オプション取引方法

ブローカーとは

ブローカーとは
まず、古代英語の1つの サクソン語が元であるという説が存在します。 サクソン語には、 “broc” という「失敗」を表す単語が存在し、この単語が元になっているのではないかと考えられています。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

ブローカーとディーラーのちがいは ブローカーとは なんですか? 教えてください。 証券を扱う銀行と それを売買する人の違いでしょうか

ブローカーとディーラーのちがいは なんですか? 教えてください。 証券を扱う銀行と それを売買する人の違いでしょうか

ベストアンサーに選ばれた回答

ブローカーは株や為替の取引をする投資家の間を取り持つ「仲介業者」。ディーラーは、本当に意味ではリスクをとりながら鞘取りなどをする人たちなのですが、現実にはその多くは銀行や証券会社で(商社も)、機関投資家などの顧客の注文を取り次いでいるだけという現実があります。デモ、単純にその違いを言えば、仲介するのが「ブローカー」で、リスクをとりつつ売買を重ねるのがディーラーです。FXにおける、個人投資家は「ディーラー」。上田はーローなどはブローカー。ブローカーから見れば、銀行のディーラーはディーラーですが、生命保険会社から見れば銀行員はブローカーです。
注文を手元で握りリスクを取って処分して、利ざや稼ぎをするのがディーラー。
身画から左へつないで中間手数料だけを取るのがブローカーです。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

金融業界においては、
ブローカーとは、買い手と売り手の手をつなぐ仕事です。取り扱う株式等の有価証券の価格変動リスクはとりません。双方から売買手数料をもらうます。リスクをとらない分収益率が低いです。
ディーラーとは、①マーケットに立ち向かって、有価証券を売ったり買ったりします。株式なら証券会社自己部門、為替・債券・金利スワップなら銀行のプロップ部門です。②対顧ディーラーというのもあります。JASDAQのマーケットメイクをする証券会社、為替・金利の顧客注文を自己ポジションで受ける銀行の市場部門などです。顧客注文を受けながら自己ポジションを一方で作りヘッジしたり積極的にポジション取ったりします。
投資信託のファンドを運営したり、ヘッジファンドで働いているのはファンドマネジャーです。ファンドをマネジメントするのが仕事ですので、お金の出し手にどういう運用しているのか説明するのも仕事となります。

不動産用語辞典

検索

頭文字から探す

カテゴリから探す

不動産の売買契約において、不動産を売る人(または法人)を「売主」という。 また不動産広告においては、取引態様の一つとして「売主」という用語が使用される。 この取引態様としての「売主」とは、取引される不動産の所有者(または不動産を転売する権限を有する者)のことである。

金融商品取引法

有価証券をはじめとする広範な金融商品の取引等について包括的なルールを定めた法律で、証券取引法を全面的に改正するなどにより、2007(平成19)年9月に施行された。 この法律の目的は、金融商品に関する公正な取引、円滑な流通、公正な価格形成等を確保することである。そのために、企業内容等の開示制度、金融商品取引業者等に対する業務規制、金融取引所の開設・運営についての規制などを規定している。 その特徴は、 1.幅広い金融商品の取引業務を投資サービスとして捉え、そのような行為に対して横断的にルールを適用すること 2.投資家の保護と投資市場の自由な発達との均衡を図るため、プロの投資家への法の適用の特例を定めるなど、制度的な工夫がなされていること 3.規制の枠組みを、公正な価格形成などの市場機能に着目して構成していること である。 この法律は、不動産の証券化した商品の発行や取引についてだけでなく、不動産の流動化によって生み出されたすべての金融商品の取引等に対しても適用される。ただし、不動産特定共同事業法の対象となる商品(不動産特定共同化事業契約に基づく権利の証券化商品)については、同法の特例事業(倒産隔離されたSPC方式の事業)の出資持分以外は、保険契約、共済契約等に基づく権利の証券化商品と同様に、金融商品取引法の適用対象から除外されている。 なお、金融商品取引法が定める損失補塡等の禁止及び適合性の原則の規定については、不動産特定共同事業法の対象となる商品についても準用によって適用される。

信義則(信義誠実の原則)

権利の行使および義務の履行は、信義に従い誠実に行なわなければならないとする原則をいう。 この原則は、契約の趣旨を解釈する基準にもなるとされ、当事者相互が、相手方が持つであろう正当な期待に沿うように行動することを要請しているのである。 どのような場合に信義誠実の原則を適用するかは、具体的な事情に応じて決定するほかない。例えば、不動産仲介業会社は、直接の委託関係はなくとも、業者の介入に信頼して取引を成すに至った第三者一般に対しても信義誠実を旨とし、権利者の真偽につき格別に注意する等の業務上の一般的注意義務があるとする判例もある。判断に当たって、置かれた立場や社会的な信頼などが考慮されるということである。 なお、民事訴訟法は、当事者の訴訟行為について信義誠実義務を課しているが、これは一般的な信義誠実の原則とは別のより厳密な義務であると考えてよい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる