜間ではユニットごとに1人以上の配置が必要です。

計画作成担当者

ユニットごとに1人の配置が必要 になり、ユニット間の兼務はできません。
2ユニットの場合は、2名必要になります。

また 、最低1人は介護支援専門員 でなければなりません。

ユニットごとに1人の配置が必要 になります。
管理者になるためには、

  • 3年以上の認知症の介護従事経験があること
  • 厚生労働大臣が定める管理者研修を終了した常勤職員

グループホーム全体を管理する 代表者は1名必要 になります。
代表者になるためには、

  • 認知症の介護従事経験がある
  • 保健医療サービスまたは福祉サービスを提供する事業の経営に携わっていた経験

の2つが必要になります。
さらに、厚生労働大臣が定める「認知症介護サービス事業者 上限と計算方法をご紹介します 上限と計算方法をご紹介します 開設者 研修」を修了する必要があります。

グループホームの夜勤体制は?

  • 事業所数657中、平均1.1人(夜勤職員)
  • 事業所数254中、平均0.1人(宿直職員)

今後グループホームのサービスは拡大する?


各自治体のサービス供給量と今後の方針についてまとめたデータを参考にします。
今後グループホームのサービスを拡大するか縮小するかを尋ねたアンケートです。

グループホームの人員配置基準の注意点


グループホームの人員配置基準について注意点を解説します。

全員が常勤とは限らない

全員が常勤の必要性はありません。

夜勤は少なくなることが多い

利用者人数に関係なく介護職員はグループごとに1名の配置のため、 夜勤の職員人数は少なくなります。
夜間も利用者3人に職員1名を常に配置しているわけではないため注意が必要です。

グループホームの減算はどう計算する?

疑問


グループホームの減算について解説します。

定員超過利用時の減算

計算式としては、 「1ヶ月の入居者の延べ数」を「その月の日数」で割ったときに「上限人数以上」だった場合減算 となります。
小数点以下は切り上げます。

(18人×30日+1人×20日)÷30日=18.6人
グループホームの上限人数は18人のため人数超過となります。

看護・介護職員の人員基準欠如時の減算

必要な人数から一割を超えて減少した場合

必要な人数から1割を超えて減少した場合、 利用者全員の所定単位数から30%減算 されます。

仮に2グループ18名の利用者がいる施設の場合で計算します。
必要な日勤職員は利用者3人に対して1名なので、 必要な人員基準は6 です。

必要な人数から一割以内で減少した場合

必要な人数から1割以内で減少した場合、 利用者全員の所定単位数から30%減算 されます。

看護・介護職員以外の人員基準欠如時の減算

計画作成担当者や、介護支援専門員を定員数配置していない場合、 利用者等全員の所定単位数から30%が減算 の対象となります。

夜勤体制による減算

夜勤体制の人員基準を満たせなかった場合、 入居者全員の所定単位数から3%の減算 となります。

グループホームの定員は?


グループホームの定員について解説します。

グループホームには 1グループに5人から9人の利用者 がいます。
1つの施設に2グループまでしか設置することができないため、上限人数は18人となります。

グループホームの設備・備品等に関する基準


グループホームの設備や備品に関する基準を解説します。

基準

グループホームの運営基準


グループホームの運営基準について解説します。

協力医療機関等

地域との連携

事業者は、利用者や利用者の家族、地域住民の代表者等により構成される運営推進会議を 設置する必要があります 。
2ヶ月に1回以上、運営推進会議に活動を報告して、運営推進会議の評価を受け、運営推進会議から必要な要望や助言を聞く機会を設けなければなりません。

グループホームの人員基準のまとめ


ここまでグループホームの人員基準について解説しました。
この記事のポイントをおさらいすると以下の通りです。

マイナポイントとは?上限5,000円分を獲得するために必要な手続きと注意点

20200602-blog-1200x800-re1


※最終更新日:2022年4月5日(火)
2020年9月より、消費の活性化やマイナンバーカードの普及促進などを目的とした「マイナポイント事業」が期間限定 * で実施されます!

・・・マイナポイント第2弾開始にともない以下の変更がございます。
●2021年4月30日までにマイナンバーカードを申請した方が、カード受取後、マイナポイントを申し込み、2021年12月31日までにLINE Payでお支払いいただくとポイントを受け取ることが出来る第1弾において上限5,000ポイントまで付与を受けていない方は、2022年1月1日以降もポイント付与期間が延長になります。
●2022年1月1日からはじまる第2弾においては、マイナンバーカードを新規に取得した方(マイナンバーカードを既に取得した方のうち、現行マイナポイントの未申込者を含みます)が対象になります。カード受領後、マイナポイントを申し込み、LINE Payでお支払いいただくとポイントを受け取ることができます。
●第1弾の付与期限および第2弾の終了日は2023年2月28日までとなります。また、第2弾のマイナンバーカードの申請期限は2022年9月30日までとなります。
●第2弾の健康保険証および公金受取口座の登録を行った場合のマイナポイントの付与については、詳細が決まりしだい後日お知らせします。

■マイナポイント事業の基礎知識

・マイナポイントとは?

・取得のための注意点

マイナポイントを取得するためには、まずマイナンバーカードを取得する必要があります。

【マイナポイント申込期間】
第1弾:2020年7月1日(水)~2021年12月31日(金)
※2021年4月30日(金)までにマイナンバーカードを申請した方が対象になります。
※2021年12月31日までに上限5,000ポイントまで付与を受けていない方は、2022年1月1日以降も2023年2月28日までの期間、上限5,000ポイントまで付与されます。
第2弾:2022年1月1日(土)~2023年2月28日(火)
※マイナンバーカードを新規に取得した方(マイナンバーカードを既に取得した方のうち、現行マイナポイントの未申込者を含みます)が対象になります。


マイナンバーカードを取得したからといって、自動的にマイナポイントが付与されるわけではなく、事前にマイナポイントの予約や申し込みなどの手続きが必須となります。

マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切られる可能性があります。(既に、マイキーIDを設定した方はマイナポイント予約済です)

マイナポイントはキャッシュレス決済サービスを実際に利用した際に取得できます。選択した決済サービスでのお買い物やチャージを取得期限内(2021年12月31日まで)に行ってポイントを取得してください!

■取得するまでの流れ

マイナ画像①

次に、マイナポイントを取得するまでの流れについて、ご案内させていただきます。

(1)マイナンバーカードの取得

STEP1 オンラインもしくは郵便で申請する 上限と計算方法をご紹介します
ご自身の住民票に記載されている住所に届いたマイナンバー通知カードと同封されている交付申請書を使用して、パソコンやスマートフォン、または郵便による申請を行います。
※マイナンバー通知カードが手元にない場合、手書き用交付申請書をダウンロードして郵便で再交付を申請してください。

STEP2 マイナンバーカードの受け取り
交付申請から約1カ月後、交付通知書が届きます。
届いた交付通知書とマイナンバー通知カード、本人確認書類を用意し、お近くの交付窓口でマイナンバーカードを受け取ってください。
※マイナンバーカードの受け取りに際しては、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点を踏まえ、地域の状況に応じて、適切な時期に窓口にお越しいただきますようお願い申し上げます。

STEP3 暗証番号の設定
マイナンバーカードを交付窓口で受け取る際、暗証番号を設定してください。

【通知カード】 上限と計算方法をご紹介します
【マイナンバーカード】

(2)マイナポイントの予約(マイキーIDの登録)

STEP1 「マイナポイント」アプリのダウンロード
マイナポイントの予約にはスマートフォンから「マイナポイント」アプリのダウンロードが必要です。
また、パソコンからでも予約は可能です。その場合、マイキープラットフォームから「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストールする必要があります。

STEP2 マイナンバーカードの読み取り
「マイナポイント」アプリを起動し、アプリの指示に従って「マイキーIDの発行」をタップしてください。
マイナンバーカードを読み取るとマイキーIDが発行されます。マイナンバーカードの読み取り時に暗証番号が必要です。(マイナンバーカード受け取り時に設定した4桁の数字)
※パソコンの場合は、マイナンバーカードの読み取りにICカードリーダライタが必要です。
※暗証番号をお忘れの場合はこちらから再設定方法をご確認ください。

STEP3 マイキーIDの発行
発行方法について、詳しくはこちらからご確認ください。
マイキーIDは今後の手続きで必要になるため、忘れないように保存しておいてください。

(3)マイナポイントの申込み

(4)キャッシュレス決済サービスを利用

【対象利用期間】
第1弾:2020年9月1日(火)~2021年12月31日(金)
※2021年12月31日までに上限5,000ポイントまで付与を受けていない方は期間が延長されます。 (終了日時は決まりしだいお知らせします)
第2弾:2022年1月1日(土)~2023年2月28日(火)
※2022年9月30日(金)までにマイナンバーカードを申請した方が対象になります。

■LINE Payでマイナポイントを受け取るには

※2022年3月22日追記※
現在マイナポイント特約において、マイナポイントの付与に係るサービスの申込期間終了日とマイナポイントの付与対象期間終了日は、「当社が別途定める日」となっていますが、この度マイナポイント特約を変更し、いずれも2023年2月28日とします。変更後の特約は、2022年4月5日より効力が発生します。

・お申込方法

・付与されるポイント

・ポイント付与タイミング

LINE Payのお支払いの都度、お支払い金額 *¹ の25%分が付与されます *² 。お支払いの一定期間後に付与されます。タイミング詳細はお支払い方法によって異なります。
*1 ・・・LINEポイントやLINK、各店舗のクーポン等をご利用の場合、適用後のお会計金額がマイナポイント付与対象金額となります。
*2 ・・・LINE Pay残高チャージに対しては付与されません。

【LINEアプリからのお申込の場合】
お申込み以降のご利用分からマイナポイント付与の対象となります。

【マイナポイントアプリ・PCやコンビニエンスストアのマルチメディア端末・ATM等の画面からのお申込の場合】
お申込みの翌日午前8時以降のご利用分からマイナポイント付与の対象となります。
8月31日にお申込の場合は9月1日の午前8時以降のご利用分から対象となります。

・対象お支払い方法

コード支払い、LINE Pay カード(JCBプリペイド) *¹ 、QUICPay+、オンライン支払い *² 、Visa LINE Payプリペイドカード(海外加盟店での利用を含む)、Visa LINE PayプリペイドカードをApple PayやGoogle Payに設定した支払いが対象です。

上記のお支払い方法であれば、LINE Pay残高からのお支払い、チャージ&ペイ(Visa LINE Payクレジットカード登録) *³ でのお支払いのどちらも対象となります。

*1 ・・・ 2020年11月2日0:00以降のLINE Pay カード(JCBプリペイド)による海外加盟店での利用(国内からのオンライン利用も含まれます)は対象外です。
*2 ・・・ LINE証券、LINEスマート投資、LINEポケットマネー、LINEほけん、BITMAXへの入金、およびLINE Pay残高、チャージ&ペイ以外でのお支払い(LINE内部サービスでのクレジットカード決済でお支払い方法に「チャージ&ペイ」の記載がないもの等)は対象外となります。
*3 ・・・Visa LINE Payクレジットカードのカードショッピング(iD含む)は対象外ですので、ご注意ください。

Visa LINE Payプリペイドカードを使った支払いにおいて、Visa LINE Payプリペイドカードにチャージする際にLINEポイントを使用した場合は対象外となります。
なお、Visa LINE Payプリペイドカードにより支払った額にかかわらず、LINEポイントを1ポイントでもチャージに使用した場合は、その支払いに対しては全額が付与対象外となります。

■LINE Payでマイナポイントを受け取るメリット

・LINEポイントで付与される

付与されたLINEポイントはLINE Payでのお支払いに充当できることはもちろん、LINEスタンプの購入やLINEモバイルの料金支払い、LINEの金融系サービスでの入金、LINEギフト、LINEデリマ、LINEポケオ、LINE STOREなどのサービスのお支払いにも利用いただけます。

・ポイント獲得数に応じてLINEポイントクラブのマイランクがアップ ※終了済み

「LINEポイントクラブ」は、2020年5月1日よりLINEが開始したメンバーシッププログラムです。過去6ヶ月間に獲得したLINEポイントの総量を基準に、レギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナの4つのマイランク * が決まります。
ランクが上がると、LINE Payのお支払いで利用できる特典クーポンの獲得枚数が増えるほか、チャージ&ペイでのポイント還元率も上がるなど、よりお得にLINE Payをご利用頂けるようになります。

* ・・・2021年4月30日23:59の経過をもって、マイランク制度およびマイランクに基づく特典提供を終了しました。現在の特典内容についてはこちらをご確認ください。

▼特典一覧▼
LINEポイントクラブの特典は毎月アップデートされます。LINE Pay以外の特典詳細は、「LINEポイントクラブ」の公式サイトよりご確認ください。

・利用できるお店が豊富

お支払い方法 * が充実しており、多くのお店でご利用いただけますので、マイナポイントが貯めやすいことが特長です。
例えば、LINE Payのスマホ決済は国内309万か所以上(2019年12月末時点)で利用可能です。コード支払いだけでなく、対応スマートフォン端末をお持ちなら全国のiD加盟店でかざすだけの支払いも可能です。

* ・・・コード支払い、オンライン支払い、Visa LINE Payプリペイドカード、 Visa LINE PayプリペイドカードをApple PayやGoogle Payに設定した支払い、LINE Pay カード(発行終了)、QUICPay+(登録終了) 上限と計算方法をご紹介します に対応しています。

いかがでしたか? 本記事を通して、
・マイナポイントは、国からキャッシュレス決済事業者を通して消費者に付与されるポイント。
・マイナポイント取得には、マイナンバーカードとマイナポイントの予約(マイキーID設定)と申込(キャッシュレス決済サービスの登録)が必須。
・マイナポイントの取得期間は以下の通りです。
第1弾:2020年9月1日(火)~2021年12月31日(金)
※2021年12月31日までに上限5,上限と計算方法をご紹介します 000ポイントまで付与を受けていない方は期間が延長されます。 (終了日時は決まりしだいお知らせします)
第2弾:2022年1月1日(土)~(終了日時は決まりしだいお知らせします)

・LINE Payでマイナポイントを受け取ると、ポイントを貯めやすく&使いやすい。さらに、LINEポイントクラブのマイランクが上がりやすくなって、 上限と計算方法をご紹介します * LINE各種サービスで優遇を受けられるお得な特典も上乗せされるメリットがある。
ということをご理解いただければ嬉しいです。

Q : 申込みがエラーになります。
A : スマートフォンからのお申込みはマイナンバーカードの読み取りが可能なスマートフォンが必要です。
対応するスマートフォンをお持ちでない場合はパソコンまたは手続きスポットからお申込みください。詳しくはこちら

MP0000016_PC-re1


Q : 決済サービスIDとセキュリティコードが分かりません。
A : 以下の手順でご確認ください。


Q:マイナポイントはLINEポイントクラブのポイント還元とは別に付与されますか?
A:それぞれの基準により算出された付与ポイント数が、お支払い「確定日」の翌日に付与されます。付与されるポイントは以下の方法で確認ができます。
※Visa LINE Payプリペイドカードでのお支払いの場合、マイナポイントは「確定日」の3日後に付与されます。

LINE Wallet4

①LINE Payのお支払い後にLINEウォレットから届く「付与予定ポイント」で確認
②お支払い履歴>各履歴をタップ>「決済の詳細情報」の「獲得予定ポイント」で確認

住宅ローンの借入可能額はどんな基準や計算方法で決まるの?

住宅ローンの借入金額を決める上で、安定的にローンを返済し続けることがポイントの一つとなります。勤め先、年収、勤続年数などが考慮され、公務員など安定性のある職業だったり、年収が多かったりすると、借入希望額での住宅ローン審査を有利に運べます。自営業や正社員でもインセンティブ契約の場合、収入が多くても安定性を欠くために減額されるケースもあります。勤め先が官公庁や上場企業の場合、借入金額だけでなく金利も優遇されます。

(5)担保価値

担保価値も借入可能額を決める条件の一つとなります。支払いが滞った際に、しっかりと回収できるかどうか、物件を事前に確認するのです。

スゴ速 住宅ローンがいくらまで借りられるのかすぐわかります!

02 返済負担率を決める「審査金利」って何?

年間返済額の計算

年間返済額の計算

年間返済額の計算

スゴ速 住宅ローンがいくらまで借りられるのかすぐわかります!

03 適用金利と審査金利のシミュレーション

借入可能額の計算

借入可能額の計算

借入可能額の計算

適用金利を利用した場合と審査金利を利用した場合の借入可能額

年収(税込) 500万円
返済負担率 35%
年間返済額(上限)※ 175万円(他のローンはなし)
適用金利(年0.5%の場合)での借入可能額(上限) 約5610万円
審査金利(年3.0%の場合)での借入可能額(上限) 約3780万円

適用金利と審査金利の差

適用金利と審査金利の差

適用金利と審査金利の差

他に借り入れているものがある場合

他に借り入れているものがある場合

他に借り入れているものがある場合

スゴ速 住宅ローンがいくらまで借りられるのかすぐわかります!

04 借入可能額と返済可能額を比較する

300万〜600万円の年収別比較

年収300万円の場合

借入可能額 返済可能額
毎月返済額 7万5000円 6万2500円
借入融資額 約2300万円 約1900万円

年収300万円の場合でシミュレーションした時に、借入可能額と返済可能額を比較してみると、毎月の返済額で約1万円の差となり、借入融資額については約400万円の差が出ました。

年収400万円の場合

借入可能額 返済可能額
毎月返済額 約11万6000円 約8万3000円
借入融資額 約3600万円 約2500万円

年収400万円になると、借入可能額と返済可能額では、毎月の返済額の差は約3万円で、借入融資額の差は約 1100万円にもなります。毎月の返済額で3万円も差が出てくるとなると、その差は大きく感じます。

年収500万円の場合

上限と計算方法をご紹介します
借入可能額返済可能額
毎月返済額 約14万5800円 約10万4100円
借入融資額 約4500万円 約3200万円

年収500万円の場合だと、毎月返済額の差は約4万円にもなります。借入融資額については、約1300万円もの差が開いていて、選べる物件やエリアなど大きく変わってきそうです。

年収600万円の場合

借入可能額 返済可能額
毎月返済額 17万5000円 12万5000円
借入融資額 約5400万円 約3800万円

年収600万円にもなると、その差はさらに開きます。借入可能額と返済可能額の毎月返済額の差は5万円にもなり、生活に大きく影響しそうな金額です。毎月どの程度の生活費や娯楽費などにかけているか、しっかりとシミュレーションしたいところです。

借入融資額については約 1600万円の差となります。借入融資額の差があれば、選ぶ物件の条件にも大きく影響が出てきます。「生活費を少し削ってでも立地にこだわる」「教育費など多く必要になりそうだから希望する物件の条件を下げる」など、自分たちがどのような生活を送りたいのか、どんな環境に住みたいのか、しっかりと検討したいところです。

日給制の残業代の支払い義務について!残業代の計算方法や対処方法を紹介します!

残業代とは、労働契約や雇用契約によって定められた所定の労働時間を超えて働いたときに支払われる賃金のことをいいます。
日給制だと残業代は出ないと思っている方がいらっしゃいますが、日給制でも残業代は支払われます。
たとえば、週5日勤務、1日の所定労働時間が6時間で日給が12,000円の雇用契約を結んでいたとします。
このうち2日間について2時間ずつ残業をしたとすると、1時間あたりの賃金2,000円×4時間で8,000円の残業代が支払われます。

上限時間を超えた労働契約を結んだ場合

労働基準法32条2項では、使用者は1日8時間、1週40時間を超えて労働者を働かせることは原則としてできないとされています。
したがって、1日10時間労働で日当1万円という契約を結んでも無効になります。
このような契約を結んだ場合、自動的に1日8時間労働で日当1万円に読み替えられ、10時間働いた場合は2時間分の割増賃金が発生することになります。

不動産売却における仲介手数料の相場とは?上限額や節約術についても解説!

不動産売却における仲介手数料の相場とは?上限額や節約術についても解説!

不動産売却の際、不動産会社に仲介を依頼することがほとんどだと思います。
その際、不動産会社に支払う手数料が、仲介手数料です。
賃貸物件の仲介にも発生しますので、仲介手数料という言葉自体は知っているという方も多いですよね。
しかし、不動産売却時における仲介手数料は、賃貸住宅の仲介手数料とは計算方法が異なります。
不動産の売買をおこなったことがない場合、計算方法や相場がよくわからないという方も多いでしょう。
そこで今回は、不動産売却時の仲介手数料について詳しく解説していきます。
上限額や相場、気になる節約術についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産売却時の仲介手数料に上限額はある?

不動産売却時の仲介手数料に上限額はある?

仲介手数料の計算方法

●物件価格(400万円超)×3%+6万円+消費税
●物件価格(200〜400万円以下)×4%+2万円+消費税 上限と計算方法をご紹介します
●物件価格(200万円以下)×5%+消費税

仲介手数料の上限額とは?

仲介手数料のMAXの金額がいくらまでなのか気になりませんか?
仲介手数料の上限額は、先ほどの計算式で算出した金額となります。
上記の例でいうと、4,000万円の不動産売却では、仲介手数料の上限額は138万6千円ですよね。
しかし、不動産ポータルサイトなどで、仲介手数料半額キャンペーンなどというのを見たことはありませんか?
不動産売買の仲介手数料は、上限以内であれば、仲介手数料の価格を自由に設定できるというのが特徴です。
必ずしも上限額を払うという義務はなく、上限額までであれば価格に決まりがないということになります。

物件価格が400万円以下の仲介手数料の上限について

300万円×4%+2万円+消費税=15万4千円
もちろん300万円以下では、仲介手数料はもっと下がることになります。
しかし、400万円以下の物件に関しては、調査費込みで最大18万円が上限となりますので、18万円の仲介手数料を受け取ることが可能です。
この法改正を行った背景には、地方の空き家問題があります。
地方の空き家は価格が低く、査定のために出向くためにも交通費がかかります。 上限と計算方法をご紹介します
通常の売買より調査費がかかってしまいますので、どうしても敬遠されがちな物件となっていましたが、調査費込みで仲介手数料の上限を引き上げたことにより、地方の空き家の活性化を目指すという目的があるのです。

仲介手数料を払わなくて良いケースもある?

仲介手数料は不動産会社に仲介を依頼した際にかかる手数料です。
個人間で売買した際は、仲介手数料がかかりません。
また、不動産会社に依頼した際も、仲介ではなく直接買い取ってもらう不動産買取の場合も仲介手数料は不要です。

不動産売却における仲介手数料の相場はどのくらい?

不動産売却における仲介手数料の相場はどのくらい?

仲介手数料に相場はある?

不動産売買時の仲介手数料の計算方式や上限額はわかりましたが、金額が決まっていないのなら、相場がどのくらいなのか気になりませんか?
しかし、不動産売却時に発生する仲介手数料は、基本的に計算式にのっとって算出することがほとんどです。
したがって、不動産売却時の仲介手数料の相場は、基本的に上限額と思っておいたほうが良いでしょう。
先ほどお伝えした、計算式を基準とし、上限額を超えるようであれば法律違反となります。
不動産売却をお考えの場合は、希望価格から概算の仲介手数料を計算しておき、あらかじめその金額を引いた金額が売却金額となるよう考えておきましょう。

仲介手数料に対する考え方

仲介手数料は計算してみると結構大きな金額になるため、びっくりされる方も多いです。
しかし、上記の計算式で概算の仲介手数料を知っておくと、その心配はありませんよね。
そもそも、仲介手数料とは不動産会社の人件費や広告費、調査費用などが含まれます。
物件によって仲介手数料を値引きすることも可能ですが、仲介手数料の値引き交渉を無理におこなったがために、買主がなかなか見つからないといった事例も少なくはありません。
それよりは、正当な仲介手数料を支払って、できるだけ高額で売却するほうが得策という考え方もあります。
とはいえ、できるだけ経費を節約したいというのが本音です。
仲介手数料を無理に値引き交渉せずとも、節約する方法はありますので次の項でご紹介していきます。

不動産売却の際に仲介手数料を節約する方法はある?

不動産売却の際に仲介手数料を節約する方法はある?

不動産売却時における仲介手数料の相場は上限額であることが多いです。
しかし、少しでも節約したいですよね。
最後に仲介手数料やそのほかにかかる費用などについて節約するポイントやコツをご紹介します。
不動産売却を検討されている方は、ぜひ知識として参考にしてください。

不動産買取を利用する

不動産売却時に仲介手数料をかけずに売却したいという場合は、そもそも仲介ではなく不動産買取がおすすめです。
不動産買取は直接買い取ることになりますので、仲介ではなくなります。
そのため、仲介手数料が一切かかりませんので、仲介手数料を節約したいという方におすすめです。
売却もスムーズにおこなわれるため、すぐに現金化したいという方にも有効となります。
ただし、買い取りの際は一般的な売却金額から6〜8割の価格となるのがデメリットでしょう。

仲介手数料の交渉が可能なケース

不動産会社が受け取れる仲介手数料は、売主側からと買主側からの2種類です。
どちらも仲介手数料の計算方法は一緒ですが、大抵の場合は売主側を仲介した不動産会社は売主から、買主側を仲介した不動産会社は買主から仲介手数料を受け取ることになります。
しかし、自社で買主を見つけた場合は、売主側と買主側からダブルで仲介手数料を受け取ることが可能です。
いわゆる「両手仲介」ですが、その際に交渉すると仲介手数料が半額になるケースも少なくありません。
ホームページで仲介手数料半額とうたっているところでは、このケースが多いといえます。 上限と計算方法をご紹介します

仲介手数料以外で節約する方法

●印紙税
●登録免許税
●司法書士への報酬
●固定資産税
●測量費、産廃物処分費、解体費用など
●ハウスクリーニング代やリフォーム費用
●引っ越し代

上記のなかで、節約できそうなものをご紹介します。
産廃物処分費は、業者を頼まずに自分でごみ処理センターに持ち込むことが可能であれば、大幅に節約することができます。
解体費用やリフォーム費用などは、立地の良い土地であれば、解体やリフォームせずに売却することも可能です。
解体が必要だと思う物件も、古民家としての需要がある場合もありますので、売却状況をみてから解体やリフォームを考えても遅くはないでしょう。
実際に、リフォームなしでも売却できた物件を、わざわざ費用をかけてリフォームして損をしてしまうことも少なくありません。

今回は、不動産売却時における仲介手数料について、上限や相場、節約術などをご紹介しました。
不動産売却時の仲介手数料は、計算しておかないと予想外の出費となってしまいます。
不動産売却時には、今回ご紹介した計算方法であらかじめ仲介手数料を計算しておきましょう。
また、仲介手数料をまるごと節約したい場合は、不動産買取がおすすめです。
仲介手数料以外にも、かしこく節約してできるだけ高い価格で売却しましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる