無料講座

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは
■連結キャッシュ・フロー計算書の作成目的
損益計算書がキャッシュ・フローから離れてしまったことで、キャッシュ・フロー情報を読み取るのが難しくなり、黒字倒産する会社が多数発生したため、キャッシュ・フロー情報に特化した財務諸表が必要となった。
■連結キャッシュ・フロー計算書の作成方法
連結キャッシュ・フロー計算書の作成方法には、「原則法」と「簡便法」の2つの方法があり、会社はどちらの方法を採用してもよいことになっている。
■連結キャッシュ・フロー計算書の表示方法 キャッシュフローとは
連結キャッシュ・フロー計算書における「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分に係る表示方法としては、「直接法」と「間接法」の2通りあり、ほとんどの会社は「間接法」を採用している。
■連結キャッシュ・フロー計算書の仕組み
連結キャッシュ・フロー計算書は、企業の活動を「営業活動」・「投資活動」・「財務活動」の3つに分けて作成する。

キャッシュ・フロー計算書とは

武田 守 武田公認会計士事務所

  1. 3つの区分でキャッシュの流れを見る
  2. 従来の財務諸表との関係
  3. 直接法によるキャッシュ・フロー計算書の読み方
  4. 間接法によるキャッシュ・フロー計算書の読み方

3つの区分でキャッシュの流れを見る

従来の財務諸表との関係

貸借対照表は、企業の決算時点での財政状態、つまり、資金をどこから調達して、どのように運用しているかを表わしている決算書です。
損益計算書は、会社の一会計期間の損益を各段階ごとに表示して、最終的に「当期純利益」がどのような過程を経て生み出されたのか表わしている決算書です。
この「当期純利益」は、費用、収益とも現金主義により計上されているのではなく、費用は発生主義により、収益は実現主義により計上されています。損益計算書上の「当期純利益」は、実際にその会社がその期に獲得した現金(キャッシュ)とは異なっているわけです。

直接法によるキャッシュ・フロー計算書の読み方

キャッシュ・フロー計算書には、直接法によるキャッシュ・フロー計算書と間接法によるキャッシュ・フロー計算書の2つの種類があります。
直接法によるキャッシュ・フロー計算書とは、営業活動によるキャッシュ・フローを営業収入、仕入支出など重要な取引ごとに総額でまとめた計算書です。
まず、営業活動によるキャッシュ・フローです。営業収入は、損益計算書の売上高に、売掛金・受取手形の純増減額を加減算して、売上による入金額を算出します。仕入支出は、売上原価に買掛金・支払手形の純増減額と棚卸資産の純増減額を加減算して、仕入商品代金の支出高を算出します。人件費支出などは、損益計算書の販売費及び一般管理費の中に含まれている人件費関連の支出額から求めます。

3つのキャッシュ・フローからわかること

  • どれだけの資金が営業活動によって獲得されたか
  • その資金で新規投資・営業能力維持のための追加投資を賄えるか
  • 外部からの資金調達なしで借入金の返済・配当金の支払が可能か
  • 将来の利益やキャッシュ・フローを生み出すための投資は十分か
  • 資産の売却の内容・価格等は適切か
  • 投資活動が財務状態に及ぼす影響などの評価
  • 営業活動と投資活動によって生じた資金の過不足が、どのように調達されたか

間接法によるキャッシュ・フロー計算書の読み方

間接法によるキャッシュ・フロー計算書は、営業活動によるキャッシュ・フローを損益計算書の税引前当期純利益から逆に計算する方法により、キャッシュ・フロー収支の状況をとらえた計算書です。実際に企業が使うキャッシュ・フロー計算書としては、こちらの方がポピュラーです。
間接法による営業キャッシュ・フローは、税引前当期純利益からスタートします。つまり、実現主義によって算出された税引前当期純利益に相当するキャッシュがいったん入金したと考えます。次に、実現主義と現金主義との違いをプラスマイナスして、現金ベースの「営業活動によるキャッシュ・フロー」を算出していくわけです。
なお、直接法と間接法の違いは、「営業活動によるキャッシュ・フロー」だけで、「投資活動によるキャッシュ・フロー」「財務活動によるキャッシュ・フロー」については、まったく同じです。

小宮一慶が教える、キャッシュ・フロー計算書で会社の資金の流れをつかもう

1)営業キャッシュ・フローは「稼ぐ」の根幹

企業が通常の事業活動で稼ぐキャッシュ・フローである「営業キャッシュ・フロー」については、マクドナルドの場合、 2019 年 2 月期は 449 憶 5,200 万円となっています。 2018 年 12 月期の 348 キャッシュフローとは 億 1,700 万円よりも 29 %のアップです。もちろん、営業キャッシュ・フローが増加するのは企業にとっては好ましいことです。先述した「キャッシュ・フローマージン(=営業キャッシュ・フロー ÷ 売上高)」も 15.9 %と、合格点の 7 %を大きく上回っており十分なキャッシュを稼いでいます。

2)投資キャッシュ・フローは「未来投資」を確認

まず投資キャッシュ・フローを見ます。マクドナルドの場合は 145 億 6,900 万円のマイナスです。つまり、投資にお金を使っているということです。

マクドナルドの場合、 2019 年 2 月期の純額での有形固定資産の取得による支出と、売却による収入の差額は 128 億 2,300 万円です。減価償却費と減損損失の合計が 104 億 4,700 万円ですから、資産価値の目減り分よりも多く投資をしている、すなわち未来投資をしていると言えます。

この未来投資という観点からは、 M&A などの項目が投資キャッシュ・フローに出てくることもあります。

3)財務キャッシュ・フローで資金の過不足を調整

財務キャッシュ・フローについても見てみましょう。営業キャッシュ・フローで稼ぎ、投資キャッシュ・フローで使います。先述のとおりマクドナルドは約 449 億円稼ぎ、約 145 億円使っているわけですから、差額分の約 304 億円の資金の余剰があります。それを調整するのが財務キャッシュ・フローです。

財務キャッシュ・フローは、大きく分けて 2 つの部分からなります。 1 つは、借入や増資などで資金調達をしている、あるいはその返済をしている、つまりファイナンスの部分です。もう 1 つは、配当や自社株の買い入れなどで株主還元を表す部分です。

まずファイナンスの部分から見ていくと、マクドナルドでは「長期借入金の返済による支出」が 106 億 2,500 万円あります。余ったお金で財務改善をしていることがわかります。一方、株主還元の部分を見ると、配当金の支払い額が 39 億 8,800 万円あります。

繰り返しになりますが、営業キャッシュ・フローで稼いだ分と投資キャッシュ・フローで使った差額が約 304 億円あり、その中から長期借入金を約 106 億円返済し、株主に 40 憶円ほど配当しているということです。この残ったお金が、キャッシュの増加(約 153 億円)となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる