FX取引の仕組み

デジタル資産とは

デジタル資産とは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略で、日本語にすると 『非代替性トークン』 となります。

スマホゲームと何が違う? 暗号資産で遊べるゲームの中身とは

井上さん:我々は「ブロックチェーンゲーム」と呼んでいます。ブロックチェーン技術を基につくられる「暗号通貨」とは、ビットコインやイーサリアムなどのこと。ブロックチェーン上でトークンとして記録されたり、交換されたり、送付されたりする通貨のことです。ブロックチェーン上にはそういった通貨だけでなく、デジタルデータも記録できます。「くりぷ豚」に登場する豚のキャラクターたちはブロックチェーン上にあるデジタル豚のデータであり、「ノンファンジブルトークン(非代替性トークン)」のひとつです。

【写真説明文】「くりぷ豚」のゲーム画面。豚のキャラクターに餌を与えたりできる

――いわゆるスマホゲームとの違いはどこにあるのでしょう?

井上さん:当然ながら通常のスマホゲームでは、暗号通貨は使いませんし、暗号資産もありません。「くりぷ豚」に登場する豚のキャラクターたちがスマホゲームにおけるキャラクターと何が違うかというと、コピーできないということなんです。改ざんできないとも言えますね。「くりぷ豚」では理論上3京6000兆通りの豚ができます。ユーザーが所有する豚は世界にひとつしかない固有のキャラクターになります。

コピーできないから価値が出る

井上さん:このコピーできないことが価値を生みます。ブロックチェーンを活用するまでは、デジタル上の世界では、データをコピーすることが容易にできました。

ゲーム上にリアルな資産を形成できる

――ブロックチェーンを使うと、デジタルデータも価値を持ち、保ち続けることができるということですか。

井上さん:はい。コピーできない固有のデータがデジタル上にあるということは、それ自体がゲーム上で資産になるということでもあります。この場合の資産とは「イーサリアム(=暗号通貨)」と「ゲーム内のキャラクターやアイテム(=暗号資産)」が例としてあげられます。

ゲームの世界をユーザーがつくる

――ゲーム内のキャラクターやアイテムをユーザー間でトレードできるというのは、画期的だと思います。

井上さん:今までのゲームでは、表立ったキャラクターなどの売買は、ゲーム会社側が禁止、あるいは推奨していませんでした。こうしたいわゆる「リアルマネートレード」に対して業界は消極的だったんです。その理由は2つあります。
ひとつ目は、ゲーム会社にとっては、ユーザーがお互いに自由にキャラクターを売買してしまうと、自分たちが売るはずだったものが売れなくなる可能性があるからです。自分たちが介在することで得られるはずだった利益を失ってしまう。ユーザーが中古品の売買をすることで新品の売れる量が減っていくようなものですね。しかし、ブロックチェーンゲームでは、そもそもキャラクターやアイテム等の所有権という価値がユーザーに移転されていて、防ぎようがないのです。

――ユーザー同士の取引を許可するにしても、リスクや管理コストがそれなりにかかるということですね。ゲームにブロックチェーンを実装することで、それが簡単にできるようになったと。

井上さん:そうですね。ブロックチェーンゲームであれば、スマートコントラクトと呼ばれる仕組みを使って安全でスムーズにトレードができます。取引所が仲介することもありますし、ユーザーが持っているウォレットを使って、取引所を介さずに直接取引することもできます。

――暗号通貨にしても、キャラクターのデータにしても、ブロックチェーン上に置かれているわけですから、ウォレットさえ持っていれば、自由にトレードできるわけですね。

井上さん:ウォレットは、キャラクター、アイテムなどの暗号資産を保管するだけでなく、マーケットで流通させることができます。「くりぷ豚」でいうと、購入した豚を育てたり、交配させて新たに誕生させたりした豚を、マーケットでトレードに出すことができるわけです。かつその豚たちはどれもが固有の価値を持ったキャラクターです。

くりぷ豚 レーシングフレンズ ※本記事の情報、予想及び判断は仮想通貨などの投資活動を推奨し、勧誘するものではありません。過去の実績や予想・意見は将来の結果を保証するものではありません。

井上 和久(グッドラックスリー代表) 1980年生まれ。福岡県出身。東京大学工学部卒業。
新卒でドリームインキュベータに入社。大企業への経営コンサル、ベンチャー投資、インキュベーション、新規事業立ち上げなどを経験し、インターネット・モバイル・コンテンツ分野を統括。
その後、福岡から世界中の人々を繋ぐエンターテインメントを生み出して行こうと決意し、グッドラックスリーを創業。
「ブロックチェーン×エンターテイメントで世界最先端を走る」というビジョンを掲げ、国内初ブロックチェーンゲームの「くりぷ豚レーシングフレンズ」「クリプトアイドル」、ブロックチェーンアミューズメントプラットフォーム「RAKUN」などを手掛ける。

TRUSTED
DIGITAL SOLUTIONS
FOR INSTITUTIONAL CLIENTS

PHILOSOPHY

MISSION

VISION

OUR STRENGTHS

機関投資家市場を基盤に、デジタル・ソリューション、 国際的なチーム構成や起業家マインドセットを持ち合わせている我々は既成概念にとらわれることなく、
グローバル市場に新風をもたらすよう取り組んでいます。

OUR STRENGTHS

Digital Solutions X Institutional Finance

当社のチームは、金融業界とテクノロジー業界の双方に精通しており、 先端のデジタル・ソリューリョンの提供の手助けをさせて頂きます。 有力なテクノロジーやフィンテック企業とのグローバルな提携網を通じ、最先端の技術に幅広くアクセスすることが可能となります。

International and Entrepreneurial Team International and Entrepreneurial Team

International and Entrepreneurial Team

現在20国籍以上の社員が在籍し、急成長をしている多文化チームは様々な経験と意見をもたらします。 その専門性の高いチームメンバーは一流の技術及び金融業界からの深い知識を持ち合わせています。 また、当社は顧客中心のセルフスターター文化が強く、個々に権限を与え快適に提案ができる環境をスタッフに提供しています。

BUSINESS LINES

Capital Markets Solutions

01
Advisory

02
Tokenization and Issuance

03
Digital Exchanges

04
Digital Custody

Financial Technology &
Blockchain Services

01 Banking Technology

02 Digital Payments

03 Digital Wallet (sbiwallet)

04 Blockchain as a Service

機関投資家水準のブロックチェーン・ソリューションを提供し、 お客様にブロックチェーン革命への参加の道を開きます。 ブロックチェーン分野のパイオニアであるR3社との強力な提携関係を最大限活用します。

05 Digital Exchange
Technology Solutions

ceo

Principal Investments

当社の世界的なデジタル資産のエコシステムに協力し、 かつ成長できる企業に対して、長期的で戦略的な資本を提供していきます。 また、当社のデジタル未来像に共鳴し、かつそのビジョンを 実現できそうな起業家や企業を支援いたします。

PRESS RELEASES / NEWS

シンガポール金融管理局(MAS)からのCMSライセンス取得の原則承認のお知らせ (SBI Digital Markets) SBIデジタルアセットホールディングス株式会社(以下「当社」)の子会社で、機関投資家向けに デジタル アセットソリューションを駆使した金融サービスを.

シンガポール子会社SBI Digital Markets における タイ王国サイアム商業銀行グループ(SCB10X)からの出資受け入れに関するお知らせ SBIデジタルアセットホールディングス株式会社(以下「当社」)の子会社で、機関投資家向 けデジタルアセットソリューションを駆使した金融サービスを提供するSBI Digital Markets Pte. Ltd.(本社:シンガポール、取締役:Winston Quek、以下「SBIDM」)は .デジタル資産とは

SBIデジタルアセットホールディングスとSecuritize、 Securitizeのデジタル証券発行・管理プラットフォームと SBIのデジタルウォレットソリューションを統合する計画を発表 デジタル証券の発行・ライフサイクル管理プラットフォームを提供する…

ロシアのスベルバンク、デジタル資産の発行交換サービス開始へ

「FTX Japan」ローンチ、日本市場へ本格参入、国内でステーブルコインや前払式支払手段に規制、資金決済法改正案が成立、前澤友作、web3コミュニティ「MZ CLUB」を立ち上げ、OpenSea元プロダクト責任者、NFTのインサイダー取引で起訴、FTXグローバル、イーサリアムL2「Optimism(OP)」を先物で取扱開始、OKX、WAX StudiosのP2Eゲーム事業に約13億円投資、メタバースの「日本デジタル空間経済連盟」、新たに17社入会

人気の記事

前澤友作、100億円規模のweb3ファンド立ち上げ

STEPNの「GMT」で買い物が可能に、AlchemyPayと提携

【取材】ガウディがweb3メタバース事業開発に25億円調達。バンダイナムコ、KDDI、SBIから

Terra(LUNA)ハードフォーク案可決、新チェーンTerra2.0へ

「FTX Japan」ローンチ、日本市場へ本格参入

あたらしい経済をシェアする

人気のキーワード

著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 デジタル資産とは に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者 ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「NFT」とは?いま話題のNFTを超初心者向けにわかりやすく解説!

Non-Fungible Token


NFTという言葉を頻繁に耳にするようになりました。2021年9月には、日本の 小学3年生の男の子が自由研究で制作したNFTアートが約240万円 で購入されて話題となりました。

NFTとは

NFTとは


NFTとは、「Non-Fungible Token」の略で、日本語にすると 『非代替性トークン』 となります。

コインチェックテクノロジーズ代表の天羽氏によると、「デジタルコンテンツに保有している情報を紐付ける はんこ のようなもの」と表現しています。

なぜNFTが必要なのか

NFTによって守られる価値とは?

NFTの事例:NBA Top Shot

アメリカのプロバスケットリーグであるNBAでは、『NBA Top Shot』というNFTを利用したサービスを開始しました。

NBA Top Shotは、立ち上げから数カ月で2億ドル(約210億円)を超える売り上げを記録しています。

NFTは、『唯一無二であることの証明ができる技術』によって、 新しいビジネスチャンスを創造することができる のです。

NFTについて知っておきたいこと

音楽や映像などの 『著作権』がNFTによって移転されるわけではありません。 著作権の侵害にならないようにデジタル資産を扱わなければいけません。

代替性と非代替性について

非代替性とは、例えば人気タレントのサイン入り写真集です。定価が3500円であったとしても、 本人のサインをもらったことによって、唯一無二の価値がついています。 このサイン入りの写真集は、ファンにとっては数万円以上の価値として取引されることでしょう。

NFTの事例

NFTの事例


NFTの大枠を理解していただいたところで、NFTの事例をご紹介していきます。

NFTの事例①|デジタルアート

NFTの事例②|ツイート

2021年3月22日、ツイッター創業者ジャック・ドーシー氏の15年前のツイッター初投稿がオークションにかけられ、 3億円超の高値をつけました。 NFTによってツイートのようなデジタル資産も競売できるという事例となりました。

NFTの事例③|スニーカー

2021年12月13日、 ナイキがNFTスニーカー企業を買収 しました。世界的な大手ブランドがNFTを活用しながらメタバースへの進出を加速させています。

NFTの事例④|デジタルアート

2021年12月18日まで行われたオークションにおいて、 モザイクアートNFT「鉄腕アトム」が約5600万円で落札 されました。日本発NFTの最高落札額となっています。

NFTの事例⑤|デジタルアート

2021年11月10日、日本財団は子ども第三の居場所 新さいたま市拠点の子どもたちと一緒にワークショップ形式でアート作品を制作。 子どもたちの作品をNFTとして販売。 新しい寄付のカタチをメタバースではじめました。

NFTの事例⑥|トレーディングカード

2021年12月17日よりアサヒ飲料が期間限定で NFTトレカのプレゼントキャンペーンを実施 しました。LINEブロックチェーン活用した取り組みで、NFTトレカには固有のナンバーが付与されています。

NFTにできること・特徴

NFTにできること・特徴


すでにさまざまな活用がされ始めているNFTですが、NFTにできること・特徴を整理しておおきましょう。ここでは主に以下の3つについて解説します。

安全な取引ができるようになる

不正に改ざんされる心配がなくなる

市場の取引で価値が高まる

実物の絵画のような芸術作品では、今までの所有者の履歴が、その作品の価値を決める要因のひとつとなっています。NFTによって、デジタル資産も 所有者の履歴が残せる ようになりました。

また、従来は転売されても著作権者にはメリットがないために転売禁止であることも多かったです。しかし、NFTなら 転売されるごとに著作者に報酬が支払われる ような設定をすることが可能。 NFTの登場により今後は積極的な転売がビジネスとなっていくでしょう。

デジタル資産とは
いままでのデジタル作品 デジタル資産
ネットの取引 証明書がないため、取引に不安がともなう NFTが証明書となり、安心して取引できる
唯一性や希少性 本物かどうかが区別できない NFTによって唯一性や希少性が証明される
所有者 データの所有者が不明確 データの所有者が明確になる
所有の履歴 これまでどのような履歴を持っていたのかがわからない これまでに取引された履歴がすべて記録されている
著作者 著作者がわからなくなる。転売されても報酬が入らない 著作者を登録できる。転売のたびに報酬をもらうこともできる

NFTマーケットプレイスの一覧

NFTマーケットプレイスの一覧

デジタル資産とは
NFTを売買するには、NFTマーケットプレイスを利用します。 アートや音楽、映像、ゲームのキャラクターやアイテムなどの売買ができるさまざまなNFTマーケットプレイスがあります。

海外 国内
OpenSea Coincheck NFT(β版)
Rarible Adam byGMO
SuperRare nanakusa
Nifty Gateway NFTStudio

NFTを理解するために知っておきたいキーワード

NFTを理解するために知っておきたいキーワード


NFTを理解するために知っておきたいキーワードを解説します。

バイデン米大統領、仮想通貨とデジタル資産の調査を指示する大統領令に署名


提供:Anna Moneymaker/Staff/Getty Images

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

メインフレームを作り続けるIBM、クラウドシフトを進める富士通、それぞれの思惑とは

「Web3」が実現する新しい成長と分配--中核技術はブロックチェーン

マイクロセグメンテーションの概念と仕組み

「CentOS 8」のサポートは2021年末で終了--移行先の選択肢など対応策は?

  • ウクライナに多額の仮想通貨が寄付される--使途公開など多くのメリット
  • トーバルズ氏、Linuxカーネルを「C89」から「C11」コードに移行する準備
  • 仮想通貨は泥棒の標的--もし盗まれたらどうすべき?
  • 「イカゲーム」に便乗した仮想通貨、開発者が2億円超を稼いで逃亡
  • 「iOS 15」でモバイルデータ浪費を防ぐ--無効にした方がよい設定

関連ホワイトペーパー

  • 印紙税コストを10分の1に削減!電子署名で業務効率化とコスト削減を実現したブラザー工業の取り組み
  • 中堅・中小企業でもお手軽・安価に、持ち出しパソコン・在宅ワークのデータ保護の不安を解消!
  • IDを起点に経営課題の解決を図る、事業基盤を築くためのIT投資に欠かせないID管理とは
  • ある日突然、ひとり情シスに任命されたら?最初の30日間で確認することを解説
  • Withコロナ時代における、ひとり情シスの最適な「テレワーク実践法」とは?
  • 企業文化の変革に欠かせない3つの“P”とは? DX支援の専門家に聞く。
  • ウィズコロナ時代の人材戦略
  • 「働く」を変える、HRテックの今
  • 量子コンピューターを知る--現状と今後
  • デジタルで変わるスポーツの未来
  • CxOメッセージ
  • DXのヒント--CxOが知っておくべきこと
  • ビジネスとテクノロジーのコンポーザビリティー
  • DXマネジメントオフィス入門
  • 顧客志向で切り拓くCOVID-19時代の変革ジャーニー
  • ビジネス視点で分かるサイバーのリスクとセキュリティ
  • 2025年に向けてDXを推進するIT部門の役割とガバナンス
  • 教育IT“本格始動”
  • ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
  • デジタル“失敗学”
  • エリック松永のデジタルIQ道場
  • 研究現場から見たAI
  • Larry Dignanの独り言
  • 大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
  • 山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
  • 田中克己「デジタル岡目八目」
  • 松岡功「一言もの申す」
  • 松岡功「今週の明言」
  • 内山悟志「デジタルジャーニーの歩き方」
  • 林雅之「デジタル未来からの手紙」
  • 谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
  • 「プロジェクトマネジメント」の解き方
  • 新潮流Device as a Serviceの世界

セキュリティ

  • スマートシティーのセキュリティを考える
  • セキュリティインシデント対応の現場
  • 企業セキュリティの歩き方

スペシャル

  • 調査で読み解くマルチクラウド化の現状と課題
  • マルチクラウド時代のデジタル衛生管理術
  • あなたの知らないMDMの世界
  • リテールテック最前線
  • オブザーバビリティーが変えるCX
  • デジタル資産とは
  • ゼロトラストの基礎知識
  • マネージャーを目指すエンジニアのためのビジネスナレッジ
  • ローコード技術の衝撃
  • デジタル時代を支える顧客接点改革
  • エンタープライズAIの隆盛
  • 顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
  • 「ひとり情シス」の本当のところ
  • ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
  • 生産性向上に効くビジネスITツール最前線
  • 庭山一郎「戦略なきIT投資の行く末」
  • 課題解決のためのUI/UX
  • 10の事情
  • 座談会@ZDNet
  • 吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
  • 古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
  • 中国ビジネス四方山話
  • 企業決算
  • ピックアップソリューション : Identityマスターへの道

CNET Japan Top Story

  • テンストレント、元レノボNEC社長のデビッド・ベネット氏を最高顧客責任者に採用
  • KDDIら、5Gの低遅延伝送と手術支援ロボットで遠隔医療の実証実験--医師不足の解消へ
  • DNP、「神田明神CG空間」を公開--所蔵資料も公開、秋葉原の「XRまちづくり」一環で
  • GM傘下のCruise、無人の自動運転車による有料タクシー運行が可能に--サンフランシスコで
  • JR東ら、青森県東津軽郡でデマンド型乗合タクシーの実証実験--2種類を運行、1回500円

ホワイトペーパー

Google Cloud デジタル資産とは の技術者が伝授、Cloud Run 運用方法と Cloud デジタル資産とは Ops 活用法

ランキング

カテゴリランキング

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA Business Sites

International Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company., Fort デジタル資産とは Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる