FXトレーダーブログ

分析方法や分析ツールについて解説

分析方法や分析ツールについて解説
自社ブランドや商品、サービスについて多くの人に知ってもらうことは、マーケティングの第一ステップです。

Webサイト改善の流れ【7ステップ!】分析方法も解説

ヒートマップツールのイメージ図

画像引用:User Heat オフィシャルWebサイト

ユーザーがWebページ内でどういった動きをしたかを色別で確認できるツール。有料ツールがメインですが、一部を無料で利用できるツールもあります。

ユーザーがページ内のどこまでスクロールしたか、熟読されているのはどこか、クリックされているのはどこか、といったユーザーの行動を視覚的に判別することが可能です。

データから、サイト内のユーザー行動を的確に把握できるため、改善に有効活用できます

6. サイト改善の事例

【事例①】
コンバージョン(CV)が増えない
(ここでのCVは、お問い合わせ・会員登録・新規購入・リード取得などを示します)

仮説1に対しては、サーチコンソールで「検索キーワード(クエリ)」、Google Analyticsで「流入経路」などを確認し、ユーザーがどういった目的でサイトを訪問しているかを確認します。

仮説2に対しては、「入力フォームの離脱率」を確認する必要があるため、ヒートマップツールで、入力フォームページ内のクリック数が少ないボタンや、熟読されている範囲などを確認します。

また、Google Analyticsにて該当ページを絞り込み、離脱率を調べます

その場合、改善策

「入力フォームの必須項目を減らす」
「入力フォームの項目を最小限にする」
「入力フォームから他ページへのリンクを消す」

施策を選定し、実行したら効果測定を行い離脱率が減っているかを確認しましょう。離脱率に変化がない場合には、他の改善策を探る必要があります。

【事例②】
直帰率が高い

仮説1に対しては、まずはヒートマップツールで、ユーザーがページ内で迷っている形跡がないかを確認します。

迷った形跡が確認できた場合、改善策は、「ページのデザインを改善することがあげられます。具体的には、コンバージョンボタンや画像、フォントのサイズ、メインカラーなどをユーザーの属性にマッチするように変更しましょう。

仮説2に対しては、Google Analyticsでセッションあたりの閲覧ページ数を確認します。

セッションあたりのページ数が少ない場合、ユーザーは他のページへ移動しにくい状況にあると考えられるため、改善策は、「トップページのグローバルメニューの改善する」となります。

サイトリニューアルの検討前に知っておきたい5つのこと

7. 中小企業がサイト改善をする際に注意すべきこと

「根拠もないまま、サイト改善やリニューアルを進めてしまうこと」

サイト改善では、分析データをもとに、客観的な視点から「仮説」を立てて、改善策を考えることが欠かせません

時間・資金・人手が限られる中小企業は、これら貴重な資源を有効に使って収益を上げていく必要がありますので、サイト改善の際には、必ずサイト分析を行い、データ(数値)にもとづいた「施策」を立てていきましょう。

8. まとめ

◎サイト改善の重要なポイントは
サイトの目的を達成するまでの「導線をきちんと設計すること」

サイト改善は、根拠のないまま進めてはいけない。
必ずサイト分析を行って、「課題」「仮説」「施策」を考えること。

【具体例あり】CRM分析とは?重要性から手法まで徹底解説

萩原岬

CRMとは「カスタマー・リレーションシップ・マネジメント」の略です。1990年代にアメリカで誕生したマーケティングの概念で、日本語で「顧客管理システム」や「顧客関係管理」と呼ばれています。
CRMは顧客の満足度を高めLTVの最大化を成果として行いますが、そのCRM活動を行うには、まず戦略の立案が必要です。
戦略の立案に向けて仮説を立てるために、自社の現状を把握し、どうCRM活動を行うのか考えなくてはいけません。
今回はCRM分析とはそもそも何か、また必要な理由や具体的な手法について解説します。

CRM分析とは?

このように、自社顧客の購買行動を基に分析を行うことで、休眠顧客を掘り起こすための戦略の策定や、新たに取り込みたいターゲットに対して、プロモーション・マーケティングの立案ができるようになり、成果を出すための成功パターンや課題を発掘することができるのです。

CRM分析が重要な理由

ここから始めるCRM分析

① 顧客分析
② 売上分析
③ RFM分析

顧客層を知るー顧客分析

顧客分析は、顧客層を知るために行う分析の手法です。
顧客の年代・性別・居住地など自社が何を知りたいのかを分析前に考えておき、知りたい内容を分析しやすいようにデータをまとめましょう。
顧客分析ではこれまでの購買履歴などから、商品を購入したことがある会員のデータを整理することが多いです。
では、図【1】を見てみましょう。

顧客分析 商品を購入したことのある会員の年代、性別

顧客分析 商品を購入したことのある会員の居住地(購入者の都道府県)

売上の現状・傾向を知るー売上分析

売上分析は、売上の傾向を把握する手法です。
月ごとの売上金額や購入者数を用いて分析することで、商品が売れやすい時期や売れにくい時期などを把握することができます。 分析方法や分析ツールについて解説
会員組織がある場合は会員と非会員のデータも分析し、比較してみましょう。複数商品のカテゴリがある場合は、カテゴリごとにデータを分析して比率を見比べるのもおすすめです。季節ごと、新生活が始まる時期などの時期ごとに売上のデータを分析して、課題や対策を見つけます。
では、図【3】を見てみましょう。

売上分析 購買人数の会員非会員比率と月ごとの購入金額

顧客の購買行動を知るーRFM分析

指標は
・Recency:最後に注文をした日からの経過日数
・Frequency:その商品の累計購入回数
・Monetary:その商品の累計利用金額
の3つです。

RFM分析 会員のR(直近購入)×F(購入回数)の数分布

RFM分析 最大5年間における商品を購入したことのある会員1人あたりの平均合計購入金額と商品を購入したことのある会員の1回あたりの平均購入金額

CRM分析にツールは必要か?

CRM分析を行うために、まずはツールを用いて簡単に分析したいと考える方は多いでしょう。
ですが、始めからツールの導入を考えるのではなく、まずは何を知るべきか、どんな分析を行う必要があるのかを明確にし、自社にあるデータを確認します。無理にツールを導入しようと時間やコストをかけるよりも、まず手元にあるデータを活用し、自社にとって必要な分析のパターンを見つけましょう。そのうえで、CRM分析を行うためにはどのようなツールを使用することでより効率的に成果を上げていけるのかを考えると、必要なツールが見えやすくなってきます。
CRM分析の重要性と手法はわかったが実際に分析を行う知識のある方が社内にいないという場合は、プロに相談してみることも検討しましょう。

CRM分析の重要性や手法について紹介してきました。
まずは貴社の現状把握のために、3つの基本的な分析から始めましょう。
これまでは根拠がなかった仮説も、実際に分析・検証することで事実を知ることができます。結果課題が明確になり、より成果の上がりやすい施策を行うことが可能になります。そして、分析を続けることでPDCAサイクルも回しやすくなります。

Tableauとは?メリットや具体的な活用事例を解説

データを操り、本質的な次の一手を導き出す方法とは?

例えば、かつてヤフー株式会社では、社員がデータを分析する必要がある場合、データサービス本部にレポートをリクエストする必要がありましたが、Tableauの利用により ユーザー 自身が数分でHadoopからTableauにデータを読み込めるようになりました。これによりデータの可視性の向上とコストの削減につながっただけでなく、高速にデータを使い新しいインサイトを得るということに各自のリソースを集中できるようになりました。

ネットワーク全体をさまざまな角度から調べられるようになりました。Tableau を使えば、同じデータセットでも見方を変えて、視点や分析したいことをすぐに切り替えられるからです。おかげでチームでは、ネットワークの全体的なコントロールや管理が格段に改善されました。
ALCATEL-LUCENT 分析方法や分析ツールについて解説 SHANGHAI BELL 社プロフェッショナルサービスイノベーション部門ディレクター、LIU QING 分析方法や分析ツールについて解説 博士
引用元:さまざまな業界でのTableau 使用事例「情報通信メディア」

  • 入学者の推移を見る
  • 理解のしやすい学校資料を作成できる

例えばオックスフォード大学では、 インターネット 上で学生数の推移を載せています。学生数が増加しているからといって、「良いこと」で終わらせてはいけません。どのような要因があって学生数が増加しているかを知るのは、大事なイベントなどの成功につながるからです。

当校やこの学区はもとより、当校の職員と生徒にも Tableau がもたらす可能性には、本当に満足しています。Tableau のおかげで、ノートや数字の羅列から現実のデータを引き出し、意思決定へ繋げられるため、適切な意思決定を必要なときに行えるようになりました。
ROBERT WILLIAMS 博士, N.R.バーガー中学校校長
引用元:さまざまな業界でのTableau 使用事例「教育」

Tableauの基本料金

TableauにはTableau Desktop、Tableau Prep、Tableau Onlineなどいくつもの製品がありますが、それぞれの製品を単独で購入することができず、料金体系がわかりにくいと感じる人もいるでしょう。ここではTableauの基本料金について説明します。

Tableauには以下の3つのライセンス体系(ライセンス プログラム )があります。ライセンスごとに利用できる製品と価格が異なります。

Tableau Creator

利用できる製品:Tableau Desktop、Tableau Prep Builder、Tableau Online
価格:1ライセンス当たり年間100,800円(2022年4月現在)

Tableau Explorer

利用できる製品:Tableau Online
価格:1ライセンス当たり年間60,480円(2022年4月現在)

Tableau Viewer

利用できる製品:Tableau Online
価格:1ライセンス当たり年間21,600円(2022年4月現在)

ここでは、Tableau の導入には、少なくとも1つ必要になるTableau Creatorライセンス プログラム の内容について説明します。

Tableau Prep は、分析用のデータのクリーニングと形式変換を直接、視覚的に実行できるスマートなツールで、Tableau Desktop の分析が視覚的で簡単に行えるようにデータの準備、前処理をしてくれます。

WebマーケターがこれからTableauを始めるのに役立つ本

図_tableau解説本.png


ここではTableauの利用を考えるときに、読んでおくと役立つ本を紹介します。

データビジュアライゼーションの教科書

まずは、藤俊久仁 分析方法や分析ツールについて解説 分析方法や分析ツールについて解説 著、 渡部良一 著の『データビジュアライゼーションの教科書』(出版社: 秀和システム 発売日: 2019/5/31)です。データビジュアライゼーションに触れ始めたばかり、これから触れるという初心者向けの本です。

データ視覚化のデザイン

永田ゆかり著『データ視覚化のデザイン』(出版社:SBクリエイティブ 発売日: 2020/6/19)は、日本人女性唯一のTableau ZEN MASTERである筆者が長年にわたって培ってきたデータ視覚化のノウハウ、ベストプラクティス、アンチパターン等を整理分類してエッセンスを抽出し、具体的な事例をあげながら解説した本です。

Tableauデータ分析~入門から実践まで~

小野泰輔著、清水隆介著、前田周輝著、三好淳一著、山口将央著『Tableauデータ分析~入門から実践まで~』(出版社: 秀和システム 発売日: 2019/11/16)はTableau ユーザー がTableau ユーザー 分析方法や分析ツールについて解説 のために書いた本です。

Tableauを導入しても、いざ使ってみると機能が多すぎて、どう分析したらいいのかわからないといった悩みにぶつかる初心者 ユーザー も多いでしょう。 ユーザー 有志が経験を元にTableauについての説明や操作方法について解説しているので、初心者にとっては心強い味方の本ではないでしょうか。NTTドコモやサイバーエージェントなどの ユーザー 事例も紹介されているので、参考になるでしょう。

Tableauデータ分析 ~実践から活用まで~

小野泰輔著、黒木賢一著、長野克也著、下山輝昌著、高木洋介著『Tableauデータ分析 ~実践から活用まで~』(出版社: 秀和システム 発売日: 2018/8/24)は『Tableauデータ分析~入門から実践まで~』を読むなどしてTableauがどのようなソフトかをひと通り理解した人が、さらに中級・上級にステップアップできるように現場のノウハウを満載した本です。

こちらもTableau ユーザー によって書かれています。「6つのつまずき解決法から紐解くTableau操作の基本 コンセプト 」「複数のデータの取り扱い方法」「表計算を使った高度な分析方法」「LOD表現」「設定を使いこなす方法」「パフォーマンスチューニング」「Pythonとの連携」と見るからに高度な内容になっています。Tableauを使ってより高度な分析をしたい人におすすめです。

Tableauによる最強・最速のデータ可視化テクニック

松島七衣著『Tableauによる最強・最速のデータ可視化テクニック ~データ加工からダッシュボード作成まで~』(出版社: 翔泳社 分析方法や分析ツールについて解説 発売日: 2019/7/18)はもっとも効率的な方法でTableauの操作を一通りできるようになることを目的とした本です。この1冊でTableauの概要、基本のチャートの作り方からダッシュボートやストーリーの作成までが身につくような内容になっています。

さらに「ワークブックの共有とエクスポート」「Tableau Prep Builder によるデータ準備」「最新データを表示させるための運用方法」と少し上級の内容も紹介しています。1つ1つのステップを丁寧に紹介しているので、初心者でもわかりやすいようになっています。

Tableauで隠れたインサイトを見つけ出し、マーケティング施策に活かそう

Tableauは隠れたインサイトを見つけるために最適なツールです。データを視覚化することで、分析ができるようになります。売上データ1つをとっても、なぜある地域、あるいは店舗だけ売り上げが伸びているのか、または伸びていないのかなどの分析や考察を行えます。このような分析情報は、今後の マーケティング 施策に活かせるでしょう。

ユーザー行動分析がひと目でわかる「ヒートマップ」とは?無料ツールと活用方法まとめ

引用元:User insight|ヒートマップでスマートフォンを多彩に分析

ヒートマップのメリット

  • データ分析初心者でも理解しやすい
  • 難しい説明なしで共有できる
  • 一つのコンテンツ分析にかける時間を短縮できる

データ分析初心者でも理解しやすい

Google Analytics などの解析ツールのように使い方や分析方法を学ぶという工程が省けるので、すぐに取り入れやすいツールです。

難しい説明なしで共有できる

チーム内のメンバーや上司への報告、相談のときはもちろん、お客様への提案の際も誰が見ても一瞬で測定結果分かるヒートマップツールは分かりやすく、難しい説明をしなくても共有できます。

一つのコンテンツ分析にかける時間を短縮できる

ヒートマップのデメリット

  • 「なぜ」熟読されているか、クリックされているかは不明
  • コンテンツ一つ一つの分析はできるが、サイト全体の動きを追うことは難しい

「なぜ」熟読されているか、クリックされているかは不明

ただし、「なぜ」そのコンテンツが熟読されているのか、クリックされているのかまではわかりません。

コンテンツ一つ一つの分析はできるが、サイト全体の動きを追うことは難しい

コンテンツ間の動きを見たい場合であれば、 Google Analytics のようなアクセス解析ツールを使用したほうがよいでしょう。

ヒートマップの機能

  • アテンションヒートマップ
  • スクロールヒートマップ
  • クリックヒートマップ
  • マウスムーブヒートマップ

ミエルカと SiTest が提供するヒートマップを例にあげて4つの機能の特徴を説明します。

熟読率がわかる「アテンションヒートマップ」

逆に上部に読まれていないコンテンツがある場合、離脱や直帰につながる可能性があるので、コンテンツの差し替えや下部に移動させるなどの対応を検討しましょう。

ユーザーのスクロール率がわかる「スクロールヒートマップ」

既存のページ内に新しくコンテンツを追加した場合、Google アナリティクスでページ全体の PV 数はわかってもコンテンツそのものがどれくらい読まれたのか、どれくらい読み込まれているのかは判断が難しいかと思います。

クリックされている箇所を把握できる「クリックヒートマップ」

もしボタンやリンクがないのにクリックされている箇所がある場合は、ユーザーが何を求めているのかを考え、それに応えるコンテンツにしましょう。

マウスの動きがわかる「マウスムーブヒートマップ」

特定のページにおいて PV 数は一定量あるものの、お問い合わせや資料請求といったコンバージョンにつながらず、クリックヒートマップで見ても CTA ボタンがそもそもクリックされていない時には、マウスムーブを見てみましょう。

ヒートマップツール比較

分析方法や分析ツールについて解説 分析方法や分析ツールについて解説 分析方法や分析ツールについて解説
ミエルカ SiTest User Insight Mouseflow Clicktale
初期費用 0円 要問合せ 50,000円 要問合せ 600,000円
※要問合せ
有料プラン / 月 9,800円~ 要問合せ 50,000円~ 2,656円 要問合せ
上限 PV 数 / 有料プラン 50,000PV 要問合せ 500,000PV 10,000PV 要問合せ
計測サイト数* 分析方法や分析ツールについて解説 / 有料プラン 無制限 要問合せ 不明 1つ 要問合せ
無料プランの有無
(1ヶ月)

(1ヶ月)
上限 PV 数 分析方法や分析ツールについて解説 / 無料プラン 10,000PV 30,000PV 500PV
計測サイト数* / 無料プラン 1つ 2つ 1つ
アテンションヒートマップ
スクロールヒートマップ
クリックヒートマップ
マウスムーブヒートマップ
レコーディング機能

選ぶ際のポイント

  • 計測サイト数
  • 上限 PV 数
  • レコーディング機能
  • マウスムーブヒートマップの使用

計測サイト数

上限ドメイン数

複数ドメインの登録が可能であっても、計測する合計 PV 数が上限に達すると計測ができなくなることがあります。

BtoB システム系商材と BtoC のアパレル商材であればサイトへの訪問者数は後者が圧倒的に多いと思います。PV 数によって料金体系が変わることが多いので、自社サイトの PV 数を確認して、上限にあたらないプランを選択しましょう。計測サイト数と上限 PV 数はセットで確認することが大切です。

レコーディング機能

マウスムーブヒートマップの使用

ここまで4つの選定ポイントをお伝えしましたが、前述した比較表をもとに、サイト改善初心者さんに是非使ってみてほしいのが、ミエルカまたは SiTest です。

SiTest は、同じく無料プランがあり、その上限 PV 数が30,000と多く、有料プランでは A / Bテストや EFO(Entry Form Optimization:入力フォーム最適化)のサービスも含まれます。

費用を抑え、まずはヒートマップを試したいという方はミエルカを、EFO 等含め網羅的にサイト改善に力を入れたいという方は SiTest が良いのではないでしょうか。

ヒートマップの活用方法を事例とともに紹介

事例1.駅から目的地へ向かう際の出口を記載し熟読度を154%改善

弊社では新卒向けの説明会や広告セミナーなどを開催しており、外部の方にお越しいただく機会が多くあります。弊社では以前、「築地駅徒歩4分」といった記載のみでした。それを3番出口から徒歩4分に変更することで熟読率が上がった事例です。

熟読率を比較すると、24.16%から37.31%へ約13%増加しています。改善率は154%です。

事例2.スクロール率の低下から見える仮説と改善案

  • 拠点情報はユーザーが求めている情報ではなく別ページに移動または離脱した
  • 会社情報ページでは、代表者や社員数などの基本情報を求めている

ユーザーがどんな目的でこのページに訪れたのかを考え、必要に応じた情報を記載することがサイト改善には必要です。

事例3.ユーザーの予想外のクリックからユーザーニーズを読み解く

  • 拡大して見たい、もしくは拡大できると思っているのではないか
  • タグをコピーできると思っているのではないか

このような細かいユーザー不満足を発見し、少しずつ満足度をあげていくことでコンバージョン率アップさせ、ページやサイト全体の信用を高めることに繋がります。

ヒートマップでサイト改善を!

もちろんヒートマップだけではわからないこともあるので、適宜アクセス解析ツールや A / B テストをおこない効果的なサイト改善をおこなってみてください。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

TikTok分析のやり方を1から解説!伸ばすポイントも解説

how-to-analyze

ユーザーの興味に合わせて、親和性の高い動画が表示されるTikTokの‟おすすめ”。当然、おすすめフィードに表示される回数が多いほど、コンテンツの視聴回数は伸びます。

TikTokでは、どのアカウントでも最初は100~300回程度は、おすすめフィードにランダムに配信されるようになっています。その際にいくつもの要素により評価付けされ、 ユーザーにとって価値ある動画 分析方法や分析ツールについて解説 だと判断された場合に、おすすめフィードにより多く表示される仕組みです。

ちなみに 評価 システム(アルゴリズム)には、フォロワー数の多さや過去にヒット動画を上げているかなどは、一切関係がありません 。

TikTokのアルゴリズムは2種類存在する

アルゴリズム

アルゴリズムというと難しいイメージがありますが、大きく分けると バズるかバズらないかの2種類を決める評価基準 と考えてください。

TikTokレコメンドシステム特徴
加算アルゴリズム平均視聴率やフル視聴率など9項目のバズる要素
減算アルゴリズム違反行為や誘導などのバズらない要素

TikTokのレコメンドシステムでは、 加算アルゴリズムと減算アルゴリズム を総合的に処理して、ランク付けします。各要素を細かく分析することが、アカウントを成長させるポイントです。

”加算アルゴリズム”とは?

加算アルゴリズム

特に、 分析方法や分析ツールについて解説 平均視聴率と視聴維持率、視聴完了率の割合が、レコメンドシステムに大きな影響を与えます。 それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

1.平均視聴時間

ユーザーが1つのTikTokコンテンツを視聴したときの平均時間です。当然、平均視聴時間が長いほうが、 ユーザーが楽しめる価値のあるコンテンツ として判断されます。

また、2022年3月からは、3分までだった動画配信が10分に延長され、よ り独自性の高いコンテンツ作りが可能となりました 。ユーザーが「もっと見たい」と思えるような内容で、平均視聴時間を上げることが大切です。

2.視聴維持率

いかに魅力的なコンテンツを作って、視聴者維持率を上げていくかが課題になります。 目指すは視聴維持率60%以上 です。

3.視聴完了率

視聴完了率を上げていくと、アルゴリズム上優位にランク付けされます 。30%以上のユーザーが最後まで見てくれるように、工夫をしましょう。

4.いいね数

TikTokコンテンツの再生回数に対して、ハートマークのいいねが付いた割合です。「この動画面白い!」「いいこと知った!」など、ユーザーが視聴してよかったと思えるようなコンテンツに仕上げることがポイント。 10%以上のいいね を目安 にすると、TikTokのアルゴリズム上プラスに作用する可能性が高いです。

5.コメント数

再生回数に対してコメントが付いた割合ですが、いいねをもらうよりも当然ハードルは高くなります。コメントを書きたいという気持ちにさせるには、ユーザーの 心を掴むコンテンツ でなければなりません。また、アカウントのファンはコメントを書いてくれやすいので、継続的によい動画を作る努力も必要です。

6.シェア率

シェア率は、TikTokの再生回数に対してユーザーがインスタやTwitterなど、他のSNSでシェアした割合です。「誰かにこの動画を見せたい」「自分だけで楽しむのはもったいない」など、わざわざシェアしたくなる優良コンテンツは、TikTokのアルゴリズムでは加算条件になります。 0.2~0.3%のシェア率が取れると、バズる確率も高くなるでしょう。

7.保存数

再生回数に対して、ユーザーにコンテンツが保存された割合です。 役に立つ情報 やまた見たいと思わせるコンテンツは、保存されやすくなります。いいねやコメントほど多いアクションではありませんが、保存数の多さもレコメンドシステムの判断要素の一つです。

8.プロフィール遷移率

プロフィール遷移率は、動画の再生数の中でプロフィールを見たユーザーの割合です。コンテンツだけではなくプロフィールも観覧するユーザーは、自社アカウントにかなり興味を持っている証拠。 フォロワーの獲得にもつながる 要素であり、 3%を目指していきたいところです。

9.フォロー率

フォロワー数の多さは加算アルゴリズムに直接は影響しません。しかし、再生回数に対してフォロワーが付いた割合は、少なからず関係します。フォロー率が高ければ、ユーザーにとってメリットが多い動画を継続的に投稿していると判断されるからです。 動画をいくつかに分けて投稿 するなど、ユーザーがフォローしたくなるような工夫も必要と言えます。

”減算アルゴリズム”とは?

減算アルゴリズム

いくら加算アルゴリズムの対策をしっかりしていたとしても、TikTokのおすすめフィードに表示される回数が激減するケースもあります。マイナス要素となる減算アルゴリズムがあった場合です。ここからは、TikTokのレコメンドシステムにおいて、 動画がバズらない原因 について確認していきましょう。

コミュニティガイドラインに反する行為

月間アクティブユーザー数が10億人を超えるTikTok。多くの人が喜びや創造性を見出しながら快適に利用できるように、TikTokではコミュニティガイドラインを設けています。信頼性と安全性を損ねると判断されたコンテンツは、制限がかかったり アカウントバン されたりする可能性もあるので注意しましょう。

UXを悪くする行為

ユーザーが不快感を抱くようなUX(User Experience・ユーザーエクスペリエンス)を低下させる行為もTikTokではNGです。具体的には、 YouTubeなどの 外部サイトへ直接的に誘導するようなコンテンツになります。

望まない表示

興味のない動画や不快感を抱く表示がある場合は、ユーザーに 『興味がありません』ボタン を押されることもあります。多くのユーザーにとって、望まれないコンテンツとアルゴリズム上判断された場合は、おすすめフィードに表示される回数も減りやすいです。

視聴者からのネガティブな評価

TikTokでは、ユーザーが不適切と判断した場合は『通報する』ボタンを押されてしまいます。内容によっては、 コンテンツを削除するよう注意喚起 される他、悪質と見なされた場合はアカウントバンにもつながり兼ねません。ネガティブな評価が増えるのも、減算アルゴリズムに大きく影響します。

TikTok目的別の分析方法

ブランドイメージの向上

ブランドイメージの向上

ブランドに対して親しみを持ってもらうためには、 ユーザーが共感性を抱きやすいコンテンツ を作ることが大切です。

  • 合計動画再生回数
  • 平均視聴時間
  • 分析方法や分析ツールについて解説
  • 視聴維持率
  • 視聴完了率

合計動画再生回数の伸びと合わせて、平均視聴時間や視聴維持率、視聴完了率の割合を上げていくことが、ブランドのイメージアップにつながります。

知名度向上

知名度向上

自社ブランドや商品、サービスについて多くの人に知ってもらうことは、マーケティングの第一ステップです。

    分析方法や分析ツールについて解説
  • フォロー率
  • フォロー数
  • 合計動画再生回数

合計動画再生回数に対するフォロワー数の割合を出し、 期間ごとにデータ化 すれば、どれだけ認知度が上がっているかを知る指標になります。

実店舗での売買

実店舗での売買

飲食店や美容院、小売店への集客に関しては、関係のない地域に住むユーザーに訴求しても購買行動に結びつきません。店舗での売買につなげたい場合は、 地域別動画視聴数のデータを分析しましょう

【無料で使える】TikTok分析におすすめのツール

ここまで、TikTokのアルゴリズムや分析方法などを解説してきましたが、最後に分析におすすめのツールをご紹介します。無料で使えるものを取り上げていますので、気軽に試してみてください。細かな分析により、 ターゲットに最適化したコンテンツ が作れるようになるはずです。

TikTokプロアカウント

アカウント

アカウントの分析では、 期間ごとのデータが確認できる ことが特徴です。7日間、28日間、60日間など期間を指定して以下の項目についての、数字の推移がチェックできます。

  • エンゲージメント
  • フォロワー数
  • コンテンツ
  • 分析方法や分析ツールについて解説
  • LIVE

コンテンツ

  • 総視聴時間
  • 平均視聴時間
  • 視聴完了率
  • リーチした視聴者
  • 動画のトラフィックソース
  • 地域別動画視聴数

フォロワー

トータルフォロワー数の遷移が確認できます。また、フォロワー数が100人を超えると、以下の項目について詳しい インサイト情報が公開 されます。

exolyt

exolyt

https://exolyt.com/ja

自社のTikTokアカウントだけではなく、他社のアカウントまで監視・分析が可能な分析ツール『exolyt』。 競合アカウントとの比較 が簡単にでき、無料で利用可能なツールなので大変便利です。exolytのサイト上で、分析したいアカウントを検索すると以下の情報が表示されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる