FX取引データ

フィボナッチリトレースメントとは

フィボナッチリトレースメントとは
米ドル/円4時間足チャート 「Trading View」

不思議とここで反発する!!フィボナッチ・リトレースメント!!

不思議とここで反発する!!フィボナッチ・リトレースメント!!

米ドル/円4時間足チャート 「Trading View」 フィボナッチリトレースメントとは

どこまで調整するか難しい ですよね。

そんな時、フィボナッチなら 38.2%、50%、61.8%の押しの水準はどこかを計算してみます。

フィボナッチリトレースメントとは 例えば 100pipsの上昇なら38.2pips、50pips、61.8pips 下げたところ(値幅)という意味です。

チャートを見ると 38.2%、50%押しの水準ではあっさりと下抜け、55%辺りの水準で下げ止まり、揉み合っていますね。

61.8%押し では 下ヒゲを付けて反発 し、ここから 上昇再開 となっています。

フィボナッチは、自分で計算しなくても最近ではFX会社のチャートにも描画できるものが多くなってきています。

次の例を見てみましょう。

今度は 米ドル/円の1時間足チャート です。

同じく 上昇トレンドが継続 している場面。

米ドル/円1時間足チャート 「Trading View」

今度は フィボナッチリトレースメントとは 61.8%押しの水準はあっさり下抜け し、 78.6%まで押し てきました。

78.6%の水準では下ヒゲを付けて反発 し、ここから 上昇再開 になった場面です。

次は 英ポンド/米ドルの日足チャート です。

こちらも 上昇トレンドが継続 している場面です。

英ポンド/米ドルの日足チャート 「Trading View」

上記のチャートでは 2箇所で61.8%押しの水準で下げ止まり、上昇再開 しているのがわかるでしょうか。

いずれの足も同じく 下ヒゲを付けて反発 していますね。

反発の足型も同時に学べますね(笑)

次は 英ポンド/米ドルの1時間足チャート です。

上昇トレンドから下降トレンドに転換 する場面です。

英ポンド/米ドルの1時間足チャート 「Trading View」

ヘッド&ショルダー 、日本で言うと 三尊天井 の形となり 下降トレンドに転換 しました 。

足型については、また別の機会にお話ししますね。

ここでも 61.8%戻しから再下落開始 となっています。

最後にユーロ/米ドルの日足チャートを見てみましょう。

ユーロ/米ドルの日足チャート 「Trading View」

トレンドの勢いが強い時は、50%(半値)、61.8%押しまでも行かず、38.2%押しで反発して上昇開始します。

実際のチャートを使った検証は以上となります。

フィボナッチ・リトレースメント の内容はいかがだったでしょうか。

フィボナッチで押しや戻しの目安をはかる。

是非エントリー前にあなたもチェックしてみてくださいね。

今回は 米ドル/円4時間足、1時間足、英ポンド/米ドル日足、1時間足、ユーロ/米ドル日足チャート を使ってみました。

専業トレーダーが明かす「FXで勝てる」フィボナッチの使い方

フィボナッチいろいろ

800px-Leonardo_da_Pisa


ドゥオモ広場にあるフィボナッチさんの像 wikipediaより

0, 1, 1, 2, フィボナッチリトレースメントとは 3, 5, フィボナッチリトレースメントとは 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233….

0 + 1 = 1
1 + 1 = 2
1 + 2 = 3
2 + 3 = 5
3 + 5 = 8

最初のいくつかの数字を除き、ある数字と次に続く数字の関係を見てみると面白い関係にあります。
どの数字も次に続く数字の 0.618 倍となっているのです。
たとえば、144 ÷ 233 = 0.618 となります。
それはどこをとってもそうなっています。

また、ある数字と2つあとの数字を比べると別の法則があります。
どの数字も、2つ後の数字の 0.382 倍になっているのです。

なぜFXでフィボナッチ数列を使うの?

2014-11-10_23h21_18

まずは、自然界にあるものがフィボナッチ係数やフィボナッチ比率になっているというのです。
例えば花弁の数とか、雪の結晶の比率とか、木々の葉っぱの縦横の比率なんかがフィボナッチになっているというのです。

ピラミッドとスフィンクス

さらに、ピラミッドやスフィンクスなど、人間が作ったとは思えない神秘的な建造物の構造に現れる比率も「フィボナッチ比率」になっているそうです。

FX市場や株式市場の値動きはどうでしょうか? フィボナッチリトレースメントとは
相場というのは、不特定多数の参加者の感情が渦巻いた結果として起きる現象です。
ある意味ひとつの自然現象ととらえても良いかもしれません。

相場に自然現象的な要素があるのであれば、
チャートに現れる値幅の比率が「フィボナッチ比率」になる傾向があってもおかしくないのではないか?
という考え方が、フィボナッチを利用するトレードの根拠です。

チャートも自然現象?

フィボナッチを使ったトレード手法に使われるフィボナッチ比率

フィボナッチリトレースメントに使われる比率

フィボナッチリトレースメントとは、押しや戻しの比率のことです。詳しくはこの後で解説します。
0.236、0.382、0.500、0.618、0.786
このうちで主流なのは0.382、0.500、0.618の3つです。

フィボナッチエクステンション(フィボナッチエクスパンション)やエクスターナルリトレースメントに使われる比率

トレンド相場がどこまで伸びるか?を計る比率です。
1.272、1.618、2.618が良く使われます。
その中でも一番よくつかわれるのは1.618です。

ほとんどの業者のチャートソフトがフィボナッチツールを装備しています。
ですから誰でも一瞬でチャートにフィボナッチのラインを表示できます。
もちろん、MT4もフィボナッチツールを標準装備しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる