FX基本用語

知識ゼロで投資に挑戦

知識ゼロで投資に挑戦
投資信託は「資産運用のプロ」が投資家に代わって運用する

Beyond 5G/6Gのコンセプトおよび
実現に向けた挑戦を公開

ソフトバンクの先端技術開発本部 知識ゼロで投資に挑戦 本部長の湧川 隆次(わきかわ・りゅうじ)は、次のように述べています。
「モバイルネットワークは、4Gまではスマートフォン向けのネットワークでしたが、5Gを皮切りに、6Gでは全ての産業のデジタル化を支える社会基盤としてのネットワークに生まれ変わります。インターネットがグローバルで唯一の共通基盤インフラとなったように、6Gではあらゆる日本の産業がモバイルネットワークの上に構築されていきます。インターネットがデジタル仮想空間を築いて、モバイルネットワークが基地局と端末をつなぐ役割を担うことで、仮想空間と現実空間をリアルタイムに結びつけます。AIにより仮想空間で予測し判断したことが、6Gにより現実空間に超低遅延でフィードバックされます。また、6Gはもはやネットワークとしての役割だけでなく、AI社会を支えるコンピューターとしても発展していきます。日本のあらゆる場所にエッジコンピューターが配備されて、そこにAIなどのサーバー処理が可能な計算機が分散されます。これらはネットワークと高度に連携して、高品質なエンドツーエンドの環境を構築します。AIが次の産業革命を起こすとすれば、6Gはそれを実現する通信インフラとなります。ソフトバンクは、2017年に6Gの要素技術の開発・検討を開始しました。成層圏に基地局を飛行させて、直径200kmの広いエリアと上空の空間にも電波を届けるHAPSは、エリア拡張の技術として重要になります。すでに成層圏での通信試験を成功させて、HAPS向けの周波数の標準化活動やグローバルなアライアンスの設立など、多くの実績を残しています。また、周波数の拡張として、ミリ波の先のテラヘルツ波を通信に応用することを目指した取り組みも進めています。通信速度が数百Gbpsを超えて、光ファイバーより高速な通信を実現すると、ラックやサーバー間の通信などデータセンターでの利用も視野に入ってきます。モバイルの用途も検討して、さまざまな研究開発を進めています。このたび、これらの技術の一部を初めて公開します。6Gは、ソフトバンクのデジタルプラットフォーム戦略において、重要な役割を担います。共通基盤インフラとしてさまざまな産業を支え、デジタルツインによってAI技術を開花させ、そして自由にカスタマイズできる通信ネットワークと計算機資源を実現します。ソフトバンクは、6Gに向けた挑戦を実現することで、日本における完全デジタル化を推進して、『情報革命で人々を幸せに』することを目指します」

2030年 Beyond 5G/6Gの世界観

Beyond 5G/6Gに向けた12の挑戦

(1)ベストエフォートからの脱却

これまでのモバイルネットワークでは、スマートフォンをインターネットに接続するベストエフォートなサービスを提供してきました。例えば、ネットショッピングや動画のストリーミング視聴といった、多少の遅延やパケットロスが発生しても生活に支障が生じにくいアプリケーションを提供してきました。6Gのモバイルネットワークでは、さまざまな産業を支える社会インフラの実装が期待されており、各産業が要求するサービスレベルに見合った、品質の高いモバイルネットワークを提供する必要があります。ソフトバンクは、日本全国を網羅するモバイルネットワークに、MEC(Mobile Edge Computing)やネットワークスライシングなどの機能を実装して、産業を支える社会インフラを実現していきます。

(2)モバイルのウェブ化

(3)AIのネットワーク

AI技術は、画像認識による物体の検知や、音声認識・翻訳だけではなく、ネットワークの最適化や運用の自動化など、幅広く適用されるようなりました。同時に、無線基地局を含むモバイル通信を支えるネットワーク装置では、汎用コンピューターによる仮想化も進んできました。AI技術と、ネットワーク装置の仮想化は、いずれもGPU(Graphic Processing 知識ゼロで投資に挑戦 Unit)によって効率的に処理できるソフトウエアです。モバイルネットワーク上にGPUを搭載したコンピューターを分散配置することで、低コストで高品質なネットワークとサービスの提供が可能になります。ソフトバンクは、2019年からGPUを活用した仮想基地局の技術検証に取り組んでおり、AI技術とネットワークが融合したMEC環境を実現していきます。

先生の考え方に感銘を受け、 “堅実な投資”9マス投資を始めました!

田島:考え始めたのはもう5~6年前になります。独身の間は、自分のためにお金を使えるし、何となくという感じで預貯金をメインにしていて、投資を経験することがないまま20代後半を迎えていました。漠然と「こんなにも金利が低い今の社会状況が劇的に変わるとも思えない…。 これから結婚・子育てをしていく年代としてこのままでいいんだろうか。お金を殖やすために何かした方がいい んだろうな」という不安が徐々に大きくなっていって…。

──お仕事柄、少しそうした知識もお持ちだったとか。

田島:そうなんです。仕事は、大学を卒業して10年以上、金融業界で働いています。日頃からお客様に対して預貯金や保険のご提案をする機会があり、仕事を通じて勉強も続けてきたので、同年代の女性に比べると、お金の知識や興味はあった方かもしれません。しかし、それでも 自分の知識だけではこの不安は拭えず、焦りばかりが増していきました。


──実際行動し始めたのは何歳ぐらいの時でしたか?

田島:転機は、30歳前後だったと思います。仕事を通じてファイナンシャルプランナーの資格を取り、プライベートでは結婚が決まり、ライフステージが少しずつ変化していきました。いよいよ本格的にお金の勉強をして、結婚や育児を視野に入れた自分自身のマネープランを立てたいと思い始めたんです。

セミナーや教材を見ても怪しい情報ばかりでますます不安に

──本やセミナーなど幅広く触れられたそうですね。

田島:預貯金はある程度できていたので、それを元手に投資の、最初の1歩を踏み出したいと考えていました。「何から始めようかな」といろいろ調べ、投資信託、株式投資などのセミナーを見つけてはいくつか受講しました。対面で学ぶ形式もあれば、動画を見て学ぶものもありました。時には「なるほど」と思える知識に出会えることもありましたが、期待していたものとは違ったなと首をかしげて帰路につくこともめずらしくありませんでした。セミナー後に保険に勧誘されたり、いいところばかりを見せて簡単に儲かりそうに話すちょっと怪しい人もたくさんいました。まずは幅広い知識を得て、いろんな人の話を聞いた上で自分に必要な選択をしようと思っていたので、それはそれでいい勉強になりましたが、投資の”はじめの1歩”はなかなか踏み出せそうにありませんでした。思いはあるのに、行動できないというモヤモヤ感に付きまとわれていました。

──投資=怪しいというイメージで1歩を踏み出せない人も多いですよね。田島さんの思いはたくさんの方が共感できるお話だと思います。

川畑先生の本やメルマガで”堅実な投資”という考え方に出会ったことが転機に!

──数多くのセミナーや本に触れる中で、川畑さんの9マスメソッドに出会われたとか。

田島:そうなんです。投資の勉強を続けていると、自然と周囲にもそういう仲間が増えていくもので、ある日、勉強仲間のSNSで川畑先生の本がおすすめされていたのを見かけたんです。早速、「元手ゼロ、毎月5万円で1億円つくる!9マス分散式ではじめる積立投資信託」を読んでみました。

それまでは株や投資って急に増えたり、減ったり、浮き沈みが激しいイメージでしたが、 「川畑先生のやり方はすごく堅実、コツコツ殖やせて、大勝ちはしない代わりに大損もしない考え方なら挑戦しやすそう」 と、投資に対して持っていたネガティブなもやもやがすっきり晴れやかになってきたのです。

実際に川畑先生とお会いしてみるととにかく共感・尊敬しかない!

──それまで会われた講師の方々とは印象が違いましたか。

田島:初めて川畑先生にお会いした日は、家計についてのアドバイスだけでなく、投資信託の選び方や売り買いのポイントなども話してくださいました。それから とても印象深かったのが、ご自身が持っていらっしゃる投資信託の銘柄を見せてくださった ことです。それまでいろんなセミナーでお会いした先生方は、いろんな商品を勧めてはくるけど、ご自身が何を持っていらっしゃるかはあまり話に出ませんでした。この日他にも、いろんなお話をしていただいたのに、緊張もあってか実はあまり内容は覚えていないのですが、「この人についていこう」と強く思ったことは忘れません(笑)。

──数多くの講師を見てこられたからこそ、違いを感じられたんですね。

田島:はい、とにかく安心できました。 投資の内容の正しさももちろんですが、女性としては話を聞いてくれて、理解してもらえるとか、共感できる話があるという点も大事 じゃないですか。それ以降も途中まで通っていた別の講座に一応は通いましたが、「違う、何か違う、やっぱり川畑先生の教えてくださるやり方が私には合うのかなぁ」という思いが強くなっていったんです。投資のプロは、少し胡散臭い人が多くて、相談しづらいし、とっつきにくい人ばかりというイメージが、川畑先生にお会いしたことで180度ひっくり返せたことは、今振り返ってみても投資を始める上で相当大きなできごとでした。

まずは投資用の口座を開設し、忙しくてもほったらかしておける積み立ての投資信託をはじめました!
──念願のはじめの1歩を踏み出されたんですね!

いよいよ投資を本格開始?結婚・出産からの数十年。預貯金だけで大丈夫?

──その後、ご結婚やご出産を経て、また投資への臨み方に変化が表れたそうですね。

田島:結婚し、出産が現実的になると、お金への不安や必要性というものがより明確になってきました。私は都内出身ではないのですが、都内での子育てってすごくお金がかかりますよね。 「子どもができたら教育費の積み立てはどうしよう」「私立の中学に行きたいと言い出したらいくらぐらい必要なの?」 と、悩みは尽きません。そこで改めて、川畑先生の本を開き、メルマガを読み直しました。そして「やっぱり目を背けちゃダメだ」と眠っていた投資欲がムクリ。

いよいよ実践のための川畑先生の授業を受けに!

──川畑さんの講座を受けられた感想はいかがでしたか?

田島:そして以前の家計相談からは1歩も2歩も進んだような内容の川畑先生の動画講座を受講し、対面でのコンサルティングも受けさせていただきました。理論的なところは本でもある程度理解できるんですが、やはり株の銘柄選びって知識だけじゃなくて、決断力や勇気も必要なんですよね。「これでいい…はずだけど、本当にいいのかな…。今でいい…と思うけど、もっと待った方がいいのかな…」なんて。だから最初の選定でアドバイスしていただいたことは本当に心強く感じました。

具体的な銘柄だけじゃなく一人で選べる力が身につく!

──その後は習慣や日常的な視点に変化はありましたか。

田島:その後も先生がどういうポイントを見て選んでいるか、どういうタイミングが買いどきで売りどきなのか、実践的に教えてくださるのですっと頭に入ってきたんです。その教えをもとに、自分のお金と頭を使って株を売買するのは、緊張もしますが、とても誇らしかったです。

9マス分散式に則っていろんな投資をバランス良く

──「景気が下がっても怖くなくなった」とおっしゃっていましたね!

田島:市場の見方や景気サイクルがわかるようになってくると、日経平均が下がったり、景気が悪くなっても焦らず、落ち着いていられる冷静な感覚が備わるような気がします。

利益は「マイナスを我慢した人へのプレゼント」という川畑先生の言葉で心がすっと軽く

──考え方の部分で投資に対するハードルが下がったんですね。

田島:それは大きかったです。川畑先生の考えは応用できて臨機応変に使えるというのがありがたいんです。それが、学んでよかった最大のポイントかもしれません。”下がってきた時に買って、高くなってきたら売る”、この感覚も少しずつですが、理解するだけでなく、自分の中で浸透してきたかなという印象があります。

──教わったことで特に心に残っていることはありますか?

田島:川畑先生がおっしゃった言葉でずっと覚えているのですが、 知識ゼロで投資に挑戦 「投資の利益は、マイナスを我慢した人へのプレゼント」という考え方を聞いて心が軽くなったんです。投資に挑戦することのハードルが低くなってきたというと伝わるでしょうか。 日本人の大多数がそうじゃないかと思うんですが、頭ではわかっていてもやはり投資に対して少し怖いイメージがありますよね。それが徐々になくなってきたんです。マイナスを経験してプラスがあるんだという先を考えられる感覚が身についてきました。この変化はとても大きいし、一生物の技術なんじゃないかなと我ながら頼もしく思っています。

長期投資は時間が大事。20代から始めても早すぎることはない!

──今はどんなもので資産運用していますか?

田島:投資信託も川畑先生の教えに従い、本を読みながら選びました。今は、年間40万円ぐらいの積み立てを3年ぐらい続けているのと、積み立てNISAも月2万円ぐらいやっています。長期投資は時間が最大の武器ですから、まだそれほど大きく育っていませんが、すでに少しプラスが出てきている感じで、これからが楽しみなところです。

──9マスメソッドに則って、リスク分散しながらの資産運用をしっかりマスターされていますね。

田島:はい、まだまだこれからですが、楽しみます。でも川畑先生に師事して本当に良かったと思うのは、今までにプラスが出たとかそういう 実際の成果よりも、投資そのものに対する見方が変わったり、ハードルが下がったことです。 以前は興味も知識もなかったETFも1?2カ月スパンで売り買いできていますが、こう言ったチャレンジができるようになったことが私にとっては劇的な変化なんです。

いつまでも先生に見てもらうわけにはいかないから、 できるだけ早く自分で判断できるようになりたかった。その最初の1歩をサポートしてもらえたことが本当に意義深い と思っています。もちろん、今後も困ったり悩んだりした時には相談に乗ってもらえるという安心感もあります。

6年後には2,000万円!川畑先生のような”ママ資産家”を目指して

──今後の目標を聞かせてください。

田島:今は、産休中で子育てに忙しくしていますが、先生のお考えを見聞きするチャンスと思って、いろいろと教えていただいています。

それから経験も生かして、投資の知識を人にも伝えられるようになっていきたいですね。将来、子どもにも教えてあげられるお母さんになりたい。川畑先生もそうですが、 お子さんにお金との向き合い方を教えてあげられるのってとっても素敵だと思うんです。先生のお子さんが学校で投資の授業を受けて「資産家ってママのことを言うんだよね」って言われたという話をお聞きして、それってとっても誇らしいことだなと憧れました。 そんなママになれるよう今はマイナスもプラスもいろんな経験をしていくことが楽しみなんです。

これからたくさんお金が必要になっていくからこそ、もっと真剣にお金と向き合っていく必要がありますよね。 そこで記事を全部読んでいただけたあなたには特別に、以前実際に 3980円で販売していた 「お金が貯まるようになる勉強会」の動画セミナーの一話分を無料でプレゼント させていただきます。 無料メールセミナーとセットで、正しいお金との向き合い方を勉強していきましょう。

ゼロからはじめる資産形成⑦ はじめてでもわかる!投資信託の基本

投資信託は「資産運用のプロ」が投資家に代わって運用する

投資信託は「資産運用のプロ」が投資家に代わって運用する

投資信託ってなに?

投資信託の特徴① 少額から購入できる

投資信託の特徴② 分散して投資される

投資信託の特徴③ 専門家に任せられる

透明性・安全性が比較的高い

どんな種類がある?

運用スタイルは「インデックス型」と「アクティブ型」

コストについても知っておこう

利益には20%超の税金がかかる…初めて投資するならNISAやiDeCoの活用を

どうやって買うの?

元本保証は無し

インタビュー

10言語「越境EC」で日本企業の海外進出を支援=直井聖太・BEENOS社長

10言語「越境EC」で日本企業の海外進出を支援=直井聖太・BEENOS社長 無料記事

母として、選手として 元バレーボール女子日本代表キャプテン、荒木絵里香さん

母として、選手として 元バレーボール女子日本代表キャプテン、荒木絵里香さん

創業135年、EC向け物流拠点も拡大=藤倉正夫・三菱倉庫社長

創業135年、EC向け物流拠点も拡大=藤倉正夫・三菱倉庫社長 無料記事

外部サイトのおすすめ記事

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月21日号

歴史と経済で解くドル没落16 対露制裁でドル離れ 「非親米」国が顕在化 ■浜田 健太郎18 インタビュー 行天豊雄 元財務官「米一極集中は限界。 『ブレトンウッズ3』の不在は大失策だ」19 ウクライナ危機の深層 「ドル覇権の死守」が至上命令 戦線拡大いとわない米英最強硬派 ■滝澤 伯文22 「金」高 [目次を見る]

出荷製品の「梱包レス」に果敢に取り組むデジアイズ。 グループの理念「新しい常識の創造」を目指し、資源ごみゼロへ挑戦し続けています

サステナブルな社会づくりのため、岩手工場では環境への配慮とイノベーションの推進によって、持続可能な生産体制を確保する仕組みづくりを行っています。
その大きな柱となっているのはゼロ エミッション(排出ゼロ)。Direct Store Delivery(以下DSD:ダイレクト ストア デリバリー)やPallet Delivery(以下PD:パレットデリバリー)による包装材の削減、廃棄物計量管理システム「環境Navi」による分別排出の徹底と分析など、排出ゼロに向けた活動を推進しています。

28604

  • 1. 中国発ファストファッションEC「SHEIN」、その世界を凌駕するモデルはどのように生まれたか

新着・ニュース

  • レッドオーシャンのノートアプリ界で新星誕生——台湾のHeptabase、YCらから170万米ドルをシード調達
  • 研究と健康をつなげるORKA、イグジットまもない2人の連続起業家からエンジェル資金を調達——D2C事業を来年ローンチへ
  • 情シスのSaaS運用を支援する「シスクルシェアリング」運営、ジェネシアVなどから1.4億円をプレシリーズA調達
  • Animoca Brands、仮想通貨・ブロックチェーンゲーム関連投資が340社15億米ドルに
  • 〝現代版どこでもドア〟開発のtonari、4.5億円をプレシリーズA調達——リアルテックファンド、One Capitalから

コニカミノルタとキンドリル、スマートファクトリーやスマートシティ領域のDXを推進 社会課題の解決に向け、画像IoTやAIを活用

コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長 兼 CEO:大幸 利充、以下「コニカミノルタ」)とキンドリルジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:上坂貴志、以下「キンドリル」)は、スマートファクトリーやスマートシティ領域において、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し社会課題を解決するための画像IoTソリューション事業で協業することを発表しました。 両社は、…

J2クラブの大分トリニータの″挑戦″!″ALL Blue″で次の未来を作る!クラウドファンディング第4弾を「スポチュニティ」で実施予定!!

~ALL Blue project -minnade challenge- #ミンチャレ~ チーム・団体やアスリートを支援するスポーツ専門クラウドファンディングを展開するスポチュニティ株式会社(東京都中央区、以下スポチュニティ)は、J2クラブの大分トリニータを運営する株式会社大分フットボールクラブ(本社:大分県大分市、代表取締役榎徹、以下大分FC)のクラウドファンディングの支援募集プロジェクトを実…

2022年初頭より急成長の採食プラントベース業界のために、画期的なシステム化の、ヴィーガン/ベジタリアン/の専用/対応レストラン紹介ガイド(運営:合同会社ビッグうさぎ)を立ち上げます。英語版/日本語版

ヴィーガン・ベジタリアン・プラントベースのレストラン&カフェの店舗紹介を開始! ヴィーガン・プラントベース・ベジタリアン食が、もの凄いスピードで日本にも上陸(日本は非常に遅れていますが)してきている中、ヴィーガン・レストラン&カフェは次々と誕生してきております。 サステナブル、エシカル消費、健康志向、プラントベースが注目され、ヴィーガンは、食事や生活において動物性食品や製品を使わずに生きることを選…

EPARKおでかけ限定 カンドゥーのお得な親子ペアチケットを6月12日(日)利用分から販売開始

株式会社EPARKフィナンシャルパートナーズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:津田 卓明)が運営する、スマートフォン1つでレジャー施設の電子チケットをおトクに事前購入できるサービス「EPARKおでかけ」(https://ticket.mamakoe.jp/)は、「カンドゥー」(千葉県千葉市美浜区)の毎週日曜2部限定で、通常よりお得な『親子ペア入場チケット』を販売開始しました。 ◎EPARKおで…

NGA、「B Dash Camp 2022」にてグローバルeコマースの最新動向を紹介

CEOの王沁がネット業界における日本最大規模の招待制カンファレンスに登壇し、海外のEC成功事例を解説 次世代アプリを開発・運営する株式会社NGA(本社 : 東京都港区、CEO : 王沁、以下「NGA」)は、2022年6月1日~3日に開催された、インターネット業界の第一線で活躍する経営者や著名人が集結する日本最大規模の招待制カンファレンスである「B Dash Camp 2022 Summer in …

新たなIT人材を育てる--中東・北アフリカ地域の将来に向けた取り組み

SE Factory


提供:SE Factory (via Facebook)

参加者を教えたのは、Google社員やGoogle Developer Expertに加え、Google Developer GroupsやWomen Techmakersのコミュニティ、Google Developers Students Clubs、その他の地元の組織が主催したイベントに参加した、地元の専門家たちだった。

そうした例の1つが、サウジアラビアでのTuwaiq Academyの立ち上げだろう。このアカデミーでは、1000人以上の参加者に「Google Machine Learning API」や「Google Workspace」に関するトレーニングが行われたほか、アジャイル開発やデザイン思考について取り扱うリーダーシップ教育も行われた。

中東・北アフリカ地域のGoogle Developer Experts(GDEs)のネットワークも拡大された。Abid氏の説明によれば、このネットワークは「先端技術、特に機械学習とプログラミングに関連するあらゆる分野の優秀で活動的な業界リーダー」の集まりだという。このネットワークは、この数年で19人から33人に広がった。2021年には、これらの取り組みで、オンラインでのトレーニングや講演を通じて15万人以上の開発者に先端技術のトレーニングが行われた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ざんねんなセキュリティ--流行のゼロトラストが「既に導入済」は本当か?

マイクロセグメンテーションの概念と仕組み

初歩から理解するネットワークの基礎(1)--ネットワークの基本を分かりやすく解説

「APM」「Prometheus」「SLO/SLI」--システム監視に急増する新ワード

  • 技術者が磨くべきスキル--変化するテクノロジー人材に対するニーズ
  • 知識ゼロで投資に挑戦
  • クラウド化する世界、IT技術者に求められるスキルはどう変化しているか
  • 優秀なテック人材を採用、維持するために--今何を見直すべきか
  • 「デジタル人材育成は当社の社会的責任」--“Pathfinders”知識ゼロで投資に挑戦 を掲げるAWSジャパンの挑戦
  • 中東で進むテクノロジー主導の運輸革命--スマートな未来都市からハイパーループまで

関連ホワイトペーパー

  • 10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立
  • ひとり情シス・少人数情シスが ブラックボックス化しない方法
  • 印紙税コストを10分の1に削減!電子署名で業務効率化とコスト削減を実現したブラザー工業の取り組み
  • 中堅・中小企業でもお手軽・安価に、持ち出しパソコン・在宅ワークのデータ保護の不安を解消!
  • IDを起点に経営課題の解決を図る、事業基盤を築くためのIT投資に欠かせないID管理とは
  • ある日突然、ひとり情シスに任命されたら?最初の30日間で確認することを解説
  • ウィズコロナ時代の人材戦略
  • 「働く」を変える、HRテックの今
  • 量子コンピューターを知る--現状と今後
  • デジタルで変わるスポーツの未来
  • CxOメッセージ
  • DXのヒント--CxOが知っておくべきこと
  • ビジネスとテクノロジーのコンポーザビリティー
  • DXマネジメントオフィス入門
  • 顧客志向で切り拓くCOVID-19時代の変革ジャーニー
  • ビジネス視点で分かるサイバーのリスクとセキュリティ
  • 2025年に向けてDXを推進するIT部門の役割とガバナンス
  • 教育IT“本格始動”
  • ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
  • デジタル“失敗学”
  • エリック松永のデジタルIQ道場
  • 研究現場から見たAI
  • Larry Dignanの独り言
  • 大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
  • 山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
  • 田中克己「デジタル岡目八目」
  • 知識ゼロで投資に挑戦
  • 松岡功「一言もの申す」
  • 松岡功「今週の明言」
  • 内山悟志「デジタルジャーニーの歩き方」
  • 林雅之「デジタル未来からの手紙」
  • 谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
  • 「プロジェクトマネジメント」の解き方
  • 新潮流Device as 知識ゼロで投資に挑戦 a Serviceの世界

セキュリティ

  • スマートシティーのセキュリティを考える
  • セキュリティインシデント対応の現場
  • 企業セキュリティの歩き方

スペシャル

  • 調査で読み解くマルチクラウド化の現状と課題
  • マルチクラウド時代のデジタル衛生管理術
  • あなたの知らないMDMの世界
  • リテールテック最前線
  • オブザーバビリティーが変えるCX
  • ゼロトラストの基礎知識
  • マネージャーを目指すエンジニアのためのビジネスナレッジ
  • ローコード技術の衝撃
  • デジタル時代を支える顧客接点改革
  • エンタープライズAIの隆盛
  • 顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
  • 「ひとり情シス」の本当のところ
  • ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
  • 生産性向上に効くビジネスITツール最前線
  • 庭山一郎「戦略なきIT投資の行く末」
  • 課題解決のためのUI/UX
  • 10の事情
  • 座談会@ZDNet
  • 吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
  • 古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
  • 中国ビジネス四方山話
  • 企業決算
  • ピックアップソリューション : Identityマスターへの道

CNET Japan Top Story

  • 日本マイクロソフトが社長交代--アーメッド ジャミール マザーリ氏が就任、吉田氏は退任へ
  • 知識ゼロで投資に挑戦
  • 「ローカル5Gラボ」から「NEC CONNECT 5G Lab」へ--オープンイノベーションを推進
  • 自分だけのコントローラを作れる「Xbox Design Lab」を体験--日本でも展開へ
  • 円周率「100兆桁」の計算に成功、世界記録を更新--Google Cloud活用
  • 築90年の古民家が「XR HOUSE」に--音声番組「ニュースの裏側」#90

ホワイトペーパー

ランキング

カテゴリランキング

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA Business Sites

International 知識ゼロで投資に挑戦 Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is 知識ゼロで投資に挑戦 published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) 知識ゼロで投資に挑戦 A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are 知識ゼロで投資に挑戦 trademarks of A Red Ventures Company. 知識ゼロで投資に挑戦

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI 知識ゼロで投資に挑戦 INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる