FXの学習方法

バイナンス四半期先物取引ガイド

バイナンス四半期先物取引ガイド

1.このエリアには、COIN-M先物(四半期契約)、APIアクセス、スポット、アクティビティなど、他のBinanceページへのリンクがあります。 [情報]タブの下に、先物FAQ、資金調達率、インデックス価格、およびその他の市場データへのリンクがあります。

初心者のためのBinance先物取引に関する完全ガイド

初心者のためのBinance先物取引に関する完全ガイド

先物ウォレットに資金を送金するには、BinanceFuturesページの右側にある[送金]をクリックします。

送金する金額を設定し、[送金の確認]をクリックします。すぐに先物ウォレットに追加された残高を確認できるはずです。以下に示すように、二重矢印アイコンを使用して転送の方向を変更できます。

先物ウォレットに資金を提供する方法はこれだけではありません。 また、Exchange バイナンス四半期先物取引ガイド バイナンス四半期先物取引ガイド Walletの資金を担保として使用し、Futures WalletBalancesページから先物取引のためにUSDTを借りることもできます。 このように、あなたはあなたの先物ウォレットに直接資金を移す必要はありません。 もちろん、借りたUSDTを返済する必要があります。

BinanceFuturesインターフェースガイド

初心者のためのBinance先物取引に関する完全ガイド


1.このエリアには、COIN-M先物(四半期契約)、APIアクセス、スポット、アクティビティなど、他のBinanceページへのリンクがあります。 [情報]タブの下に、先物FAQ、資金調達率、インデックス価格、およびその他の市場データへのリンクがあります。

  • 現在の契約の名前(デフォルトではBTCUSDT)にカーソルを合わせて契約を選択します。
  • マーク価格を確認します(清算はマーク価格に基づいて行われるため、注意を払うことが重要です)。
  • 予想される資金調達率と次の資金調達ラウンドまでのカウントダウンを確認してください。
  • 現在のチャートを参照してください。 オリジナルチャートと統合TradingViewチャートを切り替えることができます。 Depthをクリックすると、現在のオーダーブックの深さをリアルタイムで表示できます。
  • ライブオーダーブックデータを参照してください。 この領域の右上隅にあるドロップダウンメニューでオーダーブックの精度を調整できます(デフォルトでは0.01)。
  • プラットフォームで以前に実行された取引のライブフィードを参照してください。

4.ここで、利用可能な資産を確認し、預金し、さらに暗号を購入することができます。 バイナンス四半期先物取引ガイド バイナンス四半期先物取引ガイド ここでは、現在の契約とポジションに関連する情報を表示することもできます。 清算を防ぐため、証拠金比率に注意してください。

5.これは注文入力フィールドです。 この記事のさらに下にある利用可能な注文タイプの詳細な説明を参照してください。 これは、クロスマージンと分離マージンを切り替えることができる場所でもあります。 現在のレバレッジ量(デフォルトでは20倍)をクリックして、レバレッジを調整します。

レバレッジを調整する方法


マーク価格と最終価格の違いは何ですか?

最終価格は理解しやすいです。 これは、契約が取引された最終価格を意味します。 言い換えれば、取引履歴の最後の取引が最終価格を定義します。 実現PnL(損益)の計算に使用されます。

初心者のためのBinance先物取引に関する完全ガイド

マーク価格は、価格操作を防ぐように設計されています。 これは、資金調達データと複数のスポット取引所からの価格データのバスケットの組み合わせを使用して計算されます。 清算価格と未実現PnLは、マーク価格に基づいて計算されます。

マーク価格と最終価格は異なる場合がありますのでご注意ください。


どのような注文タイプが利用可能で、いつ使用するのですか?


テイクプロフィットリミット
オーダーストップリミットオーダーとは何かを理解していれば、 テイクプロフィットリミットオーダー とは何かを簡単に理解できます。ストップ指値注文と同様に、トリガー価格(注文をトリガーする価格)と指値価格(指値注文の価格)が含まれ、その後オーダーブックに追加されます。ストップ指値注文とテイクプロフィット指値注文の主な違いは、テイクプロフィット指値注文はオープンポジションを減らすためにのみ使用できることです。


テイクプロフィット成行注文テイクプロフィット
指値注文と同様に、 テイクプロフィット成行 注文はストップ価格をトリガーとして使用します。ただし、ストップ価格に達すると、代わりに成行注文がトリガーされます。
注文入力フィールドの[ストップマーケット]オプションで、テイクプロフィットマーケット注文を設定できます。

アクティベーション価格は、トレーリングストップ注文をトリガーする価格です。 アクティベーション価格を指定しない場合、デフォルトで現在の最終価格またはマーク価格になります。 注文入力フィールドの下部で、トリガーとして使用する価格を設定できます。

コールバック率は、トレーリングストップが価格を「追跡」する割合を決定するものです。 したがって、コールバック率を1%に設定すると、取引があなたの方向に進んでいる場合、トレーリングストップは1%の距離から価格を追跡し続けます。 価格が取引の反対方向に1%を超えて移動した場合、買い注文または売り注文が発行されます(取引の方向によって異なります)。

Binance先物計算機の使用方法

計算機は注文入力フィールドの上部にあります。 ロングポジションまたはショートポジションに入る前に値を計算することができます。 各タブのレバレッジスライダーを調整して、計算の基礎として使用できます。

  • PNL –このタブを使用して、意図した入退場価格、およびポジションサイズに基づいて、初期証拠金、利益と損失(PnL)、および自己資本利益率(ROE)を計算します。
  • 目標価格–このタブを使用して、希望の収益率に到達するためにポジションを終了するために必要な価格を計算します。
  • 清算価格–このタブを使用して、ウォレットの残高、意図したエントリー価格、およびポジションサイズに基づいて推定清算価格を計算します。

ヘッジモードの使い方

ヘッジモードでは、1つの契約でロングポジションとショートポジションの両方を同時に保持できます。 なぜあなたはそれをしたいのですか? さて、あなたが長期的にビットコインの価格に強気であるとしましょう、それであなたはロングポジションを開いています。 同時に、より低い時間枠で素早くショートポジションを取りたいと思うかもしれません。 ヘッジモードでは、まさにそれを行うことができます–この場合、あなたの速いショートポジションはあなたのロングポジションに影響を与えません。

資金調達率とは何ですか?それを確認する方法は?

資金調達率は、永久先物契約の価格が原資産の(スポット)価格に可能な限り近いままであることを保証します。 基本的に、トレーダーはオープンポジションに応じてお互いに支払います。 どちらの側が支払われるかを決定するのは、永久先物価格とスポット価格の差によって決まります。

それで、これはあなたにとってどういう意味ですか? さて、あなたのオープンポジションと資金調達率に応じて、あなたは資金調達の支払いを支払うか受け取るでしょう。 Binance Futuresでは、これらの資金の支払いは8時間ごとに支払われます。 ページ上部のマークプライスの横にある次の資金調達期間の時間と推定資金調達率を確認できます。

Post-Only、Time in Force、Reduce-Onlyとは何ですか?

初心者のためのBinance先物取引に関する完全ガイド


指値注文を使用する場合、注文とともに追加の指示を設定できます。 Binance Futuresでは、これらはPost-OnlyまたはTime in Force(TIF)命令のいずれかであり、指値注文の追加特性を決定します。 注文入力フィールドの下部からアクセスできます。

  • GTC(Good Till Cancel):注文は、約定またはキャンセルされるまで有効です。
  • IOC(即時またはキャンセル):注文はすぐに(完全にまたは部分的に)実行されます。 部分的にのみ実行された場合、注文の未履行部分はキャンセルされます。
  • FOK(Fill Or Kill):注文はすぐに完全に満たされる必要があります。 そうでない場合は、まったく実行されません。


あなたのポジションはいつ清算されるリスクがありますか?

清算が発生すると、未処理の注文はすべてキャンセルされます。 理想的には、追加料金が発生する自動清算を回避するために、自分のポジションを追跡する必要があります。 ポジションが清算に近づいている場合は、自動清算を待つのではなく、手動でポジションを閉じることを検討することが有益な場合があります。


自動デレバレッジとは何ですか?それはどのようにあなたに影響を与えることができますか?

トレーダーの口座サイズが0を下回ると、保険基金が損失をカバーするために使用されます。 ただし、一部の非常に不安定な市場環境では、保険基金が損失を処理できない可能性があり、それらをカバーするためにオープンポジションを減らす必要があります。 これは、このような場合、オープンポジションも減少するリスクがあることを意味します。

初心者のためのBinance先物取引に関する完全ガイド

これらのポジション削減の順序はキューによって決定されます。キューでは、最も収益性が高く、レバレッジが最も高いトレーダーがキューの先頭にいます。 [位置]タブでADLにカーソルを合わせると、キュー内の現在の位置を確認できます。


結びの考え

それでも、デリバティブは経験の浅いトレーダーにとって混乱を招く可能性があるため、財務リスクを負う前に、これらの契約がどのように機能するかを理解することが重要です。 前述のように、Binance Futuresテストネットにアクセスして、実際の資金を危険にさらすことなくプラットフォームをテストできます。

検索してもよくわからないバイナンス(binance)の先物取引(Futures)の詳細と具体的なやり方

仮想通貨


(2021.8.30 追記)
本記事はバイナンスで初めて先物取引をした時の記事ですが、あまりやり方がわからずやってた頃なので色々とやり方がイマイチでした。笑

ずっと気になってましたが、ようやく見直した記事を書きました。

実際に先物でデイトレをするのであればこちらの記事の設定を参考にするのがベターだと思います。

バイナンスのページにも初心者向けの「バイナンス先物の完全ガイド」というのがありますが、正直、これを見てもサッパリわかりません。笑

ちなみにバイナンスにアカウント登録する場合、誰かの招待URLから行くと現物取引が10%オフになりますが、もし招待URLが無ければ ココ からどうぞ。(^^)バイナンス四半期先物取引ガイド

先物取引は2種類

前回の記事でバイナンスレバレッジ取引(信用取引)にはマージン取引先物取引があることを書きましたが、さらに先物取引には「USDS-M先物」「COIN-M先物」の2種類があります。

ちなみに バイナンスではサービスごとにウォレット(財布) があります。

通常は現物取引用のウォレットを使っていますが、 先物取引を行うには先物用ウォレット保証金(担保)としてコインを移動する必要があります 。

取引する商品は「BTCUSDT永久」などのような名前になってて、左記だと「USDT建てでBTCを買う商品で期限無し」という意味ですが、基本はそれぞれの先物取引で商品の内容の名前になっています。

ちなみに バイナンスでは「BTCUDST」のように通貨を二つ並べる表記を「通貨ペア」と呼んで左側が買う通貨、右側が利用する通貨 という意味になります。

なんとなくわかってきた2種類の先物取引の差は以下です。
・担保にするコイン
・扱ってる商品
・手数料

USD(S)-M先物(USDTマージン先物)

★ 担保にするコイン ★
USDTマージン先物のウォレットにお金を移動(振替)をしようとすると USDT(テザー、USドルと同じ価値の仮装通貨)、BNB(バイナンスが発行しているコイン、手数料割引あり)、BUSD(バイナンスUSD) しか選択できません。

ちなみにややこしいですが、 BTC(ビットコイン)を保証金としてUSDTを借入して、その利益を担保にするクロス担保という仕組みもある ようです。

BTCUSDTに変えたく無いけどUSDTマージン先物をやりたい場合に使うと思われますが、この場合、USDTは借入しているので日次0.24%の金利が付くそうです。(バイナンス四半期先物取引ガイド 2021/2/23現在)

★ 扱ってる商品 ★
USDTマージン先物の商品としては、 ほとんどのコイン(数えきれない)が対象でUSDTで購入 、 全て期限無し(永久) となります。

商品名の例BTCUSDT永久

★ 手数料 ★
VIP0の手数料は以下。コインマージン先物と比較すると指値の手数料は少し高いです。BNBを担保にする場合は10%off。

指値(メイカー):0.020% 例)1BTC(500万円)の場合、1,000円
成行(テイカー):0.040% 例)1BTC(500万円)の場合、2,000円

COIN-M先物(コインマージン先物)

★ 担保にするコイン ★
コインマージン先物のウォレットにお金を移動(振替)をしようとすると以下から選べるようです。

BTC(Bitcoin)、ETC(Ethereum Classic)、ADA(Cardano)、FIL(Filecoin)バイナンス四半期先物取引ガイド 、LINK(ChainLink)、DOGE(Dogecoin)、ETH(Ethereum)、BNB(BNB)、TRX(TRON)、DOT(Polkadot)、EOS(EOS)バイナンス四半期先物取引ガイド 、LTC(Litecoin)、EGLD(Elrond eGold)、BCH(Bitcoin Cash)、XRP(Ripple)

★ 扱ってる商品 ★
コインマージン先物の商品としては、担保にできるコインと同じで、 ADABCHBNBBTCDOGEDOTEGLDEOSETCETHFILLINKLTCTRXXRP

USDで購入となっている。 期限は永久四半期ごと二四半期の三種類 。

四半期ごと二四半期は期限が来ると勝手に清算されると思われますが、先物取引は自分の場合はデイトレでやるくらいなので確認しては無いです。

なんとなく永久の方が板の動きは良いような気がします。笑

商品名の例BTCUSD永久

★ 手数料 ★
VIP0の手数料は以下。USDTマージン先物と比較すると指値は少し安いようです。

指値(メイカー):0.015% 例)1BTC(500万円)の場合、750円
成行(テイカー):0.040% 例)1BTC(500万円)の場合、2,000円 バイナンス四半期先物取引ガイド

どちらの先物取引を行うべきか

上記を見ると 手数料には大きな差は無い ので、どちらの先物取引をやるかは買いたい仮想通貨と担保にしたい仮想通貨で決めることになります。

コインマージン先物は取り扱い仮想通貨が15個しか無いので、買いたい仮想通貨が無ければUSDTマージン先物 を選ぶことになると思います。USDTマージン先物にも無い仮想通貨は先物取引はできないということになります。

コインマージン先物USDTマージン先物の両方にあるBTCなどの場合、何を担保にしたいかで決まります。

ここは投資スタイルで変わりますが、自分の場合は全ての資産はBTCなどを現物で保有してUSDTのような現金に近いコインは通常は保有しておらず、 BTCを担保にしたい ので バイナンス四半期先物取引ガイド コインマージン先物 を使ってます。

(2021.10.7 バイナンス四半期先物取引ガイド 追記)
ちなみに国内の coincheck などでは仮想通貨が下落しそうな場合は半分くらいを現金(円)化することで回避しますが、同様にバイナンスの場合もUSDTに変えることで現金(US$)化して回避できます。

たとえば バイナンス四半期先物取引ガイド バイナンスでは先物取引だけをデイトレ的にやりたいと思っているのであれば 、資産はUSDTにして USDTマージン先物 の担保にして、やりたい時だけ先物取引をやれば通常はノーポジションで急落のリスクを減らすことができます。

また、 現物取引の手数料に比べると信用取引の手数料はかなり安い ので、 デイトレ的に頻繁に売買したい場合、USDTマージン先物でレバレッジ1倍など低倍率で売買する という使い方も良いですね。

ちなみにたとえば同じBTCでも、現物コインマージン先物USDTマージン先物、それぞれ別の商品なので、それぞれの板を比較すると参加している人数なども違うし、価格や値動きも違ったりします。

板が薄いと指値でなかなか売れなかったり、成行が凄い価格で出来てしまったりする ので、 できるだけ板が厚い方が売買しやすい です。

どれがいいか良くわかってないですが、コインマージン先物の「BTCUSD永久」はかなり値動きは激しいです。

バイナンス先物クイズ

先物取引をする上で事前に知っておくべきことがいくつかあり、 バイナンスでは先物取引を始めようとすると先物クイズが出されます 。

ちなみに 先物クイズに間違えたとしてもどこが違うか教えてくれるだけで、先物取引をさせてくれないわけでは無いので安心してください 。

バイナンスの先物の最大レバレッジ

前回の記事などにも書いてますが、バイナンス先物取引は 最大125倍 というレバレッジが特徴です。

バイナンス先物のウォレット

バイナンス先物取引は2種類あると書きましたが、それぞれにウォレットがあります。

USDTマージンウォレットコインマージンウォレット です。

USDTマージン先物とコインマージン先物の違い

先に書いたように担保になるものがドル建てに近いUSDTか、BTCなどの仮想通貨か一番の違いです。

先物取引での最大損失

下がった時は担保のコインが0になるので、 担保100%が最大損失 になります。
逆に言うとマイナスになることは無いので担保に入れる(先物用のウォレットに移動する)コインを少なくしておけばそれ以上減ることは無いです。

担保が1万円でも最大125万円分取引ができるので、うまくすればあっと言う間に倍にもなるし、あっと言う間にゼロにもなるので博打的要素が非常に大きいです。

永久先物と四半期先物

コインマージン先物では先物を選ぼうとすると同じビットコインでも「永久」「四半期ごと」「二四半期」の3つがあり「永久」以外は納期がある。

なお、商品が違うだけで 取引方法は同じ です。

未決済の注文やポジションがある場合にできること

クロス担保機能を利用した借入が正解 らしいが、ここもイマイチ理解できてません。。笑

ポジションを清算するか判断する基準価格

マーク価格が正解 です。

先物取引は板取引なので、売り手と買い手がいくらで売りたいか買いたいかを出すことで板ができて、売り手と買い手の金額が合うと売買が成立するという流れです。

このため、実際の仮想通貨の価格を考慮したマーク価格というのが基準になります。

マーク価格が下がって担保金を割ると強制的に清算されて担保がゼロになります。

マージンコール

実際にコインマージン先物をやってると、コインの価格が下落してマージン率が上がるとbinanceアプリに通知が飛んできますが、これがマージンコールです。

COIN-M Futures バイナンス四半期先物取引ガイド Margin Call (Isolated Mode)」は『もうすぐヤバいですよ!』って通知で「COIN-M Futures Liquidation Call」は『アウトなので強制で売りましたよ!』って通知になります。

『もうすぐヤバい!』のマージンコールが来る時のマージン率は メンテナンスマージン の時のようで、そのマージン率は以下のページに書いてありそうなんですが、英語なのでよくわかりません。 笑

USDTマージンウォレットのBNB

含み損のPNLは新規建玉のマージンに使えるか

PNLとは損益のことで「Profit and Loss」の略のようです。

含み損のPNLというのは信用取引で買った商品の値が下がってマイナスになってることです。

例えばコインマージン取引BTCUSDを$50,000の時に買って$48,000まで値が下げて来たら$2,000の含み損となります。

買った商品の値が下がってるだけでまだ売って無いのであれば、確定したわけでは無いため、含み損とか含み益とか言います。

ちなみにコインマージン取引の画面上は右下に「未実現PNL」としていくら分「得してるか」or「損してるか」が表示されています。

未実現PNLについては新規建玉のマージンにできない ので、買った商品が上がって来たら一度売って利益確定します。

利益確定するとウォレット残高が増えて担保が増えるので今までより売買できる額も増加します。

例えばウォレット残高が0.1BTCでレバレッジを20倍に設定していると2.0BTCまで買えます。

BTCが500万円で2.0BTC購入 ⇒ BTCが600万円に上昇した時に2.0BTC売却すると、200万円(+100万円x2(BTC))分の利益が出ます。

当初の0.1BTC+約0.33BTC(200万円分)でウォレット残高は0.43BTCになるので、この後はレバレッジ20倍の8.6BTCまで買えるようになります。

急激な値動きの時に推奨されない行動

先物取引のために個人ローンを組むべきか

そもそもローンを組まなくていいように先物取引があるので、 先物取引は自分の余裕資金でやらないと意味が無い です。

それでも 落ちる時は一気にゼロになり兼ねないので絶対に全額をコインマージン先物ウォレットに入れてはいけません 。笑

COIN-M先物取引(コインマージン先物)の実践

それでは実際にコインマージン先物取引を実践してみます。

既にバイナンスにアカウントを持ってて現物取引を行っている状態から始めます。

まだバイナンスにアカウントが無い場合、誰かの招待URLから行くと現物取引が10%オフになりますが、もし招待URLが無ければ ココ からどうぞ。(^^)

メニューのウォレットの中に「先物ウォレット」があります。

コインマージン先物を行うので、まずは現物のウォレットからコインマージン先物ウォレットにコインを移動します。

コインマージン先物ウォレットにコインを移動

・ メニューの「ウォレット」の「先物ウォレット」を選択。
・ 先物ウォレットのページの上の「COIN-M先物」を選択。
・ 現物ウォレットからコインを移動するのに「振替」を選択。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる