テクニカル分析の基礎

括償却資産とは

括償却資産とは
ニ.120,括償却資産とは 060 円 ×=30,015 円

償却資産の申告

償却資産の申告には、前年中に増加または減少した資産の申告を行う「一般方式」と、毎年、1月1日現在所有している全資産に関して、電算処理で全資産申告を行う「企業電算処理方式」があります。
※廿日市市で初めて申告する人は、一般方式の方法であっても、全資産の申告をしてください
※eLTAX(エルタックス)による電子申告も可能です。詳しくは、eLTAX(エルタックス)ホームページ <外部リンク> を参照してください

(2)申告に必要な書類

(3)申告に必要な本人確認

3. 申告が必要な償却資産の範囲

ア. 償却済資産であっても、現に事業の用に供している資産
イ. 遊休資産、未稼働資産および簿外資産であっても、いつでも事業の用に供することができる状態にある資産
ウ. 建設仮勘定に経理されている資産のうち、1月1日現在事業の用に供している資産
エ. 他の事業者に事業用資産として貸し付けているもの
オ.所有者自身が事業の用に供していないが、他人の事業の用に供するため貸し付けている資産(リース資産)
※ ただし、リース期間終了後に無償譲渡されるなど、契約内容が割賦販売と同様であるリース資産に関しては、借主から申告してください。なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引に該当するリース資産に関しては、所有者であるリース会社から申告してください
※ リース資産の有無は、償却資産申告書の「15 借用資産」の欄に記載してください。また、リース資産がある場合には、貸主の名称などを同欄に記載してください
カ. ビルなどを借りて事業を行っている方(以下「テナント」といいます。)が、そのビルなどに自分で内装や電気設備、給排水設備、空調設備、その他の建築設備などを取り付けた場合、これらの内装などは、テナントの償却資産に該当しますので、テナントの人から申告してください。

(2) 次のような資産は課税の対象とはなりませんので、申告する必要はありません。
ア. 自動車、原動機付自転車、フォークリフトなどで自動車税や軽自動車税の課税対象であるもの
イ. 無形減価償却資産(例:鉱業権、漁業権、特許権、実用新案権、電話加入権、ソフトウエアなど)
ウ. 耐用年数1年未満の資産または取得価額が10万円未満の資産で、当該資産の取得に要した経費が法人税法施行令第133条または所得税法施行令第138条の規定により一時に損金または必要な経費に算入されたもの(少額償却資産)
エ.取得価額が20万円未満の資産で、当該資産の取得に要した経費が法人税法施行令第133条の2第1項または所得税法施行令第139条第1項の規定により3年以内に一括して損金または必要な経費に参入する方法の対象とされたもの(一括償却資産)

4. 課税標準の特例の適用を受ける償却資産の範囲

5. 非課税となる償却資産の範囲

6. その他

  • 昨年1年間の資産の異動(取得または除却など)の漏れがないよう留意してください。
  • 企業電算処理方式により全資産申告を行う人などで、この申告の案内や申告用紙の送付が不要であると申し出があった事業所にも、本市の事務処理上、送付していますのでご了承ください。
  • 用紙が不足する場合や不明な点があれば問い合わせてください。
  • 償却資産の概要は、償却資産の概要のページをご覧ください。

7. 提出先

申告書の提出・問い合わせ先

〒738-8501 広島県廿日市市下平良一丁目11番1号
廿日市市役所 総務部 課税課 家屋係
電話:0829-30-9116

8. 提出期限

<外部リンク>

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

括償却資産とは

背景色変更 文字サイズ

Facebook

償却資産の申告について

申告が必要な人

申告方法について

申告期限について

償却資産の対象となるもの

償却資産の対象一覧
構築物 煙突、鉄塔など
機械及び装置 旋盤、ポンプ、太陽光発電システムなど
船舶 ボート、漁船など
航空機 ヘリコプターなど
車両及び運搬具 客車、大型特殊自動車など
工具、器具、備品 測定工具、切削工具、机、ロッカーなど
建物附帯設備 家屋として課税されているものを除く。物置など

償却資産の対象とならないもの

  • 固定資産税の課税対象となる土地・家屋
  • 無形減価償却資産
  • 使用可能期間1年未満の資産
  • 取得価格が10万円未満の資産で法人税法等の規定により一時に損金算入されたもの(いわゆる少額償却資産)
  • 取得価格が20万円未満の資産で法人税法等の規定により3年間で一括して均等償却するもの(いわゆる一括償却資産)
  • 自動車税及び軽自動車税の課税対象となるもの

特例の適用

この記事に関するお問い合わせ先

PAGETOP

〒961-8501 福島県西白河郡西郷村大字熊倉字折口原40番地
電話:0248-25-1111(代表)ファックス:0248-25-2689
開庁時間:平日 8時30分から17時15分まで
(12月29日から翌年1月3日までは除く)

減価償却していない資産、耐用年数を過ぎた資産、使っていない資産は申告対象ですか。

■減価償却していない資産
現実に減価償却を行っていない資産であっても、簿外資産・償却済資産など本来減価償却が可能な資産であれば、償却資産として申告の対象になります。
■耐用年数を過ぎた古い資産
古い資産で減価償却済みであっても、事業の用に供されている場合は、申告の対象になります。
■使っていない資産
現に事業の用に供することができる資産であれば、償却資産として申告の対象になります。
したがって、使用していない未稼働資産や遊休資産であっても申告する必要があります。
■申告の対象にならない資産
・自動車税、軽自動車税の課税対象となるもの(例:小型フォークリフト)括償却資産とは
・無形固定資産(例:特許権、実用新案権等)
・繰延資産
・耐用年数1年未満または取得価額10万円未満の償却資産について、
税務会計上固定資産として計上しないもの(一時に損金算入しているものまたは必要経費としているもの)
・取得価額20万円未満の償却資産を税務会計上3年間で一括償却しているもの
・法人税法第64条の2第1項・所得税法第67条の2第1項に規定するリース
(売買扱いとするファイナンスリース)資産で取得価額20万円未満の資産

このFAQはお役に立ちましたか?

このFAQを見た方はこちらも見ています

  • 減価償却していない資産、耐用年数を過ぎた資産、使っていない資産は申告対象ですか。
  • ○○町が存在していない証明を発行できるか教えてください。
  • 介護保険サービスの利用料軽減を教えてください。(社会福祉法人の利用者負担軽減)
  • 60歳以上でも国民年金に加入できるか教えてください。
  • リース資産は申告の対象になりますか。

有人チャットでたずねる

電話番号 022-398-4894 |ファクス 022-398-5070 | お問い合わせフォーム |
平日 午前8時から午後8時まで 土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日) 午前8時から午後5時まで 年中無休

償却資産について

注1 個人の方については、平成10年4月1日以後開始の事業年度に取得した10万円未満の資産についてはすべて必要経費となるため、個別に減価償却することはありません。
注2 租税特別措置法第28条の2、第67条の5。ただし、取得価額10万円未満の資産については、平成15年4月1日から平成18年3月31日までの取得分のみ。
注3 法人税法施行令第133条・所得税法施行令第138条。
注4 法人税法施行令第133条の2・所得税法施行令第139条。
注5 消費税については、税務会計上、税込経理方式の方は税込みで、税抜経理方式の方は税抜きで取得価額を判定します。

償却資産の税額の計算方法

1 申告していただいた各償却資産ごとに「評価額」を計算します。

評価額の計算式
評価額
前年中に取得した資産取得価額×(1-減価率×0.5)括償却資産とは
前年前に取得した資産前年度評価額×(1-減価率)

2 求めた「課税標準額」の1,000円未満を切り捨て、税率1.4%をかけます。

  • 帳簿価格を用いた決定価格の廃止について
    平成19年度以前は、評価額と帳簿価格をそれぞれ合計した額を比較して、いずれか高い方を決定価格(課税標準額)としていましたが、税制改正により帳簿価格を用いた決定価格が廃止されましたので、平成20年度から、評価額の合計額が決定価格(課税標準額)となっています。
  • 課税標準の特例の規定が適用される資産について
    課税標準の特例の規定が適用される資産は、その資産の評価額に特例率を乗じた額が課税標準額になります。
    詳しくは、資産税課 償却資産担当 電話 079-221-2273 まで問い合わせてください。

申告書の提出先・提出方法

提出方法詳細
市役所に提出する場合姫路市役所 本庁舎2階 税務部15番窓口(資産税課 償却資産担当)までご提出ください。
郵送の場合1枚目(提出用)を送付してください。
2枚目(控用)はお手元に保管してください。
・控用に受付印が必要な場合は、切手を貼った返信用封筒を同封のうえ、提出用・控用ともに送付してください。
  • 支所(中央・飾磨・広畑・網干・白浜)、地域事務所(家島・夢前・香寺・安富)、駅前市役所、各出張所、各サービスセンターでも取次(注)いたします。
  • 電子申告(eLTAX)について
    姫路市では、「eLTAX」(エルタックス)を利用した市税の電子申告等の受付を行っています。
    電子申告(eLTAX)姫路市トップページ

申告書の提出期限

令和4年1月31日(月曜日)(法定提出期限)
なお、期限間近は大変混雑いたしますので、できるだけ1月21日(金曜日)までのご提出をお願い致します。

Ⅷ.一括償却資産の3年償却

ニ.120,060 円 ×=30,015 円

180,000 円 ×=60,000 円

180,000 円 -60,000 円 =120,000 円

【設例2】

【解答】

150,000 円 ×0.200×=10,000 円

150,000 円 ×=50,000 円

ハ. イ<ロ ∴一括償却を選択した方が有利

180,000 円 ×0.括償却資産とは 167×=12,525 円

180,000 円 ×=60,000 円

ハ. イ<ロ ∴一括償却を選択した方が有利

100,000 円 ×0.334×=33,400 円

100,000 円 ×=33,333 円

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる