取引戦略

FX少額取引の始め方

FX少額取引の始め方
FXの取引で利益を得られるチャンスの一つに 「スワップポイント」 という仕組みもあります。通貨の取引では、同時に金利の交換も行われており、それぞれの国によって金利は違います。その差額を調整するために受け取れるのが、 金利差調整額=スワップポイント です。

【初心者必見】FXを始めよう!勉強方法や手順について解説

【為替差益】
ある国の通貨と別の国の通貨を交換することで得られる利益です。例えば、為替レートが1ドル100円のときに、100円を1ドルに交換(1ドルを100円で買う)し、為替レートが1ドル120円になったときに、1ドルを120円に交換(1ドルを120円で売る)します。結果、最初の100円と120円の差額である20円が為替差益となります。
一方、為替レートが1ドル120円のときに、120円を1ドルに交換(1ドルを120円で買う)し、為替レートが1ドル100円になったときに、1ドルを100円に交換(1ドルを100円で売る)します。結果、最初の120円と100円の差額である20円が為替差損となります。

【スワップポイント】
ある国の通貨と別の国の通貨の金利差によって得られる利益です。例えば、日本円のような超低金利の通貨を売り、トルコや南アフリカのような新興国など金利水準の高い通貨を買います。金利水準の高い通貨を保有している間は、2カ国間の金利差であるスワップポイントを得られます。金利水準が高い新興国通貨は相場変動リスクが高いため注意する必要があります。
反対に、日本円を買い、金利水準の高い通貨を売った場合はスワップポイントの支払が発生します。

FXを始める前に勉強しておくべき専門用語

FXのテクニカル分析で使われる主な指標

【RSI(Relative Strength Index)】
一定期間の値動きの変動幅から、買われ過ぎや売られ過ぎを数値で判断するテクニカル指標です。基本的に変動幅は0~100%の数値によって表示され、一般的に70%以上となれば買われすぎ、30%以下となれば売られすぎだと判断されます。RSIは通貨別、もしくは時期によって特徴が出ます。その通貨の過去の傾向を把握しておくことが必要です。

【MACD(Moving Average Convergence Divergence)】
移動平均線を活用したテクニカル指標で、売買タイミングなどを読み取ることができます。一般的にMACDでは、短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用して買いと売りのタイミングを判断します。

株式投資の始め方を簡単に解説!利益の種類やおすすめの証券会社も紹介

株式投資の始め方を簡単に解説!利益の種類やおすすめの証券会社も紹介

キャッシュレス

キャッシュレス

クレジットカード

クレジットカード

ポイ活

ポイ活

キャンペーン

キャンペーン

お得・節約

お得・節約

ショッピング

ショッピング

旅行

旅行

マイル

マイル

サービス

サービス

インターネット回線

インターネット回線

スマートフォン・携帯電話

スマートフォン・携帯電話

格安SIM

格安SIM

金融

金融

税金

税金

コラム

コラム

PR

PR

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる